※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長門じゃない長門

 

 

 俺がいつものように部室へ行くと、見知らぬ人物がいた。

名前を訊くことにした。

俺「お前は誰だ」

?「………長…」

俺「え?」

?「…長門」

長門ぉぉぉぉぉぉ!?どう見てもあの知ってる長門じゃない。髪の色が血のような真っ赤な色で、長さは長門ぐらいか。そして眼が違う。

 某アニメの死体みたいな感じだ。

有希「どうしてあなたがここにいるの」

古泉「いきなりいまして、びっくりですよ」

長門「逃げてきた」

古泉「ほう、それはなぜ?」

長門「僕は戦争が嫌い。たくさんの犠牲者を生み出す」

俺「でもよ、ここも危険だぜ。ハルヒという危険人物がいる」

ハルヒ「ちょ、それどういう意味!?」

俺「彼女は危険だ。だから、朝比奈さん、長門、古泉が側で観察してるんだ。いろいろあってね」

ハルヒ「あ、あたしはちがうわよ」

長門「ハルヒ……?それに、」

朝比奈さん「朝比奈でしゅ」

古泉「古泉一樹です」

有希「長門有希」

長門「長門……?」

俺「どうしたんだ、その血。すげえな。朝倉とでも戦ったのか」

長門「違う」

 

古泉「あの長門さん、どうしたのでしょうか」

有希「彼は、涼宮ハルヒと同じく、特殊な能力が備わっていると推測される。

   特にあの眼、何かを感じる」

古泉「同意見です。あの輪のような形状の眼は、何かあるんでしょうか

   あの方は、戦争、争いごとが嫌いと言っていましたね。何かあったので     

   しょう……」

有希「恐らく、友人関係の人間を亡くしたのが原因。戦争が起こらなかった       

   ら、一般の人間だったと推測される」

ハルヒ「待って、まさか異世界人!?SOS団に入ってよ」

俺「そんなこと言ってる場合か」

 

 

ーーーーーここからキャラ崩壊注意ーーーーー

長門「時間…」

有希「現在17時29分52秒」

長門「19:30には帰らねばならない」

ハルヒ「ちょ…どうしてよ!」

長門「さっきお前が推測したとおり、異世界人」

朝比奈さん「じ、じゃあ明日は会えないのですか?」

長門「………………」

しばらくして、口を開く。

長門「ある番組に出なければならない。だから、さらば」

長門は朝倉のような消え方をしている。もう上半身しか見えない。

ハルヒや朝比奈さんは泣き出した。古泉や有希も哀しげな表情だ。こりゃめずらしい。

ハルヒ「んもう!せっかく男前の異世界人が来たというのにっ!」

朝比奈さん「グス……かっこよかったのに…お別れなんて…そんなn」

長門「涼宮ハルヒ、朝比奈みくる、古泉一樹、長門有希、そして、キョン。悲しむな。放映物体で会えるだろう。涼宮ハルヒ、朝比奈みくる…泣くな……」

 

そう言い残すと、消えていった。放映物体って、テレビか?

 

家に帰ると、妹がテレビを見ていた。すると、彼、長門の姿が。

部室に来たときみたいに、血だらけだった。そして、笑顔を見せている。

その隣に、オレンジと青紫の髪の死体があった。

 

長門………

自然と涙があふれていた。

 

 

みなさんは解りましたか?

 

 

ーーーーーーーーー完ーーーーーーーーー

|