※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 遠くで虫が鳴いている、蒸し暑い夜だった。
 赤信号の光に、僕がペダルを漕ぐ足を止めると、僕の右手にぶら下げられたコンビニエンスストアのビニールの袋が、カサカサと音を立てた。
 時刻は二十三時。信号機の赤い光の玉のすぐ隣に、僅かに書けた丸い月が浮かんでいる。
 信号が青に変わるのを待ち、横断歩道を渡る。交差点を右に曲がると、機関の寮の裏門に取り付けられた、オレンジ色の蛍光灯が光っているのが見えた。
 やがて、蛍光灯の光の元に、僕はたどり着く。
 自転車を止め、常温のスポーツドリンクが二本だけ入った袋を手に、急ぎ足で屋内へ向かう。
 エレベーターで四階へ移動し、一番奥の部屋。表札には何も書かれていない。僕と森さんの暮らす部屋だ。
 
 「森さん?」
 
 玄関に入り、室内に向けて声をかける。返事は無いが、居間の電気がついていて、そこからうー、うーと唸る声が聞こえる。
 ダイニングの食卓の上にスポーツドリンクを置き、居間を覗く。二人掛けのソファの上に、横になってうずくまる森さんの姿があった。
 月に一度。おそらくこの世で唯一の、彼女が恐怖する痛みが、彼女の体を襲う期間。
 今日はまさにその、佳境の日だった。

 

 
 「森さん、スポーツドリンク買って来ましたよ。今飲みます?」
 「……冷たくない?」
 「はい、大丈夫です」
 「薄くして」
 
 いつもの彼女と比べて、極端に口数が少ない。
 うずくまった体勢では、表情も見て取れないため、一瞬、長門さんあたりと会話をしているような気分になる。
 僕は言われたとおり、ガラスのコップに半分ほど、スポーツドリンクを注ぎ、そこに常温のミネラルウォーターを注ぎ、彼女の元に届ける。
 森さんは体を起し、ソファの背もたれに力なく体を預けて待っている。細い両手が、コップをしっかりと握ったのを確認し、手を離す。
 彼女がスポーツドリンクを飲んでいる間に、僕は洗面所からタオルを持ってきて、蛇口の水でぬらし、固く絞ったあと、電子レンジへ放り込んだ。
 
 「まだつらいですか?」
 「……少しマシになった」
 「何か食べます?」
 「それはまだいい」
 
 引き続き長門さんモードの森さんは、コップの中身にちびちびと口をつけながら、僕に掠れた声でそう返した。
 クーラーの風が、僕の足元とフローリングの床を一度に冷やしている。
 電子レンジが声を上げるのを待って、僕は彼女の元にタオルを届ける。
 
 「頭に乗せます?」
 「お腹がいい」
 
 そういうと、彼女はコップを右手に持ち替え、左手でタンクトップのすそをたくし上げる。
 白いお腹と、その中心にぽっかりと空いたくぼみに、一瞬僕の左胸が高鳴る。
 何を今更。と、心の中で呟き、僕は彼女の穿いているホットパンツのホックを外し、チャックを下ろし、下腹部を露出させる。
 黒い下着と白い肌の境目の辺りに、湯気を立てるタオルを乗せる。うー。と、森さんが唸る。
 
 「入院中のほうが楽だったなー」
 「退院していきなりこれですもんね」
 「お前はいいなー古泉、コレが無くて。私もコレが無いなら、男に生まれたかった」
 
 含み笑いをしながらそう言う口調は、最も過酷なときのそれと比べれば、随分と余裕を取り戻しているようだった。
 彼女の言うとおり、僕には生理の経験はない。よって、そのつらさがどの程度のものなのかは分からない。
 しかし、彼女のそれは同年代の女性たちが覚える症状と比べて、いささか重過ぎるものであるようなのは分かった。
 と、言うよりも、彼女自身がそう言うから、そうなのだろう。という程度のことなのだが。
 
 「この世にこの苦しみさえ無かったらなー」
 「この世で唯一、森さんが怖がる痛みですもんね」
 「ばか、他にも少しはあるよ。なあ、それよりもうちょっと味のあるもの飲みたい」
 「いいですよ、何がいいですか?」
 「レモネード。アメリカンなほう」
 
 彼女の唇がにやりと半月形を描く。彼女が所望しているのは、レモネードとは名ばかりの、レモンと砂糖とシナモンを入れたホットワインだった。
 
 「ワインがないんですよ、ザンネンながら」
 「じゃあ透明なほうでいいや。てか、そっちのがいい」
 
 そういって、森さんは再びソファに体を預けた。
 僕の見る限りも、彼女の体が今、アルコールを求めているとは思えない。
 冷蔵庫からレモンジュースの瓶を取り出し、きつめのレモネードを作る。
 
 「閉鎖空間が出なくて良かった、一昨日から」
 
 グラスにストローを添えたところで、彼女がぽつりと呟く。
 
 「もったいないもん、こんなときに出たら」
 
 僕はなんと返すべきか少し考えた後、それが彼女の独り言であるという事実に思い当たり、小さくため息をつく。
 
 「サンキュー」
 
 僕が無言でグラスを差し出す。彼女はストローに口をつけ、ふう。と息を吐く。
 手持ち無沙汰になった僕は、彼女の右隣のスペースに腰を下ろし、左手で、汗によって彼女の額に張り付いた髪の毛を指先で取り払う。
 上気した肌に触れていると、やがて彼女の上半身が、こつりとこちらへと倒れこんでくる。
 濃く濃密な匂いを孕んだ彼女の頭が、僕の左胸の辺りにくる。
 僕は心臓の音が彼女に聞こえてしまわないかと、下らない心配をする。
 先週まで続いた治療で、彼女の体は幾分軽くなっているようだった。
 強がってはいたものの、体中の傷を完治させるのに掛かった体力は、傷の重さ相応の、多くを要したようである。
 つい先日まで包帯に包まれていた彼女の肩に、僕はそっと手を乗せる。
 お互いの汗によって、濡れた肌同士がぺたりとはりつく。
 
 「最近優しいなお前」
 
 彼女が髪の毛の間から僕を見上げ、軽口をたたく。
 何か言葉を返す代わりに、僕はため息をつく。
 森さんの言うとおり、僕は近頃彼女に甘い。大概のわがままは聞き入れているし、自分で言うのもなんだが、日常生活では、彼女が女王様のようだった。
 
 「やっぱりお前、私が好きなんだな」
 
 その一言で、僕はあの日、彼女が入院した初日の病室でのやりとりを思い出す。
 そして、そのときとまったく同じ思考を走らせる。
 僕は森さんが好きなのだろうか?
 彼女の体から立ち上るにおいを嗅ぎながら、考える。
 やがて、前回と同じ答えに行き着き、僕は三つ目のため息をつく。
 
 「ええ、好きですよ」
 「あれ、素直になったな」
 「この状況でそれを聴くのはズルです」
 
 森さんが笑うと、彼女の体と僕のからだが触れたところを介して、彼女が揺れ動くのが伝わってくる。
 それが一瞬、彼女が体を痙攣させているような気がして、僕はひやりとする。
 
 「耳の後ろの傷、消えたな」
 
 彼女の指先が、僕の髪の毛を掻き分け、敏感な部分に触れる。
 ひと月前に彼女に噛まれたその箇所には、もう痛みはない。
 
 「新しいの、つけてやろうか」
 「元気になったらにしましょう」
 「そうだな。明日だな」
 
 そういって、彼女は再び体を僕に預ける。
 僕は不意に、今、携帯電話が鳴らないものかと心配になる。
 
 「あのさあ、さっき、私にも怖いものがあるって言っただろ」
 「ええ」
 「知りたくないか? 私の弱みだぞ」
 「罠っぽいですね。まんじゅう怖いですか」
 「あはは、そうかもな」
 
 短く笑った後
 
 「私さ、怖いよ。閉鎖空間が」
 
 彼女は、言った。

 
 窓の向こうで光る夜の街の光景が、一瞬、閉鎖空間を舞う狩り手たちのように見える。
 窓を開けたら、涼しい風が入ってきそうだった。
 
 「あそこにいるとさ、自分がどんどん取り返しが付かなくなってくのがわかるんだ」
 
 森さんはぽつぽつと、空中に風船を浮かべるように語った。
 
 「こないださ。あのイカみたいなのにやられたとき、武装を解いて落下したの。あれ、わざとだった」
 
 僕の記憶の中に、ひと月ほど前。彼女と共に戦った、あの三体の神人たちの姿が蘇ってくる。
 僕には東京タワーに見えたあの神人は、彼女にとってはイカの神人であったようだ。
 
 「吹っ飛ばされながら、このまま落ちたら、どうなるんだろうって思ったの覚えてるんだ。そしたらもう、体が言うこと利かなかった」
 「僕を助けてくださった、あの日、ですよね?」
 「助けたのかな。どうなんだろう」
 
 少しの沈黙の後
 
 「私はただ、あそこから落ちたかっただけかもしれない。そう考えると、怖くて怖くて仕方ないんだ」
 
 僕は黙っていた。
 
 「最高だったよ。お前も狩り手なら、わかるだろ? ドキドキした、頭からどんどん血が抜けてくのが分かってさ。
  全身がぞくぞくして、ドンドン体が軽くなって。ああ、こりゃイッたなって思ったよ、正直。
  だって、あんな最高の気分が、人生の最後じゃなかったら、そのあとの人生、何を求めて生きたらいいんだってぐらい良かった」
 
 僕は想像してみる。彼女の言う、自分が死へと駆け下りているときに生じるであろう快感を。
 それは僕の想像でしかなく、おそらく、本来のそれとはまったく違うものだろう。
 それでも、僕はその快感を想像することが出来る。
 自分のからだが傷つく快感を知っているのだ。
 
 「でも、私は生きてた。たったの三週間ですっかり元通りになっちゃった。
  なあ古泉。私さ、あのときのアレが愛しくてしょうがないんだよ。
  そのために、また同じことをやるかもしれない。
  でも、それでもまた、私は生きてるかもしれない。
  あと何回、こんなことが出来るんだろう?
  入院してる間、ずっとそんなこと考えてた。お前が来てくれてるとき以外」
 「森さん」
 
 それは、僕が何度となく考えたのと、まったく同じことだった。
 森さんが、どんどん閉鎖空間に捕らわれていく。
 僕から見てもわかるそのことが、彼女自身に分からないはずがなかったのだ。
 
 「おかしいよな。私はあの神人どもを倒して、神様ができるだけ閉鎖空間を作らないようにするためにいるのに。
  なのになんで……私が、あの空間がないと生きていけないみたいになってるんだろうな。
  ていうか、本気でさ。私、閉鎖空間が無くなったらどうなるんだろう?」
 「それは……」
 
 僕は黙り込んでしまう。
 
 「生理のときがさ、一番まともだよ、私は。このときだけは、普通の人間と同じように、痛みにうーうー言ってる。
  でも、明日の朝になったらそれもおわりだろうな。私は元気になって、またドマゾに戻ってる。
  もうさ、なんか疲れたなって思ったんだ。さっき、お前がコンビニ言ってるとき。
  このまま、生理で苦しんでるまともな女のままで死んだら――――」
 
 森さんの言葉は、そこで遮られる。
 僕が、彼女の体を抱き寄せたからだ。
 
 「……古泉?」
 「すいません」
 
 僕らの周囲の湿度が、僅かに上がったような気がした。
 彼女の体から漂う、月経のにおいで、頭がくらくらする。
 僕は彼女の言葉を、最後まで聴かずに済んだことを安堵した。
 
 「……お願いします。行ってしまわないでください」
 
 自分の言葉が、どこか遠くの世界で鳴く、虫の鳴き声のように聞こえた。
 
 「古泉」
 「すみません、でも……僕は、たとえ閉鎖空間がなくなっても。
  あなたがいなくなってしまったら……僕は、ダメなんです」
 
 それが、怖いんです。
 自分が何を口走っているのか、うまく整理が出来なかった。
 ただ、遥か前から、彼女に告げたかったいくつもの言葉や気持ちが、火蓋を切られた流水のように、頭の中に押し寄せていた。
 
 「あなたを失いたくないんです」
 
 あふれ出す。
 
 「僕はあなたのことが好きなんです」
 
 ひとしきりの気持ちが流れ出してしまうと、僕の頭は熱暴走を起したように、まったく回らなくなってしまった。
 クーラーの風がそよぐ部屋の中心で、僕は彼女を抱きしめたまま、しばらくの間放心していた。
 どれくらいの時間が経ったのか、それは一瞬、数秒であったようにも思えたし、一時間も二時間もそうしていたようにも思えた。
 
 「ふふ」
 
 やがて、僕の腕の中で、彼女が小さく笑った。
 それを合図に、僕の意識はゆっくりと動き出す。
 僕は今まで何をしていたんだっけ? ああ、そうだった。たしか、森さんのためにコンビニへ行って……
 
 「ありがとうな、古泉」
 
 ぽんぽん。と、彼女の手が、僕の頭をたたく。
 生理の発熱と、僕の体温とで、赤く上気した森さんの頬に、一筋、涙が伝っていた。
 絶頂のとき以外では見たことの無い、彼女の涙の意味が、僕にはしばらく分からなかった。
 
 「なんで、私とお前みたいのが、同じところにいるんだろうな」
 
 そう言いながら、彼女は僕の頭をなで続けた。
 彼女の言葉の答えを考えようとしたけれど、早くなった心音に邪魔されて、うまく考えることは出来なかった。
 ただ、今までで一番、僕から近い場所に、森さんがいる。その一つだけが理解できた。
 
 
     ◆
 
 
 僕は閉鎖空間の夢を見ている。
 どこかの街ではない、ただ、360度、地平線以外を見つけることが出来ない、空と地面だけの閉鎖空間だった。
 僕の目の前に、一体の神人がいる。あの日に戦ったのと同じ、イカ、あるいは東京タワーの姿に酷似した神人だ。
 僕の体は半ば自動的に、赤い波動を纏い、目の前の神人に攻撃を始める。
 僕は空中を大きく迂回しながら、赤い波動球を四つ放ち、そのうちの三つが神人の体に触れ、爆ぜる。
 神人の体が折れ曲がり、僕は更に攻撃をしようと、接近する。
 ……そこで、気づく。
 
 ああ。これはあの日と同じだ。
 このままでは、僕は――――
 
 気が付いたときには、もう時は遅い。神人の肉体から、まっすぐに、僕に向けて、新たな触手が放たれる。
 細い触手が、一瞬で僕の周囲を舞い、次の瞬間、首元につよい圧迫感を感じる。呼吸ができない。僕は、首を絞められている。
 
 「う……」
 
 触手は僕の首に強力に巻きついている。それを取り払おうと、両手で掴みかかるが、触手を引く力は強く、それはままならない。
 やがて、僕の脳は、ぼんやりとした、温かい水のようなものに包まれる。
 目の前が薄く曇っていき、今の今まで苦しみに満たされていた胸が、すっと軽くなる。
 
 ――ああ、これが。
 彼女の言っていたものなのだろうか。
 
 頭の中から、余計なものが一切抜けていき、ただ、体が軽くなって行く。
 上を向いているのか、下を向いているのかも分からない。喉の熱さと、頭を燃やすぼんやりとした快楽だけが、世界を包み込んでいた。

 

 

     ◆

 
 
 「うっ……!!」
 
 泥濘に包まれた意識の中で、首に撒きつくそれを引き剥がしたのは、僕と言う人間の最後の本能だった。
 喉に張り付くやわらかいものを掴み、一心不乱にかきむしる。
 やがて、強力な力で僕の呼吸を遮っていた何かが、木の実が枝から離れるような感触と共に取り除かれる。
 求めていた酸素が、一気に僕の体に流れ込んでくる。それを上手く処理することが出来ず、僕は強く咳き込んだ。
 
 「はあ、はあ……」
 
 気が付くと、僕は仰向けに寝転がっていた。
 ここは閉鎖空間ではない。僕と森さんの暮らす部屋の、今のソファの上だった。
 酸素の供給と共に、ぼやけた視界がゆっくりと明確になってゆく。
 窓から差し込む朝の光が見える。そして、それを背に、僕のからだの上に、何かが圧し掛かっている。
 
 「……こいずみ」
 
 頭の上から、声が降りそそぐ。森さんの声だ。
 僕はたった今まで締め付けられていた首に両手を当て、もう三度、深く咳き込む。
 
 「も、り……さん?」
 
 やがて、僕の体の上に覆いかぶさっているその物体が、森さんの肉体であることに、僕は気づく。
 逆光で暗く焼きついた森さんの表情は、笑顔。
 どうして、森さんが、僕の上に乗っているのだろう。
 
 「古泉、お前も来いよ」
 
 森さんが何を言っているのか分からない。喉が痛い。もう一度咳をする。
 

 
 森さんは、僕の前で、更に笑顔を綻ばせて
 やがて、右手を僕のほうへと差し出してきた。
 何がなにやら分からずに、僕は差し出された手を見る。
 指の外側に、爪の跡のような傷がある。まだ新しいものだ。
 手のひらの中心に、何かが乗っている。
 それは、白い錠剤のように見えた。
 
 森さん?
 
 
 
 「古泉、一緒になろう」
 
 森さんが、笑う。
 
 
 
 
 「私と一緒に」
 
 
 
 
 
 END

 

|