キョン「ハルヒ!目を覚ませ!お前にとって面白いことって
   そんな化け物といることなのか!?」
ハルヒ「キョン…私は彼を愛してしまったの!ほっといてよ!!」
キョン「ハルヒ…そんな…」
範馬勇次郎「ガキ…、そんなにこの女が欲しいなら
     戦って奪ってみろよ!!ひゃはははは!!!」
キョン「くっ…、くそ…」
ハルヒ「あんたなんかに勝てるわけないわ!キョン…もうどっかいって」
キョン「ハルヒ…」
勇次郎「俺の最強の遺伝子を産むのに相応しい女だ!!
   雑魚はどっかいってろ!ひゃははは!!」

キョン「くそっ!俺は…ハルヒのことが好きだったんだ
   ようやく気づいた。なのに…あんな化け物に心を寄せやがって、うぅ・・・えっぐ」
愚地独歩「兄ちゃん、男が泣くなんてかっこわるいぜ!」
キョン「なんだよ!ほっていてくれ…」
独歩「兄ちゃん、取られた女を奪い返すのが男ってもんだ。
  動物の常識ってもんだ!惚れてんならやってやれよ」
キョン「あんな化け物に勝てるわけがない…」
独歩「男じゃねーな、俺が喧嘩のしかた教えてやるよ」
キョン「ほっといてください!!」
独歩「たっく、いまどきの若者は
  まってるぜ」

キョン「ちくしょう…、そうだ!長門なら何とかしてくれるかも」

長門「情報統合思念体は範馬勇次郎に興味と脅威を感じている」
キョン「どういうことだ?」
長門「範馬勇次郎の戦闘能力はTFEI端末にもどうにもできない」
キョン「そ、そんなお前らの組織にもどーにもならないのか??」
古泉「範馬勇次郎の話ですか、はっきりいってどうにもなりませんよ」
キョン「古泉!?なんでお前が知ってるんだ?」
古泉「範馬勇次郎は私の機関の監視下にもあります
  彼が生まれたときから国はすでに動いていましたよ。」
キョン「どういうことだ?」
古泉「彼の脅威は、はっきりいって核弾頭以上です
  それほどの戦闘能力をもつ存在なんですよ」
キョン「そ、それじゃあ!ハルヒはどうするんだよ!!」
古泉「私にはどうにもなりません、ひとつ言えることは
  ほっとくべきです」
キョン「そ、そんな・・・」

キョン「うぅっ、えぐっ…ううぅ」
みくる「キョン君、元気だして
   はい、お茶」
キョン「朝比奈さん…」
みくる「キョン君、諦めちゃだめですよ
   女心なんてどーにでもなっちゃうんですぅ」
キョン「は、はぁ…」
みくる「キョン君の気持ちをぶつけてやるんです!」
キョン「でも…あいつはあの化け物に…」
みくる「キョン君は男の子でしょ
   好きだっていってやるんですぅ!」
キョン「……」

独歩「お、兄ちゃん来たか」
キョン「喧嘩を教えてください」
独歩「一言いっとくぜ、喧嘩に勝てる可能性はほとんどねぇぜ
  てか、死ぬな」
キョン「いいんです、俺は…ハルヒのことが好きですから」
独歩「ふふっ、いい貌(かお)してるぜぇ
  よし、教えてやるよ」

バシッ!!バキッ!!ヅゥパ!!ドホパ!

独歩「どうした兄ちゃん、一発も殴れてねえぜ」
キョン「うぅ…ちゃ、ちゃんと空手を教えてくださいよ…」
独歩「兄ちゃん、喧嘩しにいくんだぜ
  空手の試合じゃねぇ、俺は喧嘩を教えてるんだ」
キョン「でもこれじゃ…ただ我武者羅に殴りかかっててるだけじゃ…」
    バシッ!!
キョン「ぐふぅ!!そ、そんな急に…」
独歩「喧嘩をしてるんだぜぇ兄ちゃん、そんなんじゃ娘っ子も兄ちゃんなんて見ねぇよな」
キョン「く…くそおおおおおおおおおお!!」

バン!!

キョン「ハァハァ…」
独歩「いいパンチだったぜ…兄ちゃん
  その気持ち、あの娘っ子にぶつけてこい」
キョン「あ、ありがとうございます!!!」

勇次郎「いい女だぁ、俺の子供を産め」
ハルヒ「はい…勇次郎さま」

キョン「ハルヒから離れろ!!!」

ハルヒ「キョン!なんできたのよ!?」
キョン「うるせー!おい勇次郎!俺と勝負しろ!!!」
ハルヒ「ちょっと、あんたに勝てるわけないでしょ!」
勇次郎「ふふふ…がははははは!!!コゾウが俺と勝負だと…
   いいだろ…だが命の保障はしないぜ」
ハルヒ「勇次郎さま、やめて!あんなのほっとけばいいのよ!」
キョン「勇次郎!死ねぇ!!!!!!!」

ドガッ!バシィ!!ドア!!ザアア!!!バシ!!

キョン「おえぇ…くそ…」
ハルヒ「キョン!やめて、わかったでしょ?勇次郎さまにかかればあんたなんて
   小指でも殺せるのよ!」
キョン「うるせー…」
ハルヒ「キョン…!?」
勇次郎「いいぜ、もっともて遊んでやるぜ
   ひゃはははあはは」

ドゥガ!!ボキ!!ボギ!!グジャ!!ジョバ!!!

ハルヒ「キョン!もう死んじゃう!お願いだから降参して!」
キョン「そんなのできるわけねぇよ」
ハルヒ「な、なんでよ…死んじゃうよ!」
キョン「好きなんだよ!お前のことが!!」
ハルヒ「え…」
キョン「死ぬほど好きだから…奪い取らないと気がすまねぇ!!」
ハルヒ「キョン…」

勇次郎「ひゃははは!!そろそろこのお遊びも終わりにしとくか…」
キョン「く・・・・くそ」
勇次郎「死ねぇええええ!!!!」

ハルヒ「やめて!!!」

キョン「は、ハルヒ…」
勇次郎「そこをどけ、お前も死ぬぜ」
ハルヒ「私が求めてた面白いことって、あなたじゃなかったわ…」
勇次郎「ほう…、俺以上にエキサイティングに人間の本能どうり生きてる人間はいねぇぜ
   そんな俺が面白くねぇと?」
ハルヒ「私は超人的なあなたに魅力を感じたは。
   あなたといれば楽しい毎日だと思った、でも違うって気づいたの」
勇次郎「ほう…」
ハルヒ「私…やっぱりキョン達と一緒にSOS団の活動をしてるほうが楽しいって気づいたの」
キョン「ハルヒ…」
ハルヒ「だからあなたとはもういられない…」

勇次郎「ひゃははははは!!笑えるぜ!!!!!!」
キョン「何が笑えるんだ?」
勇次郎「俺はこの世で一番面白く生きてると思ってたぜ!!
   そんな俺がつんまねーんだとよ!はははは」
ハルヒ「私はただ…」
勇次郎「いいんだぜ、ただいっとくぜ
   男を選ぶ権利は女にある、ひゃはははは」
ハルヒ「////」

こうしてハルヒはキョンのもとに帰ってきたのでした

|