八月十五日。

 北半球に存在する日本国において、その日は真夏。

 そしてその国では、全国戦没者追悼式が行われる日でもあります。

 

 二十世紀前半、世界の多くの国や地域を巻き込んだ戦争がありました。

 第二次世界大戦。

 その戦争の最後の交戦国となった日本が降伏を公にした日が、この日なのです。

 本当に戦争が終結したのは、もっと後になりますが……

 


 

 真夏の暑い正午。一分間のサイレンが鳴り響きます。

 SOS団の根城となっている文芸部の部室で、五人の団員達は黙祷を捧げました。

 

 黙祷を終えて、涼宮ハルヒはぽつりと言いました。

「人間の歴史って、戦争の歴史よね」

 

「人間は、戦争を捨てることができるのかしら?」

 

 キョンは答えて言いました。

「できるさ」

 

「人間が本気でそう願えばな」

 

「……ふうん」

 ハルヒは、気がなさそうに答えました。

 

 その夜ハルヒは願いました。

「たった一日くらい、この世から戦争が消えればいいのに……」

 


 

 翌日、世界のニュースは伝えました。

『爆弾テロが相次ぐイラクでは今日……』

『イスラエルのガザ地区では……』

『アフガニスタンでは……』

『分離独立問題を抱えるスペインのバスク地方では……』

 

 世界各地の紛争地域で。ずっと戦闘が続く戦場で。

 銃声が。爆音が。

 

『まるで、この世から戦争が消えたかのようです』

 

 世界中から、戦闘行為がなくなりました。

 まるで人々が、戦うことを忘れてしまったかのように。

 

 ハルヒは、部室に持ち込んだラジオから流れるニュースを聞いて言いました。

「まるで夢でも見てるみたいね。戦争がなくなるなんて」

 

「……どうせ、一日しか持たないんだろうけど」

 

 それを聞いた古泉一樹は、少し悲しそうに言いました。

「たとえ夢でも、それがとても幸せな夢で、ずっと醒めないなら、それはそれでアリかとも思います」

 ハルヒは腕組みをして言いました。

「あたしは、そんな夢はごめんだわ。いつ醒めやしないかとビクビクしながら過ごすなんてまっぴらよ」

 

 その時、じっと話を聞いていた朝比奈みくるが、ハルヒの両手を掴み、真剣な表情で言いました。

「あの、えっと……うまく言えませんけど、その……とにかく! 信じてみてください! 戦争や紛争が、本当になくなる日が来るって! いつか、きっと……人類はそれを成し遂げられるって!!」

 

 いつになく真剣な、そして力のこもった彼女の言葉に、みんなはとても驚きました。

「ちょ、ちょっと、みくるちゃん! 分かった、分かったから、落ち着いて?」

「はっ……!? す、すいません、あたしったら、取り乱して……」

 ハルヒの両手を掴んでいた手を離し、少し気まずそうにみくるは俯きました。

 そんな彼女の様子を見ながら、ハルヒはいつもの元気な声で言いました。

「まあ、確かに、みくるちゃんの言うことも、もっともね。できると信じなくちゃ、できるものもできなくなるわ」

 

「確かに今日のこの状態は、夢かもしれない。でも、一度はそんな状態を見てるんだから、実現のビジョンは見えたはずよね」

 


 

 その日の部活終了後、キョンとみくるを残して、団員達はそれぞれ帰宅の途に就きました。

 

「お待たせしました、どうぞ」

 部室の中から聞こえる声に従い、キョンは再び部室に入りました。

「朝比奈さん、何ですか? 俺に話って」

 制服に着替えたみくるが、少し真剣な表情で立っていることに、キョンは軽く緊張します。

 みくるはキョンに告げました。

「キョンくんには、どうやら禁則事項に掛からないようなので、お話ししますね。昨日、八月十五日はどんな日だか、知ってますか?」

 

「終戦記念日、じゃないですか」

 キョンの答えに、みくるはこう言いました。

「実は未来では違うんです。いつからそうなったのか、なぜそうなったのか。はっきりとは分からなかったんですけど。今日のことで確信しました」

 

「未来では、ある伝説が語り継がれているんです。由来や、いつのことか、事実だったのか、すべては謎だったんですけど」

 

 みくるは軽く息を吸い、続けました。

「かつて、一日だけ。この世から、戦争や紛争が消えた日があったと」

 

「な、それって……」

 キョンは息を呑みました。

「もしかして、今日のことですか!?」

 

 みくるは少し悲しそうに言いました。

「それは一日限りの夢。次の日からは、またそれまでのように戦争や紛争が続きました」

 

「でも、いつか、きっと。そんな日がずっと続く時が来てほしい。そんな願いを込めた記念日なんです」

 

 みくるの目には、少し涙が溜まっていました。

「伝説は本当だったんですね。涼宮さんが見せてくれた夢。戦争や紛争がない、幸せな一日」

 

「未来に帰れば、あたしもその時代を生きる現代人です。そこからもっと未来に、いつか、きっと。この夢が叶うように、あたしは、あたし達は、努力するべきなのかもしれません」

 


 

 みくる達の未来で、語り継がれている伝説とは、このようなお話です。

 

 『戦争が消えればいいのに』と少女が願ったから八月十五日は廃戦記念日

 



|