反転世界の運命恋歌Ⅰ

 


 男の子と肩を並べて休日ののどかなひと時、河原を散歩する、なんてのは実に学生青春ドラマ的で、あたしだってそういう生活を夢に見なかったかと言うと嘘になる。
 あたしは現在、その夢を実現させているわけなんだけど、なんだか嬉しいというよりも複雑な気分になっているのはどうしてかな。歩みを進めるたびに、陽光に映える、あたし自慢のポニーテールも困惑に揺れている感じ。
「何か言いました?」
 涼やかな笑顔で問う彼。
「いや何も」
 返すあたしだけど、ちょっとは笑い返してやった方がいいんだろうか、などと考えたりもしたけど現時点ではどうにも行動には移せなかった。
 理由?
 そうね。たぶん、それは、今、あたしの置かれた立場が不条理極まりないからだと思う。
 なんたって、今日、目が覚めたらいきなり世界が変わっていたし。
 誰が改変させたか、なんて問われても答えられないわよ。だって、世界自体は何も変わっていないんだから。
 そう。あたしが言った『世界が変わった』というのは文字通りの意味で、あたしの目に映る世界が普段と違う世界になってしまったって意味。
「それにしても貴女を見ていますと達観してしまいます。今、ご自分が置かれた状況を理解なされて、しかもまるで焦燥感を感じません。もし僕が貴方と同じ立場に置かれたら取り乱していますよ。普段の仮面を捨て去って、本来のあさましいかもしれない素の自分で」
 どーだか。たぶん、だけど確信を持って言えるけど、あなたはこういう状況をどこかで望んでいたはずだもの。ある意味、敵対勢力であるはず未来組織の時間遡行に並々ならない興味を示しているのは機関の中じゃあなただけなんじゃない?
 彼の屈託のない笑顔にあたしは今度は心の中でツッコミを入れつつ、自嘲の笑みを浮かべている。
 この人はあたしの知っている奴と同一人物なんだけど、性別が違うだけでこんなにも違って見えるのかな? それくらいこの笑顔は魅力的なの。
 彼は仮面と言ったけど、おそらく、それは普段の彼のことを言っているんだろうな。あたしの目には今の彼は心から幸福そうな笑顔を浮かべているようにしか見えないんだもん。長い付き合いのあたしを欺くなんて真似はそうはできないわよ。なんたって一年以上の付き合いなんだから。と言うと、これは語弊を招くだろうけど、敢えて表現しましょうか。
 あたしはこの男の人をよく知っている。


 そう――この古泉(こいずみ)一樹(いつき)のことを――


 つまり、ね。
 あたしは今、普段、自分が在る本来の世界じゃなくて、並行世界と言われるパラレルワールドに迷い込んでしまっているのだ。
 にしても不思議な世界ね、ここは。
 おっと、まず順を追って話さなきゃ。
 ということで、最初は何故、あたしがこの世界に来てしまったか、なんだけど、きっかけは何て事はない。
 と言うか、こんな面倒事を起こす人物なんて、あたしの脳内には一人しか浮かばない。
 でもね。
 今回は二人がかりだったようなのよね、これが。


 …… …… ……
 …… ……
 ……


 その日、正式名称・文芸部室にして現在はSOS団という学校未公認組織の根城であたしたちは、何事も無ければのいつもの放課後を過ごしていた。
 小柄でふわふわした亜麻色のショートカットのショタコンが涎を垂らして喜びそうな容姿の執事服に身を包んだ朝比奈みつる先輩がホストよろしく飲み物を皆に配り、メガネをかけてる長身で寡黙な美少年・長門(ながと)有希(ゆうき)が窓際でハードカバーのページをめくり、あたしと淑女を思わせる胸デカ美少女・古泉(こいずみ)一姫(いつき)は、今日は、家庭科の課題で出た毛糸の編み物をしている。
 んで、稀代の変人にして、まあ、ちょっと女顔だけど野性味溢れるイケメンと言ってもいいかな? でも男としてその山吹色のカチューシャはどうかと思うんだけど、というSOS団団長・涼宮ハルヒコが、いつもどおり、ネットの海を徘徊していたところ、突然、あたしと古泉に向かって口を開いた。つってもいつもと違って本当に世論話を振る程度の口調で。
「なあ、キョン子、古泉、お前ら、自分が『男』になったらどう思う?」
「何の話?」
 こっちは細かい作業をしてるってのに話しかけるなっての、という意味を込めた視線をハルヒコに向けてやるあたし。
 ちなみに家庭科の課題は帽子、手袋、マフラーの三種類。
 何でこんな課題なのかしら? というかどれか一つでもいいと思うんだけど。などとクラスの女子の意見に対して、家庭科の先生曰く、小学生なら一つ、中学生なら二つ、高校生なら三つ編めるようになりなさいとのこと。意味が分かりません。んまあ、その所為で完成品はSOS団男子に配られることは規定事項になってしまって、ハルヒコ、長門、朝比奈先輩の雰囲気がいつもと全然違うのだ。色んな意味で楽しみにしているらしい、ということだけは理解できるけど。
「おいおい、何、不機嫌になってんだよ。これで小一時間ほどそっちがチマチマやってんだから息抜きしようぜ、ってこった」
「それはそれは私たちに対するご厚意、まことに痛み入ります」
「だろ?」
 古泉が即座に謝辞を述べて、ハルヒコが笑顔でそれに追随する。
 まあ、確かに、ちょっとずつイラついてきていたからいいか。
「で? 何で『あたしたちが男だったら』なんて話なんだ?」
「おーおー相変わらずの痺れるようなワイルドトークだ。一人称が『あたし』じゃないところを除けば、お前は『男』でもやっていけそうだな」
 どこかからかっているようなハルヒコの言葉なんだけど、確かにあたしの口調は女の子と言うよりは男の子に近い。これは中学時代の親友の影響があるのかもしれないわね。なんせ、あの子は女の子なのに僕っ娘だったし、あたしもそれにつられちゃった感はある。でも、あの子が僕っ娘口調で語りかける女子はあたしだけで、他の子にはちゃんと女言葉を使っていたんだけど、アレは何でなんだろう? 今度、会ったら聞いてみてもいいかもしんない。
 それはそれとして、
「とと、話題が逸れてすまなかったな。実は今、ネットで性転換ってジャンルにぶつかって、これが結構面白えんだよ。小説とか漫画のキャラが性転換したパロディってやつだ。現実にこんなことがあったら、ちと気持ち悪いかもしれんが、ネタとして見る分には本当に楽しめるんだぜ」
 ふむ。言われてみれば確かに面白い感じはする。あたしの好きな漫画とかラノベのキャラたちの性転換を想像して結構笑ってしまう。
「ふうん。それであたしと古泉が男だったら、か。でも、それだとここは男のたまり場になるってことなんだけど、お前はそれが嬉しいのか? 変態」
「誰が変態だ! 誰が!」
「お前」
「違う!」
 というあたしとハルヒコの掛け合いを傍から眺めていた古泉がくすくすしていた。
 何?
「いえ、相変わらず息がピッタリですね」
 そりゃそうだ。あたしとハルヒコは入学以来、ずっと席が前後ろ、放課後や休日も顔を合わせることが多いし、誰よりも多く会話を交わしてきたんだから、息が合わないほうがおかしいって。ところで、何でハルヒコの奴は顔が赤いんだ?
「……あなたは相変わらずですね」
 何を今さら、ってつもりなだけよ。
「え? そうなんですか?」
 朝比奈先輩が参加してきましたね。というか、あたしが後輩なんだから丁寧語はいいですよ。
「まあね。でもさあ、こういうのって男から言ってほしいんですよ。あたしから、ってのは何か違うと思うし」
「ということは、涼宮さんがあなたに交際を申し込んできたら受ける、ということで?」
「かもね」
 言いながら、あたしはにやりとした視線をハルヒコに向けてやる。つっても、ハルヒコがそんな素直に交際を申し込んできたらそれはそれで不気味だけど。
 もちろん、ハルヒコもそれが分かっているから、ちょっとだけ不敵な笑顔が戻ってきて、
「ふん。それはまた別の機会にしておくとして。で、さっきの話に戻るが、そうだな、お前らだけってのもおかしな話だ。俺とみつる、有希が女だったら、ということにもしよう。これだったらどう思う?」
 そうだなぁ――朝比奈さんは、今度はロリ美少女になりそうな気はするし、長門も無口キャラが板に付きそう。ただ、大柄だとイメージに合わないから小柄でメガネがあるといいかもしれない。古泉はやっぱり長身のイケメンになるのかな? あいつはなんだかんだ言っても非の打ち所が無いし、爽やかな笑顔が似合いそう。
 ハルヒコは……
 …… …… ……
「とりあえず、カチューシャに違和感はなくなるかも」
「何だそりゃ?」
 めくるめくSOS団の連中を脳内モンタージュさせて、最後にハルヒコを当て嵌めようとしたんだけど、どうにも想像付かないのは、やっぱりこいつが特殊と言うか、特例と言うか、そんな感じの奴だからだろう。そうね。ハルヒコはハルヒコってことかな。他の誰にもなれないって言うか。
「私はあなたが男性になれば結構素敵になるかと思いますよ」
「ちょっと! 男になったあたしを褒められても嬉しくない! なんたって、今現在のあたしは健全な女の子なんだから!」
「ごもっとも。ですが、私はたまに、あなたが男性だったら、とか思うことはありますね」
 言いながらあたしを見る目はなんとも気色悪いものがある。かすかに微笑んでいるようなそれでいてなんとも少し思うところのある真剣な眼差しだからだ。
 いや、あくまで『女』のあたしが見ているから気持ち悪く感じるんだけどね。
「どうしてですか?」
 とと、朝比奈先輩が割ってきましたか。
「いえ、私も年頃と言われる健全な女子高生ですし、そういったことに興味もありますし、それになにより、私もここにおられる皆さんと同じで彼女に惹かれている一人でもありますから。ただ私の場合は彼女と同性ですので友愛以上の感情を抱くことはありませんが」
 古泉が、少しだけ苦笑を浮かべて答えている。
 ただ、そう言う割には、あたしにことあるごとにあの不愉快なものをぎゅうぎゅう押し付けるのは何でなわけ?
「うふふふ。そんなつもりはありませんよ。ただ、あなたに近づくと不可抗力とでも申しましょうか――」
「くっそぉ。羨ましい……」
「って、長門! いきなり割ってきて、何、不穏なこと言ってんの! それもいつもどおりの渋い声で棒読みて!」
「アテレコ。あなたの現在の心理描写」
 違う! 断じて違う! あたしはそんな風に思ってない!
「ジョーク」
 ……ったく、長門の奴もホント変わったというか、前は絶対にあんなこと言わなかったはずなんだけど。
「とまあ、それくらいあなたにみんな惹かれているってことですよ。いつも、ここでの会話の中心にはあなたがいるのですから」
 と言うより、弄られてるって感じなんだけど。
「そうとも言うかもしれませんね」
 うぉい!
「まあ、それはともかく。先の話に戻りますが、と言うわけで、私は、あなたが男性でしたら私の方から口説くかもしれません。涼宮さん、朝比奈さん、長門さんも男性には興味ないでしょうし、応援してくれるでしょうから」
 にこにこ笑顔の古泉の瞳はマジだ。本気と書いてマジと読むってやつだ。
「よし、なら普段、団長秘書として八面六臂の働きをする古泉のために明日の不思議探索でキョン子は男装して古泉の労をねぎらえ」
 当然、こういう話題には俄然、嬉々として割り込んでくるのがハルヒコクオリティな訳だけど、
「馬鹿言うな。あたしは心が女なんだから、男装しようが女に言い寄られて嬉しいわけがないし、古泉もそれを良しとするわけないじゃない」
「うむ。確かに一理ある。俺だって男に『兄貴~』なんて寄ってこられたら気持ち悪いもんな。それと同じか」
 ほほぉ。ハルヒコにも常識というものがあったのか。
 なんて感心するあたしの心の声に気づくはずもなく、
「あ~あ、本当に性転換してる世界のパラレルワールドがあればな」
 心底、残念そうにハルヒコが寝言をほざいて、つってもいつものことか。
「何? そういう世界があれば一日だけ、あたしとその世界の『あたし』を入れ替えるってこと?」
 と軽く冗談のつもりで言うあたし。
 ひょっとしなくてもこのセリフは、後々、思ったんだけど、相当まずかったのかもしれない。
 なんせ、ハルヒコには想像を具現化する力があるというハタ迷惑な野郎なんだから。
 ただ、ハルヒコが宇宙人、未来人、異世界人、超能力者との邂逅を望んでいる割には、異世界人だけがまだ姿を現さなかったので、あたしは古泉が以前、「涼宮さんもこの世界の住人だから他の世界には干渉できないかもしれません」というセリフをちょっと信じていたところがあった。
「そういうこった。おっそうだ」
 何か『良いこと思いついた』って顔になるハルヒコ。もっとも、ハルヒコにとっては『良いこと』でも、あたしたちにとっては『面倒ごと』でしかないんだけど、別にそれは今に始まったことじゃない。
「明日の不思議探索はパラレルワールドの入り口探しだ! いいな!」
 だから、ハルヒコのこのセリフを単なるいつもの世迷い戯言と片付けてしまったあたしが浅はかだったのかもしれない。
 と言うか、ハルヒコの奇想天外な発言にあたしも慣れ過ぎてしまっていたのか。
 はっきり言って完全に油断した。
 しかもだ。こんな馬鹿なことを考えた奴がもう一人いたなんて、その時は知る由もなかったんだよね。
 いや、どうやったって知ることなんてできっこなかったんだけど――


 …… 
 …… ……
 …… …… ……


 何の因果か。というか、因果ははっきりしている。単に起こった出来事が理不尽極まりないだけで。
 と言う訳であたしは、ハルヒコが望んだがためにこの世界に居るのだ。つまりはあたしたちの性別が逆転した並行世界、パラレルワールドに。
 この世界では、ハルヒコは涼宮ハルヒという名前の自分勝手な性格はそのままの女の子で、朝比奈先輩も朝比奈みくるという小柄で、そうね、朝比奈先輩がそのまんま女の子になったと思えば一番しっくりする、ちょっと内気で、あたしが男だったら絶対に庇護欲をそそられるとんでもないくらいの美少女なんだけど、ただ、そのすべてを凌駕する胸があまりに羨まし過ぎる。古泉も結構大きいけど、絶対にそれ以上だよ、これは。
 で、予想通りって言っちゃなんだけど、長門が長門有希(ながとゆき)()と読み方はともかく漢字も雰囲気も裏設定も全然変わらないとっても小さな女の子ってことね。下手すると中学生に間違われるんじゃない? 眼鏡は無かったけど。
 んで、当然、あたしに該当する男の子は今いない。そいつもあたしと同じで、おそらくは普段あたしが居る世界へと行ってしまったのだろう。
 なぜこんな推測ができるかって?
 別段、難しい話じゃないよ。
 どうもこっちの世界でも昨日、あっちのハルヒコに当たるこっちではハルヒが向こうの世界のハルヒコと同じことを望んだらしいからだ。
 すなわち。
 『あたし』が女になって『古泉一樹』に一日デートをプレゼントするよう、こっちの『あたし』に詰め寄ったらしいけど、んなもん、こっちの『あたし』も承諾できるはずもなく、ならパラレルワールドから、という話になって、結果、同じことを望む同じ力を持つ二人によって、あたしはこっちの世界に、そしておそらくはこっちの『あたし』は向こうの世界に行ってしまったんだと思う。
 まあ別段、あたしは不安を感じていないけどね。なんたってハルヒコがあたしの『一日だけ』と言うところに頷いたからだ。
 要するに、『今日』が終わればあたしは元の世界に戻れるってこと。なら、特に焦る必要もない。
 焦るなら、明日、まだ、この世界から元の世界に戻れなかったときでいいでしょ。


 てことで冒頭に戻る訳だけど、今、あたしは古泉一樹と肩を並べて歩いている。
 まあ、あいつが男になればこうなるだろうな、というくらい容姿端麗で長身、細身だけどがっちりしている体型ってことは容易に想像できて、今着ている服もなんともカジュアルな紳士を思わせる上品なものなのに、それを何の違和感もなく着こなしをしているのに嫌味じゃない。
 非の打ちどころがないあいつそのものとしか言いようがないわね。性別が逆転しているという点を除けば。
 でも、それでも、あいつとは違うところがあって、彼はどこか照れくさそうにあたしと並んで歩いているわけなんだけど、何かの拍子に肩が触れ合ったりするだけで、慌てて離れる仕草がなんとも初々しい。というか、それってあたしがするべき行動なんじゃないかな?
「僕は、こういう風に出歩くの初めてなんです」
 既視感を感じる仕草があった後、しばしあって古泉一樹が、苦笑っぽいものを浮かべつつ頬をぽりぽり掻きながら突然切り出してきた。
 どこかで聞いたセリフね。
「こんな風にとは?」
「何の意図も属性もない普遍的な同い年の女性と二人で」
 まったく同じね。口調は口篭ることなくハッキリしてたところは違うけど。なら、あたしの次の句は決まったも同然。同級だから丁寧語は必要ないし、でも、なんとなく女言葉になってしまうのは何故だろう? ハルヒコたちとは何か違う感じがするから?
「甚だしく意外ね。今まで誰かと付き合ったことはないの?」
「ないです」
「ううん。でも、貴方ほどの美形なら付き合って下さい、とか、下駄箱に大量のラブレターとか、しょっちゅう、あるんじゃない?」
「ええまあ……」
 恥ずかしそうに苦笑してるし。
「ですが、僕は誰とも付き合う訳にはいかないのですよ。少なくとも――」
「――今の役目がある以上は?」
 と、聞いた途端、彼はハッとしてあたしの方を振り向いた。
「どこまで僕のことをご存知なのですか?」
「そうね。向こうの世界と性別が逆転している以外はまったく同じなら、あなたが超能力者で涼宮ハルヒの精神状態を安定させるために動いている、ってことくらいまで」
「それで充分ですよ。と言うより完璧な答えです」
 古泉一樹の苦笑がさらに濃くなった。
「でも、本当にそれでいいの?」
「え?」
「あなたに役目があったとしても四六時中、そんなことに縛られても構わないなんて結論に達する必要はないと思うわよ、あたしは」
「ですが……」
「たまには息抜きも必要だって。いつもそんな風に緊張していたら潰れちゃうぞ。だいたい、今日の……こっちだとハルヒか。あの子だって『古泉くんの労をねぎらうため』にあたしと古泉くんがペアになるよう、無意識に情報操作したはずなんだから。なら、それに甘えればいいじゃない。あたしだって今日一日だけしかこっちにいられないんだし、なら、せっかくの異世界トラベルを楽しみたいと思うわよ。それが男の子と一緒に楽しめるならその方が嬉しいし、それがかっこいい男の子だったら余計そう思うわ」
 あたしの目の前に居るのが向こうの世界の似非美女と同一人物だとしても、この人は男だもん。だったら別人として見てやったって構わないってもんよ。
「ありがとうございます」
「うん。だからあなたが案内して。なんならあなたの行きたい所へ連れて行ってくれたっていいかな? あ、でも健全な場所限定だから」
 いくらなんでもハルヒコみたいにあたしを引き摺る勢いで走り回ることはないだろう。
「ええ、もちろんです。あ、ただ……」
 何?
 古泉一樹が少し、何かを思いつめたような表情で、でもどこか上気した顔で、何かを葛藤しているような表情を浮かべているんだけど、やがて、
「え?」
 ちょっと驚いた表情を浮かべたあたしの手を彼は強く握ったのだ。
 瞬間、あたしは顔を上気させて電流が走ったように一瞬体が硬直したけど。
「あの……今日だけでいいですからこれで……」
 と言っても、古泉くんのどこか自嘲気味の笑顔を見ると、どことなくときめきが吹っ飛んじゃった。
 だって、彼の方が緊張してるっぽいし。
「わかったわよ」
 これくらいはいいでしょ。ハルヒコだって許してくれるわよ。なんたって元々は涼宮ハルヒ=涼宮ハルヒコが望んだことでもあるもんね。
 などと心の中で呟きながら、あたしは古泉一樹と供に街へと繰り出した。

 

 

反転世界の運命恋歌Ⅱ


|