※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺はいつも通り、北高への長い強制ハイキングコースを、そろそろ終わる冬を
感じながら昇降口へ向かっていった。
下駄箱を開けるとそこには一通の手紙が・・・・・・・・
「昼休み、部室でまってます。 みくる」
と、書かれていた。
これは、部室の妖精、朝比奈さんからの手紙ではないか、と同時に字を見て、
どちらかというと、朝比奈さん(大)の字に似てる事が俺の脳内で決まった。
 
教室に行くと、機嫌のいい古泉いわくこの世界の神である、涼宮ハルヒが座っていた。
「キョン、あんた何かいいことあった?」
流石はハルヒ、朝比奈さん(大)から手紙を貰った俺を見抜いたな。
しかしそれを言う訳にはいかないので、
「いや、今日楽しみなテレビがあるんだ」
と、ごまかしといた。
 
それからハルヒは、午前中、空ばっかり見ていた。
 
昼休みになり、俺は部室に早歩きで部室に向かっていった。
コンコン
「はぁ~い、どうぞ」
と、朝比奈さん(大)にいわれて部室に入った。
「キョン君、またあったね」
と、俺の手を握った。
「キョン君、今回の話は、とても重要なの、よく聞いて。」
と、緊迫した声で言った。
「明後日の昼、12時35分に重要な未来の分岐点があるの、もしそのとき、正しい分岐
点を選ばないと、この世界は、よく無いことに、なります」
今まで、聞いたことない声だった。
「それは、どんな分岐なんですか?」
「それは・・・・、私たち未来人も分かりません・・・」
「何故、分からないですか。未来の人たちなら、分かりそうですが。」
「それは、今、キョン君がいる世界で起こるものではないからです」
「今俺がいる世界で起こらないならどこで起こるんですか?」
「それは、異世界であることでしか、分からないです。」
そのとき、朝比奈さん(大)の体がノイズのようにぶれた。
「ごめんなさい・・・わた・・しが・ちか・ら・にな・れ・るのは・ここ・までみたい・でs」
と、消えてしまった。・・・・・・・・まじかよ・はははははははははは。
「安心するといい、朝比奈みくるの異次元同位体は、未来に帰った。」
安心できる、長門の声が俺の後ろから聞こえる。
「ただ、未来が今、混乱している」
と、残して長門は教室に戻るのか、歩いていった。
 
放課後、部室に行くと朝比奈さん(小)がいた。
「キョン君、聞いて・・・・・・・・・」
朝比奈さんが、暗い声でいった。 昼休みのことを思い出させる。
「実は・・TPDDの制限が全て解けたんです。 だから、禁則もありません」
それは、それは元気でうれしそうな声だった。
そのとき、後ろから
「お待たせしました。 あれ、涼宮さんはいないのですか?」
「残念ながらいないぜ。 LRが終わってから見てないな。」
「その件ですが、どうやら涼宮さんは家にかえったようですよ」
「Why? なぜ? ハルヒが勝手に帰る?」
「それが、まったくと、いっていいほど分からないのですよ」
「それでは、僕も涼宮さんを、探さないといけないのでここで失礼さしてもらいます。」
と、残していってしまった。
さて、ハルヒも古泉のいないので、帰ろうとした時に長門がいないことにきずいた。
「朝比奈さん長門がいないような気がするのですが・・・・」
「はい・・・実は、今日の昼休みこの世界から違う次元に移動した痕跡があります・・」
「なぜ・・分かるのですか?」
「今の私は、TPDDの痕跡以外にも、違う次元への移動、等が分かる様になったんです」
「いつ、長門は違う次元に移動したんですか・・・。」
「昼休み、12時40分です・・・。 キョン君が長門さんと別れた後すぐです。」
「そういえば、・・・あの時長門を追いかけようとしたら、長門がいなかった・・・分かれた
後、長門はちがう次元にいった。」
「キョン君、今回の事はいつもと何か違う気がするの気をつけて。 私は着替えるから
先に帰ってて。」
気がついたらもう下校時間を過ぎていた。
 
もう日がすっかり沈んだ空を見上げながら俺は思った。
今日はさまざまななことがあったな・・・・・
昼休みの朝比奈さん(大)が言ったこと、長門が違う次元へいったこと、ハルヒがまだ
見つかってないこと、沢山あったな・・・・・
 
そうこうしながら、11時30分そろそろ寝るかな・・・
 
分岐点まで後・・36時間4分38秒・・
|