ねぇ、キョン。


             ねぇ、キョン、返事をして?



ねぇ、キョン・・・。






        聞いて、あたしの話を聞いて。



                                  キョン!

ねぇ、キョン。






      あなたはあたしを裏切らないよね?

ハルヒの声がした。
ハルヒが俺の名前を呼んでいる。
どうしたんだハルヒ?

目を開けて起き上がると、そこは色も音も無いただ真っ黒な空間に俺は居た。
見渡すほどの広さも感じられない。ただ黒一色の空間。
足元もフワフワとして、まるで星一つ無い宇宙空間に放り出されたようだ。
俺は確かベッドで眠っていたはずだ。それがどうしてこんな場所に居るんだ?
まさか例の閉鎖空間とやらに呼ばれてしまったのだろうか。
なら、ハルヒもこの場所に居るはずだ。どこにいるんだ、ハルヒ。

「ハルヒ!」 

ハルヒの名前を呼ぶ。だが返事は無い。
ハルヒの声がして、この妙な空間・・・閉鎖空間だと思ったが違うのか?
なら、例の急進派か?

「ハルヒ!おい、返事をしてくれ!ハルヒ!」

もう一度ハルヒを呼ぶ。・・・やはり、返事は無い。




  キョン!


              キョン!
キョン!


               どうして返事をしてくれないの?


  ・・・・。

                ・・・・。

・・・。




       キ    ョ    ン    !    !

『・・・ョ・・・ン・・・・・キョ・・・・!・・・・ョ・・・』

微かに、だが確かにハルヒの声が聞こえた。やっぱりハルヒはここにいるのか?

「ハルヒーーーっ!!ハルヒ!!どこだ、おーい!!」

大声を出してハルヒの名前を呼ぶ。だが一向に返事は無い。
・・・どうなっているんだ?ハルヒじゃないなら長門、古泉の誰でも良い。返事をしてくれ。


  『       キ    ョ     ン    !   !     』


突然、この空間全体が揺れるほど大きい声で俺の名前が叫ばれた。
実際、

         ず 
             ず
                 ず

        ず
                   ず
                                ず

     どっ            どっ                どっ  

と辺りが激しくゆれ出した。

ゆれ出した空間の一部が、ぐにゃりと歪む。
それはだんだんと色が付き、ますます歪みを増してゆく。





ぐにゃ





その歪みは、だんだんと、ある人間の顔を模してゆく。


「・・・ハルヒ・・・・・・・!?」

空間に浮かんだ歪みは、ハルヒの顔になった。
その顔は笑って、俺を見下ろしている。
呆然とそれを見上げていると、また空間の一部から腕が二本飛び出して俺の体を無理矢理掴んだ。






 つ  か  ま  え  た  ぁ  !  大  好  き  よ 、 キ  ョ  ン !






おわり

|