※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「アンタって出番ないわよね。 って言うかそれ虫(無視)ってギャグ? つまんないわよ?wwww」
カマドウマ「あ゛-ハネナシって言うなっ!」
キョン(…言ってないぞ)

神人「これが 人気の差ってモノですよ。」
カマドウマ「くきぃぃぃぃ」



みくる「鶴屋さんの髪って綺麗ですよね…。 うらやましい。」
鶴屋「だろっ! これは自慢の髪だからねぇ~。 でもみくるのもかなり綺麗さっ!」

みくる「うん、だからこうしたくなっちゃうの…。」
鶴屋「うわっ! 何するんだい!みくる! 何つけたの? 取って欲しいさっ!」
みくる「つけたものは、ムカデ、ざざむし、G、蜘蛛、あり、…etcetc]
鶴屋「うわあわわ やだっ! やだっ!」

クチャクチャ…

みくる「はぁい、あとガムもつけまぁす! シロップとかもかけようかな?」
鶴屋「なんでこんなことするのさ!」

みくる「あたしより綺麗なものって腹立つし。 巣でも作られちゃえ!」
鶴屋「嫌ぁあああああ」



『鶴屋、ボクサーへの道』

みくる「シッ!」ズドン
鶴屋さん「げほっ」
みくる「おら、右フックゥ!」ドムッ
鶴屋さん「ぐはっ」

みくる「まだまだまだァ!!」ズドドドドド…
鶴屋さん「も、もう駄目だよ…」ガク
みくる「オラ立てや鶴屋ァ!」グイッ
鶴屋さん「ひいぃ……」




キョン「俺も見てるだけで辛いけど…まだタオルは投げませんよ。先輩の“洗礼”になんか負けるな鶴屋さん!」ガンバレ!



ハルヒ「次はカマドウマいじめね。 あ、いじめるほど存在感が…」

カマドウマ「それ、いじめだよ?」

ハルヒ「やっぱりサントスかなぁ? うーん。」

カマドウマ「…」


みくる「鶴屋さんちょっといいですかぁ?」
鶴屋「なんだいみくるっ?」
みくる「そぉい!!」ギリギリギリギリギリ
鶴屋「痛い痛いっやめるにょろーっ!」
みくる「ごめんなさい鶴屋さん…」
鶴屋「ううっ、ズキズキするにょろ…みくる、突然手を上げるなんてどうしたのさっ?」
みくる「実は、鶴屋さんがあまりにょろにょろ言ってるので
    もしかして体もにょろにょろできるくらい柔らかいのかなって。
    そう思ったらどうしても確かめたくなっちゃったんです」
鶴屋「理由はわかったっさ…でもそれならおでこをやるのは違うんじゃないかい?
   正直ねじ切れるかと思ったにょろ」



女子A「鶴屋ーあんた髪長すぎじゃない?」
女子B「まさかそれで色気振りまいてるつもり?キモイんですけどーww」
鶴屋「私はそんなつもりn」
女子C「目立ちてーならそのコンブ髪でダシとって料理作ればいんじゃねぇ?」ガシッ
鶴屋「いたいっひっぱらないで!」
女子A「コンブ髪ってウケるwww」
女子B「ダシとかヤバイwwてゆーかマジキモイんですけどwwwww」オェー
鶴屋「やめてっやめるにょろ…っ」



女子「金持ちだからって調子乗ってんじゃねーよ」
鶴屋「え、そ、そんなこと・・・」
女子「いい子ぶってんじゃねーよ、気持ち悪ぃな」
みくる「デコ広すぎるんだよ」
女子「お前ん家金持ちなんだから、明日金もってこいよ」
鶴屋「どうして私が・・・」



ガラッ
長門「‥‥‥」
女子B「うわっあいつ来た!」ヤバッ
女子A「また?本当ウザいな」
女子C「ネクラ女が…」チッ
鶴屋「有希っこ!や、やぁやぁどうしたんだいっ?もしかして迎えに来てくれたのかなっ」
長門「そう。」
鶴屋「待たせちゃってごめんにょろ!クラスの子たちとちょろっとお話してたのさー」
長門「…そう」
鶴屋「それじゃみんなのところに行こっか!(有希っこに気付かれない内に早く…)」タッタッ
長門「……」ジッ
スタスタスタ…ガラッ


女子A「…あいつウチらのこと睨んでったよ。何様?」
女子B「マジムカツク…しかも一年のクセに何エラそうに入ってきてんの?頭くらいさげろっつの!」
女子C「つか今昼休みになったばっかだろ、アレ待ってなんかねぇよ」
女子A「だよね…ウチらのこと目の敵にしてるし」
女子B「マジキモイ…」

スタスタスタスタ
鶴屋(早く一年生が目立たないとこまで離れなきゃ…)
長門「……」グイグイ
スタスタ…
鶴屋「あっごめんにょろ!早歩きになってたっさ…手痛くないかい?」
長門「平気」
鶴屋「有希っこはいい子だね、さっきもわざわざ迎えにきてくれてありがとうっさ!
   でもこれからは気にしないで先に食べてていいにょろよっ」
鶴屋(二年の教室に来てたら有希っこまで目つけられちゃう…それだけはあっちゃいけないよ)
長門「私は、平気」
鶴屋「え?」
長門「……私はあなたの用事が済むまでの間昼食を取らなくても平気。」
鶴屋「待っててくれるのかい?(考えてることが伝わったのかと思ったにょろ…)
   でもガマンはよくないにょろっ有希っこは意外に大食いちゃんだからしっかり食べなきゃ!」エイエイッ
長門「…わかった」モフモフ
ガチャッ
鶴屋「やっほー!キョンくんに神人ちゃんおっまたせーっ♪」
長門(………。)



「カーマゼクター! 変身!」
 コンピ研部長はそう叫び、カマドウマを貪り喰った。
「キャストオフ!」
 そして口内で変形した形容し難い物質を吐き出した。


キョン「…これいじめか?」
長門「そう。双方にとって」
カーマ・部長「アッー!!」



キョン「朝比奈さん、この時間での生活費とかってどうやって入手してるんですか?」
みくる「禁則事項です♪」

~同日 鶴屋家~
みくる「おらあ、今月の金取りに着たぞ!」
鶴屋「はいいい・・・ここにありますにょろ」
みくる「ひいふうみい・・・よしちゃんと揃ってるな。
    あ、それと公共料金とか用の金はちゃんと私の口座に振り込んどけよ。」
鶴屋「わかりましたにょろ・・・」
みくる「1年の時にどうやって生活費稼ごうか迷ったけど、すぐにあんたをゲットできてよかったぜ。」
鶴屋「あのう・・・今日はもう用事があるんで・・・」
みくる「こっちも用件済んだし帰るわ。あ、そうそう、今月もお礼に1回だけキョン君に色目使っていいぞ。」
鶴屋「ありがとうございます・・・」
みくる「じゃあな。」

鶴屋「うう・・・あんな悪だと知ってれば友達になんかならなかったにょろーん・・・容姿に騙されたぁ・・・」

~同日 駅前にて~
キョン「あ、朝比奈さん。お買い物ですか?」
みくる「はい。今月の生活費も入ったんで色々と。そうだキョン君、夕ご飯おごりますよう。」
キョン「いや、それは悪いですよ。」
みくる「お姉さんに逆らわないの♪さ、いきましょ!」
キョン「(ホントに一体どうやって金稼いでるんだろうか・・・えらく大金持ちのようだし・・・まさか、風俗!?)」
みくる「どうしたんですか?」
キョン「いやあ、なんでもないですよ。(風俗だったらお世話になりてえ)」
みくる「じゃ行きましょ!おいしいレストラン知ってるんですよ。」



 ねえ、カマドウマさん。 あなた目障りだから消えてもらえないかしら?
彼女の触角を持ってぐいぐいと引っ張る。
ふふっ、この触手って“人じゃない証”よね? あなたは不完全にもほどがありますねぇ~

「何をするんだ! お前も人外の癖に! やめて、痛い!」
涙を溜めて声を震わせる彼女。その様子から本当に痛いことが伝わってくる。
ッ! この下等生命体! より一層強く引き上げる。
彼女はひっ、と声を引きつらせて体をこわばらせた。

あの日はキョン君を守るために彼女を痛めつけてやろうと思っていた。
とても心が痛かった。 …でもね、やってみたら何てことなかったの。
体中に脳内麻薬が駆け巡ったかのような快楽。
私は見つけてしまった、私を満たすものを。



妹いじめ

 誰にでも寝起きが不機嫌なときがあると思う。
 その日の俺がまさしくそうだった。

「おはよーキョンくーん、朝だよー!」
 妹が何時ものようにダイブしてくる。
 やれやれ。今日くらいは勘弁してくれよ――と思っていたら鳩尾に決まるヘッドバッドォ!?
「いっ、てぇ!」 
 一瞬息が詰まる。昨日の晩飯が咽喉までせりあがった。
「けふっ……、ったく。何しやがる」
「ふぇっ、ご、ごめんね。キョンくん……」
 のっかっている妹を押しのける。
 意識してやったのでは無いと分かっているが、機嫌が悪かったのとあんまりな痛みでこのまま許してやる気にはなれなかった。
「ゴメンで済むか。出ていけこの兄不幸者」
 しっしっ、と手を払う。
「ふぅえぇ……。ごめんなざぁい、キョンくぅん」
 泣き出す妹。しがみついて謝ってくる。
「うるさい。お前なんか嫌いだ」
「やだぁ、嫌いにならないでぇ」



神人いじめ

神人「いっただっきま~す」
キョン「また焼きそばパンか、それ以外食ってる所見たこと無いな」
神人「ヤキソバパンガー!チュキダカラー!」
キョン「微妙に古いぞ、それ」

キョン「さて、俺も食うか」
神人「キョン君は何食べるの?」
キョン「ん、これだよ」
つプチトマト
神人「ぎにゃああああああああ」

キョン「どうした?(・∀・)ニヤニヤ」
神人「赤い玉怖い赤い玉怖い」
キョン「じゃこれはどうだ?デザートだぞ、美味しいぞお~~?」
つさくらんぼ
つりんご丸ごと
神人「ほハアァァァァァァヒクッヒクッ」


ハルヒ「何がいじめだ、いちゃついてるだけじゃねえかよ………!」ビギビギ
みくる「涼宮しゃん、(#^ω^)ビキビキし過ぎて皮膚裂けてましゅぜ」



長門のマンションの管理人「・・・」
長門のマンションの管理人「・・・」
長門のマンションの管理人「・・・」
長門のマンションの管理人「儂の出番は・・・」
長門のマンションの管理人「・・・」
長門のマンションの管理人「・・・」
長門のマンションの管理人「・・・」
長門のマンションの管理人「あのお嬢ちゃんえらい美人じゃったのぉ・・・」



朝倉「どうも、はじめまして」
マ管理人「へあ?(むっ美少女!シャキン)どうもお嬢さん、こちらのマンションにどのようなご用件でしょうか?」
朝倉「実はこのマンションに住まわせていただきたくて」
マ管理人「そうですか、ではまず手続きを(ry」

ズ ド ン !(壁を殴った)
マ管理人「か、壁に罅が…」

朝倉「手続きとかね、そういう面倒は必要ないの。今すぐ住まわせて貰えればそれでいいの、もちろんタダで」
マ管理人「そ、そうは言いますがこちらにも都合やら生活が」

バ リ ー ン !
マ管理人「ひいっガラスが」

朝倉「私としてもあまり脅しかけたくは無いんだけどなァ…」
マ管理人「ウヒヒィ分かりました!今すぐお部屋に案内させていだたきます」

マ管理人「ええと、こちらがあなた様のお部屋になりますです、ハイ。こちらが合鍵です…」
朝倉「どうもありがとうございました。これ、つまらないものですが」
つ和菓子の折り詰め
マ管理人「(ほ…)これはどうも…それでは」

朝倉「あっそうそう」
マ管理人「(ぎゃあ!)な、何でございましょーか」
朝倉「長門有希、って子も引っ越してくると思いますので、その子のことも よ ろ し く お 願 い し ま す ね ♪」にっこり
マ管理人「はひィ」



長門「………」 トコトコトコ プチッ

長門「む」
キョン「どうした?」
長門「なにか踏んだ…」

ちゅるや「ぐぅ…げふぅっ」 ビチャァ

キョン「なんだちゅるやじゃないか。あー…上履き返り血で汚れちゃったな」
長門「うぅ……」 グチャグチャ(やつあたり)

ちゅるや「うぐぅ………」 ビクン、ビビクン

キョン「やつあたりすんなよwあとで綺麗にしてやるからさ」チュッ
長門「……うん///」

ちゅるや「………」 ビクン ビクンビクン



鶴屋「かなえてーくれーたのは誰にょろっ♪」
ハルヒ「………ねぇ、ちょっとあんた、ふざけてんじゃないわよ」
みくる「……にょろ? ……にょろ…………?」
鶴屋「え……? ど、どうしたんだい? ちょっとアレンジしてみたんだけどさっ、どうかな?」
ハルヒ「あー……、あのさ、前から言おうと思ってたけど、あんたって痛いよね」
鶴屋「えっ」
みくる「私たちの歌が……。酷いでしゅ酷いでしゅ。汚されちまったでしゅ。こんな事になるぐらいならホモに歌わせたほうが良かったでしゅ」
ハルヒ「まったくだわ、今からでも古泉君に頼みに行こうかしら」
鶴屋「そんな、酷いにょろ……。頑張って歌ったのに」
ハルヒ「あんたのせいで緑色の物やにょろにょろした物が食えなくなったんだけどどうしてくれるの?」
鶴屋「そ、そんなの知らないにょろ……」
みくる「にょろってなんでしゅかwwwww自分蛇でしゅかwwwww」
鶴屋「み、みんな酷いにょ……うぅ、酷いよ……」
長門「これ以上彼女をいじめないほうが良い」
鶴屋「長門っち……!」
長門「私がいじめる前に死なれたらどうするの?」



ゴーンゴーン
鶴屋「痛いいたったったたたたた!」
妹「おもしろいねー」
ゴーンゴーン
鶴屋「妹ちゃん!やめてっさ!いでーよバカ!」
妹「ひえ?」
鶴屋「なんであたしのおでこで鐘をたたk」
ゴーン
妹「あははははははは、あーはっはっは」
鶴屋「やめてください!お願いしますにょろ」
妹「108回」
鶴屋「へ?」
妹「108回叩き終わったらなぁ!」
鶴屋「うぎゃああああああああああ」



ハルヒ「みくるちゃんが取ってきたたけのこの煮付けおいしい~」
キョン「天才ですよ。この味付けは」
みくる「ありがとうございます~」
鶴屋「あ……み、みくる……さん。私のだけたけのこじゃなくて竹なんだけど……」
みくる「あ、それだけ特別なんです♪ちゃんと全部食べてくださいね~」
鶴屋「あ……はい」
みくる「あ、この笹の部分もちゃんと食べられますからね。残さないでくださいね」
鶴屋「は、はい~……」



キョン「鶴屋さんの下の名前って何ていうんだろうな」
ハルヒ「おで子じゃね?」
キョン「いやそれはないだろ」
ハルヒ「じゃあ、八重歯子じゃね?」
キョン「そんな名前付ける親はいねーよ」
ハルヒ「じゃあじゃあ、めがっさにょろ絵じゃね!?」
キョン「全部鶴屋さんの特徴を改変しただけじゃねーか」

鶴屋さん「酷いよぉ…私、そんな変な名前じゃないもん…」スンスン
キョン「あっ鶴屋さん!こら、ハルヒ謝れ!」
ハルヒ「すんまそん、髪長子ちゃん!」
鶴屋さん「ふえ~ん!ハルにゃんがイジメた~!」ビエーン
キョン「あー泣かないで!このバカヒ、バカヒ!」
ハルヒ「プーリプリプリプリwwww」



キ「お、鶴屋があるぞ」ブチ
ハ「キョン、こっちにもあるわよ」ブチ
鶴「痛い、痛いにょろー!」

ツン鶴屋=摘ん鶴屋。地面に埋めた鶴屋さんを摘む事。いじめの一種。



鶴屋「ゲホッゴホッ……ひもじいよ…」

ガラガラ
キョン「こんにちは鶴屋さん」
鶴屋「う、うん……」
キョン「さしいれもって来ました……バイト先とか紹介しましょうか?」
鶴屋「お、おねがいするにょろ……」
キョン「そうすか、あれ?この干してあるティッシュなんですか?」
鶴屋「へへ、風邪ひいちゃったのさ、だから一度鼻をかんだティッシュを干してもう一度使おうと思って…」
キョン「風邪ひいてるだと?!!ってめえ最初から言っとけ!」
鶴屋「ひゃ!ご、ごめんさキョン君……うつしちゃうよね…」
キョン「うぜぇ!こんなティッシュ汚ねえな!」
ブチブチ
鶴屋「ああ!あたしの唯一の収入源!」
キョン「きめぇんだよ、消えろ!」
ドン
鶴屋「いた!……」
キョン「おい!何動かないふりしてんだよ!」
鶴屋「……」

ご臨終



|