――――――――――――――――――――
最近のハルヒは様子がおかしい。
周りの皆はそれに気づいているのかいないのか
いや、俺だからこそ、その異変に気づきつつあるのだろうか

ハルヒ「キョンおっはよぉ~!見て見れ!新しくSOS団の絵を描いてきたの♪」

ハルヒらしくないシンボルマークだ。
誰かに描いてもらったのか?

キョン「おい、そのマークはおまえが描いたのか?」
ハルヒ「当ったり前じゃな~い、私の才能見直した?」
キョン「いや・・・Sが逆だぞ」
ハルヒ「ええっ!?」

やはり今日のハルヒはどこかおかしい・・・。

キョン「ハルヒ、今日のお前、ちょっと変じゃないか?」
ハルヒ「何言ってんの、そんなわけないでしょ!」

やはり俺の思い過ごしか?

ハルヒ「そうだ、今日は会議があるからちゃんと来てよね!」
キョン「ああ、わかった。で、会議の内容は?」
ハルヒ「もちろん新しい謎を探すことよ!」

そりゃそうだな。

- 放課後 -

ハルヒは一目散に部室へと向かっていった。
俺がハルヒの本当の異変に気づくのはこれからであった。

俺は部室へと足を運んだ。

キョン「ハルヒ~、いるか?」
ハルヒ「おっそ~い!何してたのよ!」
キョン「遅いって、すぐに来ただろ」
ハルヒ「そ、じゃあ会議はじめましょ!」
キョン「って、俺とお前だけか?」

ハルヒ「・・・。。」

キョン「え?何だって?」

ハルヒ「だから、この会議は二人じゃないとできないのよ・・・」


ハルヒはキョンの制服の第一ボタンをはずした。

キョン「おいおい、やっぱり今日のおまえ、何か変じゃないか?」

ハルヒ「・・・。」

キョン「・・・何があった、言ってみろ」

ハルヒ「あんたの命をいただくわ」


キョン「  へ っ ? 」



朝倉「そう、正体は私よ」
キョン「!!! おまえっ、長門に・・・」
朝倉「そうよ、一度はね。でも、私は何度でも復活できる再生プログラムが入っているの」
キョン「ここにおまえがいる限り、それを信じざるをえないな」
朝倉「ゆけっ!フーディン!」
キョン「そうくるかっ、ゆけっ!カイリキー!!」
朝倉「エスパーに対して格闘ポケモンとは、とんだ自身ね」
キョン「俺のカイリキーを甘くみるな、そこらのとは一味違うぜ!」
朝倉「そう、じゃあ試してみましょうか」

キョン「・・・」
朝倉「・・・」



キョン「じゃあまずは俺からだ! カイリキー上腕筋の野菜炒め!」
朝倉「・・・っ! じゃあこっちは、酢カイリキーの煮物よ」


キョン「負けたorz」



  •  END -

|