━━━━━終業のチャイムが鳴ると、私は急ぎ足で部室棟へ向かいます。
なるべく、みんなよりも先に着いて、ストーブを灯けてからお湯を沸かして・・・
別に、決められた事では無いのだけれど、ただなんとなく・・・

そして、いつもの服に着替えて、みんなを待ちます。

そんな私を見て「ミクルもよくやるねぇ~」と鶴屋さんは笑うけど、実は私・・・結構こういう感じが好きだったりします。

変・・・ですよね?━━━━━


【朝比奈みくるの放課後@コーヒーふたつ】



部室に入ると、凉宮さんの机の上に置き手紙を見付けました。

『ちょっと、買い物に行ってくる』

と、いう事は・・・おそらくキョン君も一緒ですね・・・。
二人が連れ添って歩く姿を思うと少し羨ましくなるけど、最近は以前程切なさを感じなくなりました。
それに・・・私が存在する為には、二人にはこのまま寄り添っていて貰わなければならないし・・・あ!これは禁則事項ですっ!
聞かなかった事に・・・・してくださいね?

とりあえず私は、掃除でもしながらみんなを待つことにしました。

机の上を雑巾で拭いてから、床にモップをかけます。
窓際から廊下の方へ、ゆっくりとゆっくりと・・・あれ?
モップの先に見慣れた上履きがコツンと当たって、見上げると・・・長門さんが立っていました。

長門さんは、少し部屋の中を見回した後、私の目をジーッと見つめます。
「今は、私だけですよ?」と答えると、「そう・・・」と呟いて、いつもの場所に座りました。
そして、少し落ち着かない素振りを見せます。
そんな、長門さんの様子を見ながら、私はふと思います。

(ああ・・・隣に遊びに行きたいんだな・・・)

知ってました?
長門さんね、みんなが揃ってる時は一応気を使って、隣には遊びに行かないようにしているみたいなんですよ。
今日は、ここには私しか居ない訳ですから、「遊びに行ってくれば良いと思いますよ?」と声をかけてみます。
すると、また私をジーッとみて少し首を傾げます。
「私に気を使わずに、ね?」と促すと、コクッと頷いて少し嬉しそうに廊下へと出て行きました。
長門さんの、こんな風に優しいところが私は大好きです。

そして、部室には私一人になりました。
足元にストーブを置いて、お茶を飲みながら少しゆっくりする事にします。
窓の外を見ると、練習を終えたサッカー部が後片付けをしているのがみえます。

(もう、そんな時間か・・・)

そういえば以前、こんな風に私が一人で部室に居たら、古泉君がドライブに連れだしてくれたっけ・・・
あの時は、ただ突然の事に驚いてしまって、古泉君に余計な気を使わせてしまったかもしれないな・・・。
でも・・・もしも、また連れだしてくれるのなら、今度は・・・なんてね。そんなに都合の良い話は度々起こり・・・

「あれ?朝比奈さん!居たんですか?」

ふぇぇええっ?こ、古泉君っ?目の前に古泉君がいますうっ!

-ななななな何でもありませぇんっ!


「えっ?何が、『なんでもない』んです?」
-いや・・・あの・・その・・
「いえ、一応部室に入る前にノックはしたのですが、返事が無かったもので・・・。驚かせてしまって、申し訳ありません。」
-い、いえっ!大丈夫ですっ!
「ところで、皆さんは?」
-ああ、凉宮さん達は買い物で、長門さんは隣に遊びに行きましたよ?
「そうですか・・・。いや、残念だな。」
そう言うと、古泉君は手に持っていた包みを机の上に置きました。
-何ですか、それ。
「いえ、先日は朝比奈さんに美味しいお菓子を御馳走になりましたので、今日は僕がみなさんに何か用意しようかと思いましてね?」
-お菓子・・・ですか?
「はい。」
そう言いながら、古泉君は少し照れた様に包みを開けます。
すると、包みの中から出てきたのは・・・
-まあ!シュークリームですね?
「ええ。『作りたて』だそうです。直ぐに皆さんに召しあがって頂きたくて、急いで馳せ参じたのですが・・・そうだ!折角ですから、朝比奈さんだけでも先に召し上がって頂けませんか?」
-いいんですか?
「勿論ですよ。」
-では・・・古泉君も一緒に・・・あ!今、お茶を入れますね。

私はお茶を用意しながら、少しだけ小泉君の方を見て思います。
(古泉君って見掛けによらず、意外と甘い物が好きなのね・・・)

名前:朝比奈みくるの放課後@コーヒーふたつ ◆2xLpx6qEVE :佐賀暦2006年,2006/11/05(佐賀県庁) 21:26:10.98 ID:WXXoF+ZvO
「ん?どうかしましたか?」
-えっ!?い、いや別にっ!
「ははっ、僕がシュークリームを買うなんて、意外でした?」
-え?えええっ?

驚く私を見て、小泉君が笑いころげています。私は恥ずかしくて恥ずかしくて・・・思わず小泉君に訊いちゃいました。

-な、なんで解っちゃうんですかぁっ?
「ハハハッ・・・いや、失礼。笑いすぎました。・・・朝比奈さんは、本当に考えている事が顔に良く出るんですよ?解りやすいというかなんというか・・・でも、そんな貴女だからこそ、僕は朝比奈の事が大好きなのかもしれませんね。」
-はあ、そうですか・・・って、ええっ!?

い、今!なんか、とんでもない事を言われた気がしますうっ!
だだだだだだ大好きって・・・何ですかぁっ?なんなんですかぁっ!友達としてですよねっ?ああっ・・・顔が・・・熱いですぅ・・・

「どうしました?食べませんか?シュークリーム・・・」
-あ・・・はい、い頂きます。

私は、動揺を隠せないままにシュークリームも頬張りました。
古泉君も、私に合わせてシュークリームを頬張っています。

-うんっ!美味しいです!
「そう・・・ですか?」
-あれ?何か、気になる事でも?
「いえ・・・お店で味見した時は、もう少し歯触りが良かったんだが・・・」

古泉君は、少し残念そうな顔をしながら、シュークリームを見つめます。私は、なんとなく申し訳なくなって・・・

-本当に美味しいですよ?

と笑って見せました。すると、古泉くんは突然顔を上げて、私に言うんです。

「そうだ!もし、お暇でしたら、これから出来立てを食べに行きませんか?お店は少し遠いけど、車を出しますよ?」
-え?
「あ・・・都合が悪かったですか?」


-え・・・いいいいえっ!そんな事無いですっ!

驚きました・・・。
たった今、二度目のドライブに誘われました・・・
もう少し、嬉しそうな顔が出来たら良かったのに、突然だったものだから・・・私、驚いちゃって・・・

「では今、車を持って来ますね?この前のバス停で待ってて下さい。」

そう言い残して、部室から出ていく古泉君の背中は、とても嬉しそうです。
そんな彼の姿を見て、ふと私は、さっきの「大好きですよ」と言う言葉を思い出してしまいました。

胸がドキドキします・・・

あ!はやく支度しなくちゃ!
私は『先に帰ります』と置き手紙をして、部室を後にしました。

本日の私のSOS団での活動は、これでおしまいです。


おわり・第8話へ続く

|