ジョン「おい どうした? 橘 」

 

橘「いえ・・・・  なんでもないのです  ・・・・ふぅ」チラ

 

ジョン「・・」

 

橘「・・・・・」チラ

 

ジョン「・・」

 

橘「・・」チラ

 

ジョン「おい」

 

橘「ひゃ な なんなのですか 突然」

 

ジョン「もしかしてこれほしいのか?(さっと おかしをさしだす) あとなんだ?なんで俺はジョンなんだ?」

 

橘「」

  

 「そ そうじゃないのです! 私はダイエットちゅうだからおかしは・・ その・・ いらないのですけど・・・」

 

ジョン「けど?」

 

橘「そ そうだ きょんさんはジョンさんでジョンさんはきょんさんだから ジョンさんなんじゃないですか?」

 

キョン 「そうか? いや まぁそのはなしはおいといてだな   けどってなんだ?」

 

橘「え えと・・・・・・・・・」

 

キョン「(じっと耐える)」

 

橘「あの・・・その・・・」

 

キョン「(俺はいま岩だそうだ岩だ)イラ」

 

橘「キョ きょんさんの・・・///」

 

キョン「俺の?」

 

橘「きょんさんのとんがりコーンがほしいのです」

 

キョン「ほれ」

 

橘「(あ 食べさし・・)・・・あ違くて違くて 『きょんさんの』とんがりこーんがほしいのです///」

 

キョン「だから ほれ」

 

橘「え?」

 

キョン「え?」

 

橘「」(わかってくれないだと)

 

キョン「」(もしかしてたべさせてもらいたいのか・・・いやそんなはずないだろう なんたってあいつは誘拐犯だぞ     あれ 別に誘拐犯がたべさせてもらいたくなることくらいあるか)

 

橘「」(上目づかいしたのに・・・・・・・)

 

キョン「くわえたいのか??(昔はとんがりコーンでこんなことしてたときもあったな~ なにが楽しかったかまったくもっておもいだせんが・・・・」

 

キョン「ほ ほれ アーン」

 

橘「(こ これはこれでなかなか・・・・・)」

 

橘「んん...!もうっ!しょ しょうがないですねもらってあげます(今はこれでがまんしますか・・)」

 

橘「あーん」

 

キョン「いいぞ橘 どんどん食え」

 

キョン「いいぞー そのちょうしでいけー くっ うまいじゃないか」

 

ドゴーン

キョン「なんの音だ?ドアの外から聞こえたが・・・          ぅぉいハルヒ!、佐々木まで  なんで俺ん家に!{驚愕だ} 」

 

古泉「僕もいるんですが・・・」

 

液体ヘリウム「・・・・・・・・・・・・・」

 

牛「あ あのわた    ハ「そんなことはどうでもいいの!それよりなんで橘さんがキョンの家にいるのよ! おかしいでしょ」

 

 佐「そうだよ橘さん  なんでこんなところにいるのかな? 」

 

橘「 あ あの 別に深いいみは ないのですよ~ あは アハハハ(セーフなのです! 私の本当にほしかったものをまだもらってなくてよかったー キョンさんの鈍感のおかげでたすかりました 涼宮さんたちにばれると大変なことになっていたでしょう・・・・・・・・   ・・・・・でも ばれてもいいからほしかったなぁ 『キョンさんの』とんがりコーン」  

 

ハ「じゃあさっきまでなにしてたのよ  な なんか いやらっ いやらし・・・・」

 

佐「そ そうだよ なんかものすごいことしていたのだろう? その ・・・キョンの  アレを・・ くわえ -てーいーたーとように聞こえたけどー{棒読み} 外から聞てた様子だと」

 

キョン「べつになにもないだろう? なあ 橘?」 

 

ハルヒ「じゃあ さっきまでしてたであろうことの続きをしてみなさいよ!   できないでしょうが!」

 

キョン「もうできんだろ」

 

ハルヒ「ほ ほらみなさいなんかえっちぃことしてたのはわかってたんだから 」

 

キョン「そんなことはしとらんぞ」

 

佐々木「なら 続きをどうぞ キョン」

 

キョン「もう なくなっちまったんだ 俺の」

 

キョン橘以外「//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////」

 

キョン「母さんにもらってくるか」

 

キョン橘以外「!\(◎o◎)/!」

 

橘「もう 飲み込めませんよー」

 

キョン橘以外「!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

橘「でも あの白いやつをださないなら大丈夫なのです!  あの」

 

牛乳

 

 

 

 

 

 


|