放課後。

掃除当番のハルヒより一足先に、部室に到着。

コンコン。

「………」

返事は無い。

ってことは…。

ガチャ。

「よう。長門」

「…」

「お前だけか」

「…」

無表情のまま俺の顔を見る。

相変わらず感情表現が独特だな。

机の上に鞄とクッキーの袋を置いて、椅子を引っ張り出し「よっこらせ」と座る。

「今日、朝倉に誘われたよ。…いいのか?」

「…いい」

コクッとうなずくと、本に目を落とした。

相変わらず分厚い本読んでるな。そっちの方が長門らしい。

することもなく足をぶらつかせながら長門を眺めていると、ドアがノックで震えた。

「はい」

俺が返事すると小泉と朝比奈さんが入ってくる。

「どうも」

「こんにちわぁ」

オイ、なんで2人が一緒なんだ?

「たまたま階段で一緒になりまして」

…お前がタイミング計ってるんじゃねえだろうな。

「とんでもない」

笑いながら手を振る。

「偶然ですよ」

そう言いながら鞄を机に置き、部室の外へ出て行く。

俺もそれに続き、部室を出てドアを閉めた。

朝比奈さんお着替えタイムだ。いつのまにか、SOS団で習慣化されている。

「最近の涼宮さんは落ち着いていますね」

「そうか?」

「ええ。それはもう」

「俺には実感が無いがな」

「我々『機関』は痛いほど実感していますよ」

「…まあ、入学当初のツンツンしたオーラは消えたような気がしないでもない」

「でしょう?中学生時代とは比べものにならないほど、安定した学生ライフです」

「その一方で俺たちの学生ライフは安定しないがな」

「それも仕方がないことです」

「ハア……」

窓の外を眺めながらそんな話をしていると、『どうぞ~』と朝比奈さんの舌足らずな声が聞こえた。

ガチャ。

ドアを開けると、朝比奈さんが後ろに手を組み微笑んだ。

あ、天使がいる。

「えへへ」

もうメイド姿に恥じらいはないらしい。天使の微笑みを俺たちめがけて投げかけると、お茶の用意を始めた。

毎日見ているが、飽きないものだ。

俺が朝比奈さんのメイド姿を眺めていると、小泉がドミノゲームを取り出す。

「どうですか?」

「いいだろう」

やることなんてゲームくらいしかねえからな。

向き合って座り、サイコロをぶっ潰したような長方形を並べていく。

数分で勝負がついた。

「弱いな」

「いやあ。参りました」

こっちが参るよ。全然手応えがない。

「お茶どうぞぉ」

第二戦を興じていると、朝比奈さんがお茶を持ってきた。

「ありがとうございます」

丁寧に受け取り、一口。

……あれ?

「…」

おかしい。もう一口。

「…んん~」

…そんな…はずは…。

何故だ?

「……」

俺が深刻な顔でお茶を口へ運ぶ姿を不安に思ったか、朝比奈さんが不安そうにのぞき込む。

「ど、どうしたの?キョンくん」

「え?ああ、おいしいですよ」

「よかったぁ。すごく怖い顔してたから…」

「アハハ、すいません」

笑いながら、湯飲みを置く。

小泉と長門にお茶を配ってまわる朝比奈さんを見ながら、俺は冷や汗を流した。

朝比奈さんのお茶はおいしくなかった。

というより、不味かった。

否、あり得ないほどの不味さだった。

朝比奈さんのいれたお茶だからこそ「おいしい」と言ったが、そうでなけりゃ「こんなもん飲めるか」と吐き出してもおかしくない。それほど酷い味だった。

ん~……俺はうなりながら喉を鳴らし、お茶を眺めた。

後味で…口が…ヴ……ウエッ。

ガタッ!

たまらず立ち上がる。

「ふえっ!?」

「?」

「…」

3人が一斉に俺を見る。だが、そんなことお構い無いしだ。

俺は部室を飛び出し、トイレに走った。

 

続く。

 

 

 

 

 


|