あたしが北校に入学してから1週間ほどがたつ。
そろそろ、部活に入る時期だと思って、いろいろ見てまわって、なかなか決められなかったんだけど、佐伯さんに、
「一緒にコーラス部に入ろ!」って誘ってもらえたから、あたしはコーラス部に入ることにした。
歌にも興味があったしね。

そして、あたし達は一度仮入部して、次の日に入部。
その日は、まず発声練習から教わってたんだけど、そのときに、部室にあの子がきたの。

涼宮ハルヒ

自己紹介を聞いたときはビックリした。
「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい、以上」
ちょっと怖い人だなって思った。
そういえば、聞いた話によると、いろんな部活に仮入部してるんだったかな?

で、あたし達も昨日やったんだけど、ここの部活は仮入部初日の人にはまず、誰でも知ってるような歌を伴奏ありで歌うの。
あたしも横で聞いてたんだけど、すごかったのね。
とってもキレイな声だったのね。胸がドキドキしたのね。
この子と仲良くしたいって思ったのね。
あっ!興奮しすぎて、口癖が・・・

そこで、思ったの。一緒に歌ってみたいって。
だから、あたしは意を決して部長さんに、
「あ、あたしもすず・・・みんなと一緒に歌いたいです!」って・・・

そしたら、あたしも涼宮さんと歌えることになったのね。
もう、あたしその言葉を聞けてかなりうれしかったのね。
佐伯さんが、「ちょっと、阪中!」とか言ってたけど、右から左なのね。
あっ!また口癖が・・・

とりあえず、あたしは不自然なく、涼宮さんの前の位置に立つことにした。
そして、近くに行って分かったんだけど、
これが、あたしより背は低いんだけど、すっごく美少女なのね。
成崎さんもかわいいけど、涼宮さんのほうが美少女なのね。
あたしすっごく涼宮さんに憧れたのね。
後、もうすこしでこの子の歌声がこんなに近くで聞けるって思ったら、ワクワクドキドキしてきたのね。
でも、
「阪中さんは、背高いから、もうちょっと後ろでお願い」
・・・背が高いことに、こんなにもショックを受けたことはないのね。

でも、一番近い場所で歌えたのは事実。
ちょっと近づきすぎたかな?
まあ、でも近づかないと涼宮さんの歌声が聞こえてこないから。
あっ!シャンプーのいいにおい。

この部屋のどこかで、あたしの声の振動と涼宮さんの声の振動が交わっているのね。
そう考えると、なぜかドキドキしてくるのね。

結局、涼宮さんはその日だけしか来なかった。
かなり残念なのね。もっと一緒に歌いたかったのね。

次の日、涼宮さんに挨拶してみたら、
無視されてしまったのねー。
でも、あたしはあきらめないのね。絶対いつかお友だちになってみせるのね。

理想は、涼宮さんになんでもいいからプレゼントしてもらうこと。
そんなことされたら、あたし、それを机の中に大事にしまっておくのね。
ただの紙でもいいから、ほしいのね。
そしていつか、絶対に家に招待するのね。ルソーと一緒に遊んでもらうのね。
あっ!また口癖が。


|