やっとこさ、家に辿り着いた。太陽はとっくに沈んで辺りは暗くなっている。自分の部屋に入ったところ、いつもどーりナツキが俺の部屋にいた。いたのだが、おとなしい。というか、俺のベッドで寝てやがる。

「おい、起きろ」

「ううーん……」

 なんだ、こいつ。妙に色っぽいな。前から思っていたのだが、高校に入ってからというもの、どんどんかわいくなってないか?これで、性格が良ければ言うことないんだろうが。あと、もうちょっと女らしさというか、恥じらいというものを覚えて欲しい。一応男の部屋なのだから、少しくらい抵抗があってもいいと……


 俺は何を考えてるんだ!アホな事を考えている自分に腹が立ち、ナツキの頬をつねった。おら、さっさと起きろ。

「んあ、痛い……」

 ナツキは目を大きく開いて飛び起き、顔を真っ赤にして

「変なことしてないでしょうね!」

叫ぶ。こういう女の子らしい反応もするのか。というかナツキに変なことなんかするわけないだろ、失礼な。
 

「あんたの方が失礼でしょ!だいたい、どこ行ってたのよ。退屈で死にそうだったわ」

なぜ俺は非難されないといけないのだろう。俺には俺の予定がある。1人で暇なら彼氏でも作れ。

「前に言ったでしょ?あの人以外、興味ないの。そういうあんたは、長門さんとデートでもしてたんじゃないの」

ナツキがにやけながら言った。適当にごまかせばよかったのだろうが、俺は不覚にも言葉につまってしまった。あれはデートとかそういうもんじゃないが、長門と2人でいたのは事実だからな。

「うそ……」

ナツキは、幽霊でも見ているかのように驚いていた。ここはごまかしておくか。

「そういうわけじゃない。駅前をぶらついたら、たまたま長門に会って話をしただけだ」
 

 実は俺がSOS団に入ったということをナツキに言っていない。こいつに知られたら、いろいろと面倒なことになりそうだからだ。放課後はやることがあるとかなんとかごまかして、いつも先に帰ってもらっていた。

「ふーん、そう……」

ナツキは考え込んでいた。なんかいつもと違うな、変な奴。


 ああ、そうだ、一つの意見としてこいつに聞いておくか。

「なあ、もし恋人が病気か何かで死んでしまうって知ったら、お前ならどうする?」

ナツキは固まった。いや、そんな反応されても……。

「変な物でも食べた?あんたが恋愛に興味あるなんて以外……」

 俺だって彼女くらい欲しいっての。聞いた俺が馬鹿だったと後悔していたところ、ナツキは真顔でこう言ったのだった。

「あたしだったら、一緒にいたいと思うだろうな。最後までずっと」
 

第3章に続く


|