人は俺のことを鈍感だと言うだろう。
 
 否定はしない。いや、出来ない。自分自身そう思うからだ。
 
 辺りは蝉が奏でる音色に支配され、空の一点から放たれる熱気が俺の体温を上げ、思考を鈍らせる。
 
 だが、考えることを止めることはない。なぜなら、今、答えを得て応えることが必要だからだ。
 
 さて、俺の声色は上面に展開された澄み切った青空の様に、吹っ切った色になるだろうか。
 
 俺は考える。
 
 今の俺は異世界人。
 
 ここは、元居た世界とは異なる世界。
 
 この時間は、俺という固体が初めて過ごす時間。
 
 時間軸は変わっていない筈なのに、たった一つの言葉で世界は変わった。
 
 俺が立っている場所は、時間の岐路。
 
 俺の一言で、世界は再び姿を変える。
 
 自分の望む世界を決められる権利。
 
 それは、ある人にとっては残酷で、ある人には至幸のもの。
 
 俺の場合はどちらか。選択前の状態では、後者であろう。
 
 しかし、選択次第では前者の意味へ変容する。
 
 答えは決まっている筈なのに、頭からそれを遠ざけようしてる自分がいる?
 
 元の世界に背を向ける事が怖いから。
 
 笑顔という花が、自分の目の前で散るのが怖いから。
 
 中途半端は駄目だ。
 
 水をやらない花は、いずれ枯れる。
 
 天の光が暗闇で見えなくなった時、死に絶える生物はどれだけいるだろうか。
 
 俺の見ている花は生き残るだろうか。
 
 俺を見ている花は微笑むだろうか。 
 
 そこに咲く、向日葵のように。
 
 俺は考える。
 
 目の前の花は、自分で花を咲かしたんだ。弱い筈がない。強いんだ。
 
 だけど、俺の力でより輝かせることが出来たら、それは素晴らしいことだと思う。
 
 花は枯れても、種を残すことが出来る。俺にその資格があるのなら。
 
 胸の高鳴り。
 
 これを、愛と呼ぶのなら闇を晴らす光となり、遙遠くまで続く道程を照らすだろう。
 
 なんてな、俺らしくねえ。
 
 答えは決まってんだ。
 
「ハルヒ」
 
 俺の声色は、青空に浮く一筋の白い雲。
 
 真っ白なスケッチブックに描かれた、最初の線。
 
 ベンチに座るハルヒは、瞳に俺の顔を映す。
 
 おまえは、欲しい物を手に入れる。
 
 それから、俺に色々な物をくれるだろう。
 
 貰った物を返す気は無い。
 
 だから、取り返しに来ないでくれ。
 
「待たせたな」
 
 たった一つの言葉で、世界は姿を、時間は進むべき道を定めた。
 
 それは、ハルヒが首を縦に振ったからだ。
 
 言葉を受け取る相手が居て、初めて世界は動く。
 
 俺は、黄色い花へキスをした。
 
 そして、肩にかけた手を離したくないと思った。
 
 こう思ったのは、二度目。
 
 世界を救う為にしてる訳じゃない。
 
 好きだからしてるんだ。
 
 ある日、星が落ちてきた。
 
 俺を迎えに来たかの如く。
 
 星は勢いを持って、俺の心を吹き飛ばした。
 
 そのことに、喜びを感じた。
 
 俺は待っていたんだ。
 
 星が落ちてくるのを。
 
 やがて、星は花を咲かせた。
 
 綺麗な花を。
 
 世界の片隅に咲く、ちっぽけな一本の花。
 
 言葉を渡すと、世界の半分を支配する大きな花になった。
 
 そして、今日。
 
 俺の見る世界は、花しか見えなくなった。
 
 とても暖かくて愛しい花。
 
 偶然に出逢った、そんな花が世界を覆い尽くしたんだ。
 
 向日葵の花言葉を知ってるか?
 
 “あなただけを見つめている”
 
 クサイ言葉だな。
 
 だが、俺もハルヒも同じことを思ってる。
 
 嘘じゃない。
 
 本当のことさ。
 
 おわり
 


|