オレはいきなりハルヒにネクタイをつかまれて階段の踊り場につれてこられた。「部活を 

つくるわよ、あたしは部室と部員を集めるから、いい絶対よ!」

「嫌だ、」

「えっ、絶対だって言ってるでしょ」

「なんでオマエみたいな鬼畜外い付き合わなきゃいけないんだよ、」

「お前気づいてるか、クラスでお前がういてるのを」

「…あんたなら私に付き合ってくれると思ったのに…」

「お前は目障りなんだよ、うざいさっさとうせろ」

「二度と俺に話しかけるな、いいな?」

「五月蝿い、わかったわよあんたなんかに話しかけないから…」

「そうしてくれ」

それからハルヒはクラス全員からシカトされていたそれからどんどんエスカレートしていじめにまでなった。それから二度とハルヒは学校に来なくなった。

そして俺は今クラスのみんなと仲良くやっている

あいつがこなくなってみんなが生き生きしているこれで良かったんだ。

それから俺は大学に進み今は就職活動中だ、谷口からハルヒが自殺したと聞いた。

「まっそんなことはどうでもいいけどな」 


|