(Aルート)
キョン「俺はハルヒたち(ハルヒ、長門、朝比奈さん、朝倉の5人)と町の郊外にある山でキャンプをする事になった、噂ではこの山の付近で人食い事件があるという、10人前後で人を襲い食い殺すという狂った事件だ、俺は行きたくないと言ったが、ハルヒは「面白そうじゃない、キャンプがてらその事件を調査しましょ」と言い、無理やり連れてこられた、ちなみに古泉、鶴屋さんも誘ったが用事でこれなくなったらしい。
この時点では、人食い事件なんて単なる噂だと思っていた、しかし・・・悪夢は始まった。・・・
キャンプ当日の夜、5人でたき火に当たってた時、
盛り上がっていたせいか、俺は歌を歌っていた。
キ「止められない、この想い~明日が来なく~ても、抱きしめたい、折れるほど~爪痕は、消えないい~」
ハ「あはは、キョンなんなのよその歌~」
そして歌い終わると・・・
ハ「なにか聞こえない?」ハルヒは言った。
ガルル、
キ「犬の声か」
と、その時、草むらから3匹の犬が飛び出てきた、
キ「な、なんだこの犬は!」
その犬は口からヨダレをたらし、飢えているようだ、そして襲ってきた!
キ「と、とりあえず逃げるぞ!」
5人で逃げ出した、とにかく必死で逃げた、しばらくして。
キ「あ、あれ?朝倉と朝比奈さんは?」
後ろを振り向くとハルヒと長門しかいなかった。
キ「くそ、はぐれたか、ん?」
前を見ると森の向こうに洋館があった。
キ「ハルヒ、長門、あの館まで走れ!」
なんとか館まで逃げ切れたのは俺(キョン)ハルヒ、長門の3人、朝比奈さんと朝倉とははぐれてしまった。
キ「ここは・・・」
ハ「わぁ、すごい館ね・・」
ハ「あれ、みくるちゃんと朝倉は・・・・」
ハルヒは今気付いたようである、ハルヒはあわてて外に出ようとした。
キ「待て、外は危険だ、」
ハ「でもみくるちゃんたちが・・・・」
とその時、「バン」と奥の部屋から銃声が聞こえた。
ハ「何、今の・・・」
キ「朝倉か?・・」
ハ「キョン、ちょっと見てきてくれない?」
キ「わかった」
長「私も行く、」
ハ「わかったわ、じゃあ私はここを(ホール)を確保しておくわ。
奥の部屋に入ろうとした時、ハルヒはこう言った。
ハ「気をゆるしちゃだめよ!」
キ「ああ」
ドアを開けた、そこは食堂だった。
長「食堂ね・・」
俺は近くにあった時計を見ていた、その時長門が。
長「!これは・・・}
俺はすぐに長門の元へ走った。
キ「どうした?」
長「血・・・」
床には血が広がってた。
長「他を調べてきてくれない?」
長門はそう言った。
キ「わ、わかった、その血が朝比奈さんや朝倉ものでなきゃいいが」
横には扉があった。
キ「じゃあちょっと見てくる」
と言い、おれは隣の部屋に行った、部屋の奥から物音がした。
キ「そこに誰かいるのか?」
ジュル、ジュル、と何かを食べてるようだ・・
奥に進むとそこには、ゾンビが人を食っていた。
キ「うわあああああ」
俺は慌てて部屋を飛びだし、長門の元へ駆け寄った、
キ「おい長門・・・・」
長「どうしたの・・・」
ガチャン、後ろの扉からゾンビがやってきた。
長「何これ・・・」
キ「うああ、気をつけろ、そいつはバケモノだ!」
長「私にまかせて・・」
そう言うと長門はポケットから拳銃(コルトパイソン)を取り出した。
バン、バン、ゾンビを倒した、倒れたゾンビを見て長門は。
長「なんなの、これ?」
キ「奥の部屋でそいつが人を食っていた」
長「・・・・・・」
キ「しかし危なかったぁ、ところでその銃は?」
長「そこに置いてあった・・」
キ「そ、そうか・・」
長「はい、」
長門が俺に銃を渡した、
長「もう一つ置いてあった、護身用に持ってて、」
キ「ああ、ありがと、」
拳銃(べレッタ)を受け取った、
キ「とりあえず、ハルヒに報告しよう」
長「うん」
俺と長門はホールに向かった、ホールに着くとそこにハルヒの姿はなかった・・・
キ「ハルヒィーーーーーーー」
俺は叫んだが返事はない、
キ「長門は1階を探してくれ、ホールから出るなよ、」
長「わかった」
俺は階段を駆け上がり、2階のホールを見渡した、しかしいない・・・
1階に戻り、長門と合流する、
キ「どうだった?」
長「いなかった・・・」
キ「どうなってるんだ・・・ハルヒまでいなくなるなんて・・」
長「落ち着いて、・・とりあえずあなたは1階から調べて、私はもう一度食堂を調べる・・」
キ「ああ」
長「これ、キーピック、鍵の掛ってる机や一部の扉はこれで開くはず・・」
キ「ああ、ありがと、」
長「何かあったらこのホールで落ちあいましょう・・・」
キ「わかった・・・必ずだぞ・・」


|