――Nagato Yuki


わたしは何ら変化の無い天井を見上げる。
正確には劣化しているし、宇宙座標上の位置も変わっている。
でも、人はこれを変わっていないという。
微々たる変化は無視し、閉塞感を感じる。
全ては変わっていっているのに、自滅的な行動によって自分を押さえつけている。

人は記憶を持っている。
わたしは記憶を持たない。全ては無時間性の情報へと帰する運命にある。
人は記憶を持ち、そして人格を形成していく。
記憶、つまり時間の重さを持たないわたしは人格を形成できないのだ。
形成できないというのは語弊が生じる恐れがある。
元からある人格からの変化は望めないということである。

わたしは後、一時間と十一分で消失する。
(秒単位が必要ないことは彼が教えてくれた事だ)

わたしは今、泣いている。人間の感情でいう、恐怖を感じている。
これはわたしに元からあったものだろうか。
古泉一樹に以前聞いたことがある。
人の感情で最も重要なのは何かと。
古泉一樹は『死への恐怖』だと答えた。
わたしは今、人間の根本たる『死への恐怖』を感じている。
わたしはインターフェイスなのだろうか? それとも人?
この『死への恐怖』も作られた感情なのだろうか。

わたしは後、四十三分で消失する。
(彼との一週間は激しいバグを引き起こした)

わたしはバグを落ち着かせるため、本を読むことにする。
この本はまだこの時代の彼に読ませてあげていない。
彼はわたしの部屋に来て、読むと約束してくれた。
でも、もうそれが現実になることはない。
約束とは時に残酷で、時に優しいものだ。
わたしのデータベースの中には彼の情報がたくさん詰まっている。
わたしはそれを引き出し、完全に頭の中で再現する。
図書館の風景、彼との会話、彼の優しさ。
全てが精密に再現され、視覚情報、聴覚情報、触覚情報、位置情報、嗅覚情報としてわたしに伝わる。

わたしは後、十九分で消失する。
(彼に教えてもらった料理を作った時、彼が普通だと言っていたのは
わたしのインターフェイスとしての能力が足りないからだろうか)

偶然性というものは情報量を大幅に増加させ、処理速度を遅らせる。
わたしはこの偶然性というものをとても不思議に感じている。
情報は無限に存在しない(そのため情報統合思念体は処理できる)。
わたしは一つ息を吐いてみる。
この空間は壁に囲まれていて逃げることはできない。
だが、逃げることはできないのか?
できないという可能性が百に限りなく近いという理由で、わたしはそう判断する。

わたしは後、七分で消失する。
(抱きしめてくれた彼の体温は温かく、飾った花はとてもキレイだった)

わたしは生まれてから三年間この部屋で待機していた。
時間を重ねることはなく、時が来るのを待った。
そう、わたしが吐く息はこの壁を抜け出すことはなかった。
壁はわたしを囲って、空間を作り上げた。
狭いこの地球の、島国で、なぜまた空間を作らなければならないのか。
わたしは置き手紙をしたためた。

――わたしは消えた。
 最後にあなたが他の人に見えないように操作した。
 これで目的を果たして欲しい。
 鍵は閉めて、郵便受けに入れておいて。
 わたしがまた帰ってこれるように。    ――


わたしは後、三分で消失する。
(彼と現在の彼と過ごした日々はとても、幸せ? なものだった)

彼は最後の日の夕方、色付きマジックを出してくれないかといった。
わたしはマジックを再構成した。
わたしは今、泣いている。
わたしを囲っていた壁に、あの日作ったアルスメリアが描いてあった。
そしてその横にわたしを模したと思われる適当な絵に、言葉が添えられていた。
『長門、一週間ありがとう。こいつの花言葉は長門に教えてもらったからな。ぴったりだ』

わたしは後、零分で消失する。
(秒単位が必要ないことは彼が教えてくれた事だ)

わたしは壁に手をつけ、その花に向かって息を吐いた。
この壁を壊すのは簡単だった。でも、また壁は現れ、壁は無限に立ちはだかる。
だから彼は壁に絵を描いた。未来のわたしを知っているからだ。
そう思うと、わたしの壁は消えた。

ありがとう。

幸せな日々。わたしはそう感じながら、また構成情報へと溶けていった。

そこでわたしは再び、雪を見た。

|