まとめページwww25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/6521.html から

 

(その1/3)


 

佐々木「自白剤の類なの?」

橘「い、いえ。そういうキケンなものでは……」

佐々木「ふうん」

橘「最近女の子の間で流行ってるんです!好きな人に告白したいけど勇気がでない、みたいな時に」

佐々木「これを飲むのね」

橘「そうなんです!まあ、実際はただのあめ玉なんですけど……」

佐々木「プラシーボ効果というやつね、実際にそういう心理状況っていうのは、事象に少なからず影響を……」

橘「あ、あの!それあげますから、使ってみてください」

佐々木「え」

橘「ぜひ!」

佐々木「はあ、まあいいけど」

橘「……うっし」

佐々木「?」
 

----


佐々木「というわけなんだ、キョン」

キョン「いかにもうさんくさいものを渡されたな」

佐々木「そうなんだよ、彼女はああ言ってたけど、僕はあまり信用していなくてね」

佐々木「こういう非日常的を日常とする君に助言を求めに来たのさ」

キョン「なんだ、バカにしてるのか」

佐々木「まさか、尊敬しているんだよ」

キョン「まあいいさ。経験則から言わしてもらうが、あの手の連中から貰ったものなら、下手に手を出さない方がいいな」

佐々木「やはりそうかな」

キョン「うちの連中にも言えることだが、何か俺たちには及びも付かないような意図を裏に隠してるんだ、いつも」

佐々木「怖いなあ、まったく。くっくっ」

キョン「楽しそうじゃないか」

佐々木「おや、そうかい?」

キョン「やれやれ」
 

----


佐々木「大体、僕は誰かさんと違ってひねくれ者でもないからね」

キョン「はあ?」

佐々木「自画自賛するようで、あまり気分はよろしくないけど、僕は結構自分に素直なタチだと思うんだよ」

キョン「そうかい」

佐々木「そもそも、用途が告白の時の背中押しとなれば、僕には全く必要がないのさ」

キョン「言ってて自分で哀しくないのか、お前は」

佐々木「そういう君だって、似たもの同士じゃないか」

キョン「あのなあ、俺はお前と違って、出来るものなら彼女だって欲しいし、青春を謳歌したいんだよ!普通にな!」

佐々木「くっくっ、そうだったね。まあ、そんなに怒らないでおくれよ」

キョン「まあいいさ、お前に使うアテがないんなら、さっさと捨てちまえ」

佐々木「それも悪いじゃないか」

キョン「ふむ……じゃあ、今ここで飲んじまえよ」

佐々木「一応用心して、救急車を呼ぶ準備だけはしておいて欲しいな」

キョン「あめ玉なんだろ、ただの」

佐々木「毒とも限らないさ」
 

----


佐々木「ごくん」

キョン「……」

佐々木「……」

キョン「……」

佐々木「ぐっ……ううっ……」

キョン「さ、佐々木!?」

佐々木「く、苦しい……」

キョン「おい!?だ、大丈夫か!きゅ、救急車!119!」

佐々木「……くっくっ」

キョン「……え」

佐々木「す、すまないね……ふふっ……心配させたみたいで……くくくっ」

キョン「お、お前な!」

佐々木「ちょっとからかってみたくなったのさ、君の態度があまりにもつっけんどんだったんでね」

キョン「やれやれ」

----

 

佐々木「実においしいアメだったよ」

キョン「そうか、うんとまずかったらよかったんだが」

佐々木「おいおい、怒らないでおくれよ」

キョン「俺はこの一年間で、何が起こっても信じちまうような、純粋無垢な受容の心を身につけたんだ」

佐々木「くっくっ、悪かったね、それは」

キョン「お前な……」

佐々木「まあでも、ほら、いつもの通り。何の変わりもない。心配してくれてありがとう」

キョン「心臓に悪いから、冗談は時と場合をわきまえてくれよ、これからは」

佐々木「うん、約束するよ。君に嫌われたら生きていけないからね、もう」

キョン「……ん?」

佐々木「え?あ、ああ……僕は友達が少ないってことだよ」

キョン「あ、ああ……」

佐々木「まあ、友達が少なくたって、キョンが傍にいてくれればそれで問題ないんだけど」

佐々木「……!?」
 

----


キョン「お、おい……佐々木?」

佐々木「(ぼ、僕は何を言って……)」

キョン「おまえやっぱり、その薬で何か……」

佐々木「いや、僕はなんともない!今まで通りさ!」

キョン「ほんとか?」

佐々木「そうとも、今まで通り君のことがだいす……わぁぁぁっ!?」

キョン「!?」

佐々木「あ、あはは!冗談さ!びっくりしたかい?」

キョン「あのなあ……だから本当に心臓に悪いからやめろって」

佐々木「そ、そうだね。気をつけるよ、じゃあね、キョン!」

すたこらさっさっさー

キョン「やれやれ、なんだったんだ一体」

~~~~~~

佐々木「はぁ……はぁ……」

佐々木「これはとんでもないことになった」
 

----


~その夜・佐々木の部屋~

佐々木「だいたい何だって言うんだ」

佐々木「もらったのは素直になる薬のはずなのに」

佐々木「あれじゃあただの男好きじゃないか……ああ、思い出しただけでも恥ずかしい」

佐々木「あ、明日には薬の効果も切れていてくれないと困るな」

佐々木「何せ僕の学校はただでさえ男子が多いんだし……」

佐々木「ああ、憂鬱だ」

~翌朝~

佐々木「さて、体に変わったところもなさそうだし」

佐々木「もう大丈夫かな……」

とぅるるるる

佐々木「ん、キョンか……」

佐々木「もしもし」

キョン「おお、元気そうだな」

佐々木「なんだい、藪から棒に」

----

 

キョン「いや、なんというか。昨日の去り際のお前が何だか妙な感じがしたからな」

佐々木「そ、そうかな」

キョン「ちょっと気になって電話したのさ。いや、なんともないならいいんだ」

佐々木「まったく、心配性だね君も。でも、そういう優しい所が好きだよ」

キョン「え?」

佐々木「い、いや!ゆ、友人としてね!」

キョン「あ、ああ、そうか」

佐々木「(だめだ……全然治ってないじゃないか……)」

佐々木「と、とにかく、もう切るよ」

キョン「あ、なんだ。忙しかったか、悪いな」

佐々木「違うよ、君の声を聞いてると、会いたくなっちゃうから」

キョン「はあ?」

佐々木「いやその!学校の友達とね!早く学校行きたいなあなんて!」

キョン「(昨日友達少ないって言ってたなかったっけ……?)」

----

 

佐々木「まずい」

佐々木「こんな調子で学校なんかに行ったら……」

佐々木「……」

佐々木「こんな僕にだって、一応イメージってものがあるんだ」

佐々木「うーん」

佐々木「まあいいか、とりあえず登校してみて、ダメそうなら早退すればいいさ」

~放課後~

佐々木「……なんともなかった」

佐々木「何事もなく、普通……」

佐々木「朝で薬が切れたと考えるべきなのかな」

佐々木「やれやれ、人騒がせなあめ玉だったよ」

佐々木「くっくっくっ」

キョン「あれ?佐々木じゃないか」

佐々木「やあ、奇遇だね」キュン

佐々木「あ、あれ……?」

----

 

キョン「どうかしたか?」

佐々木「い、いや、何も……」

キョン「ははあ、さては腹が減ってるな?」

佐々木「え?」

キョン「俺からたかろうったってそうは行かないぞ、何せ財布がスッカラカンだからな!」

佐々木「いや、誰も聞いてないんだけどね……」

キョン「そ、そうか」

ぐー

佐々木「キョン、君、お腹が減っているのかい」

キョン「……」

~~~~~~

佐々木「くっくっくっ」

キョン「いつまで笑ってるんだよ、まったく。弁当を忘れる日だってあるだろう」

佐々木「悪いね。でも、そんなにがっついてハンバーガーを頬張ることないじゃないか」
 

-----


佐々木「ハンバーガーは逃げないよ」

キョン「いや、そうとも限らん」

佐々木「くっくっ、君は本当に用心深くなったな」

キョン「何が起きても不思議じゃないからな……がつがつ」

佐々木「……」

キョン「……?」

佐々木「あ、ああ、ごめん。君の食べっぷりがいいから、なんだか見とれていたよ」

キョン「動物園感覚か?まあおごってもらってるから文句は言わんがな」

佐々木「違うよ、なんていうか、愛おしいっていうか」

キョン「はあ?」

佐々木「あ!?いや、だからやっぱりあれだね、動物園感覚だね、はは」

キョン「お前、やっぱりなんか変じゃないか?」

佐々木「き、気のせいだよ」

キョン「ふむ……」じー

佐々木「あう……」
 


 

 (その2/3)

  www25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/6519.html へ続く


|