※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~部室にて~
 
ガチャ
 
鶴屋「やぁ!みんな!」
 
キョン「どうも」
 
みくる「鶴屋さんどうしたんですかぁ?」
 
鶴屋「今日はちょっとハルにゃんに話があるっさ!」
 
みくる(あぁ、あのことかぁ)
 
ハルヒ「え?あたし」
 
鶴屋「そっさ!」
 
ハルヒ「?」
 
鶴屋「明日、ハルにゃんと長門ちゃん、みくるとあたしで遊び行くよ!」
 
ハルヒ「でも明日は団活が」
 
鶴屋「名誉顧問の権限を行使させてもらうよ!」
 
ハルヒ「えっと……有希はいいの?」
長門「構わない」
 
ハルヒ「みくるちゃんは?」
 
みくる「わたしは鶴屋さんから、事前に言われてましたからぁ」
 
ハルヒ「古泉君とキョンは?」
 
古泉「つまり男性禁制ということですよね?僕は大丈夫ですよ」
 
キョン「あぁ、俺も問題ない」
 
鶴屋「ハルにゃんはどうなのさ?」
 
ハルヒ「う~ん、そうね。たまにはいいかも」
 
鶴屋「じゃあ決まりっさ!」
 
みくる「ふふふ」
 
長門「……」ペラ
鶴屋「さぁ、こっからは女の子同士の話し合いの時間だよ!男子諸君は出てった、出てった!」シッシッ
 
古泉「そういうことなら帰りますが、よろしいですか涼宮さん?」
 
ハルヒ「そうね。今日は鶴屋さんに免じて二人とも帰っていいわよ」
 
キョン「じゃあそうさせてもらうぞ」
 
古泉「それでは、みなさん。また来週」
 
みくる「お気をつけて」
 
鶴屋「バイバ~イ」フリフリ
 
ガチャ
 
鶴屋「さて、男子は追い払ったね。それで明日は何時頃なら大丈夫?」
 
ハルヒ「どっちにしろ朝から団活のつもりだったから、何時でも平気ね」
 
鶴屋「長門ちゃんは?」
 
長門「大丈夫」
 
鶴屋「みくるも大丈夫?」
 
みくる「はい」
鶴屋「じゃあ朝十時に駅前ね!」
 
ハルヒ「わかったわ」
 
鶴屋「それとさ、お弁当は持参だよ!」
 
みくる「近くにお店はないんですかぁ?」
 
鶴屋「ないことはないけど」
ハルヒ「別にいいんじゃない?」
 
鶴屋「さすがハルにゃん、話が分かるっさ!」
 
ハルヒ「どうせだから勝負しましょうよ?」
 
みくる「勝負ですかぁ?」
 
ハルヒ「そう料理対決!学年別のチーム戦よ!」
鶴屋「ってことは、あたしとみくる対ハルにゃんと長門ちゃんだね?」
 
ハルヒ「そうよ」
 
鶴屋「望むところっさ!ねっ、みくる!」
 
みくる「ふふふ。そういうことなら頑張っちゃいますよぉ」
 
ハルヒ「有希もそれでいいわよね?」
 
長門「いい」
ハルヒ「じゃあ今夜は有希のうちに泊まりいくわよ?」
 
長門「構わない」
 
鶴屋「それならあたしもみくるんとこ泊まりに行こっかなぁ」
 
みくる「わ、わたしの部屋はちょっと~」
 
鶴屋「いつになったら部屋片付けんの?」
 
みくる「そ、そういうわけじゃないですってばぁ~」
 
鶴屋「なら今夜はあたしんとこ来なよ!」
 
みくる「わかりましたぁ」
ハルヒ「それで、鶴屋さん。明日はどこ行くの?」
 
鶴屋「それは明日のお楽しみっさ!」
 
ハルヒ「団活休みにするくらいなんだから、楽しみにしてるわね!」
 
鶴屋「あんまりプレッシャーかけられると困るんだけどな~」
 
みくる「ふふふ」
 
長門「……」ペラ
 
みくる「涼宮さん、今日はこの後どうしますかぁ?」
 
ハルヒ「そうね、あの二人帰しちゃったし……」
 
鶴屋「じゃあ解散でいいじゃん!あたしは明日のレシピをみくると相談せねばね」
 
ハルヒ「そうしましょっか」
 
みくる「それじゃあ、一度家に帰って着替えを取りに行きますねぇ」
 
鶴屋「あたしもついt」
 
みくる「鶴屋さんはおうちで待っててくださいね」
 
ハルヒ「みくるちゃん随分かたくなに拒否するわね……何かあるの?」
 
みくる「そ、そういうわけではないんですけどぉ……」
 
鶴屋「ハルにゃん、ハルにゃん、みくるはきっと部屋に男を飼ってるんだよ」ボソ
 
ハルヒ「ウソ!?」
 
みくる「つ、鶴屋さ~ん、そんわけないじゃないですかぁ~」
 
ハルヒ「みくるちゃんがね~」
 
みくる「涼宮さんまで~」
 
鶴屋「あはは、それじゃ解散しよっか!」
 
長門「……」パタン
 
ハルヒ「有希もきりがいいみたいだしね」
 
みくる「部屋に男の人なんかいませんからね?」
 
鶴屋「分かった分かった、ほら帰るよ!」
 
みくる「適当じゃないですかぁ」
 
ハルヒ「有希、あたしも家帰って、それから六時半くらいにはマンション行くわ」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「それじゃあ鍵閉めるわよ?みくるちゃん早く」
 
みくる「は、はーい」トテトテ
 
ガチャ
 
ハルヒ「よしっと、それじゃ行きましょ」
 
鶴屋「はいよ~」
 
 
~帰り道にて~
 
ハルヒ「さすがに夏ね。五時前だってのにこんなに明るい」
 
鶴屋「日が長くなると一日が無駄に長く感じるよ」
 
みくる「でも、お洗濯とか出来るし、いいことも多いですよ?」
 
ハルヒ「みくるちゃん主婦みたいね」
 
鶴屋「そりゃ仕方ないよ、ハルにゃん。家で主婦やってんだから」
 
みくる「まだ言うんですかぁ」
 
鶴屋「あっはっはっはっ!もう止めたげるよ」
 
みくる「もう!」
ハルヒ「話戻すけど、どうせなら夏が日が短く、冬が日が長く、この方がいいわよね」
 
長門「それでは生態系がおかしくなる」
 
ハルヒ「初めっからそうだったらそうゆう進化をするでしょ?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「別に、今から変われー!、ってわけじゃないわよ。あくまで希望よ、希望」
 
みくる(そ、それでも涼宮さんにそう希望されるのは)
 
長門(非常に困る)
 
鶴屋「でも、夏の日が長いおかげでいっぱい遊べるんだし、ハルにゃんとしては結果オーライじゃないのかい?」
 
ハルヒ「う~ん、それもそうね」
 
みくる「ほっ」
 
鶴屋「どしたの、みくる?」
 
みくる「な、なんでもないですよ」
 
鶴屋「?」
 
長門「……」トテトテ
 
ハルヒ「それじゃこのへんで別れましょ」
 
鶴屋「そうだね、明日は覚悟していなよ、ハルにゃん?」
 
ハルヒ「例え鶴屋さんでもそうはいかないわよ」
 
みくる「それじゃあまた明日」
 
ハルヒ「ばいばい」
 
鶴屋「ばいば~い」フリフリ
 
ハルヒ「それじゃあ有希。またあとでね」
 
長門「……」コク
 
 
~長門宅にて~
 
ピンポーン
 
長門「……」
 
???「あたしよ」
 
長門「知らない」
 
???「有希!」
 
長門「ジョーク。今開ける」
 
カチャ
ハルヒ「毎回毎回よくも飽きないわね」
 
長門「反応がいい」
 
ハルヒ「余計なお世話よ。とりあえずあがるわね」
 
長門「どうぞ」
 
ハルヒ「お邪魔しま~す。おっ、前より小物が増えてきたわね」
 
長門「あなたが選んだものがほとんど」
 
ハルヒ「だって有希全然選ぼうとしないじゃない」
 
長門「そうでもない」
 
ハルヒ「そうだっけ?」
 
長門「そう」
ハルヒ「よっこいしょっと」バフ
 
長門「そこは私のベッド」
 
ハルヒ「知ってるわよ。なんか落ち着くのよね~」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「なんでかしらね?このまま寝ちゃってもいい?」
 
長門「構わない」
 
ハルヒ「いいわけないでしょ、明日のお弁当のおかず買ってこなきゃ」
 
長門「……」コク
ハルヒ「財布は持った?」
 
長門「持った」
 
ハルヒ「鍵閉めた?」
 
長門「閉めた」
 
ハルヒ「じゃあ行くわよ」トテトテ
 
長門「……」トテトテ
 
 
~移動中~
 
ハルヒ「有希って小さいくせに歩くの早いわね」トテトテ
 
長門「あなたが遅い」トテトテトテ
 
ハルヒ「言ったわね」トテトテトテトテ
 
長門「……」トテトテ
 
ハルヒ「ほら、あたしのほうが早い」トテトテトテ
 
長門「急ぐ理由がわからない」トテトテ
 
ハルヒ「ぐっ」
ハルヒ「有希って晩御飯まだでしょ?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「なんか食べたいものある?」
 
長門「カレー」
 
ハルヒ「いつもそれじゃない?作る方としてはもっとレパートリーを増やしてくれた方が、作りがいあるんだけど?」
 
長門「……」
 
ハルヒ「って、なんか奥さんの台詞ね、これ」
 
長門「ハンバーグ」
 
ハルヒ「いいわよ。それもあたしの得意料理のレパートリーにあるから」
 
長門「期待する」
 
 
~スーパーにて~
 
ハルヒ「さて、明日のお弁当の中身どうしようかしら」
 
長門「カr」
 
ハルヒ「いい加減にしなさい」
 
長門「……」
 
ハルヒ「……そもそも、何を基準で勝ち負けにするか決めてなかったわね」
 
長門「……」キョロキョロ
 
ハルヒ「明日みんなで決めればいっか」
 
長門「……」キョロキョロ
 
ハルヒ「さっきからなに探してるの?」
 
長門「弁当箱」
 
ハルヒ「え?」
 
長門「明日お弁当を持っていくなら箱は必要」
 
ハルヒ「いや、だから、有希ってお弁当学校持ってたりしたことないの?」
 
長門「ない」
 
ハルヒ「……」
 
長門「?」
 
ハルヒ「いつもどうしてるの?」
 
長門「禁則事項」
 
ハルヒ「は?」
 
長門「ジョーク」
 
ハルヒ「はぁ、まぁいいわよ。食材コーナーにはないからあっちに探しに行きましょ」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「スーパーにしては結構種類あるわね」
 
長門「……」キョロキョロ
 
ハルヒ「どれにするの?」
 
長門「これ」
 
ハルヒ「それは保存用のタッパーよ、それ以前に大きすぎよ!」
長門「いける」
 
ハルヒ「ダメよ」
 
長門「……」ジー
 
ハルヒ「そもそもそれだと鞄に入らないじゃない」
 
長門「……うかつ」
 
ハルヒ「有希は大食いだからなぁ……これくらいが妥当じゃない?」
 
長門「小さい」
 
ハルヒ「あたしの二倍はあるわよ?」
 
長門「……わかった」
 
ハルヒ「なんか子供をあやしてるみたい」
 
長門「肉体的には同年齢」
 
ハルヒ「肉体的?有希の方が幼く見えるけど?」ニヤ
 
長門「……」
 
ハルヒ「明日のお弁当のおかずはこんなもんね。他食べたいものある?」
 
長門「カr」
 
ハルヒ「ないみたいね。それじゃレジ行きましょ」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「今日もワリカンよ?有希っていつも全部払おうとするんだもの」
 
長門「作るのは私ではないから」
 
ハルヒ「じゃあ今日は有希も一緒にやりましょ?」
 
長門「一緒に?」
 
ハルヒ「そう、あたしのお手伝い」
 
長門「いい」
 
ハルヒ「まったく、どっちのいいよ?」
 
長門「肯定」
 
ハルヒ「よろしい」
 
 
~帰宅中にて~
 
ハルヒ「日が落ちると涼しくていいわね」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「……あっ、流れ星だ」
 
長門「……」トテトテ
 
ハルヒ「流れ星が消えるまでにお願い事を、三回言えば願いが叶うかぁ。まず無理ね」
 
長門「無理」
ハルヒ「なんか短文でないかしら……」
 
長門「………」
 
ハルヒ「死ね死ね死ね、とか?」
 
長門「あなたが言うと笑えない」
 
ハルヒ「いつもの有希みたいにジョークよ」
 
長門「あなたのジョークは厄介すぎる」
 
ハルヒ「そう?」
長門「故に笑えない」
 
ハルヒ「そもそも笑わないくせに」
 
長門「あなたには才能がない」
 
ハルヒ「言ってくれるわね」
 
長門「言った」
 
ハルヒ「いつか笑わせてやるんだから」
 
長門「そう」
 
~長門宅にて~
 
ガチャ
 
ハルヒ「ただいまー」
 
長門「……」
 
ハルヒ「有希も言いなさいよ」
 
長門「中には誰もいない」
 
ハルヒ「いいから」
 
長門「ただいま」
 
ハルヒ「おかえり。ね、いるときはいるのよ」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「そうなのよ」
 
ハルヒ「とりあえず今日買った食材を冷蔵庫に閉まっておいて」
 
長門「わかった」
 
カチャカチャ パタン
 
長門「閉まった」
 
ハルヒ「じゃあ少し休んでから、夜ご飯の支度しましょ」
 
長門「……」コク
 
ピッ
 
ハルヒ「どの番組もつまんないわね」
 
ピッ
 
長門「そう」
 
ピッ
 
ハルヒ「どれもこれも前見た番組のパクリみたいな内容じゃない」
 
ピッ
 
ハルヒ「TV見ててもつまんないし、晩御飯作りましょ?」
 
長門「それがいい」
 
 
~食事後~
 
長門「ごちそうさま」
 
ハルヒ「おそまつさま。なんかこの雰囲気にも慣れてきたわね」
 
長門「?」
 
ハルヒ「あたしが有希の家に来て、二人でご飯食べて、ゴロゴロして、色々話して、と言っても有希は聞くのが専門よね」
 
長門「……」
 
ハルヒ「ふふ。悪くない、悪くないわ。なんか通い妻みたいで変な気分だけど」
 
長門「悪くない」
 
ハルヒ「有希も?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「そっか。……あたしね、これからも有希とはずっと一緒にいたい」
 
長門「大丈夫。私が守る」
 
ハルヒ「ふふふ。私よりちびっ子の癖になに言ってんのよ」
 
長門「……」
 
ハルヒ「お風呂ありがと」
 
長門「構わない」
 
ハルヒ「明日はお弁当作んなきゃだし、早く寝ましょう」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「あたしは髪乾かしてから寝るわ。おやすみ、有希」
 
長門「おやすみなさい」
 
ハルヒ「……」
 
 
~翌日~
 
???「……ルヒ、……う朝、起……」
 
ハルヒ「う~ん」
 
???「もう……、……て」
 
ハルヒ「あ、あとごふん」
 
???「わかった」
 
ハルヒ「……ん」Zzzz
 
???「いい加減に起きて」ポカ
 
ハルヒ「……えぇ?ふわぁ~あ、おはよう有希」
 
長門「おはよう」
 
ハルヒ「なんか有希のうちって安心して寝れるわ」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「そうなの。ところで今何時?」
 
長門「午前八時ちょうど」
 
ハルヒ「……え?」
 
長門「午前八時ちょうどと言った」
 
ハルヒ「……!や、やばいじゃない!約束まで二時間しかない!」
 
長門「正確には一時間五十八分三じゅ」
 
ハルヒ「やばいわ!ご飯に火入れなきゃ!」
 
長門「もう入れた」
 
ハルヒ「でかしたわ有希!」
 
長門「当然」
 
ハルヒ「それじゃあ、すぐ顔洗ってくるから台所で待ってて!」
 
長門「わかった」
~駅前にて~
 
鶴屋「おはようハルにゃん!」
 
みくる「おはようございます」
 
ハルヒ「おはよう、ほぼ同時についたわね」
 
鶴屋「そうだね!ちゃんとお弁当は持ってきたかい?」
 
ハルヒ「ばっちりよ!ね、有希?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「それで今日はどこ行くの?」
 
鶴屋「ふふふ。実はこの間、こんなものを貰ったのさ」バッ
 
みくる「チケット、ですか?」
 
鶴屋「そうさ!五月の半ばにオープンしたばかりの、あの遊園地のチケットだよ!」
 
ハルヒ「あの遊園地!CMとか見て興味があったのよね、実は」
 
みくる「あ、あそこってジェットコースターが目玉なんですよねぇ……」
 
鶴屋「んふふふふ。頑張ろうね、みくる♪」
 
みくる「ひぃ」ビク
 
ハルヒ「あれ?遊園地ならお弁当いらないんじゃないの?」
 
鶴屋「あそこの飲食店って、めがっさ混むみたいなんだよ」
 
ハルヒ「そうゆうことか」
 
鶴屋「そう、せっかく遊びに行くんだから、少しでも遊ばないとね」
 
ハルヒ「賛成だわ。それじゃあとっとと行きましょ!」
 
鶴屋「おー!」
 
 
~遊園地にて~
 
ハルヒ「……これは」
 
みくる「……想像以上に」
 
鶴屋「……人だらけだね」
 
長門「……うるさい」
 
ハルヒ「なにはともあれ……遊ぶわよ!有希、あれ、あれ乗ろ!」グイ
 
タタタッ
 
鶴屋「ありゃ、行っちゃた」
 
みくる「ですね」
 
鶴屋「あたしたちも行くよ!」
 
みくる「は、はぁい」
 
タタタッ
 
ワーー!
 
みくる「こ、これに」ブルブル
 
キャーー!
 
みくる「の、乗るんですか?」ブルブル
 
ギャーーーーー!
 
ハルヒ「だってこれが目玉なんでしょ?みくるちゃんが自分で言ってたじゃない?」
鶴屋「観念しなよ、みっくる♪」
 
みくる「そ、そんなぁ」ブルブル
 
長門「面白そう」
 
みくる「長門さんまでぇ~」
 
ハルヒ「女は度胸よ!」ガシッ
 
みくる「ひ、ひぇ~」ズルズル
みくる「ど、どんどん高くなってきましたよ?」
 
みくる「レ、レ、レ、レールが、み、見えませんよ?」
 
みくる「え?落ち……キャアァァッァァァァァ!!!」
 
みくる「わぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁ!!!」
 
みくる「ひゃぁあっぁぁぁぁぁぁ!!!」
 
みくる「……、……。……」
 
ハルヒ「いやー!凄かったわね、有希!」
 
長門「ユニーク」
 
鶴屋「たしかにみくるはめがっさユニークだったっさ!ほんとに悲鳴上げるんだもん!あっはっはっはっはっは!」
 
みくる「す、少し、うっ、や、休ませてくださぃ」
 
ハルヒ「何言ってるの、まだ一つ目じゃない!次行くわよ、次!」
 
みくる「こ、これって」
 
長門「ホラーアトラクション」
 
ハルヒ「さぁ行くわよ!」
 
みくる「む、無理ですよぉ~」
 
鶴屋「結構怖いみたいだよ、ハルにゃん」
 
みくる「あれ?」
 
ハルヒ「そうなんだ、でもどんと来いよ!」
 
みくる「わ、わたし入らなくていいんですかぁ?」
 
ハルヒ「こういうとこって本物が出たりするらしいじゃない?」
 
みくる「あ、あの~」
 
鶴屋「TVで見たことあるっさ!」
ハルヒ「出てきたら捕まえてやるわ!ね、有希」
 
長門「……」コク
 
スタスタ
 
みくる「置いてかれた……。わ、わたしもい、行きます!」トテトテ
 
ハルヒ・鶴屋(作戦通り!)
 
みくる「ふぇ~、ま、真っ暗ですよぉ」ブルブル
 
みくる「ひゃ!い、今向こうに、だ、誰かいましたよ~」ブルブル
 
みくる「え?後ろ?……ひぃゃぁぁあああっぁぁぁぁ!!!」パタパタ
 
みくる「きゃ!ひっ!」コテン
 
みくる「……うぅ、うぅ、うぅぅぅ」ポロポロ
ハルヒ「ご、ごめんね、みくるちゃん。まさかこんなに怖がるとは思ってなかったのよ」
 
みくる「ひっく、ひっく」ポロポロ
 
鶴屋「悪ノリしすぎたよ、あたしからもごめんね?」
 
みくる「うぅっ、も、もう大丈夫です、ひっく」グス
 
長門「ユニーク」
 
ハルヒ「こら!有希!」ポカ
みくる「もうそろそろ、お昼だしお弁当にしませんかぁ?」
 
鶴屋「そうしよ!あそこの芝生を陣取ろうよ!」
 
ハルヒ「賛成!」
 
長門「……」グゥゥ
 
トテトテ
 
 
~芝生にて~
 
ハルヒ「昨日話した勝負のこと覚えてるわね?」
 
鶴屋「もちろんっさ!」
 
ハルヒ「基準は見た目と味でいいわよね?」
 
みくる「はい」
 
鶴屋「一生懸命作ったからね。この勝負いただいたよ!」
 
ハルヒ「ふふふ、ではいざご開帳!」
 
パカッ
鶴屋「あ」
 
みくる「そんなぁ~」
 
ハルヒ「こんなのって」
 
長門「……」
 
ハルヒ「……そういえば鞄持ったままアトラクション回っちゃたわね」
 
長門「グチャグチャ」
鶴屋「これはさすがにショックだよ……」
 
みくる「でも、形は悪くても食べられますから」
 
ハルヒ「わかってる、わかってるわ」
 
鶴屋「それでも、苦労が水の泡ってのはねぇ……」
 
長門「……」モグモク
 
ハルヒ「勝負はお預けね……」
 
~食事後~
 
ハルヒ「それじゃあ、あたしと鶴屋さんでフリーフォールみたいの乗ってくるわね」
 
鶴屋「みくるはそこのベンチで休んでて!」
 
みくる「わかりましたぁ」
 
ハルヒ「有希も来る?」
 
長門「……」フルフル
 
ハルヒ「そう、それじゃあそこであたしたちの勇姿を見てなさい」
 
長門「……」コク
みくる「ふぅ、お二人とも元気ですねぇ」
 
長門「……」コク
 
みくる「……」
 
長門「……」
 
みくる(き、気まずいよぉ~)
 
長門「朝比奈みくる」
 
みくる「は、はひ!」
 
長門「?」
みくる「なんでもないです、続けてください」カァァァ
 
長門「質問がある」
 
みくる「質問ですか?」
 
長門「この先はどうする?」
 
みくる「え?多分ご飯でも食べにいくんじゃないですか?」
 
長門「違う。今後の動き。私は涼宮ハルヒの力の観察」
 
みくる「わたしは……監視です。もとよりそれが目的ですから」
 
長門「なぜ監視を?」
 
みくる「禁則事項です」
 
長門「この後世界は、涼宮ハルヒはどうなる?」
 
みくる「禁則事項です」
 
長門「今まで起きてきた出来事は全て予定通り?」
 
みくる「禁則事項です」
 
長門「そう。ならいい」
 
みくる「……。長門さんは観察が目的なんですよね?」
 
長門「……」
 
みくる「観察の対象と仲良くなるのは、いいことなんですか?」
 
長門「私だけではないはず」ジー
 
みくる「わたしはそんなつもりではなかったんです!でも長門さんは涼宮さんとは……親友なんですよね?」
 
長門「そう」
 
みくる「わたしは、わたしはこんなはずじゃなかった……なかったんです……」
 
長門「?」
 
みくる「……これ以上は言えません」
 
長門「そう」
 
みくる「長門さんはどうするんですか?」
 
長門「変わらない。いつも通り。しかし」
 
みくる「?」
長門「私という個体は涼宮ハルヒのそばにいたいと思っている」
 
みくる「……」
 
長門「これは私の意志。涼宮ハルヒは私を必要としてくれている」
 
みくる「……そうですよね」
 
長門「それに答えるのは親友として当然」
 
みくる「……わたしは」
 
長門「古泉一樹に新たな鍵は私だと言われた」
 
みくる「古泉君が?」
 
長門「そう。そのことでどうなるかはわからない。ただ、涼宮ハルヒに危害を加えるなら、誰であっても容赦しない」
 
みくる「……わたしに関しては大丈夫です。そんなことをする理由がありませんから」
 
長門「そう」
 
みくる(……わたしは、わたしはただの監視者だから……これからもただ見ているだけの……)
 
鶴屋「みっくる~!いや~めがっさすごかったよ~!こう、ビューンとさ、ってみくる?」
 
みくる「……え?」
 
鶴屋「なんか元気ないよ?大丈夫?」
 
みくる「だ、大丈夫ですよぉ」
 
ハルヒ「どうせ有希が変なこと言ったんでしょ?最近辛口なのよね、このコ」
 
みくる「ち、違いますから、はしゃぎすぎて気分が悪いだけですよ」
鶴屋「無理しちゃダメだかんね?」
 
みくる「もう平気ですよ」ニコ
 
ハルヒ「それじゃあ激しいアトラクションは一旦休憩にしましょ」
 
鶴屋「そうっさね。……さっきまでみくるは長門ちゃんと話してたの?」
 
みくる「はい。長門さんとあんなにおしゃべりしたの初めてです」
 
ハルヒ「有希と会話が続くなんて凄いわね。あたしですら難易度が高いのに」
 
鶴屋「なに話してたの?」
 
みくる「長門さんとの秘密なんです」
 
ハルヒ「有希、教えなさいよ~」
 
長門「禁則事項」
 
みくる「……」
 
鶴屋「……。みくる、なんか飲み物買ってくるけど何がいい?」
 
みくる「ありがとうございます。お茶がいいです」
 
鶴屋「わかったよ。長門ちゃん、一緒に買いにいこ?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「有希、あたし炭酸がいい」
 
長門「わかった」
~自販機前にて~
 
鶴屋「……ねぇ、長門ちゃん?」
 
長門「何?」
 
鶴屋「みくるに何言ったの?」
 
長門「質問をしただけ」
 
鶴屋「質問?どんな?」
 
長門「言えない」
 
鶴屋「なんで?」
 
長門「言えない」
 
鶴屋「なら、単刀直入に聞くけど、……みくるをいじめてたのかな?」
 
長門「……」フルフル
 
鶴屋「信じていいの?」
 
長門「どちらでも」
 
鶴屋「……」
 
長門「……」
鶴屋「……うん、疑ってごめんよ?みくるってあんなんだからさ、友達として不安だったんだよ」
 
長門「そう」
 
鶴屋「長門ちゃんだって、ハルにゃんのこと見捨てられないでしょ?」
 
長門「もとより見捨てない」
 
鶴屋「だよね、とはいえ、疑ってほんとにごめんね」
 
長門「いい。ただ」
 
鶴屋「なに?」
 
長門「今小銭がない」
 
鶴屋「先輩にたかる気かい?」
 
長門「違う、悪いと思っているなら、お金を貸して欲しい」
 
鶴屋「いいよ、後輩のぶんくらいお姉さんが買ったげる♪」
 
長門「感謝する」
 
鶴屋「はい、みくる」
 
みくる「ありがとうございます」
 
ハルヒ「……抹茶の炭酸ってなによ?」
 
長門「あった」
 
ハルヒ「炭酸と言ったのはあたしだけど……これはないわよ」
 
長門「飲まず嫌い?」
 
ハルヒ「うっ……、いいわ、飲んでやるわよ!」ゴク
 
鶴屋「ど、どお?」
 
ハルヒ「……」フルフル
 
長門「ユニーク」
 
ハルヒ「……デコピンよ」ピシ
 
長門「……」ナデナデ
ハルヒ「鶴屋さん、今日はありがとね」
 
鶴屋「なに、いつもみくるがお世話になってるからね。そのお礼さ♪」
 
みくる「ふふふ」
 
ハルヒ「あたしだってみくるちゃんにお世話になってるわよ?」
 
みくる「涼宮さん……」
 
ハルヒ「コスプレとか、部室の掃除とか、お茶汲みとか」
 
みくる「え、えぇ~」
 
鶴屋「先輩をパシリ扱いとはいけない子だね?こうしてやる!」
 
ハルヒ「や、やめて、鶴屋さん、アハハ、うそ!冗談だから!アハハちょ、くすぐったいってば~」
 
鶴屋「参ったか!」
 
ハルヒ「……このあたしが、はぁーはぁー、やられて、黙ってる、とでも?」
 
鶴屋「ん?」
 
ハルヒ「えい!」
 
鶴屋「ハルにゃん、ひ、卑怯だよあっはっはっは、そこは、はんそ、反則だよ、あっはっはっは」
 
ハルヒ「やられたらやり返さないとね」
 
鶴屋「覚えてろよ~」
 
ハルヒ「返り討ちにしてやるわ!」
 
鶴屋「せっかくだしこの後ご飯でも食べ行く?」
 
ハルヒ「そうね。どこ行く?」
 
長門「……」クイクイ
 
ハルヒ「ん?どしたの有希?」
 
長門「あれ」
 
ハルヒ「あれ?」
 
鶴屋「あれはバイキングだね!」
 
みくる「も、もう怖いのいやですよぉ」
 
ハルヒ「みくるちゃん、ただの食べ放題よ。有希あそこがいいの?」
 
長門「……」コクコク
 
ハルヒ「二人ともあそこでいい?」
 
鶴屋「あたしは構わないっさ!」
 
みくる「大丈夫です」
 
ハルヒ「それじゃあ、行きましょっか」
 
長門「……」トテトテ
~帰り道にて~
 
鶴屋「いや~めがっさお腹いっぱいだよ」
 
長門「満腹」ケプ
 
鶴屋「女四人がバイキングでがっついてる光景は、シュールだったろうね」
 
ハルヒ「がっついてたのは鶴屋さんと有希だけでしょ?あたしとみくるちゃんは腹八分よ」
 
みくる(それでも食べすぎちゃいました……)
 
鶴屋「それじゃあ、ここらでお別れだね」
 
ハルヒ「そうね、今日は楽しかったわ。ね、有希?」
 
長門「……」コク
 
鶴屋「そりゃ良かった。誘ったかいがあったってもんだよ」
 
ハルヒ「じゃあまた学校でね。鶴屋さん、みくるちゃん」
 
鶴屋「バイバイ」
 
みくる「あ、あの、長門さん」
 
長門「何?」
 
みくる「少し、少しだけいいですか?」
 
長門「構わない」
 
みくる「お二人は少しだけ待っててください」
 
鶴屋「わかったっさ」
 
ハルヒ「有希はあたしのだから持って帰っちゃダメよ」
 
鶴屋「おっ、ラブラブだねぇ~」
 
ハルヒ「ジョークよ、ジョーク」
 
みくる「ちゃんとお返ししますから」ニコ
 
長門「何?」
 
みくる「本当はこんな事を言うのは禁止されています」
 
長門「……」
 
みくる「でも、でもわたしも長門さんも、望む望まないに関わらず、主要人物の一人になってしまいました」
 
長門「……結果的に私は望んだ」
 
みくる「そ、それは長門さんの場合です!」
 
長門「わかっている」
 
みくる「……同じ『部活仲間』としての忠告です。涼宮さんとは距離を置いてください」
 
長門「……何故?」
 
みくる「……この間私向けにそういう指令がきました。内容は知りません」
 
長門「禁則事項では?」
 
みくる「……話は以上です。また」スタスタ
 
長門「……」
 
ハルヒ「それでみくるちゃんはなんだって?」
 
長門「秘密」
 
ハルヒ「仕方ない、くすぐってでも吐かせてやるわ」
 
長門「無駄」
 
ハルヒ「どうよ!ほらほら!」
 
長門「まるで無駄」
 
ハルヒ「この不感症め!」
 
長門「なんとでも」
 
ハルヒ「あぁ、つまんなーい」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「まぁ、いいわ。帰りましょ」
 
長門「?」
 
ハルヒ「~♪」
 
長門「あなたの家はこっちではない」
 
ハルヒ「あれ?言ってなかったけ?あたしの家今誰もいないから、有希の部屋泊まるって」
 
長門「初耳」
 
ハルヒ「そうだっけ?」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「一泊も二泊も変わんないでしょ?さ、帰るわよ」
 
長門「……」コク
 
~長門宅にて~
 
ガチャ
 
ハルヒ「ただいま~」
 
長門「……」
 
ハルヒ「……ただいま~」
 
長門「……」
 
ハルヒ「た・だ・い・ま」
 
長門「……ただいま」
 
ハルヒ「違う!あたしがただいまって言ったら、有希はおかえりでしょ?」
 
長門「……」
ハルヒ「もう一度よ。ただいま」
 
長門「おかえり」
 
ハルヒ「次は有希」
 
長門「ただいま」
 
ハルヒ「おかえり」
 
ハルヒ「あぁ~楽しかったぁ~、けど疲れたぁ~」
 
長門「六時間遊んだ」
 
ハルヒ「あれ?そんなもんだった?」
 
長門「充分」
 
ハルヒ「そうね、これ以上疲れたら明日筋肉痛になっちゃうわ」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「有希は平気?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「文学少女のくせに丈夫ね」
 
長門「……そう」
 
ハルヒ「実はね」
 
長門「?」
 
ハルヒ「今日の団活中止になって嬉しかったの」
 
長門「何故?」
 
ハルヒ「一応表には出さないようにしてるけど、まだちょっとあいつと一緒に行動するのが、ね」
 
長門「……」
 
ハルヒ「そりゃ、盛大にふられてるもの、気にしてないっていったらウソじゃない?」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「やっぱり気になっちゃう……ほんとに恋ってめんどくさい」
 
長門「……」
 
ハルヒ「未練がましいのなんてらしくないわね」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「今の話忘れて!お終いお終い!さぁ明日も休みだし!今日こそ夜通し遊ぶわよ!」
 
長門「構わない」
 
ハルヒ「しっかり朝日を拝んでやるんだから!」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「……」Zzzz
 
長門(まだ十二時)
 
ハルヒ「……」Zzzz
 
長門「……」
 
ハルヒ「……ん……いや」グス
 
長門「?」
 
ハルヒ「……ゆ……き」グス
 
長門「……何?」
 
ハルヒ「おねが……いかな……いで」グス
 
長門「私ならここにいる」ギュ
 
ハルヒ「……ん……」Zzzz
 
長門「……」ギュー
 
--同じ『部活仲間』としての忠告です。涼宮さんとは距離を置いてください--
 
長門(どこにも行かない。ここが私の場所)
 
 
 
~To Be Continued~
 
 

|