※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鶴屋「おーい、みくるぅ」
みくる「……」
鶴屋「どーしたんだいっ?元気が無いよっ」
みくる「……」
鶴屋「あっ、この坂道でつかれてんだねっ、この通学路めがっさ辛いよねっ」
みくる「……」(早足になる)
鶴屋「待ってよ、みくるぅー」

ガラガラ
鶴屋「オッハヨウッ」
女子A「おいっ、朝からうるせぇんだよ」
鶴屋「あっ、ごめんよっ」
女子A「ほら、みくるちゃん」
みくる「は、はい……あのぅ」
鶴屋「みくるぅ、めがっさ早足だったから追いつけなかったにょろ、で何々?」
みくる「その…もう私に話し掛けないで下さい。迷惑です」
鶴屋「えっ、どうしたの?みくる」
女子A「お前、私らに無視されるからっていつもみくるちゃんに付きまとって
   みくるちゃんが可哀想だろ。」
女子B「みくるちゃんは気が弱いからずっと我慢してたんだよ。」
鶴屋「そっそんな違うよね、みくる」
みくる「…話し掛けないで」
鶴屋「そんな…そんなの嘘にょろ」
女子A「お前さ、いい加減気付いたらキモイんだよ。存在自体が」
女子B「そうそう、いつも大声で『にょろにょろ』言って頭おかしぃんじゃね」
女子A「キモーイ♪キモーイ♪」
クラス一同「キモーイ♪キモーイ♪」
鶴屋「ウッ…」
女子B「あ~あ、泣きながらどっか行っちゃったよ」
女子A「しかし、泣き顔すらキメェなあいつは」
クラス一同「アハハ」

鶴屋家にて

鶴屋(そんな、みくるまで…今日はもう学校行きたくないっさ)
鶴屋母「学校はどうしたのです?」
鶴屋「あっ、母様、今日は体調が悪くてお休みさせて…」
鶴屋母「あなたは成績が悪くて高校受験失敗したのですよ」
鶴屋「はい、分かって…」
鶴屋母「分かっていません、あなたのお蔭で私やお父様が親族の間でどれほど
   肩身の狭い思いをしているか」
鶴屋「…はい、すみません」
鶴屋母「あなたのいとこ達は皆進学校でトップの成績なのですよ、悔しくないのですか」
鶴屋「……すみません」
鶴屋母「あなたを次期当主にしていいか議論されている程です」
鶴屋「…はい」
鶴屋母「分かっているならあの程度の高校主席で卒業し、東大にでも行きなさい」
鶴屋「分かりました」
鶴屋母「いつも返答だけは一人前ですね、さっさと学校に行きなさい」
鶴屋「…行って参ります」

鶴屋母「全くどうしてこんな出来の悪い子が産まれたのかしら」
鶴屋(ごめんなさい、ごめんなさい母様…)


教室にて

女子A「おいおい、もう昼休みだってのに何しに来たんだよ?」
女子B「大遅刻して大物きどりなのか、あ~キモイ、キモイ」
鶴屋「…」(弁当取り出す)
女子B「遅刻した上に弁当喰う気かよ」
女子C「あっと、足が滑った」
鶴屋「あっ!!」
グシャ
女子A「あ~あ、C鶴屋の弁当落としちゃったよ」
女子C「ハハハでも、大丈夫だろ」
女子A「たしかに鶴屋なら床に落ちても喰えるからな」
女子B「ほら、喰えよ。もったいねぇだろ」
女子C「犬食いしろ、犬食い」
鶴屋「嫌っ、やめてっ、離してよ!!やっ、やめるにょろ!!」
女子A「キモッ、出たよ『にょろ』」
女子B「そんなにょろにょろが好きならミミズでも喰うか」
女子C「いいなそれ、明日男どもに用意させてこいつに喰わそう」
女子A「明日の昼飯が楽しみだな、なぁ鶴屋」
鶴屋「グスッ…もう、もう嫌にょろ」
女子A「泣きながらにょろ言ってるよ、キメェ」
一同「アハハハ」

鶴屋(もうダメ、家も学校も…あっ、ハルにゃん。あの子達なら私を受け入れてくれるっ
  みくるだって、あいつらに脅されて仕方なしだったにきまってるっさ)

放課後 文芸部室前

鶴屋(さすがにちょっと緊張しちゃうねっ)
ハルヒ「よし、決まりよ。今度のSOS団合宿は湖ね」
鶴屋(あっ、またうちの別荘使わせてあげるって流れで入ろっ)
キョン「宿とかどうすんだよ」
ハルヒ「古泉くん、孤島の時みたいに誰か知り合いいない?」
古泉「探してみますが、今週末ではちょっと厳しいですね」
鶴屋(いよいよ、私の出番だねっ)
キョン「また鶴屋さんにでも聞いてみるか?湖の別荘持ってそうだし」
ハルヒ「いや、それは避けたいのよね」
キョン「どうしてだ?」
ハルヒ「今回はSOS団で行きたいの、それにあの人どうもうるさくてね」
キョン「お前が言うなよ。でも確かにちょっとウザイな」
ハルヒ「みくるちゃんごめんなさいね、友達の悪口言っちゃって」
みくる「いいですよ、私も本当は苦手なんです。何かというと私にかまってきて
   ちょっと煩わしいなと思ってたんです。」
古泉「あなたが人を嫌うとは珍しいですね」
みくる「嫌いじゃないですよ、ただちょっと鬱陶しいなと思ってるだけです」
古泉「それを嫌ってると言うんですよ、朝比奈さん。僕も彼女はどうも…ね」
みくる「え?え?嫌いと鬱陶しいは違いますよ。長門さんはどう思います?」
長門「……目障り」
キョン「長門ヒデェな、ハハハ」
一同「アハハハ」

その日、学校で飛び降り自殺が起こった。
その事件は地元紙の片隅に小さな記事として掲載されたが
皆すぐに忘れてしまったという
|