キョン「長門、何読んでるんだ?」
長門「・・・本」
キョン「・・・面白いか?」
長門「ユニーク」
キョン「ちょっと見せてくれよ」


古泉『あはははは!さあキョンたんお楽しみはこれからですよ!!』
キョン『アナルだけは!アナルだけは!』


キョン「・・・」
長門「ユニーク」



ああ、うん
原作読んだことないのに書くもんじゃないね



 うほっ・・・やらないか?
「何をいってるんです。冗談ですよ冗談。」
 俺は何時でも本気だぜ古泉。
「ちょっと、待ってください。いやこれはですね。
 そ、そう涼宮さんが仕組んだもの何ですよ!」
 そんなことは知らないね。
ビリィ!!
「アナルだけは!!アナルだけは!!」
「いやあああああん。マッガーレ。」



長門「フェラ・・・・・させて?」

キョン「え?ああ、お願い・・・します」


キョン「ああ・・・・きもちいい」

古泉「・・では、そろそろ私の番ですね」
キョン「え?俺はこのままのほうg」
古泉「うなれ!!テドドン」


キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!」



古泉「キョンさん!私の技を受け止めて下さい!」
キョン「え?…」
古泉「私のこのテドドンが真っ赤に燃えるぅぅぅっ!」
キョン「!?」
古泉「アナルを!掴めと!轟き叫ぶぅぅぅっ!」
キョン「い…嫌だ…」
古泉「ばぁぁく熱!ゴッドテドドンーッ!」
古泉「石破天驚棒ーッ!」
キョン「うっ、うわぁぁぁぁぁぁぁぁ…」





古泉「ヒィィィィトッ、エンドゥッ!」
キョン「うきゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」



(上の続き)
古泉「キョンさん!私の技を受け止めて下さい!」
キョン「え?…」
古泉「私のこのテドドンが真っ赤に燃えるぅぅぅっ!」
キョン「!?」
古泉「アナルを!掴めと!轟き叫ぶぅぅぅっ!」
キョン「い…嫌だ…」
古泉「ばぁぁく熱!ゴッドテドドンーッ!」
古泉「石破天驚棒ーッ!」
キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!」





古泉「ヒィィィィトッ、エンドゥッ!」
キョン「うきゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」



谷口「WAWAWA忘れ物~・・・!!、ごゆっくり!」


国木田「ちょっと待ってよ!・・・・少しお話ししようよ」


谷口「そうだな・・・じゃあ、とりあえず、
なんで裸なんだ?」

国木田「ふふ、そんなことゆりもっと他に聞くぶきことがあるんじゃない?」
谷口「・・・えーと、なんで俺の机に上で激しく腰を降っているんだ?」
国木田「ふふ、それは健康にいいからさ」
谷口「なんで国木田は薔薇をくわえてるんだ?」
国木田「それはね。谷口、君がニラより美しいからさ」
谷口「なんでチンコをおっきさせたっ!?」
国木田「そんなことゆりチャック開いてるよ。本当は僕が開けたんだけどね」
谷口「な、いつの間に!?
ま、まさか今までのも全てお前がっ!?」
国木田「それはどうかな」

秋田



ハルヒ「SOS団でかくれんぼするわよ」
キョン「なんでだ?」
ハルヒ「いいじゃない、ぐだぐだ言わずさっさとじゃんけんしなさい」

じゃんけんの結果、古泉が鬼になった

ハルヒ「じゃあ目つぶって60秒よ」

古泉「わかりました」

古泉「1~60なて行きますか・・・・みなさんはどこでしょねー、やっぱり初めにキョン君を」

あ?あそこに居るのは!!


古泉「うわあああああああああい!!!やぁあああああっと見つけたよぉぉぉ!!
もおおおおおお!!勝手にどっか行っちゃ駄目だよぉ…僕のキョンたんは、
ず、ずーっと僕の傍に居なきゃ…いけないんだよぅ…ち、畜生…
アイツか、あいつ等か…あの雌共の毒気にやられたんだなぁぁああ……
フ、フヒヒ…安心して良いよ、キョンたん…もう見失わないからね…
さあ、さっそくパンツをぬいで・・」

キョン「な、なにするんだ 、やめろ」

古泉「うなれ!!テドドン!!」

キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!」



古泉 「ttp://akashi.sarashi.com/とか
   ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1149419854/に習って、
   僕も常に全裸でいることにしましたよ」
ハルヒ「ナイスよ古泉君!これで古代人が現れるかもしれないわね!」
キョン「…」
みくる「素敵な身体です…それに…すごく立派な…」
キョン「ああ…朝比奈さんまでそんなこと言うんですか…」
ハルヒ「有希はどう思う?」
長門 「…ユニーク」
ハルヒ「なら決まりね。これから部室にいるときはみくるちゃんはメイド、古泉くん
   は全裸ってことで」
キョン「…」



ガチャ
古泉「おや、あなただけですか」
キョン「わるかったな」
古泉「いえいえそんな・・・・ところでここを見てください」
そういいながら古泉は自分の股間を指差している

キョン「なんのつもりだ、そんなもん見たくも無い」

古泉「僕の自慢のテドドンですよ」

キョン「たいへん遺憾だ」

古泉「発射」

キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!」



古泉「ふっふっふではいきますよ」
キョン「ちょ、いきなりなにすんだやめろ、長門助けてくれ」

長門「・・・・・古泉一樹の情報結合解除」
古泉「んなっちょっと待ってくだうわあああああああ手がああああああああ」

キョン「ふう、終わったか」

古泉「だがこの古泉、一人ではゆかぬわー」

古泉「マッガーレ」

長門「!!!う・・負けた・・が・・・・ま・・・」

キョン「な、長門ーーー」

古泉「どうやら情報結合解除は止まったようだな・・くっくっくではゆくぞっ」

キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!」



BAD END



キョン「あれ・・・運転手は・・・荒川さん・・・!?」
古泉「ふふふ・・・・タイミングよくタクシーが来るわけないでしょう?」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」
長門「ユニーク」



マテラッツィ「このテロリストがっ!!」

ジダン「何だと!テドドン発射!!」

マテラッツィ「アナルだけは!!アナルだけは!!」





審判「レッドカード退場」


ズゴッ


審判「アナルだけは!!アナルだけは!!」



キョン「ほ、ほ、ほ、ほっしゅ~♪」
ハルヒ「あんたってひどい音痴なのねぇ!!」
キョン「うっせーな、自分でも気にしてんだよ」
長門「……ユニーク」
朝比奈「な、長門さん、それ…フォローになってません……ふぇ…」
キョン「………(ふたりとも何気に酷いな)」
古泉「キョンくん!そんなに歌いたいなら是非僕の上で腰を振って歌って!!!!」

キョン「アナルだけは!アナルだけは!!!!!!!!!!!!」



古泉「キョンたん、今日は素晴らしいプレゼントがあります。」
キョン「なんだ?気持ち悪いなそれに顔近いぞ。」
古泉「これです!」
どでかいダンボール箱がひとつ
キョン(大人の男一人くらいなら入れそうだな。)

ふと嫌な予感が俺の頭をよぎる

古泉・???『そうです今日はアナルだけでなくお口の中まで犯してあげましょう。』

バコッ!!箱から現れたのはなんと谷口だった!

谷口「WAWAWA忘れ物~♪」
古泉・谷口『キョンた~ん、覚悟~~~!!』
キョン「2つ穴同時犯しだけは!2つ穴同時犯しだけは!」

古泉・谷口『ぬふぅ』
今日も2人は同時に達した



古泉「以前私は閉鎖空間だけでしか超能力が使えないと言いましたが、実はスプーン曲げ位はできるんですよ。」
キョン「ふむ、やって見てくれないか。 ・・・やらないか ではないぞ。」
古泉「わかりました。 お見せしましょう。」

キリッ  カキーン

古泉が念を込めるとスプーンはねじ切れて床へと落ちた。

キョン「ふむ、やるじゃないか」
古泉「貴方にもできるはずですよ。 やってみましょう。」
キョン「面白そうだな」
古泉「では、目を瞑って下さい。」


312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/12(水) 21:39:13.56 ID:Koc12v+x0
そう言うと古泉は俺の手を取った。

古泉「念じてください、曲がれ、曲がれ、曲がれ」
キョン「曲がれ・・・曲がれ・・・」
古泉「もっと情熱を込めて・・・曲がれ! 曲がれ!」
キョン「曲がれ! 曲がれ!」
古泉「発音をイタリアっぽく!!」
キョン「マッッガー・・・・レ !?   ちょ、おまっ」
古泉「マッガーレ(はぁと」

キョン「アナルだけは! アナルだけは!」
古泉「ふ、ふふっ  こんなこともできるんです」
キョン「中で曲げちゃ厭ああああぁぁあ・・・」

古泉「スプーンは曲げても信念は曲げませんよ。」

fin


古泉『僕はね、真剣にきみのことを想っているんですよ』
キョン『…いつもアナルアナル言うからただの変態だと思ってたが……』
古泉『茶化しでもしないと、きみは逃げていくでしょう?』
キョン『……はっきりいってあっちの方が気色悪かったけどな』
古泉『ふふっ、それは申し訳ありませんでした』
キョン『でも、今全部正直に明かしたから、不問にしといてやるよ』
古泉『有難うございます、では改めて……(ちゅ』






古泉「ちっ、夢か。さーて今日もキョンたんのアナルを目指して頑張るぞー!!!!!!」



アナルだけは!アナルだけは!

キョン「うわぁ、…夢か」キョン妹「キョン君大丈夫~?」
キョン「あぁ、大丈夫だから速く降りろ」
キョン妹「かかったな小物め【古泉】さぁ、朝の一発いただきますよ」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」



古泉「いやぁ何も悪気があった訳じゃないのよ、分かる?分かってくれる?
そう、うん、貴方が分かってくれないとまず始まらないからね、まず信じてね。
いやだから悪気なんてこれっぽっちもなかったのよーアハハ、うん。そうそうそう。
ただ…何て言うの?ほらアレよアレー、あの子見てると何だか愛しくて仕方なくなっちゃうって言うかー…
そうそうそう!構っちゃう?突付きたくなっちゃうって言うか…まぁそんな感じなのよ。
それって仕方ないじゃない?自然の摂理って言うか…ねぇ?
貴方も何となく分かるでしょ、キュンとするって言うかグッとくるって言うかさー。
で、そうなっちゃう訳よーあの子見てると、下半身がグッとね。グッと。ウフフフフフ。
だから突いちゃう訳よ!アハ、え?何をって…そんなのアナルに決まってるじゃなーい!」



ハルヒ「着替えるから出てけ!!」

しかたなく古泉と俺は廊下に出た

古泉「やっと二人になれましたね」

キョン「なんだ気色悪い」

古泉「まあ脱げばわかりますよ」

キョン「!!!!アナルだけは!!アナルだけは!!」



キョン「もしかしてフンモッフですか?」


NO!NO!NO!NO!NO!NO!


キョン「もしかしてソルドレイクですか?」


NO!NO!NO!NO!NO!NO!


キョン「もしかしてマッガーレですか?」


YES!YES!YES!YES!YES!YES!


キョン「もしかしてアナルですかぁ!?」


YES!YES!YES!YES!YES!YES!


古泉「ほるほるほるほるほるほるほるほるwwwwwwwww」

キョン「アナルだけは!アナルだけはアーッ!」



キョン「どれがビーチボール!」
古泉「いやですねぇキョンたん、これですよ、コ・レ!」
キョン「うわぁー暖かくて柔らかくて、どっちかって言うとピンポン玉みたいだー」
古泉「2つもあるんですよ!」
キョン・古泉「アハハハハハハハ」



古泉「キョンくんキョンくん、良かったらこれどうぞ!」
キョン「お、バナナじゃん。サンキュ!…………もぐもぐ」
古泉「……………(あぁいいよお、色っぽいよおキョンたああああん!!ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ)」



岡部「古泉、ちょっとこい」
古泉「なんでしょう」



……



古泉「アナルだけは!アナルだけは!」



岡部「ハッハッハッー!すごい締まりだなー!こんなに筋肉があるならハンドボール部にはいれ!」
古泉「たすけてええええ!キョンたん~!うああああ!」
岡部「俺とお前の2つずつあるハンドボールがあたって気持ちが良いぞ~!ハッハッハー」
古泉「アッアッアッー!」
キョン「…今部室に誰かいなかったか?」



古泉「キョンたんキョンたん。」
キョン「なんだ。」古泉「僕にメル友を紹介してくれませんか?」
キョン「(こいつはアッチ系だからこいつで十分か…)」

「キョン: TO谷口
すごいもてる奴紹介してやるよ。
magga-re@・・」
「谷口:TOキョン
ありがとう!友達はいいもんだな!」
教室にて。
谷口「WAWAWAわすれものって…お前なにす…アッー!」
古泉「ゴチです」



|