それは、ある遅くの雨の日の事
ハルヒ(今日はずいぶん遅くなってしまったわね)
ハルヒ(明日は「犬」の所へ行かないと・・ハラを空かして待ってるわ)
かすかに見えた
ハルヒ「・・・え?」
ゴォォォォ
ハルヒ(人・・・!?)
ハルヒ(人が燃えているーーー!?)
それは、熱くて冷たくて激しくて静かで残酷で優しげな
そんな青い炎だったーーー・・

|