機械知性体たちの即興曲 メニュー

http://www25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/5972.html

 

□第六日目/朝

あちゃくら  「くー……」
ちみどり    「すー……すー……」

カチャカチャ……ジューッ……

キョン        「んが……む?」
にゃがと    「……うにゃ?」

ジューッ……カチャカチャ

キョン        「(寝ぼけてる)……いい匂いが……する……」
にゃがと    「(キョロキョロ)……朝比奈みくるがいない」
あちゃくら  「うーん……」(ゴロ)
ちみどり    「……ふぁ。おはようございますぅ」(目をごしごし)
キョン        「あ…………?(寝ぼけてる)」

 
みくる        「(トタトタ)――はーい。みなさん、おはようございま~す♪」
にゃがと    「(振り向いて)……おはよう」
あちゃくら  「きゃーっ! みくるママ、おはようです!」(ピョンピョン)
ちみどり    「おはようございます」
みくる        「みんな寝起きいいですねー」
キョン        「…………(まだ寝ぼけている)」

みくる        「あ、おはよう、キョンくんも。もう朝ごはんの支度ができて――」
キョン        「……なんだ。夢か(猛烈に寝ぼけている)」
みくる        「……へ?」
キョン        「……そうだよなぁ。朝比奈さんと一緒に寝て、起きたら新婚さんの奥さんになってて、
           食事まで用意してくれて起こしにきてくれるなんて。どんな超展開だよ」
みくる        「……え、え……?」
キョン        「……妄想もほどほどにしないとな……寝よ」(ゴロ)
みくる        「……え、奥さん……? わたしが……キョンくんの……奥さん?」
にゃがと    「……寝た」
あちゃくら  「人って、こういう妄想よくするんですかねー。健康的というべきなんでしょうか」
ちみどり    「……いろいろ、こう、妄想というか、願望のようなものを口走ってましたけど」
みくる        「……奥さん。わたしがキョンくんの奥さん……(顔真っ赤)」
 

にゃがと    「……完全に二度寝の体勢に移行。体内時計が少しズレているものと思われる」
あちゃくら  「そういえば、昨日は夕方までずっと寝てたんですよねー」
ちみどり    「でも、このままズレてしまうと……」
みくる        「あう……ご飯が冷めちゃいます」
にゃがと    「(チラリ)ひとつ、いい案がある。朝比奈みくる(手招き)」
みくる        「? はい。なんでしょう?」
にゃがと    「(ヒソヒソ)」
みくる        「…………えーっ!?」

 
みくる        「(うう……ほんとにするの……?)あ、あのぅ……キョン……くん?(ソロソロ)」
キョン        「……ぐー……」
みくる        「(耳元で)……キョンくん」
キョン        「……もが?」
にゃがと    「それではいけない。効果が薄い」
みくる        「(小声で)えええ」
にゃがと    「勇気を出して、ごー」
みくる        「うう……(耳元で)……起きて……あな……た」

キョン        「!」(ガバッ)

みくる        「きゃっ!」

にゃがと    「(手を振りつつキョンに)……おはよう」
あちゃくら  「おはようですーっ!」
ちみどり    「……あー。いろいろ刺激が強すぎたのでは……」

キョン        「(事態が把握できていない)……な、なんだ。今のは……」
みくる        「…………(顔が真っ赤なままベッド脇で震えてる)」
キョン        「え? 朝比奈……さん? 今、なんて……」
みくる        「うえ……」(台所に逃げ出す)

キョン        「(しばらく呆然としてから)……おい」
にゃがと    「食事」
あちゃくら  「もうご飯できてるですよーっ!」
ちみどり    「……目、覚めました?」
キョン        「……ああ」

キョン        (なんというか……いろいろ……この環境になじんでるのか。みんな)
 
朝食後――

みくる        「お茶です。どうぞ」
キョン        「あ、どうも」
にゃがと    「和食の朝食は珍しい(ずずー)」
あちゃくら  「まぁ、パン食の方が時間かからないですからねー」
ちみどり    「いずれにしても……ここ数日で一番すばらしい朝食でした」
キョン        「……悪かったな。ぞんざいなサンドイッチで」
みくる        「(クスクス)」

キョン        「(時計を見て)あ、もうこんな時間か。朝比奈さん、そろそろ学校に行く準備を……」
みくる        「それなんですけど……わたし、今日、学校お休みしようかと思って」
キョン        「……え」

にゃがと    「……それは、推奨できない」
あちゃくら  「えー、いいじゃないですかー。みくるママと一日一緒にいられるんですよ?」
ちみどり    「いえ、それはわたしも……賛成はできないというか」

あちゃくら  「? どうしてです?」
ちみどり    「ふだんのあなたならすぐにわかりそうなものですけど……」
にゃがと    「涼宮ハルヒのそばにいる四人の人間のうち、三人までが不在となる。
          どのようなことになるのか、想像することができない」
みくる        「……それは……わたしも考えたんですけど」
キョン        「だよ、なぁ」
 

みくる        「……でも。ここを離れるのが……その、妙に心配で……」
キョン        「? なにか心当たりでも?」
みくる        「それが……」

みくる        (いうべきなのかな。古泉くんのこと)
みくる        (でも……対立しているわたしの口からだと、ただの誹謗にしかならない)
みくる        (古泉くんはああいってくれたけど……)
みくる        (そう。長門さんたちのことは、人間のわたしからでは、確かによくわからない、そういう相手だけど)
みくる        (逆に、同じ人間だから、人間の怖さはとてもよく理解できる)
みくる        (特に……こういった組織の冷酷さのようなものは……)

キョン        「……朝比奈さん?」
にゃがと    「……ここにいると、危険に晒される可能性が高い」
あちゃくら  「にゃがとさん……」
にゃがと    「この事態において、我々の周辺ではなにが起こるのか予想ができない。
                    学校、特に涼宮ハルヒのそばにいるのが一番安全ともいえる。
                    本来なら、彼もここに居続けるべきではないのだが」
キョン        「…………」
みくる        「……でも」

みくる        「(手を握り締めて)……いたいんです! 自分の意思で、初めて決めることが許されたから! 
                    ここで、みんなと……みんなと……一緒に……」
あちゃくら  「みくるママ……」
ちみどり    「…………」
にゃがと    「……今の我々では、あなたの安全の保証はまったくできない」
みくる        「…………」


にゃがと    「……でも。それでも、そばにいてくれる?」
みくる        「……長門さん……!」

 

 

 

『機関』の拠点のひとつの雑居ビル――

古泉          「ああ。おはようございます、森さん」
森              「おはよう。結局、あなたもここに泊り込んだのね」
古泉          「まぁ、気になることがありますから。でも、どうされました? あまり寝ていないようですが」
森              「……上の人たちの検討会議の結果。あまりよくないことになりそう」
古泉          「というと……?」

森              「決裂したわ。反主流派は、例の情報端末の案に乗るそうよ」
古泉          「……まさか。ここまで安定した状況を保ってきたというのに」

森              「……鶴屋のお屋敷に保管されている例のモノ。あなたたちが掘り出したものよ。覚えてるわよね」
古泉          「今年になって発掘されたあれですか。もちろん、立ち会ったのですから、覚えていますが」
森              「……対情報生命体の切り札になるかもしれない。そういう話」
古泉          「? それと今回の長門有希たちの件とどう繋がりが……」

森              「接触してきた端末の提案は、それに絡むものだとしか詳細はわからない……。
                    古泉くん。あの情報生命体には、わたしたちが正確に内情を確認した派閥以外にも未知のものが存在している、
                 ――というのは知ってるわよね」
古泉          「ええ。あやふやな情報でしかありませんが。それなりには」
 

森              「……現在、確認されているだけでも、情報統合思念体と名乗る生命体には、
                    その内部に少なくとも七つ以上の派閥の存在が知られている。
                    今回、中河くんに接触をとってきたのは、その中でもかなり異色の派閥ね。
                    現状の安定化を望んでいない。わたしたちでいうところの、反主派といってもいいのかも」
古泉          「つまり――」

森              「……自らの意思を実行するのに、自分たちの母体である思念体に対して、
                    損害を与えることすら許容している、ということよ」


北高・教室――

ハルヒ       「……キョンは休み」
ハルヒ       「……朝倉もまた休んでる」
ハルヒ       「有希も相変わらずいない」
ハルヒ       「鶴屋さんも休み。みくるちゃんも休み」
ハルヒ       「……古泉くんまで来てない」

ハルヒ       「……なによ、これ。あたしの知らないところで、なにが起こってるのよ……?」


―第六日目/昼につづく―
http://www25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/6019.html

 


|