アントラクト フランス語で間奏曲という意味の音楽用語

 


 街灯の光が照らす僅かな空間の中を、大気の抵抗によって拡散された細かな粒が気忙しげに
通り過ぎては、地面で跳ねて小さな水音を立て続けていく。
 それは、降雨と呼ばれるただの自然現象。
 言ってしまえばそれだけの事なんだが……そんな些細な事にも、物理的な現象以外の何かを
感じ取ってしまうのは何故なんだろうな。
 静かに続くその雨音は俺の様な鈍感な人間をも感傷的な気分に変えつつ、ただ緩やかに体の
中へと染み込んでいく。
「雨……止みませんね」
 俺の隣に座り、そう呟きながら夜空を見上げる朝比奈さんの顔に、ついさっきまでそこにあ
った可愛らしいまでの動揺はすでにない。
 まるで、この雨が彼女の不安の全てを肩代わりしてくれたみたいに朝比奈さんは落ち着きを
取り戻していて、今はその天使の様な御顔で満天の星空――ではなく、分厚い黒い雲がどこま
でも広がる夜空を眺めていた。
 ――さて、降り注ぐ雨が屋根の雨樋を伝って落ちる音と、どこか遠くから聞こえる車の走る
音しか聞こえて来ない静かな公園の中、休憩所のベンチに座った俺と朝比奈さんは今、雨宿り
をしている。
 ……こうして、ここで肌寒さに耐えながら雨が止むのを待つのも規定事項って奴なのか?
 雲のせいでやけに低く見える暗い空は俺の問いかけに答える事もなく、ただ延々と雨を降ら
せるだけだった。
 
 
 笹の葉アントラクト
 
 
 7月7日、晴れ――のち雨。
 朝比奈さんの依頼によって俺は3年前の七夕にタイムトラベルをする事になり、そこで待っ
ていた大きな朝比奈さんのお願いによって中学校時代のハルヒの軽犯罪行為の片棒を担いだ後、
朝比奈さんがTPDDってのを紛失してしまった事により、俺達は過去の世界に取り残されて
しまった。
 うむ。数時間前の自分が聞けば、精神病患者のご機嫌な妄想だとしか思わないであろうこの
現実を前に……何故か、俺には緊迫感が無かった。
 それは長門が託してくれた小さな栞がポケットの中にあったからでもあり、こんな非常識な
状況に俺が抵抗した所で何の意味もないって事が、解りすぎるくらいに解っていたからだろう。
 行き先が解ったのなら早く長門のマンションへ行けばいいのだろうが、急に降りだした雨の
せいで俺達は今立ち往生を余儀なくされているわけだ。
 傘も無く走るには長門のマンションまで多少距離がありすぎるし、万が一長門が不在だった
場合はびしょ濡れになるだけというのも笑えない。
 まあ俺1人ならそれでもいいのかもしれんが、万一この愛らしい天使様に風邪でも引かれた
ら一大事だからな。
 やれやれ……こうして俺が止まない雨を眺めている間、この時代の俺はいったい何をしてい
たんだろうか?
 まったく思い出せないんだが……まあ、たいした事はしていないのだけは間違いない。
「今から3年前の自分が何をしていたか?」何て事を聞かれて、それをさらりと思い出せる様
な知り合いは、俺には長門くらいしかいない。
 宇宙人に創られた、有機ヒューマノイドインターフェース。
 頼むぜ長門、あの部屋に居てくれよ? でなけりゃ正直アウトなんだ。
 というか、屋根だけで壁の無い公園の休憩所では雨は凌げても夜風は凌げず、時間が過ぎる
につれて確実に体温は低下していて……考えたくはないが、もしこのまま雨がらなかったら結
局アウトの様な気も――「くしゅん!」
 ――今のは。
 俺のすぐ隣に座り、寒そうに両腕を抱える朝比奈さんの体は小さく震えていて、自分が今夏
制服しか着ていない事を俺は悔やんだ。
 どうやら、俺の心配は今そこにある危機だったらしい。
「朝比奈さん大丈夫ですか?」
「は、はい。だいじょ……くしゅっ!」
 ダメみたいですね。
 確かに夜風は雨の湿気を帯びていて冷たく、かといって暗い公園の中には寒さを凌ぐ事が出
来そうな場所も見つからない。
 どうする? こうなったらシャツを脱ぐか? それとも朝比奈さんを置いて傘を買いに走る
か?
 本気でこの近くにコンビニが無かったかを考え始めた俺の二の腕に、そっと冷たい手が添え
られた。
 その手の先にあるのは、当たり前だが朝比奈さんな訳で。
「……あ、あの。朝比奈さん?」
「…………」
 驚く俺へと向けられた朝比奈さんの切なげな視線。
 なんだこの意思表示は? ……もしや、雪山で遭難した時に暖を取る為の緊急避難というか
役得というかあれをご希望なのでしょうか?
 じっと俺を見つめたままの朝比奈さんは、何かを躊躇う様にその小さな口を開きかねている。
 あ、でもここは屋外ですし……いえ、俺は構いませんよ? 全然。むしろ自然でいいかと思
います。
 脳内で駆け巡る妄想を抑え込みつつ、俺は朝比奈さんの続く言葉を待った。
「……キョンくん」
 はい。
 ――息を飲んだ音が聞かれてなければいいんだが。
「あの……。後ろから……えっと」
 な、え? は、はい?!
 いきなりそれは……えっと、嫌とかじゃ全然ないんですが俺としては最初は顔が見えていた
方がいいなんて、その。
 周囲の気温を無視して不自然に上昇を始める俺の体温と興奮は、
「後ろから……ぎゅってしてもらってもいいですか?」
 やはりというか、ただの暴走だったらしい。
 ……欲望をもてあましすぎだろ、俺。
 
 
「じゃあ……失礼します」
「はい、お願いします」
 なるべく意識しないように視線を遠くに向けたまま、俺は自分の目の前に座った天使様の体
を包むように両手でそっと抱き締めた。
 ちなみに俺の手は彼女の膝の上辺りにある、決して変な場所には触れていないぞ?
 やがておずおずと朝比奈さんの小さな背中がそっと俺の胸へと倒れこんできて
「わっ! ……キョンくんの体って凄く暖かいんですね……。びっくりしました」
 振り向いた彼女の驚く顔に、俺はただ照れ笑いを浮かべるだけだった。
 彼女の冷え切った体に俺の無駄に高まった体温が伝わっていき、代わりに俺の胸に伝わる僅
かに冷えた感触。
 ――この単純な熱循環ですら幸せに思えるってんだから、我ながら末期だな。
 この場合、自分のシャツ、朝比奈さんの服と2枚以上の衣服が二人の間を阻んでいるという
事実は瑣末な問題に過ぎず、その辺をうまく曖昧にして脳内に補完するなんてのは、実に容易
い事だ。
 自分の置かれた環境が変われば、今まで自分が見ていた物が違って見えてくるってのはこの
事なんだろうな。
 相変わらず止まない雨も、吹き付ける冷えた夜風も、今の俺にはむしろこの状況を持続させ
る事が出来る好意的なシチュエーションに過ぎない。
 よーしいいぞ梅雨前線、夜だからって手を抜くなよ? 朝比奈さんと過去の世界で二人っき
りなんて状況は二度と訪れないだろうからな。
 そんな思いを胸に隠しつつ、俺は自分の胸に感じる朝比奈さんの僅かな重みに、顔がにやけ
るのを堪えていた。
 やがて、俺と朝比奈さんの接している場所の体温が平均化されてきた頃――
「あの……キョンくん。この雨が止んだら、長門さんのマンションに行くんですよね?」
 はい、そのつもりです。
 あいつが居てくれさえすれば、大体の事は何とかなるでしょうからね。
「でもこの時代の長門さんは、わたし達の事を知らないんじゃ……」
「俺も、そうだとは思うんですけど――」
 朝比奈さんに事情を説明する為、俺は部室で長門から預かった例の短冊をポケットの中から
取りだした。
「それって?」
「朝比奈さんと、この3年前の世界に来る少し前に長門が部室でくれたんです。ほら、ここに
謎の記号というか絵みたなのが描いてあるのが見えますか」
「はい……これ、何でしょう」
「まあ俺も意味はさっぱりなんですが……これ、さっきこの時代のハルヒに描かされた絵と同
じ絵が描いてあるみたいなんです。いくらなんでも偶然同じ絵って事も無いでしょうし、多分
これは長門なりのメッセージか何かじゃないでしょうか」
「も、もしかして長門さんはこうなる事も知っていたんでしょうか」
 それは……無いとは言えないですね、長門だけに。
 俺の手の中にある小さな紙片は、問いかけた所で何も教えてはくれそうにない。
 ――いったい長門は、この短冊で俺に何を伝えたかったのか?
 まあそいつはもうすぐ解るのかもしれないが……なんだろうな、妙にその答えが気になる気
がする。
 何故なら、長門はハルヒの無駄な提案によって短冊には願い事を書く物だと聞いたばかりな
んだ。おそらくここには、長門が望む何かが書いてあるんだろう。
 もし長門が俺に何らかのメッセージを伝えたいなら、こんな記号じゃ無くいつぞやの呼び出
しの時の様にちゃんと文字を書いてくるはずだ。
 あの静かで人間的な欲求など何も持ち合わせていない様な長門が、中学時代のハルヒと同じ
様に望んだ願い事ってのは……はてさて、どんな内容なんだろうかね?
 どうせならその願いが叶えばいいのにな……という思いと、ついでにその内容が知りたいっ
てのもあり、何となく星の見えない夜空を見上げていると――
「……キョン君、洒涙雨(さいるいう)って……知ってますか?」
 同じようにして俺の腕の中で空を見上げていた朝比奈さんは、何故か急にそんな事を聞いて
くるのだった。
「なんですか? その、酒涙雨って」
「七夕の日に降る雨はね? 天の川で再会を果たせなかった彦星と織姫が流す涙だって言われ
てて、その雨を酒涙雨って言うんです」
 再会を果たせないって、そんな事があるんですか?
「それは、どちらかが忙しかったのかもしれないし……もしかしたら、心変わりしてしまった
のかもしれないって」
「……何て言うか、その。ずいぶん現実的な解釈ですね」
 そんな解釈は朝比奈さんには似合わない……なんてのは、俺はあなたに対してイメージを作
り過ぎているんでしょうか。
「……あのね? わたし、少しだけ……解る気がするんです」
 何が、ですか?
「えっと…………ごめんなさい、なんでもないです」
 この時、朝比奈さんが飲み込んだ言葉はいったいなんだったのか……俺には解らなかった。
 ただ、この憂鬱な黒い空を見上げている朝比奈さんの顔は寂しげで、そんな彼女の俺が出来
る事なんて限られている訳で、
「……確かに、これは織姫か彦星の涙なのかもしれませんね」
 ――俺はあえて、明るい声で言葉を繋げた。
「でも、もしかしたら違う涙かもしれませんよ」
「え」
 振り向いた朝比奈さんの横顔には、可愛らしい疑問符が浮いている。
「だってほら、こうして雲が空を覆って雨が降れば……二人の姿は、誰にも見られる事が無い
んです。一年に一度の再会を、雲の遥か上で二人っきりで過ごせるから……二人がそれを喜ん
でいる、嬉し涙だって可能性もあるでしょう」
 なんて、そんなご都合主義じゃ駄目ですか?
 思いつくままに喋る俺を見て、朝比奈さんは優しく微笑み。
「キョンくん……ありがとう」
 どうやら、朝比奈さんを元気づけようという俺の意図は、あっさり見抜かれていたらしい。
 やれやれ……やっぱり俺にはこういう役回りは似合わないよなぁ……。
 くすくすと笑うたびに彼女の長い髪が胸元をくすぐり、そのむず痒さに思わず顔が綻ぶ。
 ――道化と化した俺を見て笑うつもりなのか知らないが、強い風が吹くのに合わせて夜空の
雲の隙間から月の顔が見えてきたのはその時の事だった。
 おしまい、か。
 いつの間にか雨も上がっていて、こうして夜の公園のベンチに二人で座っている理由も無く
なってしまった。
 それが少し寂しい様な気も……なんて、元の時代へ戻れるかどうか解らないって時に、少し
呑気すぎやしないか? 俺。
 やがて、ゆっくりと立ち上がった朝比奈さんはまだベンチに座っている俺へと振り向き、雲
間から差し込む薄明かりの下で優しく微笑んでくれる。
「じゃあ、いきましょうか」
 彼女から差し出された手を握り、俺はベンチから立ち上がった。
 身長の差から自然と彼女を少し見下ろすような形になり、俺を見上げる朝比奈さんは
「………………はい」
 何故か、躊躇いながら頷くのだった。
 そのまま歩き出そうとしない朝比奈さんを前に、さて……これはどんな意思表示なんだろう
かと考えていると――朝比奈さんの視線が俺の背後にあった夜空へと向けられ、その御顔が笑
顔に変わった理由は、
「わぁ……綺麗……」
 まるで幕が引くように雲は流れていき、七夕の夜空はそれまでずっと隠していた満天の星空
を俺と朝比奈さんに見せてくれたのだった。
 眩い程の星の海の中、この光のどこかにベガとアルタイルがあるんだろう。
 そいつを探してみようかとも思ったが……今日はやめておこう、どうせ見つけられっこない
んだし――馬に蹴られたくはないからな。
 さて、あの寡黙な織姫様は御在宅だろうかね?
 夜空に煌めく天の川に見守られながら、まだ雨露の滴る音が響く夜の公園を俺と朝比奈さん
は歩いていった。
 
 
 笹の葉アントラクト ~終わり~


|