機械知性体たちの即興曲 メニュー

http://www25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/5972.html

 

□第四日目/夕

文芸部室

キョン         「じゃあ、今日はこれで帰るぞ」
ハルヒ        「…………」
キョン         (……ハルヒの視線が痛い。やっぱりシーランド公国のせいなのか? 適当に思いついたのを言っただけなんだが……どんな国だったんだ)
キョン         「じゃあ、また明日な」
ハルヒ        「ええ……(有希のご両親か……ご両親ねぇ)」

文芸部室前

みくる         「……あ、キョンくん。ちょっと」(後ろから駆け寄ってくる)
キョン         「はい? な、なんですか?」
みくる         「うん。なんか今朝から、キョンくんの様子が少しおかしいから」
キョン         (……それほど挙動が変だったのか、俺)
みくる         「長門さんもずっとお休みだし。もしかして、キョンくん、なにか大変なことになってるんじゃ……?」

キョン         (……すまん、長門。俺にはこの手の隠し事の演技はできないようだ……)
みくる         「キョンくん?」

キョン         「そ、そんなに変でしたかね、自分。いや別に大したことがあったわけじゃ……」
みくる         「……そう。ならいいんだけど」
キョン         「すいません。心配かけて」

みくる         「……あのね?」
キョン         「はい?」
みくる         「もし……もしもなんだけど。キョンくんが長門さんのことで、なにかを知っていて……」
キョン         「(ドキ)」
みくる         「それで、誰にも相談できない事情があって、ひとりで悩んでいるんだとしたら」
キョン         「…………」
みくる         「あの、わたしじゃあまり、いえ全然役に立てないかもしれないけど、でももし話すこととかでキョンくんの気が楽になるんだったら……。

                    なんでもいいの。どんなことでも話してくれるといいなって」
キョン         「朝比奈さん……」
みくる         「わたし、いつもキョンくんとか、古泉くんとか……それに長門さんもだけど、助けてもらってばかりで。
            そんなわたしが、もし誰かが困ってるとしたら、なにかできないかなって……」

キョン         (……やっぱりそういうの、いつも悩んでいたんだろうか)
キョン         (そういわれると、俺だっていつも長門なんかに頼りきりだったわけなんだが……)

みくる         「……あの、キョンくん?」
キョン         「ありがとうございます、朝比奈さん。その言葉だけでも、充分嬉しいですよ」
みくる         「……あ、良かった」
キョン         「え……?」
みくる         「キョンくんの笑った顔、今日はじめて見たから」
キョン         (……すいません。心配かけちまって)

部室棟階段の踊り場 

古泉          「…………なるほど」

 
マンションへの道。自転車を漕ぎながら――

キョン        「(キコキコ)今日の晩飯は……なにがいいかね。えーと。昨日の夜は結局コンビニ弁当で?」
キョン        「朝は俺の手製のサンドイッチで、昼はカップ麺」
キョン        「……こうして考えると、育ちざかりの子供に食わせていいようなラインナップじゃないよな」

キョン        「なにか簡単でもいいから料理してやるか。カレーくらいだったら俺にでも……」
周防          「――カレー、なの――?」
キョン        「うおっ?」キキーッ

周防          「それは――とても――エスニック」
キョン        「(なにを意味不明なことを……)俺のことを待ち伏せしてたのか、おまえ」
周防          「なにか――変わったことが――?」
キョン        「……おまえか。おまえなのか、やっぱり」
周防          「――さぁ――?」

キョン        (くそ……あの喜緑さんでも、相手するのが厄介そうだったのに)
キョン        (ただの凡人がどうにかできる相手じゃないだろ、こんなの)

周防          「あと――もう少し――」
キョン        「もう少し……?」
周防          「とても――いい感じ」(スゥ……)
キョン        「……消えたよ。意味わからん」
キョン        (だがやっぱり、あいつのせいなのか……そうとしか考えられんよな)
 
七〇八号室

キョン        「今日はなにごともなければいいんだが」
キョン        「今朝、あれだけしてやっておいたんだから、さすがにな……飯だって置いていったわけだし」
キョン        「……カップ麺だけど」

キョン        「おーし。今戻った……」ガチャリ

にゃがと    「…………」ぐた
ちみどり    「…………」ぐた
あちゃくら  「うぃ~……ヒック……」シュウゥゥ――

キョン        「……なんでおまえたちは、俺がここに来るたびにボロボロになってるんだ……」
キョン        「ヒマつぶしで組体操でもやって潰れたのか? 長門と喜緑さんが朝倉の下敷きになってるって……」
キョン        「宇宙人の考えることは、いまいちわからん……って。うわっ。酒臭っ!」

あちゃくら  「うぇー……きぼちばるい……」ぐにゃあ
にゃがと    「……おか……えり」
ちみどり    「うぇええーん……グスグス」

キョン        「なんというか、理由を聞きたい、という以前にこみ上げてくる、この罪悪感のようなものはなんだろう」
キョン        「こう……父子家庭のお父さんが感じるような、申し訳ないなーみたいな」
キョン        「……? いやいや。アホなこと考えてないで助けてやらんとな。ほら朝倉。しっかりしろ……おまえか、酒飲んでたのは」
あちゃくら  「あううぅ。揺らさないで~……目がぁ~回るぅ……」
 

キョン        「なんでまた酒なんて飲んでるんだ、おまえは。子供だろうが」
あちゃくら  「いろいろ~……事情があって~(ヒック)……ごめんなさ~い……」
キョン        「今、水を持ってきてやる。長門、喜緑さん、そっちはだいじょうぶなのか。なにがあったんだ、これ」
にゃがと    「……朝倉涼子に押しつぶされた」
ちみどり    「……いたたた……」
キョン        「いや、押しつぶされたって、おまえらの体重でそんなことあるわけないだろ」
にゃがと    「……説明するのは、ちょっと難しい」

だいたい二〇分後

キョン        「……朝倉の様子は少しは落ち着いたようだな」
あちゃくら  「すぴー……すぴー……むにゃ」
キョン        「胸元開いて水飲ませて、風を送って……これでいいのか?」
にゃがと    「いい。我々は厳密には人間ではない。それほどのダメージを被っているわけではない」
ちみどり    「お部屋がお酒くさいです……グスグス」
キョン        「待っててください。もう少ししたら台所片付けますから。あそこ。台所にこぼれてるのは酒なのか?」
にゃがと    「料理酒」
キョン        「なんでまたそんなもん……」
にゃがと    「説明するのは、ちょっと難しい」

キョン        (ああ……)

あちゃくら  「もう……飲めないぃ~……すぴー」
キョン        (やっぱり、今のこいつらを俺ひとりで育てるのは……)

ちみどり    「グスグス……もうこんな生活いゃあ……グスグス」

キョン        (無理があるとしか思えん……)

 

iにゃがと  「……?(じー)」

 

キョン        「……すまん」

にゃがと    「……? なにか?」
ちみどり    「グスグス……どうしたんです? グス。改まって」
キョン        「……やはり、俺ひとりでは、おまえたちを無事に育てていく自信がない」
にゃがと    「育てる……?」
ちみどり    「え……?」

キョン        「なんとか、おまえたちが無事に元に戻るまで、俺ひとりでがんばってみようと思ったんだ。
            だが、やはりそれじゃ駄目なんだ。男手ひとつで、育ち盛りの子供をなんとかできるなんて考えたのは
            俺が育児を甘くみていたってことなんだ……ほんとうにすまない」

にゃがと    「……? ? ?」(展開についていけてない)
ちみどり    「えーと? キョンくん……? あれ? あれ?」(ちょっと焦っている)
あちゃくら  「すぴー……すぴー……」(寝ている)

キョン        「やっぱり駄目なんだ。無理なんだよ。こんな若造の男がひとりで、多感な時期の女の子三人も、いっぺんに面倒みるなんてのは。
            甘かった。考えが甘すぎたんだ……それで、おまえたちにこんな惨めな思いを……くそ」

にゃがと    「……落ち着くべき。これらの状況は我々自身が招いたことであり、あなたが責めを負うのは、違う」(焦っている)
ちみどり    「ちょ……キョンくん、なんか変です。そんな、わたしたちはお礼をいいこそすれ、あなたを責めるなんて」(そうとう焦って)
キョン        「……いや、いいんだ。俺は、決めたんだ」

 

 

キョン        「俺は立派に、おまえたちを育ててみせる……!」

にゃがと    「……!? ……!? ……!?」 (珍しく混乱している)
ちみどり    (キョンくん……なにか、様子がおかしい……?)

キョン        「悪い。ちょっと外に出てくる」ガチャリ
にゃがと    「あ……」
ちみどり    「気がつきました? 長門さん。なんか突然キョンくんの様子が……」
にゃがと    「……わかっている」
ちみどり    「これって、あの、もしかしたら……」
にゃがと    「まだ推測の域を出ない。断定はできない。だが……」
あちゃくら  「……もう飲めないです~」(ムニャムニャ)
ちみどり    「…………」

七〇八号室の外

キョン        「もしもし。すいません。はい……そうです」
キョン        「実は、今日学校から帰る時に言われたことを考えていたんですが……」

キョン        「(息を飲み込んで)……これから、長門のマンションに来てくれませんか、朝比奈さん。
            あなたの助けが必要なんです」


―第四日目/夜につづく―

http://www25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/6000.html

 


|