機械知性体たちの即興曲 メニュー

http://www25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/5972.html

 

□第三日目/夜

キョン        「その体でけっこうな量食うんだな……財布がすっからかんだぞ」

にゃがと    「……幸福とはこういうこと。すばらしい……けぷ」
あちゃくら  「……コンビニのおでんっておいしいですよね……。汁が染みてて。空腹は最大の調味料ともいいますけど」
ちみどり    「衣食足りて礼節を知る……人間の言葉の奥深さというものを改めて知ることができました」
キョン        「いや、そこまで言われるようなことはしてないんですが。
             ……ていうか、全員お腹がふくれて転がってるこの光景はいいのか。宇宙人として」

にゃがと    「(ゴロゴロ) いや。我々はあなたに感謝している。命の恩人というのはまさにこのこと」
あちゃくら  「(ゴロゴロ) ほんとです。キョンくんのおかげでみんなが助かったのです」
ちみどり    「(ゴロゴロ) 人間に借りを作るというのは良しとしない主義ですが、ここは素直にお礼をいわせていただきます」
キョン        「……礼をいうのはともかく、食後に、寝ながら、しかも転がりながら話をするのはお行儀が良くないとだけ言わせてもらおうか」
三人          (……ゴロゴロ)

キョン        「……まず説明してくれないか。今なにが起こってるのかさっぱりわからん。
             わかるのは、育児放棄されたような無残な部屋で、小さなお子さんが三人も倒れていたという、ことくらいなんだが」
にゃがと    「だいたいあってる」
ちみどり    「(ムックリ)では、わたしからご説明を……」

 説明中――

キョン        「……アホな事態だ。またアホな事態が目の前に……」
にゃがと    「見た目よりも事態は深刻。甘くみない方がいい」
あちゃくら  「これは、もしかしたらですが、我々情報統合思念体に属する、端末群に対しての攻撃であるかもしれないのです」
ちみどり    「……誰もそんなこと全然気にしていなかったのですが、さすがにあの飢餓状態を経験すると……」
キョン        「ふむ……しかしそれは直接関係ないような気がするんだが……まぁいいか」

 

にゃがと    「そもそもわたしが踏んだリンクに潜んでいたウイルス。あれの出所を気にするべきだった」
あちゃくら  「そうですよね。でも、なんでそのことを誰も気にしなかったんでしょう」
ちみどり    「幼児化退行現象は朝倉さんの時で経験済みでしたから、大した脅威だとは……」
キョン        「いや、充分異常ですから、それ」

にゃがと    「やはり……同系列の存在が関与している疑いが濃厚」
あちゃくら  「……同系列の存在……」
ちみどり    「もともとわたしはそのような外部からの脅威に対する監視も兼任していたのですが――」
にゃがと    「なにか異常が?」
ちみどり    「残念ながら。特になにかが動いたという形跡はなかったのです」
あちゃくら  「静観派端末は? 彼女であればたいていの異常は把握できるはず」
ちみどり    「その彼女からも、特に報告はありませんでした」
にゃがと    「つまり……それらの高度なリモートセンシングを無効化するほどの、かなりの脅威ということになる」
キョン        「脅威……ね」

にゃがと    「なにか心当たりが」
キョン        「いや……」(この話の流れからすれば、やはりあいつか。周防九曜……)
あちゃくら  「キョンくん。なんか隠しごとしてます?」
キョン        「? あ、いや、そういうわけじゃないんだが……」
ちみどり    「もしも、なにか気になることがあるのなら、気にせずなんでもお話ください。今はどんな情報でも助かるのですから」
キョン        「そうですか……」
にゃがと    「そう」
キョン        「それはわかるんだが……」
三人          「ふむふむ」

キョン        「……そうじゃくて。なんで全員、俺のあぐらの上に座ってるんだ?」
三人          「検討には支障はないので、気にしないように」

 

 

キョン        「とにかく。この無残な部屋を少し片付けよう。あちこち麺とかが飛び散ったままじゃないか」
にゃがと    「……ちょっとパソコンの調子を見てくる」
キョン        「待て」(襟首を掴んで持ち上げる)
にゃがと    「……にゃう」ブラーン
キョン        「(目の前に吊り下げながら)……どうもいつもの長門と様子が違うな。なにかこう……
           ニート的退廃傾向が見え隠れするような気配を感じるんだが。気のせいではないような」

あちゃくら  「あー……この体になると、本性が出てくるみたいなんですよ」
キョン        「なんだって?」
にゃがと    「……ぐー」ブラーン
キョン        「寝たふりしても駄目だ、長門」
にゃがと    「……バレた」ブラブラ

キョン        「……ほんとに長門か、おまえ」
にゃがと    「間違いない。わたしは、にゃがとゆき……?」ブラブラ
キョン        「……なに?」
にゃがと    「(少し焦って)違う。そうではない。わたしはにゃがとゆ……にゃがと」ブラブラ
キョン        「な、が、と。だろ?」
にゃがと    「(かなり焦って)そう。にゃが……!」ブラブラ

あちゃくら  「……ふふ。今頃、気がつきましたか……」
にゃがと    「朝倉涼子……!?」ブラブラ
あちゃくら  「そうです。かつてのわたしもそうでしたが、そのモードになると、人の名前、またはほかの日常会話は卒なくこなせるのに、 
                    どういうわけか、自分の名前だけは、幼児そのもののような発音しかできなくなるのです!」
にゃがと    「……がーん(涙目)」ブラブラ
ちみどり    「え……もしかして、わたしも……?」
あちゃくら  「ふふ……わたしがどれほど苦しんだか、ふたりとも思い知るといいのです……」
キョン        「……おまえら……」

 

 

にゃがと    「しょぼーん……」
ちみどり    「わたしはちみどりえみり……違う。ちみどり……ちみどり……」
キョン        「部屋の隅でうずくまるのはいいが、掃除の手伝いも少しはしてくれ、ふたりとも」
あちゃくら  「キョンくん、子供の相手ずいぶん手馴れてる感じがしますね」
キョン        「そうか?」ゴシゴシ
あちゃくら  「ええ。なんとなく、ですけど」フキフキ
キョン        「まぁ、妹がいるからな。手のかかるやつだが、相手はしてやらないとすぐにむくれるし……」
あちゃくら  「へぇー……」
キョン        「……なんだよ」

あちゃくら  「へへー……。あまりキョンくんのそういうところ、知らないから」
キョン        「せっかく学校に戻ってこれたんだろ。これからいくらでも機会はあるだろうよ」
あちゃくら  「……そうですよねー。うん」ニコニコ
キョン        「……?」

キョン        「ふう……こんなもんか」
あちゃくら  「けっこう、手早いですね。男の人なのに」
キョン        「まぁな。妹の話が出たが、似たようなことはいくらでもあったし……」

にゃがと    「……すまない。心配をかけた。もうだいじょうぶ」
ちみどり    「ぐすんぐすん」
キョン        「そうか。立ち直ったのはなによりだが……喜緑さんが泣くのを、まさかこの目で見ることになるとはな」
ちみどり    「うう……恥ずかしいです。自分の名前が自分の意思で言えないなんて」
キョン        「気にしませんよ、喜緑さん。これは一種の病気のようなもんだと思って」
ちみどり    「……うわぅああん。キョンく~ん」ガバッ
キョン        「ああ……はいはい。だいじょうぶですよ。よしよし」

にゃがと    「…………」
あちゃくら  「…………」
にゃがと    「自分から抱きつきに行くとは。予想外」
あちゃくら  「しかも頭まで撫でてもらってますよ。頭」
にゃがと    「……生徒会長という者がありながら」
あちゃくら  「浮気ですよね、浮気」
にゃがと    「まさに魔性。鈍感ながらも純朴な青年を篭絡する手段を本能的に持ち合わせている。しかもロリ属性ブースト」
あちゃくら  「喜緑さん……なんて恐ろしい子……!」

キョン        「……なんで睨んでるんだ、あのふたり」
ちみどり    「うぇえええん……チラ」ニヤリ
にゃがと&あちゃくら 「……くっ」
 

  

キョン        「さて。服も着替えた方がいいだろうし、風呂にも入った方がいいだろう。 
                    ……というか、その体のサイズにあった着替えはあるのか?」
にゃがと    「実は、ない」
あちゃくら  「退行化現象の時着ていたものはそのまま縮むんですけどね」
ちみどり    「あなたの時はどうしていたの。朝倉さん」
にゃがと    「それはわたしが、随時情報操作で作り出していた。あとは彼女自身のお手製」

キョン        「だが今はその情報操作というやつはできないんだろ?」
にゃがと    「やってやれないことはない。ただし自身の質量そのものをエネルギーとして変換する必要がある」
キョン        「……そういう難しい言葉ではよくわからんのだが」
にゃがと    「つまり、情報操作を使用すると、体がさらに縮む、ということ」
キョン        「思いっきり駄目だろ、それ」

あちゃくら  「変換したものを還元すれば元通りの背丈になるんですけど、それだと作り出したものもなくなってしまうので」
キョン        「……食い物の次は着る物の心配か。生存に必要な最低要件の衣食住のうち、二項目がこれとは……」
にゃがと    「幸いお金はここにある」
キョン        「二万五千円。ずいぶん半端な金額だな」
にゃがと    「これで明日、ベビー用品、または子供衣料品店で我々の衣類を購入してきてほしい」
キョン        「本気で言ってるのか。俺はまだ高校生だぞ?」
にゃがと    「ほかに手段がない。我々が衛生的生活を送れるかどうかは、あなたの支援行動にかかっている」
キョン        「……女性用下着とか買いに行かされるよりはマシか」
にゃがと    「すまない」

キョン        「もしもハルヒに見られたらなんて言い訳すればいい。ハルヒに限らずだが」
にゃがと    「なんとしても回避してほしいことではある」
あちゃくら  「お願いしますー、キョンくん」
ちみどり    「申し訳ありません」
キョン        「……一気に三人の子持ちになった気分だ……」

 

 

キョン        「今日のところは、ぶかぶかになるだろうが、長門のシャツでもかぶってしのいでくれ。ほかに方法がない」
あちゃくら  「はーい」
キョン        「さて……じゃあ風呂の支度をするぞ。湯張りしてくるからな。風呂はこっちか」スタスタ

にゃがと    「…………」
あちゃくら  「なんかキョンくん頼りになりますねー」
ちみどり    「こうなるとは想定していなかったのですが、今、彼がここにいてくれるのは助かります」
にゃがと    「……彼は、人がいいから」

あちゃくら  「うわぁ」ニヤリ
ちみどり    「まぁ」
にゃがと    「……他意はない。ただありのまま、そのように評価している。客観的なもの」
あちゃくら  「まぁ、そうですよねー」
ちみどり    「うふふ」
にゃがと    「……ふたりとも、なにかを勘違いしているようだ」
あちゃくら  「まぁいいですから」
ちみどり    (ニコニコ)
にゃがと    「…………」

キョン        「さて湯張りスイッチはこれか。どこにでもあるタイプだからすぐにわかるけど」ピッ
キョン        「……しかしあいつら、あと数日はこのままか……」
キョン        「学校休むわけにもいかないし、かといって俺が留守中、なにかあったらあいつらだけでなんとかできるのか……?」
キョン        「どうしたもんかね……」

 

キョン        「――みんな湯張りできたぞ」
にゃがと    「了解」
あちゃくら  「はーい」
ちみどり    「どうもありがとうございます」

キョン        「さて……このサイズで果たして無事に風呂に入れるかどうか、だが」
あちゃくら  「はぅ。考えてみれば、わたし、以前は長門さんに入れてもらってたんでしたっけ」
にゃがと    「埋め込み式の浴槽。台所や電話台とは違う。ジャンプすればおそらくは」
ちみどり    「出る時どうするんです。プールとは訳が違うんですよ」
キョン        「そうだと思って、浴槽ギリギリまで湯を張ったんだ。あとは転んで頭打ったり、おぼれたりしないようにな」
にゃがと    「……意外なほどの気配り。感謝する」
キョン        「さすがに今、そのサイズになってるとはいえ、俺が一緒に入るわけにもいかんだろうしな」

あちゃくら  「うふふー……。またそんなこと言ってー。覗いたら承知しないですよ?」
キョン        「……ぺったんこ胸をそらしてそんなこと言われても、ビタイチ説得力ないぞ、朝倉」
あちゃくら  「なんですってーっ! むきーっ!」

にゃがと    「……神は公平」
ちみどり    「突然なにを」
にゃがと    「このサイズにまで退行すれば、身体的特徴は一次成長期以前の問題。相殺される」
あちゃくら  「……地味に気にしてたんですね、長門さん。ていうか、わたしたちが神って……」
にゃがと    「問題ない」
キョン        「おまえら、そういう会話、逆セクハラっていうんだぞ。今の時代だと」
にゃがと    「そうなの?」
キョン        「続きは、女宇宙人どうし、水入らずで風呂でしてこい。俺はみんながすぐに寝られるように、ふとんの支度しておくから
                    それと、出たらすぐに体を拭いて、湯冷めしないようにするんだぞ。いいか?」
三人          (この男……なにかに目覚めた!?)
 

 

 ちゃぽーん

にゃがと    「……生き返る心地。まさに心の洗濯といえる」プカプカ
あちゃくら  「心があるのかどうだか、わかんないですけどねー」プカプカ
ちみどり    「心なんて、存在証明など人間だってできていないではないですか。ましてや魂など」プカプカ

にゃがと    「少しは落ち着いたようだ。喜緑江美理」プカプカ
あちゃくら  「あの取り乱しようは、記念に個別記憶領域に保存しておこうっと」プカプカ
ちみどり    「元に戻ったら根こそぎ、その記憶領域を焼いてあげます」プカプカ
にゃがと    「実に平穏。情報端末としての日常的会話」プカプカ
あちゃくら  「……ほんとにそうなのかなー……」プカプカ

キョン        「支度しておくといっても、長門のベッドひとつで事足りるじゃないか。考えてみれば」バサッ
キョン        「……しかしどうしてこうも、俺の周りには異常事態ばかり発生するんだろうな」
キョン        「……ハルヒのせいには違いないが」
キョン        「しかし……あれが本性? 長門たちの?」
キョン        「あいつらアンドロイドに本性とかあるのか? それとか、たとえば魂とか……」
キョン        「……考えてもわからんな。あいつら自身にもそれがどんなもんだか、わからんだろうし」
キョン        「人……俺もか。そう言われてみると」

キョン        「なんなんだろうな、そういうのって」


 その頃、マンションを見上げる人影が……

周防          「――とても――ユニーク――」

 

 

にゃがと    「……実にいい湯だった」
あちゃくら  「あちーです」
ちみどり    「ああ、生き返るぅ」
キョン        「お、出たか。じゃあ順番に並んでくれ。ドライヤーで髪をブローしてやるぞ。
                    しかし長門のシャツ、ぶかぶかもいいところだな……お化けの仮装でもしてるみたいだ」
にゃがと    「それは仕方ない。明日の夕方までの我慢」
キョン        「まぁな。ああ、そうだ。ブローが終わったら湯上りのコーヒー牛乳を買っておいてあるんだ。みんな飲むか?」
三人          (……この男、完全になにかに目覚めた……)

にゃがと    「……なんだろうか。この環境変化は」ぐたー
あちゃくら  「今日の夕方までの地獄のような状況からは想像もつかないです……」ぐたー
ちみどり    「しあわせ……? これがしあわせというもの……?」ぐたー
キョン        「……おまえら、たったの今日一日で、どれだけ地獄を見てきたんだ……」
にゃがと    「それだけの苦労は確かに経験した」
あちゃくら  「もう、今日は動けないです……」
ちみどり    「うとうと……」
キョン        「……ほんとに手間のかかる……仕方ない宇宙人だよほんとに」
にゃがと    「……?」
キョン        「みんなベッドに運んでやるよ。ここまでやったことだ。おまけだおまけ」
三人          (……これは、なにか確変が発生しているのでは……)

 

キョン        「ふとん、ちゃんとかぶったか?」バサッ
にゃがと    「過不足なく問題ない」
あちゃくら  「ふぁあ……なんかもう瞼が重い……」
ちみどり    「うとうと……」
キョン        「はぁ……じゃあ、鍵は確かに預かったから、施錠して行くぞ。見送りはいらないからな」
にゃがと    「感謝する」
キョン        「これで帰るが……いいか。変なことしないで、おとなしく待っててくれよ」
にゃがと    「努力する」
あちゃくら  「はーい」
ちみどり    「……は、い……うとうと」

キョン        「やれやれ……じゃあな、三人とも。また明日、だ」
にゃがと    「おやすみ」
あちゃくら  「おやすみなさい、キョンくん」
ちみどり    「……ありがとう」

キョン        「ああ。おやすみ。いい夢を……」パチ

 ……ガチャン 

 

 

―第四日目/朝につづく―

http://www25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/5985.html

 


|