朝比奈 「今日、お弁当たくさん作りすぎちゃったんです。キョン君。よかったら一緒に食べませんか?」
キョン 「それはぜひ食べたいね。」

 

朝比奈 「これが私の作りすぎたお弁当の残りです。」
古泉 「やぁ、キョンたん。キョンたんの昼ごはんは私よ!」
キョン 「!?」
古泉 「さっそくですが、召し上がれ!!アナル狙い!!」
キョン 「アナルだけは!!アナルだけは!!」

 


 

古泉「あ、長門さんきゅうりとってください」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」
古泉「・・・・」
長門「・・・・」
キョン「すまん、なんか妄想してた・・・」

 


 

キョン 「ここで?朝比奈さんで二人で寝ろっていうのか?」
長門 「寝て」

 

キョン 「しょうがないなぁ、照れるじゃないか。」
古泉 「引っかかったな僕のキョンたん!!」
キョン 「古泉がふとんの中に!?」
朝比奈 「ではごゆっくり。」
キョン 「朝比奈さーーーん!!」
古泉 「キョン君は僕のもの!!とりゃああああああああ」
キョン 「白い液体が口の中に入ってく・・・」

 

長門 「・・・ユニーク」

 


 

キョン 「めがねしてないほうがかわいいと思うぞ。俺にはめがね属性はないからな。」
長門 「めがね属性?」
キョン 「なんでもない。ただの妄言だ。」
長門 「古泉」
キョン 「アナルだけは!アナルだけは!・・・なんでもな。ただの妄言だ。」
長門 「面白い人」

 


 

古泉「おや、キョンたんの今日のパンツは猫の柄物ですね。可愛らしいです。
僕ですか?僕はもちろんノーパンですよ。」
キョン「きいてねーよ。つーかなんで分かるんだよ。」
古泉「興味を持ちましたね、僕に興味を持ちましたね。
もちろんキョンたんの事ならなんでも分かります。
昨日の晩御飯はスパゲティでしたね、キョンたんの食べ残し大変美味しかったですよ。
その後ご自分の部屋で食後のオカズを食べていましたね、
しきりに朝比奈さんの名前を呼んでいましたがどう言う事ですか?
あの雌のどこが良いんです、僕の方が数倍優れているじゃありませんか。
メイド服ですか?あのメイド服が良いんですか。では今日からメイド服で登校しましょう。
もちろん背中にキョンの犬と書いた紙は張りますよ、ご安心を。
これでこれから僕の名前を連呼していただける事でしょう。
むしろ今呼んで頂きましょうか。そぉい!」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」

 


 

長門「ドラッグ、筋肉増強剤やコンソメなどの数えきれない食材・薬物を
精密なバランスで配合し
特殊な味付けを施して煮込むこと七日七晩。
これが私の長年の研究成果・・・ドーピングコンソメスープ・・・飲んで」
キョン「バ、バカやめろ・・・!何をするんだ!早く捨てろ!そんな物騒なウベァブゴグベボォ・・・・・・・ゴクン。」
長門「・・・・・・・どう?」
キョン「フシュルルルル・・・まるで・・生まれ変わった、気分だ・・・・・」
長門「・・・そう」
古泉「ぼくのキョンた~~~ん!!」
キョン「うふふ、わたしを捕まえられるかな?」

 

古泉「アナルだけは!アナルだけは!」
長門「素敵」

 


 

キョン 「SOS団のエンジェェル、朝比奈さん最高!!」
古泉 「しいていうなら、撲殺天使ですね。」
キョン 「何でだ!?」
古泉 「キョンたんは朝比奈さんに惚れているんですよね?やきもちをやいて殺しにいったらドゴッ【朝比奈】キョン君、おはようございます。」
キョン 「朝比奈さん・・・手にもっているのはエスカ…【朝比奈】ただのバットですよ。キョン君♪」
朝比奈 「ひぇぇぇぇぇ!!古泉君が血まみれになって死んでる!!」
キョン 「!?」
朝比奈 「私が、未来のおまじないでよみがえらせるのでキョン君は外に出て行ってください。」
キョン 「は・・・はい。」

 

??? 「だめでしょぅ?古泉君?禁則事項を教えちゃ?忘れるまで た た い て あ げ る♪」
ぼごっ!ずかっ!どごっ!
??? 「もういいかしら?ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー!!」

 

朝比奈 「もう、よみがえらせたから、キョン君、中に入っていいですよ。」

 


 

キョン 「長門、たまには愛称で呼んでみたらどうだ?」
長門 「そう。」

 

長門 「テクテク・・・『愛称のつけ方』・・・」

 

ハルヒ 「有希ーー!!おっはやっほーーー!!」
長門 「・・・そう。問題児」
朝比奈 「長門さん。おはようございます。」
長門 「・・・そう。痴女」
古泉 「おはようございます。長門さん。」
長門 「・・・そう。変態」

 

キョン 「愛称のつけ方、ひどくないか?もっと、いい愛称にしたほうがいいぞ。」
長門 「そうする。アナルだけは」

 

古泉 「これぞまさしくアナルトですね。ばいちゃっー!」

 


 

古泉 「涼宮さんの望みが何かは知りませんが、試しにこうしてみてはどうです?背後から押し倒して突然耳元からアイラブユーとでも囁くんです。」
キョン 「それを誰がするんだ?」
古泉 「あなた以外の適役がいますかね?」
キョン 「トラップカード!拒否権を発動するぜ!!このトラップカードの効果によって、パスができる!!すごいぞー!かっこいいぞー!」
古泉 「では、僕がやりましょうか?」

 

ドサッ

 

古泉 「アイラブユー♪ぼくのキョンタン♪」
キョン 「!?」
古泉 「いきますよ!!」
キョン 「これがハルヒの望みか!?アナルだけは!アナルだけは!!」
長門 「大丈夫。私が記録を残す。」

 


 

「ちょっと、なに寝てるのよ
団長の机で寝るなんていい度胸ね」
ハルヒの声が響く
今までの悪夢は本当に夢だったのだろうか
古泉を見ると・・・
普通だ
こっちの視線にきづいて
「どうかしましたか?まるで悪夢を見ていたような顔していますよ」
ああ見ていたよ
お前に掘られる夢を・・
「あんたこの動画をHPのトップに貼り付けなさい
どうせ暇なんでしょ!」
「ああ」
普通すぎるところが逆に怪しい・・・
なんかあるんじゃないのか・・・
古泉は下半身裸なんじゃないのか?
長門の読んでるのは801同人誌なんじゃ?

 

            • もしかしたらないもない?
でもやっぱり動画を見たら俺と古泉が「くんずほぐれず」していた
「また引っかかったねーー!!!!キョーーーンたーーん!!!」
長門「そうそうこの流れ」
キョン「なんかほっとした」

 


 

ハルヒ 「うんせっ、うんせっ」
キョン 「ハルヒ、そのでっかい箱はなんだ?」
ハルヒ 「キョンへのプレゼントよ。ありがたく思ってよ!」
キョン 「俺にはダンボール箱にしか見えないが。」
ハルヒ 「とにかく開けなさいよ!団長命令よ!」
キョン (もしかして、また古泉が入ってるのか!?その手には乗らないぞ古泉。お前のほうがまだまだ小物ナリな)
キョン 「家に帰ってゆっくり開けるとしよう。とりあえず、そこに置いておこうか・・・」
ハルヒ 「油断を見せたな!!引っかかったな!!!この小物め!!!!!【古泉】私が古泉だ!!!さっそくだが、穴は狙わせてもらうぜ!!」
キョン 「しまった!そっちか!!はぅ・・・アナルだけは!!アナルだけは!!」

 

パカッ
朝比奈 「古泉君。ありがとう。部室まで運んでくれて。」
古泉 「いえいえ、古泉タクシーとしては当然のことです。」

 


 

妹「キョン君昨日夜なんか「アナルだけは!!アナルだけは!!」って叫んでたよ
どうしたの?」
キョン「空耳だ」
とうとう夢にまで古泉が・・・
なんか涙が出てきた

 

「夢じゃない~あの夏も~それも全部~現実のこと~♪」
気色の悪い自作歌があろうことか俺のベットから流れてきた
布団をめくるとやはり全裸の古泉がいた
下半身はすでに臨戦体勢だ
古泉「さ寝起きの一発だね!」
妹「wktk」
キョン「妹の前だけでは!!妹の前だけでは!!」

 


 

長門 「・・・ペラ」

 

長門 「うひゃひゃひゃひゃ!!」
キョン&ハルヒ 「!?」
長門 「・・・ペラ」

 

長門 「・・・ペラ」
長門 「・・・ペラ」
長門 「うひゃひゃひゃひゃひゃ」

 

古泉 「どうやら、長門さんは普通に笑っているようですね。」
キョン 「そうか、・・・って笑う!?」

 


 

YUKI..N> うはwwwwwww見えてるwwwっうぇwwwww

 

キョン『ああ』

 

YUKI..N> m9(^Д^)プギャー!wwwwもうモドレナスwwwwwwwwwww

 

キョン『。どうすりゃいい?』

 

YUKI..N> 帰りかたうpするおwwwwwwwww

 

キョン『何をだよ』

 

YUKI..N> うはwwwwwwまたオフ会やるおwwwwwwwwww

 

キョン『おい!長門!』

 

YUKI..N> うpしたお。パスはvip

 

YUKI..N> ⊂二二( ^ω^)二⊃

 


 

【スカトロ注意】
俺は用を足しに男子便所に来て便座に腰を下ろす。
??「こにゃにゃちわ☆」
キョン「!? って、おまえ何してんだよ!!」
そこには朝倉涼子がいた。それだけなら驚くべき事態(男子便所に女子がいるの問題だが)ではないのだがなんと朝倉は便器のなかからこにゃにゃちわと挨拶しやがった。
朝倉「おせいよ。遠慮はいらねー、おもっくそ糞尿垂れ流しな!
あ……ダジャレ言っちゃった。」
朝倉は江戸っ子口調はそのままに誘うように言った。ところで、それ身体はどうなってるんだ?
朝倉「禁則事項でーぃ!」
サントス「柳沢ハサア、ヨク『ヤラナクテ公開スルヨリモ、ヤッテ公開シタホウガイイ』ッテ言イマス。」
貯水タンクからサントスが顔を出して言った――それ中どうなってんの?――そして朝倉が何故便座の中から顔を覗かせているか即座に理解した。ありがとうサントス。サントスはイエイエドウイタシマシテと言ってまた貯水タンクの中に消えた。日本を任せたぜサントス。
そして便器に目を戻すと朝倉が口をパクパクとさせていた。まるで鯉だな、こいつwwwwww
キョン「バーローwwwwwwwwそれwwブリブリブリブリブリィ!wwwwwwww」
朝倉「あ~~ん、マ・ロ・ヤ・カ・あ~~んwwwwwww ソイヤァ!」
キョン「直に吸わないで!直に吸わないで!」
古泉「うはwwおKwwwぼくのキョンた~~~~~んwwww」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」

 


 

古泉 「ねぇねぇ、きょんたぁん♪」
キョン 「気色悪いな、小泉、なんだ?」
古泉 「乱交パーティーしよぅょ」
キョン 「はぃ?」
古泉 「SOS団5人で乱交しようよ?」
キョン (まったく、不謹慎なことをいいやがるな、古泉は、朝比奈さんとやれるんだったら、古泉に穴狙われても俺はおkだぜ?)
キョン 「いいぜ。どこでやるんだ?」

 

古泉 「じゃじゃーん!乱交パーティー会場にようこそ!!」
谷口 「きょんーん!!」
国木田 「キョンタンのアナルは僕のものだ!!」
シャミセン 「これはうまそうな美少年ですね。私がアナルをもらいますよ。」
キョン 「!?」

 

谷口 「キョンタンに顔謝だ!!!!!」
国木田 「きょんたんのちんぽから牛乳が出るよ~」
シャミセン 「キョンたんはわたしの精液の味を堪能してください。」
古泉 「私はもちろんいつも道理アナルです。」
キョン 「レイプだけは!レイプだけは!!」

 


 

ハルヒ「明日は鍋パーティーを開催するわ!冷蔵庫は触っちゃだめよ!」
キョン「冷蔵庫を開けると古泉が飛び出てくるんだろ?わかってるぜ」
いつものパイプ椅子に腰掛ける
古泉「かかったな!小物め!冷蔵庫はデコイだ!さあ!アナルはいただきます!」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」

 


 

【スカトロ注意】
俺は用を足して便座から腰を上げた。
キョン「ふ~~~、見事な一本糞だ。」
なにやら感慨深いものを感じ谷口に写メールを送り水を流す。すると本来なら水が出るところになんと朝倉涼子が現れたのだ!
キョン「って、何してんだよそこで!」
朝倉「うふふ、ギネス級の一本糞、GETだぜ!」
朝倉は光の速さで俺の分身をかっさらっていった。あまりの出来事にさすがの俺もとっさに対応できなかったね。
いや、むしろ俺は冷静に対応していたと思う。なんたって谷口いわくAA+ランクの美少女にして生真面目な委員長キャラの朝倉が俺の分身を――ガタンッ――っ!?なんだ今の音?
………貯水タンクから?ふん。どうせ中身を確認したら古泉が出てくるんだろ?バレバレだっつーの!残念だったなぁ!今日の俺は冴えてるんだよ!
俺は不審な貯水タンクからは目を離さずに後ろ手にドアノブを掴み――ムギュ――………………………振り返るともの凄い笑顔の古泉がいた。
古泉「オティンティンびろろろろろ~~~~~~~~んwwww」
キョン「あばばばばばばばば場場場場」

 

もうわけわかんね

 


 

最近嫌噂が流れているらしい

 

その噂ってのが、俺と古泉が放課後とかに文芸部の部室で挿しつ挿されつな事をしている。という噂だ

 

古泉「キョンたぁ~ん!」

 

満面の笑みで、ベルトを外しつつ駆け寄ってくる古泉。勿論大声で叫んでいるからみんなこっちを見る

 

キョン「駆け寄るな。近づくな。ってかベルト外すな」
古泉「別にいいじゃないですか、今更恥ずかしがる仲じゃないでしょ?」
キョン「俺と貴様にはどんな仲ない」
古泉「え~、でも3日かけて噂を流したから、もうボク達は学校公認ですよ」
キョン「噂の発信源は貴様かぁぁぁあああ!?」

 


 

古泉「覚えていますか?」
キョン「近っ!……何のことだ」
古泉「閉鎖空間ではボクと一緒じゃないと入れないんですよ」
キョン「あぁ、覚えてるから少し離れろ」
古泉「その逆もまた……」
キョン「!?」
古泉「しかもボクは今能力も使えます」
キョン「!!!」
古泉「ではいただきます」
キョン「アナルだけはっ!アナルだけはっ!」

 


 

キョン「古泉古泉」
古泉「なんですか?」
キョン「どっせぃ!」(バゴッ)

 

キョン「ふぅ…スッキリした」
古泉「な…なんやっちゅー……ねん………」

 


 

俺はキョン。
今日は部室に誰もいないので朝比奈さんの写真を見ながらオナニーをしている。
何やってんだか、
ガチャガチャ…
【ハルヒの場合】
ハルヒ 「・・・・・・チンコから純白の液体が出てる・・・キョン!!あなた!宇宙人だったの!?」
キョン 「オナニーしらねぇのかwwwwwwwwwwwwww」
【長門の場合】
長門 「・・・」
キョン 「・・・」
長門 「・・・」
キョン 「・・・」
長門 「・・・」
キョン 「反応しないと困るだろ!!」
【みくるの場合】
朝比奈 「ふぇ!!!ガチャン」
キョン 「朝比奈さん!待ってくれ、これは誤解だ!!俺はただ、牛乳飲みすぎたから、股間から牛乳がでただけだ!!」
長門 「苦しい」
キョン 「長門!?いつの間に!?」
【古泉のばあ【古泉】「きょーーーーーーーーーーーんたーーーーーーーん」
キョン 「いきなり!?」
古泉 「アナル!!!!!!!!!!!!!!!!!」
キョン 「アナルだけは!!アナルだけは!!」
シャミセン 「古泉さん、楽しんだら私に次お願いします。」
キョン 「シャミセン!?なぜここに!?」

 


 

今、部室には長門と俺しかいない。
つまり、今の俺にはやることはひとつしかない。
それは・・・

 

キョン 「長門?朝比奈さんの写真でオナニーしていいか?」
長門 「かまわない」

 


 

今、部室には朝比奈さんと俺しかいない。
つまり、今の俺にはやることはひとつしかない。
それは・・・

 

キョン 「げへへへへ・・・朝比奈さんよぅ・・・俺に体を貸してくれないか・・・・」
朝比奈 「ふぇ・・・【古泉】「だまされやすいですねwwこの小物めwwwまた、私ですよww」
キョン 「!?」
古泉 「さぁ、きょんたん。私の体を堪能してください。」
キョン 「アナルだけは!アナルだけは!!」

 


 

今、部室には俺と古泉しかいない。
つまり、今の俺にはやることはひとつしかない。
それは・・・

 

キョン 「逃げ【古泉】「逃がしませんよ!!!!」
キョン 「!?」
古泉 「デビルバットゴースト!!!!」
キョン 「スピンを加えただと!?アナルだけは!!アナルだけは!!」

 


 

今、部室にはキョン君と僕しかいない。
つまり、今の僕にはやることはひとつしかない。
それは・・・

 

サントス「サッカーヤロウゼ」
キョン「死ね」

 


 

今、部室には俺とハルヒしかいない。
つまり、今の俺にはやることはひとつしかない。
それは・・・

 

キョン 「アイラブユー」
ハルヒ 「な・・・何、抱きしめるのよ!!あんた!!」
キョン 「ふふふ・・・引っかかったな小物め!!【鶴屋】「ハルにゃーーん」
ハルヒ 「うわっ!何すんの!?」
鶴屋 「では、めがっさいくにょろ~!」
ハルヒ 「めがっさだけは!!めがっさだけは!!」

 


 

ハルヒ「ちょっとキョン!こっちきなさい!!」

 

キョンの首根っこを引っ張って階段を上るハルヒ。

 

ハルヒ「キョ、キョン、あたしと付き合いなさいよ!」
キョン「ハルヒ・・・お前・・・」
ハルヒ「きょ、拒否権はないんだから!団長命令よ!」
キョン「ああ・・・俺も好きだ、ハルヒ・・・・・・・・・・・・・【鶴屋】ひっかかったな小物が!」
ハルヒ「!?」
鶴屋「あたしも好きさー!めがっさいくにょろー!!」
ハルヒ「めがっさだけは!めがっさだけは!」

 


 

ハルヒ「ちょっとキョン!こっちきなさい!!」

 

キョンの首根っこを引っ張って階段を上るハルヒ。

 

ハルヒ「キョ、キョン、あたしと付き合いなさいよ!」
キョン「ハルヒ・・・お前・・・」
ハルヒ「きょ、拒否権はないんだから!団長命令よ!」
キョン「引っかかったな!!トラップカード 拒否権発動!!このトラップカードの効果でパスができるぜ!すごいぞー!かっこいいぞー!」
ハルヒ「しまった!」
古泉 「本当の意味で私の策に溺れたのはあなたですよ?キョンたん?」
キョン「!?」
古泉 「あなたのフィールドにはすでにトラップカードがない。つまり、拒否権を発動することができない。」
キョン 「古泉!!貴様卑怯だ!!俺のフィールドにトラップカードがなくなることを待っていたわけだな!」
古泉 「そうです、キョンたん、ではマジックカード 融合発動!!いっけー!!」
キョン 「アナルだけは!!アナルだけは!!」

 


 

谷口 「わっすれもーの、忘れ物」
キョン 「・・・」
長門 「・・・」
谷口 「すまん ピュー」
キョン 「はぁ・・・どうすっかなー」
長門 「まかせて」

 

長門 「既成事実を作る」
キョン 「やめろ!お前は腐女子キャラ!!な…何をする!!俺には自由はないのか!?やめろ!!」
キョン 「子供だけは!!子供だけは!!」

 

長門 「命名、キョン2号」

 


 

古泉 「キョンたん!!子供作ったって本当なの!?」
キョン 「どうやら、そのようらしいな。」
古泉 「ひどい・・・わたしっていうのがありながら・・・」
キョン 「というか、俺とお前ではレイプされても子供作れないぞ?」
長門 「大丈夫。情報操作を行った。」
キョン 「!?」
古泉 「ではいきますよーーーー!!わっふるわっふる!!」
キョン 「アナルだけは!!アナルだけは!!」

 

キョン 「できちゃったみたい。」

 


 

ハルヒ 「キョン!!妊娠したって!?」
キョン 「そうみたいだな。」
ハルヒ 「あなた!女だったの!?」
キョン 「正確に言えば、違うが女ってことにしておこう。」
ハルヒ 「・・・」

 

古泉 「キョンたん。あなたのせいで、ハルヒさんはものすごく落胆しています。閉鎖空間が急激に広がっています。」
キョン 「というのも、お前らのせいだろ?」
古泉 「ここでひとつ提案なんですが、ハルヒさんの背後から抱きついて、アイラブユーと耳元でささやくんです。」
キョン 「子供を作るとアイラブユーとささやくんじゃ、ぜんぜん価値が違うぞ。」

 


 

ハルヒ「ちょっとキョン!こっちきなさい!!」

 

キョンの首根っこを引っ張って階段を上るハルヒ。

 

ハルヒ「キョ、キョン、あたしと付き合いなさいよ!」
キョン「ハルヒ・・・お前・・・」
ハルヒ「きょ、拒否権はないんだから!団長命令よ!」
キョン「ああ・・・俺も好きだ、ハルヒ・・・・・・・・・・・・・【鶴屋】ひっかかったな小物【古泉】この小物めwwwまた、私・・・」
鶴屋「・・・・・・。」
古泉「・・・・・・。」
サントス「・・・・・・。」

 


 

キョン「(もぞもぞ)う…う~ん…まだ5時じゃないか…起きるのはまだ早いな…」
古泉「じゃーーーーん!!キョンたんおはよう!キョンたんの朝立ちを処理しに来たよー!
今日は朝からトコロテン行ってみるよキョンたーーーーん!!」
キョン「うわああああああああああああ何で布団の中に入ってるんだよ!!」
古泉「ハァ、ハァ、ハァ、キョ、キョンたん涎の跡が付いてるよ…萌えー!!!
さぁオティンティンからも大量の涎を出そうねキョンたーーん!!!」
キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!
俺のチンチンからエロミルクがドッピュドッピュ!」

 


 

古泉が顔をめがっさ近づけて話かけるのはもう周知の事実だ
ウザったい事この上ないが、いちいちリアクションを取って奴を喜ばせるのも癪なので、今日はノーリアクションでいこう

 

古泉「キョンたんキョンたん」

 

きたか
いくら顔が近くても今日の俺はクールビスだぜ

 

キョン「なんd…ぶちゅう」

 

なぜ俺は古泉と接吻をしているんだ?
ってかなぜ古泉は舌を入れようとするんだ?
なぜ…俺の男性自身が反応してしまうんだ

 

あぁ、なんか何もかもどうでも良くなってきた
もう何でもいいや

 

BAD END

 


 

キョン「ふ、古泉はそこに隠れてるな。じゃこっちかr…!?」
古泉「ふふふ、相変わらずキョンたんは読みが浅いですね」
キョン「ククク…」
古泉「それじゃキョンたんのアナルいたd」

 

ガバッ

 

にょろ「くくく…あ~はっひっはっ!読みが甘いのはアンタにょろ」
古泉「なっ!?」
にょろ「めがっさ観念するにょろ」

 

~20分後~

 

古泉「ハァハァ…どうですか…ハァハァ」
にょろ「め、めがっさハァハァいいにょろ……
あぁぁぁあああ!?また!まだおじっご出ちゃうにょろぉぉおおお!?」
古泉「ハァハァ鶴屋さんのアナルも…キョンたんに負けず劣らず……出るっ!」
にょろ「めがっさ熱いにょろぉぉおおお!?
めがっさおじっご止まらないぃぃぃいいい!!!!」

 

古泉「また一人アナルに目覚めさせてしまった……フ」

 


 

キョン「谷口、ちょっと腕出して」
谷口「ん?なにすんだ?」
キョン「いいからだして」
谷口「ほらよ」

 

ギュッギュッ

 

谷口「いでででで!何すんだよ!痛いって!腕を雑巾絞りすんなよ!痛いって!!!」
キョン「……搾ればチャック出てくると思ったんだが……」
谷口「!?」

 


 

キョン「鶴屋さん」
にょろ「ん?なにかなぁ?」
キョン「なんで鶴屋さんは"めがっさ"とか"にょろ"って言うんですか?」
にょろ「………」
キョン「?」
にょろ「めらっさめらっさ」
キョン「!?」

 


 

俺「アッー!」
古泉「どうしました?」
俺「今更気付いたんだけどさ」
古泉「はい」
俺「こっちは……アナルスレだったんだな……」
古泉「というと」
俺「三つ葉スレとごっちゃになってた」
古泉「…………」
俺「…………」
古泉「…………」
俺「…………」
古泉「お仕置きです。ケツを出しなさい」
俺「……はい……ゴメンナs…アッー!」

 

古泉「頭もアナルもユルユルですね」
俺「アッー!」

 


 

古泉「キョンたん、君のアナルを戴きます」
キョン「貴様は何を言っている」
古泉「つまりキョンたんの菊座にボクの肉棒を入れる。という事ですよ」
キョン「よし古泉」
バキッ

 

古泉「あぁ!殴らないで下さい!」
キョン「死ね!死ね!?」
古泉「勃っちゃうから!勃っちゃうからっ!」

 

キョン「ヒィ!」

 


 

いきなりだが俺と長門は雪山で遭難してしまった
なんとか山小屋を見つけたから雪や風は凌げるが如何せん寒い
ふと長門を見ると震えている

 

キョン「長門、大丈夫か?」
長門「大丈夫」
キョン「でも震えているじゃないか」

 

さすがに心配なので長門のほっぺに触れると氷のように冷たい

 

~中略~

 

長門「いい、私がしてあげる」

 

そういうと長門は熱く熱を持った肉棒に……

 

キョン「ちょ!待て!そこは違う!アナルだけは!アナルだけは!」
長門「いい、キョンが悶えるの見たいから」
キョン「いやぁぁぁぁああああ!!!」

 


 

古泉 「キョンたん、見てもらいたいものがあるんです。」
キョン 「チンコか?やなこった。俺は帰るぞ。」
古泉 「違います。重大なことです。」
キョン 「なんだ?ハルヒのことか?」
古泉 「生徒手帳の12ページの5行目を見てください。」
キョン 「それで?」
古泉 「そこには"男女の交際は清潔でなければならない"と書いてありますよね?」
キョン 「そうだが、何か?」
古泉 「”男同士の交際は清潔でなければならない”とは書いてませんよね?つまり…」
キョン 「逃ーーーーーーげーーーーーーー【古泉】「無駄ですよ?キョンたん?」
キョン 「アナルだけは!!アナルだけは!!」

 

長門 「トコトコトコ…」
長門 「あなたの生徒手帳を見て。」
長門 「そこには、男性同士の交際についてはかかれてないはず。」
長門 「あなたのアナルも狙われている。」
長門 「トコトコトコ…」

 


 

谷口 「なぁなぁ、キョン、相談事があるんだが、」
キョン 「なんだ?俺のアナルを狙うのは真っ平だぞ。」
谷口 「実は俺・・・チクワだったんだ。」
キョン 「…」
谷口 「頼む、信じてくれ。」
キョン 「…わかった。」
谷口 「しかも、俺Hブロックの隊長らしいな。守れるかなぁ?」
キョン 「なんとかなるだろう。」
谷口 「あと、俺はウサギらしいんだ。」
キョン 「そうか。」
谷口 「ウサギって性欲が強いらしいな。」
キョン 「!?」
谷口 「ということで、頂きまーーーーす!!」
キョン 「極悪残血真拳奥義 ザクロ!!」

 

キョン 「図に乗るな、雑魚が。」

 


 

ハルヒ「キョン!ちょっとあんた後ろ向きなさい!」
キョン「急になんだ」
ハルヒ「いいから向きなさい!」
キョン「・・・わかったよ」
ハルヒ「じゃあ続けてそのまま膝を突いて四つんばいになりなさい!」
キョン「なんだそれ!?そんな恥ずかしい格好になって何になる?」
ハルヒ「いいからいいから!あ?やや内股気味になるのを忘れちゃダメよ」
キョン「何で俺が・・・・・・ほら、これでいいのか?」
ハルヒ「完璧だわっ!!ふむふむ・・・コレが巷で噂の「女豹のポーズ」と言うやつね?」
キョン「はぁ?なんだそれ!?なんでそんな訳の分からない・・」
長門「待って」
キョン&ハルヒ「?」
長門「親指をくわえてやや上目使いをすると尚効果的」
キョン「・・・・・こうか?って何か近いな長門」
長門「そう・・・・・そのほうがいい・・・・・・・・・・【古泉】「かかりましたねキョンたん!その体勢のまま鬼のように突き立ててあげましょう!」
キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!」

 


 

古泉 「長門さん、このキャンディーをなめてください。」
長門 「?パク」
古泉 「そして、大好きって言ってください。」
長門 「(キョンボイスで)大好き」
古泉 「ハァハァ…もっと言って・・・」
長門 「(キョンボイスで)大好き、大好き」
古泉 「おかしくなっちゃうよ・・・股間からたくさん白いのが出てくるよ…」
長門 「(キョンボイスで)古泉死ね」
古泉 「!?シクシク…」
長門 「・・・ユニーク」

 


 

長門 「めがねの再構成を忘れた。」
キョン 「長門、めがねをはずしたほうがいいと思うぞ。俺にはめがね属性はないし、」
長門 「やだやだやだ!!ミカエルと別れたくない!」
キョン 「名前付けてるのか?」
長門 「…別に好きじゃないから。」
キョン 「じゃぁ、めがねの再構成をしなくてもいいな。」
長門 「別に、ミカエルのためじゃないわよ。私の目が見えなくなるから再構成をする。」

 

ミカエルフカーツ

 

キョン 「ひったくってポポイノポーイ、ガシャーン」
長門 「みかえるーーーーーーーーー!!ミカエルの敵!!グサ」

 


 

ハルヒ消失より

 

キョン 「おい!」
古泉 「何よ!」
キョン 「お前じゃない!隣にいる女だ!」
ハルヒ 「何よ!何の用よ?っていうかあんたなんか知らないから。」
古泉 「私は知ってますよ。」
キョン 「本当か!?古泉!?」
古泉 「私は知ってますよ。あなたのことなら何でも、どこの高校に通っているか、家の場所、家族構成、癖、本名、家でのオナニーの回数まだまだありますよ?」

 

古泉 「なぜなら、あなたの家にカメラ取り付けましたからね。いつもあなたでオナニーしてますよ。私の部屋はあなたの写真でいっぱいです。」
古泉 「まさか、あなたのほうから声をかけられるとは思いませんでした。さぁ!」

 

繋がった                                                                             もちろん尻の穴

 



|