目次へ


  揺れる街


涼宮せ…ハルヒと朝比奈さん…みくる、とはちょっと呼べない…は先に帰ってしまい、同じ街に住んでいる三人…長門、古泉、俺は合宿の余韻を残しつつ帰路につこうとしている。

駅を降りると、ストリートミュージシャンが、ブルースを弾いていた。固定されたコードが、かえって自由に響く。

ギターが弾く、もの悲しく、まるでこの世を悲しむような旋律。
ドラムが叩く、怒りと、この世に挑戦しようとする旋律。

長門の足が止まる。続いて、俺たちの足も止まる。

 

ドラムソロ

旋律が変わり、ドラムソロ。
強いパンチ、怒鳴るようなシンバル。

無茶苦茶に、乱雑に、自由に。手が激しく動く。
まるで、おぼれかけてしまった子供のように。

『俺たちはこんなに苦しいんだ』
『この苦しみをお前たちに伝えたい』

ドラムから、こんな声が聞こえる。

 

ベースソロ

ドラムの旋律はやがて規則的になる。タイミングを合わせてベースが何かを弾き始める。
一転し、メロディックできれいで、それでいて激しいコードを叩く。

演奏は熱を帯びていく。
まるで、佳境に入った演説を説く政治家のように。

『でも、ただの言葉じゃ表しきれないんだ』

ドラムの旋律がまた変わる。ベースは規則的に、誰かを待つように。
その視線は、フルートのケースを持つ長門に向いていた。ドラムが手招き。

その合図に応え、長門はフルートを取り出す。
 
フルートソロ

長門が吹くそれは、今度の管弦楽コンクールの課題曲のソロであった。
それに従って、ドラムは穏やかに、ベースは跳ねるように合わせていく。

『だから、わたしたちは弾きまくるんだ』

旋律は元に戻り、長門は早く激しく指を動かす。
得意の超絶技法を使いながら、しかし、やはりどこかで聞いたことのあるクラシックの旋律で。

『だから、こんなにも激しく』

ベースのピックは対照的にゆっくりと、悲しげな音を出す。
『だから、こんなにも悲しく』

いつの間にか、古泉がバイオリンの弓を引こうとする。それを合図に旋律が変わり、長門は演奏をやめる。

  

バイオリンソロ

 

古泉のバイオリンは華麗(かれい)に、きれいに、人の声のように響いていく。
ええと、これは…よく知っているアニソンだ。ただ、いろんな曲が混じっている。

 

『俺たちは弾きまくるんだ』

 

弦が振動する。その振動は音となり、街に響いていく。響いて街に伝わっていく。

 

『そうやって、俺たちは伝えるんだ』

 
演奏のち


ベースが終わりの際の定番らしいコードを弾き、それを合図に古泉は演奏をやめる。

そして、いつの間にか集まっていた群衆に頭を下げる。
長門もフルートを両手で持ち、同じように頭を下げた。

たたえるように、大きな拍手が沸き起こる。

泣いていた人もいた。笑っている人もいた。
そんな人達もまた、泣きながら、笑いながら、拍手をしていた。

そんな群衆に交じって、俺は、足を鳴らしていた(管弦楽流の拍手)…否、足踏みを、していた。

 

 

 

 

 


揺れる道



続いて、ベース・ギター・ドラムが礼をする。
演奏者全員に惜しみない、大きな拍手が鳴り響く。

長門は照れたように眼鏡の縁をつまみ、古泉は極上のスマイルを放出する。


拍手は、道を揺らす。


 
こうして俺は帰路につく。

暗い歩道、闇と、夜灯が照らす、路面。その路面を見て、考えて、考える。
何故、俺は飛び入らなかったのだろうか。やろうと思えば可能だったはずじゃないか。

古泉の次にトランペットを構えていれば。
その後に続いていたはずのコードを思い浮かべる。頭のなかで音が鳴り響く。
そのコードは『茶色の小瓶』のときのように俺を拒絶するのではなく、俺に合わせ受け入れてくれていた。

もしくは、割り込んでやれば。
古泉とは毎朝アニソンをデュエットしてた。やろうと思えば簡単にできたはずだ。
超能力のように通じ合った、古泉とのデュエットを思い浮かべる。たとえ失敗しても、俺たちは笑い合えた。

何でだ。何故できなかったんだ。

後悔と悔しさの涙で、道が揺れる。

朝倉のせいで嫌いになった。そして、ハルヒと古泉で好きになった。
そしてあの長門を見てまた嫌いになり、さらにいまの俺は音楽を放棄したことを後悔している。

俺は、揺れている。俺は、答えが欲しい。

揺れる道を見つつ、ぼそっとつぶやく。
「俺は音楽が好きなのか、嫌いなのか?」 

すると、後ろから返事が聞こえた。

「どちらでも、いい」

眼鏡を押さえ、こちらを見すえる。その声は、長門だった。
それは俺が見る初めての、長門の強く、強い視線だった。

道はこちらではないはずなのに。

第三章 〆 

  

|