※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古泉「どうも。こんにちはキョン君」
キョン「あぁ。今日はこんなところに呼び出してなんか用か?」
古泉「ふふっ。もうお気づきになられてると思っていましたが・・・」
キョン「いちいちもったいぶるな。さっさと用件をいえ」
古泉「僕が貴方をわざわざ呼び出したのはそう、他でもなく貴方に告白するためですよ」
キョン「・・・(何気味の悪い冗談をいってるんだこいつは・・)まさか愛の告白じゃああるまい。また面倒事か?」
古泉「・・・貴方もとことん鈍いですね。僕は貴方が好きなんですよ」
キョン「何言ってるんだお前・・・・」
古泉「これが正直な僕の気持ちですよ。後は貴方次第です」

古泉「・・・・実はおれも古泉、お前の事が好きだ。
お前を一目見た時からこの胸のときめきが消えないんだ、これはいったいなんなんだ?」

古泉「ふふっ、それはですね『恋』というのですよ・・・」

そして2人はとろける様なキスをかわす

古泉「2人の夜はこれからですよ・・・・」

古泉「あぁ・・・・愛してるよ・・・一樹・・・」

古泉「僕もですよ、キョン・・・」


キョン「死ね、師ねじゃなくて死ね」



古泉「はぁはぁ・・・まさか貴方がこんな淫乱だとは・・思いませんでしたよ」
古泉は手を早めながら「あの方」の耳元でささやいた。

???「あっ・・・だめぇ・・・だめっ・・ですぅ・・・あっ・・あん・・・」
古泉「ふふ・・・段々と声が大きくなってきていますよ。感じているんですか?」
???「感じてなんか・・・っあ!あんっ・・・・」
古泉「ふふ、そろそろ欲しそうですね。ではそろそろ挿入してあげましょう。」
???「・・・!だめっ・・・いやぁっ・・・あっ!あーっ!」
古泉「ふふっほら入りましたよ・・・あぁ・・・それではつきますよ」
???「だめっ!いやっ・・!あんっ・・あっ・・・あっ・・・あっ・・・」
古泉は腰のスピードを早めた
古泉「あぁ・・・イきそうですよ・・・あぁ・・・あぁああああ!」
ドピュピュ・・・ドピュッ・・・
古泉「はぁ・・・はぁっ・・・どうでしたか・・?僕のモノは・・」
???「なんで・・・こんな事・・するんですかぁ・・・」
古泉「違います、貴方はここで『最高でした』といわなければならないのですよ」
古泉は微笑みながら「あの方」の髪の毛を掴み、顔を強引に持ち上げた。
「あの方」は涙を目に浮かべながら
新川「うっ・・・・うぅぅ・・・・最高・・・でした・・・」
古泉「よろしい」

      • おれはなんて現場に遭遇してしまったんだ。!!!古泉がこっちにくる!
気づかれたのか!?おれはただ掃除BOXに隠れて朝比奈さんの着替えを除きたかっただけなのに!!!!うわなにするやめろhjllさfdjさhcたすけ;klhlc・っさ。アナ。。。dふぁhだけは。・・¥¥ま・・・・はるjspsひ・・・・



●  ムムムムム…




●三●三● パッ!

●●「キョンさん!受け取れ!ジェットストリームアタック!」
キョン「や、やめろぉぉぉぉぉ!アナルだけは!アナルだけは!」



ハルヒ
「ちょっとキョン!アイス食べたでしょ!あれ食べかk……!」

キョン
「ハァハァ……アァアア……ハルヒの唾液だ……甘くておいしいよ……ハァハァ……ハルヒ……ハァハァ」

ハルヒ
「ちょ……それ……古泉くんの食べかけた……」

キョン
「!! ガハアアアァァァァァアア!!」

古泉
「マッガーレ」

キョン
「アナルアイスだけは!アナルアイスだけは!」



ハルヒ
「ちょっとキョン!アイス食べたでしょ!あれ食べかk……!」
キョン
「ハァハァ……アァアア……ハルヒの唾液だ……甘くておいしいよ……ハァハァ……ハルヒ……ハァハァ」
ハルヒ
「ちょ……それ……古泉くんの食べかけた……」
キョン
「!! ガハアアアァァァァァアア!!」
古泉
「マッガーレ」
キョン
「てめぇ古泉何てもん食わせんだこの野郎!誰が好き好んでお前の食べかけなんか食うんだよ糞が!!!」
古泉
「マ、マッガーレ?」
キョン
「マッガーレじゃねぇよこの野郎!紛らわしいんだよ!ちゃんと名前書いとけ!!つーかお前は冷蔵庫使うな!!!!11」
古泉
「マッガーレ……」
キョン
「うぇ…変なもん食っちまった…ハルヒ、お茶淹れてくれ」
ハルヒ
「え、う、うん…」



(花嫁消失の1場面から)
古泉「アナルは冗談ですよ、あなたのアナル以外は興味ありません」
キョン「キモッ!でも、という事はハルヒとはまだ」
古泉「いや、それは残念ながらしました。僕も本意ではなかったのですが、
  彼女から激しく求められたので、あなたの事を忘れたかったのでしょうね」
キョン「…そ…そうか」
古泉「大丈夫ですよ、身体は許しても僕の心はあなたの物です。
  それにたった10回程度です。避妊の為、全部外出しですし」
キョン「……」



~~もしキョンがシンジだったら~~


キョン「アナルだけはアナルだけはアナルだけはアナルだけはアナルだけはアナルだけは」



こいじゅみくん「やあ、朝比奈さん朝比奈さん」

みくる「?」

こいじゅみくん「キョンたんのアナルにぶち込むにはどうしたらいいんだい?」

みくる「ぐぐれ」

こいじゅみくん「ふんもっふ!」



ちゅるやさん「いらっしゃーい」

こいじゅみくん「キョンたんのアナルはあるかい?」

ちゅるやさん「あっても絶対おゆずりできません!!」

こいじゅみくん「ふんもっふ」

ちゅるやさん「みくるはタダでもみ放題っ」



キョン「俺たちの戦いは始まったばかりだ!」
ホモ「ええ、まだまだイカせませんよ……っ!」
キョン「アッ――!」



古泉「ほう、心ですか。となると心=夢。
だからいま眠っているキョンたんにあるおまじないをかけると・・・」

マッガーレ


キョン「ZzzZ・・・ビクッビクッアナルだけは!!アナルだけは!!!!・・・ZZzzz」

古泉「ほらね」



放課後
キョン「ハルヒ頼むからもうやめてくれ」
ハルヒ「なんでやめないといけないの?面白いじゃない」
キョン「なら俺以外の古泉、谷口、竹原、国分でやってくれ」
ハルヒ「あんたがそこに入るから面白いんじゃない」
キョン「だいたいなんで竹原と国分がいるんだよ
ハルヒ「いらないの?」
キョン「あんな奴らいらねぇよ!!」
竹原「ひどい事を言ってくれんのぉ」
キョン「竹原いたのか!」
国分「昨日閉鎖空間で竹原さんに掘られてみてどうだった?」
キョン「国分も!?」
古泉「ボクのいない閉鎖空間でそんなことがあったんですね」
キョン「古泉」
谷口「俺はまだお前のことあきらめちゃいねーぜ」
キョン「お前らどこから出てきたんだ」
ハルヒ「あたしが集めたのよ」
キョン「何のためだ?」
ハルヒ「今日はみんなでキョンをレ〇プするためにね」
キョン「やめろバカバカしい」
ハルヒ「カメラマンはみくるちゃんあたしは監督、さぁスタート!」



新川「・・・私を坊ちゃんの召使いでなく下僕にしてください」

古泉「ふふ。ガチホモM男の演技もうまいですね・・・もしや貴方・・?」


後のテリー&ドリーである



ハルヒ「毎日毎日同じことの繰り返し…何かパァーとした事件でも起きないかしら」
朝倉「物騒な事言わないでよ。でも、そうね。世の中の為になることだったらそれもいいかもね」

谷口「大変だ!!」
キョン「なんだ騒々しい」谷口「お前らがつるんでる古泉…だっけか?そいつ捕まったぞ!」
ハルヒ「何ですって!?」
キョン「谷口、kwsk」
谷口「どうやら未成年と飲酒→淫らな行為→アッー らしいぞ!」
キョン「それはひどい。その女の子は無事か?」
谷口「ん?ああ言い忘れた。相手は男だそうだ」

ハルヒ「古 泉 解 雇」



古泉「さぁ、食べていいんですよ。これが今日のディナーです」

キョン「ふざけんな!」

古泉「お気に召しませんか、新川さんがつくってくれたのに」

キョン「何言ってんだ、正気か?」

古泉「困りましたね、あなたには期待してたんですが」

キョン「いいからその鍋から出ろ!気持ち悪い!!」



ある日のスキヤキパーティーにて

キョン「肉はやっぱうまいなあ~」

古泉「すいません。なんか僕だけお肉が無いんですけど」

長門「………モグモグ」
みくる「おいしいですね♪」
ハルヒ「こら、キョン!野菜も食べなさい!」

古泉「僕にもお肉くれませんかね」

キョン「おい、古泉!俺の肉にさわるな!」

ブチッ
古泉「僕だってお肉食べたいんですよ!マッガーレ!」

キョン「てめぇ、箸を曲げんじゃねぇ!」

古泉「ふふふっ、まだまだあなたには僕の恐さを思い知ってもらいましょう」

キョン「アナルだけは!アナルだけは!」

ハルヒ・長門・みくる「…(゚Д゚)ポカーン」



新川「坊っちゃま、お食事の用意ができまs]古泉「うるせぇな!せっかくキョンタンといい雰囲気だったのによぉ!!」

新川「ですが、もう学校にいく時間です」

古泉「わかったよ、分かったから出てけ!」

新川「では失礼します」ペコリ

古泉「えへ♪キョンターン zzZ…」

新川「起きろって言ってんだろ!またケツの穴にブチこむぞ!!!」

古泉「は、ハイッ!」


(もう我慢できない・・・キョンたん・・・!)
古泉「マッガーレ!」


キョン「古泉ィ~!大好きだぁ~!」
ハルヒ・みくる「!?」

古泉(うまくいきました・・・!)
古泉「キョンたん!僕の胸に飛び込んでください!そして誓いのキスをッ!」
キョン「今行くぜッ!」

古泉「さあ!」


長門「修正開始・・・・・終了」

キョン「うぉぉぉい!何で俺がこんな事になってるんだ!」
古泉「どうしたのですか?早くキスを」

キョン「ぎゃああああああ」

長門「ユニーク」



キョン「なあ長門……長門が一番欲しいもんってなんだ?」

長門「…………」

キョン「…………」

長門「……あなt」

キョン「アナルだけは!アナルだけは!」

長門「…………」



「最近アナルだけは!!アナルだけは!!というのが流行っているらしい」
キョン「おい」
「という訳で私もそれがどういうものなのか試してみたい」
キョン「おいいい」
「キミはさっきからうるさい奴だな。少しは大人しくしてみてはどうかね」
キョン「喋るなっていっただろう」
「これはまたひどい事を言う人だ。少しお仕置きが必要らしい」
キョン「やめろおおおおおお。アナルだけは!!アナルだけは!!」
キョン妹「お兄ちゃんうるさいよ!さっきからなにしてんの?」
キョン「助かった!!こいつを早く止めてくれ!!!」
キョン妹「こいつって?」
シャミセン「にゃあ」



古泉「あなたはTDNという言葉を知っていますか」
キョン「なんだそれは」
古泉「私があなたを襲おうが、あなたが私を襲おうが、関係を持ったことに
  変わりありません」
キョン「なにを言ってる」
古泉「さいわい、部室には誰もいません、ならば、異性間でするものという常識に
  とらわれずに身を任せるべきではないでしょうか」
キョン「や、やめろ」
古泉「ずいぶん悩んでるみたいですね」

長門「…ユニーク」



谷口「なぁキョンよ、お前は青い鳥の話を知っているか?」
キョン「なんだ藪から棒に。」
谷口「…俺が探していた真実の愛は、こんなに近くにあったんだよ、キョン…」
キョン「ちょっと待 【古泉】キョンたんは渡しませんよー!!!!!
谷口「アナルだけは!アナルだけは…っ…!!!」



ア!ナ!ル!ア!ナ!ル!アーナルンガー!!
ア!ナ!ル!ア!ナ!ル!アーナルンガー!!

マッガーレ 鋼のチン棒ーグ  黒いたてがみ 金の玉
光り輝くGスポット アナルの希望 守るため
今こそ 勃ち上がれ
スレの心の幸せを 壊す荒らしは許さない
ア!ナ!ル!ア!ナ!ル!アーナルンガー!!
ア!ナ!ル!ア!ナ!ル!アーナルンガー!!
アナルフュージョン(勝手に)承認だ!
今だ!古泉合体だ!
チン棒湾曲! アナルディング・ドライバー!
奇跡! 神秘! 真実! 夢! 誕生!
無敵の ドでかい守護チン ぼくらのアナル王!
アッアッアッアッ アナルンガー!!



ハルヒ「しりとりするわよ」
キョン「尻取りじゃねぇよ!しまえ古泉」
古泉「ちっ」
ハルヒ「じゃぁしりとりのリでリスね」
キョン「スイカ」
古泉「貫通」
ハルヒ「牛」
キョン「シマウマ」
古泉「マッガーレ」
ハルヒ「レッサーパンダ」
キョン「ダチョウ」
古泉「ウホッ」
ハルヒ「ホッキョクグマ」
キョン「マンボー」
古泉「僕と1つになりましょう」


オチが思いつかない・・





みくる「涼宮さんってかわいいですよね」
ハルヒ「あらそう?じゃあどっちがかわいいかキョンに決めてもらいましょ」
みくる「キョン君はどこにいるんですか?」
ハルヒ「屋上って言ってたわよ」



屋上では

古泉「ハァッハァ」
キョン「うあっ・・・ハァ・・・・ハァ」




みくる&ハルヒ「・・・・・・・・・・」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのホームランバー食べたでしょ!?」

キョン「いや、知らん。さっき古泉が冷凍庫開けてたが…」

ハルヒ「古泉君、あたしのホームランバー知らない!?」

古泉「あぁ、それでしたら僕のアナルの中ですよ。ちょっと抜いてもらえせんか?」


―――ズブブブプリュ―――

古泉「アッー!!!キョンたーん!!気持いいよぉー!!!激しくしちゃらめぇぇぇぇー!!!!!!」



キョン「・・・・・・」
ハルヒ「・・・・・・」


長門「・・・うぜぇ」



…俺は自分の置かれている状況が理解できなかった。
都市部まで出てきて、エレベーターに乗って地下に下りたまでは分かるが…なんだここは。

「さすがのあなたも驚かれているようですね。ようこそ、機関の拠点基地へ。」
古泉がしたり顔で微笑している。
「何なんだここは。一体何を研究しているんだ、ハルヒの観察が目的じゃなかったのか!」
「涼宮さんを追っている、というのはフェイクですよ。本当の狙いは…あなたです」
「どういう意味だ!さっぱり分からん、俺は普通人だぞ。観察して何の得があるんだ!!」
「得ならありますよ。なぜなら…そうですね。僕はあなたに少なからず好意を抱いているんですよ。
それと、言い忘れていましたが、ここでは僕の力も有効化されます。普段の10倍ですよ。
この力をある一点に集中させる事で、神人ですら一人で倒す能力が手に入ります」
「そ、それはいった…あ、あぁん!」
「さぁ、ショウタイムですよ…?」
「あ…アナルだけは!アナルだk



ハルヒ「今日のミーティングはみくるちゃんのコスプレアンケートをとりたいと思います。」
キョン「裸エプロン」
ハルヒ「誰か何か言った?」
古泉「半ズボンとランドセル!」
ハルヒ「それは谷口君にやってもらうことにして、別なのは?」
長門「スク水・・」
ハルヒ「なかなか渋いとこつくわねぇ 他には?」
キョン「だ・か・ら・裸エプロン」
ハルヒ「他に意見のある人いないの?」
ちゅるや「スク水に上だけセーラー服着てツインテールがいいにょろ」
ハルヒ「マニアックね、他には?」
キョン「だ~~~・か~~~・ら~~・裸エプロン」
ハルヒ「もう意見のある人いないの?」
長門「裸エプロン」

ハルヒ「有希、いい事言うわね・・じゃそれで決まりね!」
ハルヒ「じゃぁキョン裸エプロンになって!!」
古泉「イタダキマス」

キョン「あ・・アナルだけはぁ~~~ いででさきっぽがぁ~~」



     (;´Д`)   シコシコハァハァキョン君キョン君
   _(ヽηノ_
     ヽ ヽ

キョン「なにやってんだてめぇ」

     ( ゚д゚ ) !
   _(ヽっノ_
      ヽ ヽ

     ( ゚д゚ )   シコシコシコシコ
   _(ヽηノ_
     ヽ ヽ

キョン「やめろ!こっちみんな!!死ね!!!」

    ( ゚д゚ )っ
     (彡ηr しこしこしこ・・・・・
.       i_ノ┘

   ⊂( ゚д゚ )
.     ヽ ηミ)
    (⌒) |しこしこしこ・・・・・
      三 `J

キョン「ちょっ!こっちくんな!!やめ・・アッー!!」

アナルだけは!!アナルだけは!!



古泉「さぁ覚悟はいいですかきょんたん」
やめろ!何をする気だおまえ
古泉「グフフ、すぐにわかりますよきょんた~ん」
まてまてまてまて、そのフルーチェをどうする気だ
古泉「いきますよ~マッガーレ」
ぎゃあああやめろおおおおお

アッー!!!


アナルに入れるのだけは!!アナルに入れるのだけは!!



古泉「さぁ覚悟はいいですか鶴屋さん」
やめるにょろ!何をするつもりっさにょろ?
古泉「グフフ、すぐにわかりますよつるやさ~~ん」
まてまてまてまつにょろ、そのフルーチェをどうする気っさ
古泉「いきますよ~マッガーレ」
ぎゃあああやめろおおおおお

アッー!!!


アナルに入れるのだけは!!アナルに入れるのだけは!!だめにょろぉぉぉぉぉぉ
あぁぁ…お腹の中がめがっさにょろにょろいってるにょろ~~



古泉「キョンたんキョンたーん♪アッナッルッアッナッルッ♪」
キョン「ああ、いいぞ」
古泉「うっひょひょ~い♪」
キョン「飲み込んでよ、僕のエクスカリバー」

古泉「アナルだけは!アナルだけは!!!」



キョン「あっ!!これは伝説のねるねるねるね、懐かしいな」
古泉(さぁ、食べるんだキョンたん)
キョン「でも部室の物を勝手に喰うとハルヒが煩いしな」
古泉(関係ないよ、大丈夫だからキョンたん)
キョン「でも、置いとくのがわりぃんだよな」
古泉(オゥケィ、その通りだよキョンたん)
キョン「小腹も空いてるし喰っちゃお」
古泉(ハァハァ、早く早くキョンたん)
キョン「うまいっ」テーテッテテー
ガチャ
キョン「よう、長門。お前も喰うか」
長門「…いらない」
キョン「うまいぞ」
長門「古泉一樹の遺伝子情報は摂取せずとも知っている」
キョン「えっ………」
長門「古泉一樹の遺伝子情報は摂取せずとも知っている」
キョン「とっという事はこれは…」
長門「古泉一樹の精液が含まれている」
古泉「キョーンたん、今度は加工前の原液飲ませてあげるよーん」
キョン「いやぁー、アナルだけはアナルだけはぁー」

長門「…この部屋…イカ臭い」



古泉「キョンたんキョンたん、今日はアナルビーズとやらを持ってきたんですよ!!」
長門「それ、私の」
キョン「なんだ長門のか。おい肉便器、返してやれ」
古泉「ちぇーっせっかくキョンたんに出し入れしようとおもったのになぁーっ」
長門「それには同意する。私もそれが目的だった」
みくる「なんだなんだここは小便くせぇガキどもばっかだなぁああん?!もっとホネのあるやつはいねぇのか?!」
古泉「うるさいだまれ」
キョン「うるさいだまれ」
長門「うるさいだまれ」
谷口「忘れ物忘れ物~っと」
谷口「し、失礼しましたっ!!」



ハルヒ「みんなおそくなっちゃてごめんねーってあれ?みくるちゃんだけ居ないじゃない」
長門「朝比奈みくるは今頃フルーチェと交戦中」
古泉「いい気味ですよねキョンたん」
キョン「それには同意」
ハルヒ「じゃあしょうがないわね、あたしの買ってきたフルーチェでも食べながら古泉君にアナルビーズ出し入れしましょ」
古泉「アッー!」
長門「むしろフルーチェを挿入するべき。」
ハルヒ「マッガーレ」
長門「テーレッテレー」



みくる「アナルだけは!アナルだけは!」



長門「アナル開発」
古泉「もちろんキョンたんのね!!」
長門「うるさいだまれ」



キョン「アナルだけは!アナルだけは!」



キョン「なぁ」
長門「何」
キョン「フルーチェ食うか?」
長門「・・・・・・(コクリ)」
キョン「ロックでいいか?」
長門「水割り」
キョン「そうか」
長門「そう」


古泉「キョンたんの危機を感じる!!今行きますよキョンたん!!愛の力は偉大なんだァアアアアアァァ!!」

長門「未確認飛行物体を半径5㌔以内に感知。迎撃する」



古泉「アナルだけは!アナルだけは!」



古泉「さあキョンたん! 今日も君と言う鞘に僕のエクスカリバーを納めますよ!」
キョン「アナルだけは! アナルだけは!」
古泉「……」
キョン「アナルだけ……あれ?」
古泉「いいかげんそれ以外の返し方も覚えたらどうですか? 少々見苦しいですよ?」
キョン「え、ちょ……」
みくる「第一、それが個性だと思っているんですか?」
キョン「何で朝比奈さんが」
鶴屋「周りが飽きてるのにも気付かないで、いつまでも同じ芸で笑いが取れると思ってる芸人みたいだよね」
キョン「鶴屋さんまで!?」
長門「可哀想だから必要の無い出番を与えてあげているのに、最近は何か勘違いをしている。とても不愉快」
キョン「な、長門……」
ハルヒ「いいとこ、前髪で顔が隠れて個性も何も無い一昔前のギャルゲーの主人公よね。居ても居なくても話を進める分には問題無い奴」



キョン「……あー、やな夢見たー」



キョン「ア」
妹「ナ」
シャミセン「ル」
谷口「だ」
国木田「け」
ミヨキチ「は」


キョン「どうだ!個性を出したぜ!」
古泉「小学5年生にアナルなんて言わせるのは感心しませんね」



キョン「んだよ、くそ、じゃあもうアナルセックスはやめろ!!」
古泉「アナルだけは!アナルだけは!!」


|