長門じゃない長門(古泉視点)

 

 

 僕は部室へ行ったら、新メンバーと思われる男がいた。

主人公が名前を訊いています。

主人公「お前は誰だ」

 前の三点リーダは面倒なので、普通に点で表します。

?「・・・・・・長・・・」

彼「え?」

?「・・・長門」

 僕は目を疑いました。僕の知っている長門さんではありません。髪の色はまるで返り血を浴びた直後のような赤で、髪型は長門さんと同じぐらいでしょうか。

あの眼は、なんでしたっけ。

 

 長門さんが口を開いた。

長門さん「どうしてあなたがここにいるの」

僕「いきなりいまして、びっくりですよ」

長門くん「逃げてきた」

 

 

ここから先は、彼視点と同じなので、勝手ながら省略させていただきます

 

 

 僕は家に帰ってテレビをつけてみました。今日は長門さんと一緒にアレを観てみます。放映物体がテレビなのは解ります。7:30ごろだったようです。

 

 僕はあの長門くんを見ました。あの姿とは違う、痩せた格好で。

 長門くんの呼称は、まるで長門さんみたいですね。

長門さん「古泉一樹」

僕「なんでしょう」

長門さん「長門は、不思議」

僕「それは、向こうも2次元ですし」

長門さん「名前はないの」

僕「設定が面倒だったからでしょう。主人公も、谷口くんも、国木田くんもそうでしょう。名前(苗字)の由来が気になるのですが」

長門さん「私たちは恵まれてる」

僕「そういえますね」

 

 

みなさん解りましたか?

 


|