アニメの孤島症候群にて。ガケから落ちたキョンとハルヒは
雨を避けるため洞窟の中に駆け込んだ。

ハルヒ「あーあ、とんだ災難よね・・・イタッ」
キョン「どうした?」
ハルヒ「足を・・・くじいちゃったみたい」
キョン「・・・外は暴風雨だし、こりゃ当分動けないな」

オレたちはずぶ濡れの服を絞った。

キョン「ぬれた服着たままじゃ風邪引くな・・・」

シャツとズボンを脱いだオレは、腰くらい高さのある岩にかけた。

ハルヒ「ちょっと!なに脱いでんのよ。女の子の前で恥ずかしくないの!?」
キョン「仕方ねえだろ。・・・お前も脱いだほうがいいぞ。風邪引くから」
ハルヒ「・・・アンタ、ヘンなこと考えてるんじゃないでしょうね」

キョン「バカいえ。そんな気などこれっぽっちもない。
   いいからさっさとしろよ。風邪引くぞ」
ハルヒ「見たら殺すわよ」

そういいながらハルヒもTシャツとズボンを脱いだ。

キョン「絞ってやろうか?」
ハルヒ「いいわよ。こっち見ないで!」
キョン「見てねえよ」

しばらくそのままじっとしていたが、やはり夏とはいえ下着一枚では寒い。
オレは軽く体を動かしながら、なんとか体温を維持していた。

ハルヒ「・・・・・ぅぅ」
キョン「どうしたハルヒ?寒いのか?」
ハルヒ「な、なんでもないわ。大丈夫よ」

しかしハルヒの声はふるえていて、あまり大丈夫そうには見えない。


一方、屋敷では
古泉「なんですって!キョン君と涼宮さんが戻ってこない!?」
森「さきほど船を確認しに外へ行ったのですが・・・それからもう40分は経っています」
古泉「なんてことだ・・・足を滑らせて海に転落していなければいいのですが・・・」
森「心配ですね・・・」
古泉「それに波止場の近くには天然の洞窟があると聞いています。
   足をくじいたかなにかで帰れなくなって、雨がやむまで待機しているのかもしれません。
   ・・・間違いが起こらなければいいのですが」
森「・・・・・」

キョン「ハルヒ、後ろを向いてくれ」
ハルヒ「な、なに?」

オレはハルヒのほうへと近づいていった。

ハルヒ「ちょ、ちょっと!こっち見るなっていったでしょ!なにする気よエロキョン!」

一方的にわめいてくるが、かまわずオレはハルヒに近づいた。

キョン「ちょっとの間の辛抱だぞ」

そういうとオレは、ハルヒを背中から抱きしめた。

ハルヒ「ちょ・・・そんな・・・ダメよキョン・・・」

ハルヒの肌はややひんやりとしていて、絹のように柔らかかった。
ほどなくして、オレの上半身全体にハルヒの体温が伝わってくる。
心臓は破裂しそうなほど鼓動を早め、まるで世界全体が振動しているのでは
ないかと思えるくらいだ。
目の前にはハルヒの後ろ髪が見える。シャンプーのいい芳香が鼻をつき、
今にも理性が飛んでしまいそうだった。

キョン「こうしていれば少しでも体温の低下が防げる。雨がやんだらお前を背負って
   屋敷に戻れる。それまでの辛抱だ」
ハルヒ「キョン・・・」





古泉「せっかくキョン君と2人きりの部屋になったっていうのに・・・」

ハルヒ「キョン・・・ごめんね。私が船を確認しに行くなんて言い出したせいで・・・」

ハルヒはかぼそい声でそう言った。普段はお目にかかることができない
ハルヒがしおらしくなっている様子を前にして、心の鼓動はさらにワンランクアップした。

・・・これ以上はいくらオレでも耐えられそうにない。


キョン「お前が素直に謝るなんて珍しいな。どうりで暴風雨に遭遇するわけだ」

オレはいつものハイテンションなハルヒを引き出すつもりで、わざと悪態をついた。
しかしオレの予想に反し、ハルヒはますますかぼそい声を出した。

ハルヒ「ごめんね・・・いつもムチャなことばかり言って。私、いっつもみんなに
   迷惑ばかりかけてたよね・・・」

おいおい、どうしたんだハルヒ?地球が逆回転したってお前はそんなセリフを言わないはずだ。
というか、今のハルヒはむちゃくちゃカワイイ。この体勢でそんなこと言われたら、
オレの理性が・・・・・

表情はわからないが、ハルヒの声は涙声になっている。
だめだハルヒ!SOS団でそんな声を出していいのは朝比奈さんだけなんだ。
団長はいつだって正気を保っていてもらわないと困る。
ハルヒなら理性を保てると考えたオレがバカだった。

まずい・・・一旦離れたほうがいいのか!?

そんなオレの葛藤を知らずか、さらにハルヒは続けた。

ハルヒ「グスッ・・・今だって私が足をくじいたせいで、キョンに迷惑かけてるよね・・・
    私のせいで・・・グスッ」

どうやらハルヒは本当に泣いているらしい。なぜだ?足をくじいたぐらいでなにが悲しいんだ?
オレは上がりきったテンションを下げるため、古泉の裸体を必死で思い浮かべた。
アイツのくそみそもたまには役にたつじゃないか。



その頃、古泉は別の意味でキョンの裸体を必死で思い浮かべていた。
古泉「ハァハァハァ、キョンたん・・・今どこで何をしているんだい?」

キョン「ハルヒ、気にするなよ。お前のムチャな思いつきがなきゃ
   SOS団の活動はないも同然だ。今日はたまたま運が悪かっただけさ」
ハルヒ「キョン・・・グスッ・・・ホントに?ホントにそう思ってる?」

キョン「もちろんだ。他の団員だってそう思ってるさ。出会ってからまだ数ヶ月しか経ってない
   オレたちだけど、それなりにお互いを理解できるぐらいの時間は共有してきたはずだろ」

オレは古泉の裸体の横に、朝比奈さんのメイド姿と長門の読書姿を思い浮かべた。

・・・いかん!再びオレのビートが上昇してきた!

オレは急いで脳内スクリーンから朝比奈さんと長門の姿を消し去った。
今はお前だけが頼りだぞ、古泉・・・

しかし、この状態に慣れてくると若干寒さを感じるようになってきた。
洞窟の奥からも外に通じているのか、入り口から風が吹き込んできたせいでもある。

今のオレは背中を丸くして座っているハルヒに後ろから抱きつくという
わりとヘンタイじみた格好をしているワケだが、ハルヒと密着している前面はともかく、
背中や足なんかが容赦なく寒気にさらされている。
オマケにヘンな体勢でいるせいか、足と腰が痛くなってきた。

ハルヒ「寒いの?キョン」
キョン「ちょっとだけな」
ハルヒ「・・・・・・ちょっと目瞑ってて」






古泉「・・・やはりキョンたんの貞操が心配だ」


目を瞑れだって?ハルヒはなにをするつもりなんだ・・・?
ハルヒの言葉に疑問を感じたオレだが、寒さと疲労であまり頭が働かなくなっていたせいか、
言われるままに目を閉じた。

!?どうやらハルヒの体がオレから一旦離れたみたいだ。
ハルヒの肌の温もりから離れたオレの上半身は、容赦なく寒気にさらされる。

そのときだった。やけに柔らかい感触がオレの上半身に覆いかぶさり、押し倒される格好となった。
イテ、少し頭うったな。
…って待てよ。この感触は、もしや・・・

ハルヒ「・・・なにも言わないで」

おそるおそる目を開けると、今度は裸体のハルヒがオレに抱きついている格好となっていた。
しかも体の前面から。オレのみぞおちあたりに感じている二つの柔らかさがなによりの証拠だ。
ハルヒはブラをはずしている。そんな状態でここまで密着されたら、
いくらオレでも一瞬で理性のメーターが振り切れてしまうのは間違いない。

うう・・・さすがにそれはまずいハルヒ・・・

オレは脳内スクリーンで、必死に古泉ストリップ劇場を映し出していた。

ハルヒは恥ずかしさのせいか顔を真っ赤にしてうつむいている。
オレは急いで脳内ストリップ劇場に目を移すと、この状態で何を言うべきか必死で考えた。
…ここで黙っていたらすぐにリミッターが外れそうなんだ。

古泉劇場はクライマックスにさしかかっており、ヤツはそそり立ったモノを
惜しげもなくさらしていた。ふだんなら1ミリ秒だってこんなもの視界に入れたくはないが、
今はこの状況を切り抜けるための救いの神である。
ああ、すばらしきフル・モンティ・・・理性が勝利する日は近いぞ。

キョン「さっきよりあったかくなったな」
ハルヒ「・・・うん」
キョン「みんなどうしてるかな?朝比奈さん、はやく目覚めるといいんだが」

朝比奈さんの名前を出した途端、ハルヒは少し眉の角度を変えて
オレを凝視してくる。
そうなると目を反らすわけにもいかず、オレはハルヒを見つめ返した。

オレが見つめかえすと、ハルヒは少し自信なさげに目を反らした。
おかしいな。普段なら文句の三つや四つでも言ってくる場面のはずだ。

ハルヒ「・・・今は・・・」
キョン「なんだ?」
ハルヒ「今は私のことだけを考えて!」

突然、ハルヒがとんでもないことを言い出した。なんだ?どういう意味だ?

・・・いや、意味はよく理解できるが、なぜハルヒがオレに向かってそんなセリフを言うんだ?

再び理性が本能に負けそうになる。頑張れオレ!
しかし、ハルヒはうるんだ目でオレを見つめてくる。

ハルヒ「みくるちゃんや有希のことは考えないで。私だけを見て」

ぐあー!これはたまらん!もう1秒だって耐えられない。
いやいや待て、オレはSOS団の理性部分を担当しているはずだ。
そのオレが率先して本能に負けてどうするんだ。
頑張れオレ!そして頑張れ古泉!

ハルヒの願いとは裏腹に、オレは脳内スクリーンで必死に腰をふる古泉を
一心不乱に見つめ続けた。

突然、ハルヒの顔が間近に迫ってきた。
これはまさか!
拒絶しようかどうかをためらった一瞬のうちに、ハルヒの唇がオレの唇をふさいだ。
ハルヒの唇は柔らかく、甘かった。

…もうダメだ。これ以上本能をおさえることはできない。
だけど、オレの理性はここまで頑張ってきたんだ。誰もオレを罵ったりはしないだろう。

ハルヒはゆっくりと唇を離した。とろんとした目でオレの顔を見つめてくる。


谷口、国木田、オレはひと足さきに大人になるよ。さらば童貞、さらば少年の日々よ・・・

しかし、オレの理性が最後の抵抗を試みていた。
あろうことか、オレはさっきまでずっと頭に浮かべ続けていた人物の名前を
口走ってしまったのだ。

ハルヒ「キョン?・・・まさかアンタ」
古泉「キョンたん!助けにきたよ!」

突如古泉の叫び声が聞こえたかと思うと、ヤツはオレに覆いかぶさっていた
ハルヒの体を突き飛ばした。

古泉「僕のいない間にキョンたんの貞操を狙うなんてとんだ泥棒猫ですね!まったく・・・」
ハルヒ「キョン!アンタやっぱりそういうことだったのね!」

後から駆けつけた森さんに渡されたバスタオルに包まりながら
ハルヒはオレを睨んでいだ。

キョン「違うんだハルヒ!誤解だ!聞いてくれ!」
ハルヒ「じゃあさっきなんで古泉君の名前を呼んだのよ!説明してみなさい!」

そうハルヒに言われたオレが一瞬言葉に詰まっていると、古泉は目を輝かせながら
オレを見つめてきた。

古泉「キョンたん!なんだかんだ言いながらやっぱり僕のこと思ってくれていたんだね!」
キョン「ア゛ー!誤解だやめろ!ちんぽ触るな。アナルだけは!アナルだけは!」

ハルヒ「先に屋敷に戻ってるわ!二人ともごゆっくりね!」

そういい捨てるとハルヒは森さんに支えられながら洞窟を出ていった。

古泉「さあ、これで邪魔者もいなくなったことだし、ね?」
キョン「らめええええ!!」

洞窟にオレの絶叫がこだました。

それから合宿が終了するまでハルヒは一言も口を聞いてくれなかった。
シリの痛みよりもなによりそのことがオレにはツラい。
古泉は終始うれしそうな顔をしていたのも忌々しい。
帰りの船のなか、オレは一人夕日を見ながら涙を流した。




終わり(´・ω・`)



|