~部室にて~
 
長門「……」ペラ
 
ハルヒ「有希、明日遊びいきましょ」
 
長門「明日は土曜、団活がある」
 
ハルヒ「なんだかキョンが、ど~しても外せない用事があるらしいのよ」
 
長門「用事?」
 
ハルヒ「そうなのよ。団長であるあたしに理由も話さないのよ」
 
長門「その用事が理由だと思われる」
 
ハルヒ「わ、分かってるわよ!あたしが言いたいのは」
 
長門「言いたいことは分かる。でもそれはプライベート」
 
ハルヒ「それは分かるけど……」
 
長門「なら今回は仕方ない」
 
ハルヒ「とにかく!団員が揃わないから明日の団活は中止よ」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「だから……遊び行かない?」
 
長門「二人で?」
 
ハルヒ「そう二人で。どっかいきましょ」
 
長門「どっかとは?」
 
ハルヒ「どっかよ」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「行き当たりばったりでもいいじゃない」
 
長門「……」
 
ハルヒ「……それとも行きたくない?」
 
長門「……」フルフル
 
ハルヒ「なら決まりね!時間とかは後でメールして決めましょう」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「ところで、さっきからなに読んでるの?」
 
長門「これ」
 
ハルヒ「『僕らが死体を拾○わけ』?気味の悪いタイトルね。ホラーかサスペンス?」
 
長門「最初はそう思って借りた」
 
ハルヒ「最初は?」
 
長門「そう。実際は体験談中心の博物誌」
 
ハルヒ「面白いの?」
 
長門「ユニーク」
 
ハルヒ「ふーん」
 
長門「……」ペラ
 
ハルヒ「そういえば、有希って休みの日はなにしてるの?」
 
長門「家にいる」
 
ハルヒ「出かけたりしないの?」
 
長門「たまに」
 
ハルヒ「どこ行くの?」
 
長門「図書館」
 
ハルヒ「……まぁ、予想どうりの答えね」
 
長門「そう。あなたは?」
 
ハルヒ「あたし?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「街を散策してるわ。団長たるもの、休みの日でも不思議探索を欠かさないのよ」
 
長門「実際は?」ペラ
 
ハルヒ「……小物とか服とか探しまわってる」
 
長門「そう」ペラ
 
ハルヒ「べ、別にいいじゃない!休みの日くらい」
 
長門「何も言っていない」
 
ハルヒ「うっ、とりあえずみんなにはいわないでね?」
 
長門「善処する」
 
ハルヒ「頼むわよ、こんなこと言えるの有希だけなんだから」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「それにしてもみんな遅いわね」
 
長門「……」ペラ
 
ハルヒ「なんか聞いてる?」
 
長門『何も』
 
ガチャ
 
キョン「悪い遅れた」
 
ハルヒ「ちょっと遅いわよ、キョン」
 
キョン「だから、悪いって。それに同じクラスなんだし俺が掃除当番なの知ってるだろ?」
 
ハルヒ「知ってるわよそんなの、でも遅いのよ」
 
キョン「おまえは人と会話する気あるか?」
 
ハルヒ「後は、古泉君とみくるちゃんね」
 
キョン「はぁ、もういい」
 
ガチャ
 
古泉「遅くなりました」
 
ハルヒ「あ、古泉くん」
 
古泉「少し職員室に寄っていまして」
 
ハルヒ「構わないわ。後はみくるちゃんね」
 
キョン「なんだ、古泉には苦言しないのか?」
 
ハルヒ「は?ちゃんと理由があるじゃない」
 
キョン「……」
 
ハルヒ「しいて言うなら、副団長とヒラの人徳の差かしら」
 
キョン「ふん、言ってろ」
 
古泉「まあまあ、お二人とも。僕のためにケンカしないで下さい」
 
キョン「お前な」
 
古泉「んふ。冗談ですよ」
 
キョン「ったく」
 
カチャ
 
みくる「遅れちゃいましたぁ~」
 
ハルヒ「遅いわよ!みくるちゃん」
 
キョン「みんな今来たばかりだから大丈夫ですよ」
 
ハルヒ「……」
 
キョン「……」
 
ハルヒ「みくるちゃんには優しいのね?」
 
キョン「さぁな、誰かさんと比べた人徳の差じゃないのか?」
 
ハルヒ「……」
 
キョン「ふん」
 
みくる「え~と、着替えるんでキョン君と古泉君、部屋出てもらっていいですかぁ?」
 
キョン・古泉「分かりました」
 
ガチャ
 
ハルヒ「なによ!キョンのやつ」
 
長門「……」ペラ
 
みくる(うぅ~、涼宮さん機嫌が悪いみたいですぅ)
 
ハルヒ「ねぇ有希!どう思う!?」
 
長門「しいて言うならあなたに非がある」
 
ハルヒ「!?」
 
みくる(な、長門さん!?)
 
長門「彼といる時のあなたの態度は、あまり良くない」
 
みくる(そんなこと言ったら涼宮さんが……)
 
ハルヒ「……そうかなぁ」
 
長門「そう」
 
みくる「?」
 
ハルヒ「……分かった、気をつけてみる」
 
長門「その方が賢明」
 
ハルヒ「一言多いのよ」
 
長門「……」ペラ
 
みくる(あれ?)
 
コンコン
 
キョン『朝比奈さん。もういいですか?』
 
みくる「あっ、どうぞぉ」
 
ガチャ
 
古泉「さて涼宮さん。今日は何を?」
 
ハルヒ「まず、明日の団活は中止にするわ」
 
みくる「じゃあ、お休みですねぇ」
 
ハルヒ「そう、誰かさんが出れなくて欠員がでちゃうからね」
 
長門「……」ジー
 
ハルヒ(あっ、やっちゃた)
 
キョン「悪かったな」
 
古泉「おや、どちらかへ行かれるんですか?」
 
キョン「あぁ、ちょっと中学時代の友達とな」
 
ハルヒ「なんで古泉君には言うのよ!」
 
キョン「いちいち突っかかってくるなよ。友達に会うだけだし、言ったところで誰だか知らないだろ」
 
長門「……」ジー
 
ハルヒ(そんなに見なくても分かってるわよ、有希)
 
キョン「それより、古泉。今日はなにをやるか?」
 
古泉「……ふぅ、あなたと言う人は。まったく」
 
キョン「なんだ?」
 
古泉「いえ、何でも」
 
みくる「涼宮さんは土曜はどうされるんですかぁ?」
 
ハルヒ「有希と遊びに行くわ」
 
みくる「えぇぇ~!ほんとですかぁ?」
 
ハルヒ「ほんとよ。ねぇ、有希?」
 
長門「……」コク
 
古泉「……」
 
キョン「どうした、古泉?」
 
古泉「いや、珍しい組み合わせだなと」
 
キョン「たしかにそうだな」
 
古泉(まさか長門さんが直接彼女へのコンタクトを取りに?)
 
長門「それは考えすぎ」
 
古泉「おっと、ばれましたか」
 
長門「これは普通の交友関係」
 
古泉「それはそれは。余計な詮索をしてすいません」
 
ハルヒ「みくるちゃんはどうするの?」
 
みくる「溜まってるレポート(仕事)があるから、それをやりますぅ」
 
ハルヒ「そうなの?大変ね。古泉君は?」
 
古泉「僕ですか?う~ん、どうですかね。まだ分かりません」
 
ハルヒ「デートとかしないの?古泉くんって結構モテそうじゃない」
 
古泉「デートですか?……そうですね。たまにはいいかもしれません。後で誘ってみます」
 
キョン「待て古泉。お前彼女いるのか?」
 
古泉「えぇ」
 
ハルヒ(い、いたんだ)
 
キョン「俺はそんな話聞いてないぞ!」
 
古泉「聞かれてませんので」
 
キョン「全く。いいよな、お前は。俺なんか影も形もないぞ」
 
ハルヒ「……」
 
長門「……」
 
みくる(な、なんてことを)
 
古泉(これは、流石にあきれますね)
 
キョン「?」
 
長門「……」バタン
 
キョン「長門、もう帰るのか?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「……あたしも一緒に帰る」
 
長門「わかった」
 
みくる「わたしは着替えちゃったんで、少しお掃除してから帰りますぅ」
 
キョン「俺も少し残ってきます。女性を一人残すのは危険ですので」
 
古泉「なら僕もお供しますよ」
 
ハルヒ「あっそ、それじゃね……」
 
古泉(やれやれ、今日は久々にバイトですかね)
 
ガチャ
 
 
~帰り道にて~
 
ハルヒ「……」トボトボ
 
長門「……」トテトテ
 
ハルヒ「……はぁ」
 
長門「前にも言った。彼の鈍さは異常」
 
ハルヒ「べ、別にそれで溜息ついたんじゃないわよ」
 
長門「あなたにも反省点は多々あった」
 
ハルヒ「だ、だから」
 
長門「だから?」
 
ハルヒ「……キョンは関係ないって」
 
長門「本当に?」
 
ハルヒ「……うん」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「……」
 
長門「……」
 
ハルヒ「……やっぱり……ほんとじゃない」
 
長門「わかってる」
 
ハルヒ「あいつがいるとなんか落ち着かないのよ。それで思ってることと逆の行動とっちゃうの」
 
長門「……」
 
ハルヒ「……どうすればいいんだろう」
 
長門「私には恋愛の知識はない。だから上手く説明出来ない」
 
ハルヒ「……」
 
長門「ただ」
 
ハルヒ「?」
 
長門「私といる時のあなたはとても優しい」
 
ハルヒ「……」
 
長門「だから感情のコントロールを身に付けるべき」
 
ハルヒ「コントロールかぁ.まさかそれを有希に言われるとはね」
 
長門「よくは分からない。ただ、私なりの推論」
 
ハルヒ「ん~ん。ありがと、有希」
 
長門「別にいい。友達なら当たり前」
 
ハルヒ「ふー、有希のおかげで少し楽になったわ」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「うん。それで明日だけど、何時だったら大丈夫?」
 
長門「何時でも」
 
ハルヒ「それじゃあ十一時にいつもの駅前はどう?」
 
長門「構わない」
 
ハルヒ「決まりね」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「もうお別れね。あたしこっちだから」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「また、明日ね。ばいばい」
 
長門「また」
 
 
~次の日~
 
長門「遅い。今日はあなたの奢り」
 
ハルヒ「遅いって、まだ十一時前じゃない?」
 
長門「あなたはいつも彼に同じ台詞を言ってる」
 
ハルヒ「それはそうだけど……」
 
長門「だけど?」
 
ハルヒ「だけど……なんでもない」
 
長門「そう。奢りは嘘だから気にしなくていい」
 
ハルヒ「いや、おごるわよ」
 
長門「いい。代わりにそのうちまたカレーを作ってもらう」
 
ハルヒ「有希がそれでいいなら」
 
長門「それがいい」
 
ハルヒ「わかったわ。それじゃ行きましょ?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「どっか行きたいとこある?」
 
長門「よくわからない」
 
ハルヒ「実はあたしも特にないのよ」
 
長門「……」ジー
 
ハルヒ「だ、だって昨日の今日よ?」
 
長門「……あなたには誘った責任がある」
 
ハルヒ「分かったわよ。……えっと~……そうだ!」
 
長門「決まった?」
 
ハルヒ「この辺りは団活で散々練り歩いたでしょ?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「そして今、あたしたちは駅前にいます」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「なのでどっか行きます」
 
長門「……」
 
ハルヒ「な、なによ」
 
長門「振り出しに戻っただけ」
 
ハルヒ「だから!電車乗って知らない街に行って色々見て回るのよ」
 
長門「色々?」
 
ハルヒ「そうよ。なんか美味しいものあるかもしれないでしょ?」
 
長門「わかった」キラ
 
ハルヒ「それじゃ切符買いに行くわよ」
 
 
~駅にて~
 
ハルヒ「有希、頭のなかで数字思い浮かべて?」
 
長門「数字?」
 
ハルヒ「そう、なんでもいいわ」
 
長門「浮かんだ」
 
ハルヒ「いくつ?」
 
長門「百」
 
ハルヒ「却下」
 
長門「……」
 
ハルヒ「ニから十まで」
 
長門「なら、四」
 
ハルヒ「それじゃあここから四つ先の駅で降りましょ」
 
長門「わかった」
 
 
~目的地にて~
 
ハルヒ「なんていうか。意外に街ね」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「有希は初めて?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「そっか。あたしも初めて」
 
長門「……」グゥ~
 
ハルヒ「お腹減ったの?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「じゃあ先にお昼にしましょうか。なに食べたい?」
 
長門「……あれ」
 
ハルヒ「あれ?……バイキング」
 
長門「行く」トテトテ
 
ハルヒ「わかったわよって、ちょっと置いてかないでよ!」パタパタ
 
 
~バイキングにて~
 
長門「……」モグモグ
 
ハルヒ「まだ入るの?」
 
長門「次を盛ってくる」
 
ハルヒ「あたしはアイス食べて終わりにする」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「この後は、さっき可愛い服屋さん見つけたから有希の服選びましょ」
 
長門「服?」
 
ハルヒ「だって有希の部屋って、私服全く置いてないんだもの」
 
長門「ない」
 
ハルヒ「だから、古着屋とかでもいいから色々探して見ましょうよ」
 
長門「わかった」
 
ハルヒ「で、まだ食べるの?」
 
長門「後はデザート」
 
ハルヒ「もう好きにして」
 
 
~商店街にて~
 
ハルヒ「結局1時間半きっかり食べてたわね」
 
長門「満腹」
 
ハルヒ「よかったわね」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「それじゃ、服見に行きましょ」
 
長門「わかった」
 
ハルヒ「なんとなく有希に似合いそうなのがあったのよ」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「そうなの♪有希ももうちょっと可愛くするべきよ」
 
長門「あなたは?」
 
ハルヒ「あたしはこれでも結構モテるのよ。ナンパもひっきりなしなんだから」
 
長門「……そう」
 
ハルヒ「なによ今の間は?」
 
長門「少し哀れんだ」
 
ハルヒ「有希じゃなかったらひっぱたいてたわね」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「あたしの心の広さに感謝なさい」
 
長門「……」トテトテ
 
ハルヒ「あっ、ちょっと待ちなさいよ」
 
 
~古着屋~
 
長門「ここ?」
 
ハルヒ「そうよ。電車の窓から見えたの」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「あっ!これこれ。有希ちょっと来て」
 
長門「?」トテトテ
 
ハルヒ「これよ、これ。結構生地薄いわね。でもいいわ」
 
長門「これは?」
 
ハルヒ「ちょっと着てみなさいよ」
 
長門「……」
 
ハルヒ「こうして胸元のチャック少し下ろして」
 
長門「……」
 
ハルヒ「フード被って」
 
長門「……」
 
ハルヒ「ほら鏡の前に立ってみて」
 
長門「耳」
 
ハルヒ「そうなのよ!このパーカーどう?この犬とも猫とれない微妙な耳!今日の有希がスカートで良かったわ」
 
長門「よくわからない」
 
ハルヒ「なに言ってんのよ。すごく似合ってるわよ。値段も手ごろだし」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「店員さん!これ頂戴!」
 
長門「まだ買うとは言ってない」
 
ハルヒ「あたしが買ったげるわ。いつも有希には助けてもらってるし」
 
長門「?そんな覚えはない」
 
ハルヒ「こっちの話よ。おとなしくおごられなさい?」
 
長門「……わかった」
 
ハルヒ「任しといて!」
 
店員「そちらの商品ですか?」
 
ハルヒ「そうです。これもうちょっと安くなりませんか?」
 
店員「え~と、これでも安くしてる方なんですよ」
 
ハルヒ「そこをなんとか!」
 
店員「う~ん……わかりました」
 
ハルヒ「やった!」
 
店員「ただし、また今度友達でも連れてきてくださいね?」ニコ
 
ハルヒ「わかりました!」
 
ハルヒ「有希。今度はみくるちゃんとかも連れて来ましょ?」
 
長門「構わない」
 
店員「よろしくね。それじゃあ二千五百円になります」
 
ハルヒ「はい」
 
店員「丁度頂きます。またのお越しを」
 
ハルヒ「今何時?」
 
長門「十五時半すぎ」
 
ハルヒ「そんなもんか。そういえばさっきのお店のBGMなんか良かったはね」
 
長門「あれはFriendly Fi○es」
 
ハルヒ「え!知ってるの?」
 
長門「たまたま」
 
ハルヒ「有希ってああいう洋楽っぽいの聴くんだ」
 
長門「私が聴くわけではない。以前、古泉一樹が聴いていた」
 
ハルヒ「へぇ~、古泉君が。でもなんか似合うわね。キョンが聴いてたらなんだか、背伸びしてるみたいで似合わないもの」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「そうだ有希、CD見ていこ」
 
長門「……」コク
 
 
~二時間後~
 
ハルヒ「もう六時か」
 
長門「夕暮れ」
 
ハルヒ「もう地元に帰りましょうか」
 
長門「そうする」
 
ハルヒ「……」トテトテ
 
長門「……」トテトテ
 
ハルヒ「今日は楽しかった?」
 
長門「悪くなかった」
 
ハルヒ「厳しいわね」
 
長門「つまらないとは言ってない」
 
ハルヒ「はいはい。次はちゃんと面白そうなこと探しとくわよ」
 
長門「期待している」
 
ハルヒ「わかったわよ」
 
 
~帰り道にて~
 
長門「疲れた」
 
ハルヒ「そうね、歩き疲れたわ。それに色々買ったし」
 
長門「……重い」トテトテ
 
ハルヒ「後は帰るだけね」
 
長門「……」コク
 
???「もうこんな時間か。ついでだしどっかで飯でも食ってくか?」
 
???「そうだね。家の人に夕飯はいらないと連絡しておくよ。しかしついでとは失礼じゃないかい?」
 
???「ん?そうか?次は気をつけるよ」
 
???「全く君ってやつは」
 
ハルヒ「あれ?今の声って?」
 
長門(間の悪さも異常)
 
???「くつくつ。ところで美味しい店をちゃんと知ってるんだろうね、キョン?僕の舌は以外にグルメだよ?」
 
キョン「そういわれてもなあ。自称グルメの佐々木と違って、俺の舌はあくまで一般のものなんだが」
 
佐々木「まあいいよ。きっとキョンと一緒ならどこでも美味しく感じる」
 
キョン「またそうやってプレッシャーを」
 
佐々木「くつくつ」
 
ハルヒ「……なによあれ」
 
長門「彼と彼の中学時代の友人のはず」
 
ハルヒ「手なんか繋いで、どう見てもデートじゃない」ジワ
 
長門「まだ分からない」
 
ハルヒ「どう分からないのよ!団活サボって!高校生の男女がこんな時間まで!二人でいて、手も繋い、で……どう見てもデートじゃない!」ポロ
 
長門「落ち着いて」
 
ハルヒ「ゴメン。……有希に当たっても仕方ないのに」ポロポロ
 
長門「別に平気」
 
長門(精神状態が非常に不安定。古泉一樹の健闘を祈る)
 
ハルヒ「あいつ、彼女なんて影も形もないって言ってたくせに……」ポロポロ
 
長門「……」
 
ハルヒ「……今から有希の家行っていい?こんな顔して家帰れないわ」
 
長門「構わない」
 
ハルヒ「……ごめん、ね」ポロポロ
 
 
~長門宅にて~
 
ハルヒ「うん、もう遅いから泊まってく。ちゃんと明日中に帰るから。へ?違うわよ。長門有希って。前話したでしょ?あたし、彼氏なんて、いないし……うん、心配しないで。それじゃあおやすみ」
 
長門「おわった?」
 
ハルヒ「大丈夫よ。なんかお母さん、あたしが男のところに泊まると思ってたみたい」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「笑っちゃうわよね。彼氏どころか失恋直後だっていうのに」
 
長門(以前のように閉鎖空間が発動しない。何故?)
 
ハルヒ「あ~あ。月曜からどんな顔して会えばいいのよ」
 
長門(精神状態も安定しはじめてる)
 
ハルヒ「ほんと、久しぶりにボロ泣きしたわ」
 
長門「……」
 
ハルヒ「ねぇ、有希」
 
長門「何?」
 
ハルヒ「あたし、どうしたらいいかな?」
 
長門「どうとは?」
 
ハルヒ「実際あたしの一方的な片思いだったわけじゃない?」
 
長門「それはまだ分からない」
 
ハルヒ「いいのよ。もう慰めてくれなくて」
 
長門「以前行った通り、彼の鈍さは異常。一緒にいた異性はほんとに友達かもしれない」
 
ハルヒ「もういいって」
 
長門「よくない」
 
ハルヒ「もういいのよ!」
 
長門「私はあなたに元気になってほしい」
 
ハルヒ「……大丈夫よ、あたし強いから」
 
長門「それは表向き」
 
ハルヒ「……」
 
長門「私の知ってるあなたは優しく、脆弱」
 
ハルヒ「有希……」ポロポロ
 
長門「あきらめるのは早い」
 
ハルヒ「有希、有希。う、うぅぅぅ~」ポロポロ
 
長門「私はあなたの友達」
 
ハルヒ「うぅっ、うっ、あ、ありが、とう」ポロポロ
 
長門「……大丈夫」ギュ
 
長門「落ち着いた?」
 
ハルヒ「……うん。ぐす。大丈夫」チーン
 
長門「そう」
 
ハルヒ「……今日、一緒に寝よ?」グス
 
長門「いい」
 
ハルヒ「どっちのいいなのよ?」グス
 
長門「肯定」
 
ハルヒ「分かったわ。……きっと一晩寝たら元気になる」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「うん。あ、それと」
 
長門「?」
 
ハルヒ「さっきあたしのこと脆弱って言ったでしょ?言いすぎよ」コツッ
 
長門「言葉のあや」
 
ハルヒ「ふふ、今ので許してあげるわ」
 
長門「助かる」
 
ハルヒ「シャワー借りていい?」
 
長門「……」コク
 
 
~布団にて~
 
ハルヒ「はあぁ、有希って暖かーい」
 
長門「私は苦しい」
 
ハルヒ「我慢してよ」
 
長門「なるべくそうする」
 
ハルヒ「……有希?」
 
長門「何?」
 
ハルヒ「だーい好き」ギュ
 
長門「……悪い気はしない」
 
ハルヒ「あ~あ、有希になら素直に言えるのに」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「そうなのよ。……オヤスミ」
 
長門「オヤスミ」
 
 
~月曜~
 
ハルヒ(気にしちゃダメよ、涼宮ハルヒ。いつも通り、いつも通りよ)
 
ガラ
 
キョン「おぉ珍しく早いな。どうした?」
 
ハルヒ「べ、べ、別にどうしよもないわよ」
 
キョン「?そうか」
 
キョン「土曜は長門と一緒だったんだろ?どこ行ったんだ?」
 
ハルヒ(キョンはあのコと朝からいたのかなぁ)
 
キョン「なに、お前と長門の組み合わせでなにをやってるのか、気になってな」
 
ハルヒ(なんでそんなに普通にしてられるの?)
 
キョン「お~い。聞いてるのか?」
 
ハルヒ「キョ、キョン!?」
 
キョン「ん、なんだ?」
 
ハルヒ「一昨日、有希と一緒に歩いてたら……駅前で……」
 
キョン「駅前で?」
 
ハルヒ「あ、あんたが……その、女の子と歩いてるの見たんだけど……」
 
キョン「ん?あーその、見られたか」
 
ハルヒ「そりゃ、あんな地元ならね」
 
キョン「だよな」
 
ハルヒ「……彼女?」
 
キョン「いや、ただの腐れ縁の友達だったんだ」
 
ハルヒ「だった?」
 
キョン「あの時点まではな。あの後帰り道でな、まあ、恥ずかしい話だが告られたんだ」
 
ハルヒ「!!!」
 
ハルヒ「そ、それで?」
 
キョン「で、一週間後にまた会おうって。その時に答えがほしいって、言われた」
 
ハルヒ(いっ、一週間!?長すぎ!生きた心地しないじゃない)
 
ハルヒ「それで、どうするの?」
 
キョン「さぁな、せっかく一週間も猶予もらったんだ。ゆっくり考えるさ」
 
ハルヒ「あんた、そのコのこと……好きなの?」
 
キョン「あぁ、大事な友達だからな。嫌いになれるはずがない」
 
ハルヒ「……そう」
 
キョン「?」
 
 
~昼休み~
 
長門「普段どおりどころか、根掘り葉掘り聞いたと?」
 
ハルヒ「ウン……聞いた」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「……」
 
長門「あなたはどうする?」
 
ハルヒ「わかんない」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「どうすればいいかな?」
 
長門「私には分からない」
 
ハルヒ「……」
 
長門「でも、悔いは残さないほうがいい」
 
ハルヒ「……」
 
長門「……」
 
ハルヒ「そうだよね。別にまだ付き合ってるわけじゃないし」
 
長門「……」
 
ハルヒ「あたしも答えを出す」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「いますぐ言う勇気はないけど、きっと……明日言うわ」
 
長門「頑張って」
 
ハルヒ「うん。ありがと有希。また放課後ね」
 
長門「また」
 
ガチャ
 
長門「……」
 
ガチャ
 
古泉「やってくれましたね」
 
長門「古泉一樹」
 
古泉「長門さん、下手をしたら世界が一瞬で改変することになりますよ」
 
長門「……」
 
古泉「なぜあんな軽率なことを?」
 
長門「土曜の夜」
 
古泉「は?」
 
長門「閉鎖空間は発生した?」
 
古泉「大規模なのが一つ。でも一分もたたずに消えましたよ」
 
長門「そう」
 
古泉「なにがあったんです?」
 
長門「……」
 
古泉「なるほど。そんなことが」
 
長門「最近の涼宮ハルヒの精神は、非常に落ち着いていた」
 
古泉「あくまで個人的な推論ですが」
 
長門「何?」
 
古泉「原因はあなたかも知れませんね」
 
長門「?」
 
古泉「もしかすると結果がダメでも」
 
長門「まだ分からない」
 
古泉「あくまで過程ですよ。恐らく告白が失敗に終っても、改変は行われないでしょう」
 
長門「……」
 
古泉「彼女のここ最近のあなたへの依存度は高い」
 
長門「……」
 
古泉「長門さんとの触れ合いで、彼女の精神が成長したと考えると多少つじつまが合います」
 
長門「成長?」
 
古泉「えぇ。実は土曜日の閉鎖空間は、大小あわせて実に四十九日ぶりのものでした」
 
長門「……」
 
古泉「わずかですが、感情のコントロールが可能になってきてるとみていいでしょう」
 
長門「そう」
 
古泉「今回の件、機関のほうでどうされるか分かりませんが、僕は関与しないようにします。では」
 
ガチャ
 
古泉(しかしこの場合。鍵が彼ではなく長門さんに移るということになる。厄介ですね)
 
 
~帰り道~
 
ハルヒ「明日、あいつに言ってみる」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「これでダメなら諦めるわ」
 
長門「本当に?」
 
ハルヒ「……頑張る。それ以上に迷惑かけてSOS団がおかしくなっちゃうのは、嫌だし」
 
長門「……」
 
ハルヒ「なんか言ってくれないの?頑張れ、とか、きっと大丈夫、とか」
 
長門「せいぜいフラれてくるといい」
 
ハルヒ「有希!怒るわよ!」
 
長門「冗談。でもそのくらいの元気があなたには必要」
 
ハルヒ「ちょっとはTPOを考えなさいよ」
 
長門「気をつけてみる」
 
ハルヒ「有希?」
 
長門「?」
 
ハルヒ「あたしたちって、親友、よね?」
 
長門「親友?」
 
ハルヒ「そうやって聞き返されると、なんか恥ずかしいんだけど」
 
長門「私は一向に構わない」
 
ハルヒ「ほんと?」
 
長門「本当」
 
ハルヒ「ほんとにほんと?」
 
長門「私の言葉を信じられないなら親友ではない」
 
ハルヒ「た、ただ確認しただけじゃない」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「あらためて、これからもよろしくね?あたしの親友」
 
長門「こちらこそ」
 
 
~Fin~
 
 
 
 
~次の日の昼休み~
 
ハルヒ「キョン!!」
 
キョン「おう。どうした?」
 
ハルヒ「後で話しがあるのよ。だから放課後、部室行く前に屋上に来なさい!」
 
キョン「ここじゃ言えんのか」
 
ハルヒ「放課後ったら放課後なのよ!いい?必ず……必ず来るのよ」
 
キョン「あぁ?わかった」
 
ハルヒ「じゃあ、あたし行くとこあるから」ダッ
 
キョン「行っちまった」
 
 
~部室にて~
 
長門「放課後?」
 
ハルヒ「呼び出した」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「……」
 
長門「……」
 
ハルヒ「……もし」
 
長門「?」
 
ハルヒ「もしダメだったどうしよう」
 
長門「諦めるのでは?」
 
ハルヒ「……出来るかな」
 
長門「私はあなたではない」
 
ハルヒ「あたし、中学時代から告白されることはあった」
 
長門「……」
 
ハルヒ「今でもたまにあるわ」
 
長門「自慢?」
 
ハルヒ「そうじゃなくて、いざ自分もされる側から、する側になるとこんなにも違うんだなぁって」
 
長門「……」
 
ハルヒ「もうこのまま、ここからいなくなっちゃいたいわ」
 
長門「もう弱気?」
 
ハルヒ「……」
 
長門「いつものあなたではない」
 
ハルヒ「あたしだって……なんだかんだ普通の女の子なのよ」
 
長門「普通?」
 
ハルヒ「普通よ。お腹だってすくし、試験前は勉強するし、友達と一緒に遊びたい。……どうしよもなく好きなやつだっている」
 
長門「……」
 
ハルヒ「一番嫌ってた普通をあたしがしっかり体現してるの。おかしいわよね」
 
長門「そんなことはない」
 
ハルヒ「ありがと」
 
長門「……」フルフル
 
ハルヒ「とにかく、そういうことだから今日の部活遅れるわ」
 
長門「わかった」
 
ハルヒ「昼休み終るからもう行くわね」
 
長門「涼宮ハルヒ」
 
ハルヒ「なに?」
 
長門「健闘を」
 
ハルヒ「ありがと、有希」
 
ガチャ
 
長門(……頑張って)
 
~放課後の屋上にて~
 
ハルヒ(キョン、あんたのことが好きなの)
 
ハルヒ(なんかシンプルすぎるわね)
 
ハルヒ(あんたをあたしの彼氏にしてあげるわ。感謝なさい!)
 
ハルヒ(だ、ダメよ。これのどこが素直なのよ)
 
ハルヒ(一人じゃ勇気出ない。今から有希を呼びに……それもダメよね)
 
ハルヒ(どうしようどうしようどうしよう)
 
ハルヒ(やっぱり止めればよかったかな?)
 
ドクンドクン
 
ハルヒ(あぁ~もう!心臓がうるさい!)
 
ガチャ
 
ハルヒ「!!!」
 
キョン「おう。待たせたな。なんか谷口のやつに絡まれてな」
 
ハルヒ「そ、そう」
 
キョン「それで、話ってなんだ?」
 
ハルヒ「……」
 
キョン「他の連中に聞かれたくない話なんだろ?」
 
ハルヒ(……キョン)
 
キョン「まあ、これで案外口が堅い方なんだ」
 
ハルヒ(キョン)
 
キョン「だから信用してくれていいぞ?」
 
ハルヒ(なんであんたは、そんなにあたしに優しくしてくれるのよ)
 
キョン「……そんなに言いづらいことか」
 
ハルヒ(あんたがあたしに構ってくれたせいで)
 
キョン「大丈夫か?」
 
ハルヒ(あんたのせいなんだから)
 
キョン「おい、顔真っ赤じゃないか?熱でもあるのか」
 
ハルヒ(とっくに頭に血が上りきってるわよ)
 
キョン「別に無理しなくていいぞ?」
 
ハルヒ「無理なんかじゃない!!!」
 
キョン「うぉ!いきなり大声出すなよ」
 
ハルヒ「キョン!聞いて!」
 
キョン「さっきから聞いてるって」
 
ハルヒ「最初はそんなことなかった」
 
キョン「?」
 
ハルヒ「あんたの提案でSOS団を作って、今のみんなが集まった」
 
キョン「……」
 
ハルヒ「あたしがわがまま言ったときも、あんたは口では文句言いながらも着いてきてくれた」
 
キョン「わがままな自覚はあったんだな」
 
ハルヒ「お願いだから、今は変な横槍いれないで」
 
キョン「すまん」
 
ハルヒ「みんなと、あんたと出会って一年。色んなことがあった」
 
キョン「……」
 
ハルヒ「昨日あんたが昔の友達に告白されたって言ったわよね?」
 
キョン「あぁ」
 
ハルヒ「それを聞いて、あたしは、生きた心地がしなかった」
 
キョン(そういうことかよ)
 
ハルヒ「あたしは、あたしは……」
 
キョン「……」
 
ハルヒ「……」
 
キョン「……」
 
ハルヒ「あたしは、あんたのことが好きなの。好きになっちゃったのよ」
 
キョン「……そうか」
 
 
~部室にて~
 
キョン「遅くなったな」
 
古泉「今日は随分遅かったですね」
 
キョン「あぁ。野暮用があってな」
 
長門「……」
 
古泉「そうでしたか。ご苦労様です」
 
キョン「男からの労いの言葉はないな」
 
古泉「それはすいません」
 
みくる「あのぉ~」
 
キョン「なんですか?」
 
みくる「涼宮さんは一緒じゃないんですかぁ?」
 
長門「……」
 
古泉「……」
 
キョン「……あいつは。……長門」
 
長門「何?」
 
キョン「ちょっと廊下にいいか?」
 
長門「……」コク
 
古泉(長門さん、後は頼みましたよ)
 
ガチャ
 
キョン「あのよ、あいつ今屋上にいるんだ」
 
長門「……」
 
キョン「あいつのそばに行ってやってくれないか?」
 
長門「何故」
 
キョン「ん?」
 
長門「何故、彼女ではダメだったの?」
 
キョン「なんだ、知ってたのか」
 
長門「何故?」
 
キョン「先に好きになっちまったやつがいるんだ。ほんとに、ただそれだけだ」
 
長門「そう。行ってくる」タタッ
 
キョン(悪いな)
 
 
~屋上にて~
 
ガチャ!!
 
長門「……」
 
ハルヒ「あ、有希じゃない。どうしたの?」
 
長門「……彼から聞いた」
 
ハルヒ「そっか。隣座んない?」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「うん、ダメだった」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「正直ちょっと、いや違うわね。かなり落ち込んでるわ」
 
長門「……」
 
ハルヒ「そりゃね、少しはいけるんじゃないかな?って期待もあったのよ」
 
長門「……」
 
ハルヒ「でもね、ダメだった。ダメだったのよ」ジワ
 
長門「……」
 
ハルヒ「やっぱり人並みに普通なんか求めたからかなぁ」
 
長門「……」
 
ハルヒ「ねぇ、有希。なんか言ってよ」
 
長門「私には何を言っていいか分からない」
 
ハルヒ「なんでもいいわよ。有希の言葉は何でもあたしに届くわ」
 
長門「……なら、前言撤回する」
 
ハルヒ「え?」
 
長門「あなたは弱くない。とても強い」
 
ハルヒ「……強くないわよ」
 
長門「そんなことはない」
 
ハルヒ「……」ポロ
 
長門「もっと胸を張るべき」
 
ハルヒ「それはちょっと出来ないわ」
 
長門「……そう」
 
ハルヒ「失恋ってこんなに辛いのね」
 
長門「私には経験がない」
 
ハルヒ「自慢?」
 
長門「違う。恋愛経験そのもの」
 
ハルヒ「そうなんだ」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「……あいつ、この間のコのことが好きなんだって」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「それでね聞いたの」
 
長門「何を?」
 
ハルヒ「変に未練がましくしたくなかったけど、もし、もしよ?」
 
長門「……」
 
ハルヒ「あたしが先に告白してたらどうだった?って」
 
長門「……」
 
ハルヒ「それでもダメだって」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「でも、そこで肯定されたら、あいつ女なら誰でもいいってなっちゃうじゃない?」
 
長門「それなら私にも可能性はあった」
 
ハルヒ「こら」コツ
 
長門「ジョーク」
 
ハルヒ「もう。……それでね」
 
長門「……」
 
ハルヒ「それであたし良かった、って思ったのよ」
 
長門「?」
 
ハルヒ「あたしの好きになったやつは、そういう真っ直ぐな人だったわけじゃない?」
 
長門「……」
 
ハルヒ「あたしは間違えてなかったんだなぁ、って。こいつを好きになって良かったんだ、って」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「それでね……有希、あたしのこと褒めて?」
 
長門「褒める?」
 
ハルヒ「うん。あたしね……泣かなかったの。悔しいからあいつの前では泣かなかったの」ポロポロ
 
長門「涼宮ハルヒ」
 
ハルヒ「泣きた、かった、けど、な、泣かなかったの」ポロポロ
 
長門「やっぱりあなたは強い」
 
ハルヒ「もう、うっ、泣いて、ヒック、いいよね」ポロポロ
 
長門「構わない。私しかいない」ギュ
 
ハルヒ「あたし、や、やっぱり、あいつのこ、と、うっ、好きなのよ」ポロポロ
 
長門「そう」
 
ハルヒ「うっ、ヒック、うぅぅ~」ポロポロ
 
長門「……」ギュ
 
ハルヒ「なんだかあたし泣いてばっかりね」グス
 
長門「いい」
 
ハルヒ「こんな情けない顔して部活行けないわね」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「古泉君に行けないってメールしとく」
 
長門「わかった。私は鞄を持ってくる」
 
ハルヒ「うん。校門でね」
 
長門「……」コク
 
 
~部室にて~
 
ガチャ
 
古泉「おかえりなさい、長門さん」
 
長門(古泉一樹がここにいるということは)
 
古泉「えぇ。あなたのおかげですよ」
 
長門「!」
 
古泉「いつぞやのお返しですよ」ニコ
 
長門「そう」
 
キョン「長門……」
 
長門「大丈夫。でも今日はもう帰る」
 
キョン「そうか。わかった。よろしくな」
 
長門「……」コク
 
ガチャ
 
みくる「え?あのぉ~、どういうことですかぁ?」
 
古泉「ふむ。朝比奈さんがご存知ないということは、今回のことは未来で想定の範囲内ということですか」
 
みくる「ふぇ?」
 
キョン「おい、古泉。お前もしかして」
 
古泉「いったいどうしました?」ニコ
 
キョン「……なんでもねぇよ」
 
みくる「わ、わたしにも教えてくださいよぉ~」
 
 
~帰り道にて~
 
長門「待たせた」
 
ハルヒ「全然」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「さっ、帰りましょ?」
 
長門「今日は私の家に?」
 
ハルヒ「ありがとう。でも大丈夫よ」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「一人で頭冷やしてるわ」
 
長門「わかった」
 
ハルヒ「多分、泣いちゃうと思うけど」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「もし辛くて、辛くてどうしようもなくなったら……電話してもいい?」
 
長門「構わない」
 
ハルヒ「真夜中かもしれないわよ?」
 
長門「大丈夫。眠かったら無視する」
 
ハルヒ「有希のブラックジョークにも慣れてきたわ」
 
長門「それは困る」
 
ハルヒ「なんでよ」
 
長門「あなたの反応はユニーク」
 
ハルヒ「勝手に言ってなさい」
 
長門「そうする」
 
ハルヒ「……もしあたしが明日学校に来なくっても、心配しないでね?」
 
長門「する。当然」
 
ハルヒ「大丈夫よ。もしかしたら一日くらい落ち込んでないと、やってらんないかもしれないし」
 
長門「……」
 
ハルヒ「それで、伝言をお願い」
 
長門「伝言?」
 
ハルヒ「もしかしたら、みくるちゃんは分かんないけど、古泉君って勘が鋭いから今回のこと分かっちゃうかもしれない」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「気を使わないで、って。普段どおりにしててほしいの」
 
長門「わかった。伝える」
 
ハルヒ「もちろん、有希もね」
 
長門「わかった。……彼は?」
 
ハルヒ「あいつは自分でなんとかするわ?自分で蒔いた種だもの」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「そうよ」
 
ハルヒ「それじゃあ、またね」
 
長門「……」コク
 
ハルヒ「ちゃんと元通りになってくるから」
 
長門「涼宮ハルヒ」
 
ハルヒ「ん?なに?」
 
長門(感じていることを上手く言語化できない)
 
ハルヒ「?」
 
長門「今日はお疲れ様」
 
ハルヒ「?変な有希」
 
長門「それはお互い様」
 
ハルヒ「あっそう」
 
長門「そう」
 
ハルヒ「ふふ♪こんどこそ、またね」
 
長門「また、明日」
 
 
~次の日の朝~
 
キョン(昨日の今日だし顔合わすのは辛いな)
 
ガラガラ
 
ハルヒ「……おはよ」
 
キョン「お、おう」
 
ハルヒ「……」
 
キョン「……」
 
キョン(ダメだ、耐えられん)
 
ハルヒ(……今言わないと)
 
ハルヒ・キョン『き、昨日のことだけど』
 
キョン「あ」
 
ハルヒ「な」
 
キョン「あ、あぁっと。先いいぞ」
 
ハルヒ「う、うん」
 
ハルヒ「昨日のことだけどね、やっぱり忘れてなんて言えない。言いたくない。でもね、気にしないでほしいのよ」
 
キョン「……」
 
ハルヒ「あたしたちがギクシャクしたら、SOS団にも迷惑かかる」
 
キョン「そうだな」
 
ハルヒ「だから今まで通りでいてほしいの。あたしが馬鹿やったら、あんたがそれを止めて、有希や古泉君に助けてもらって、みくるちゃんは……よくわかんない」
 
キョン「それは朝比奈さんに失礼だろ?」
 
ハルヒ「冗談よ」
 
キョン「ったく、とはいえそれには賛成だ」
 
ハルヒ「……」
 
キョン「虫のいい話だが、俺も同じ事を言おうと思っていた」
 
ハルヒ「うん」
 
キョン「そういうわけだ。これからもよろしくな。団長さん?」
 
ハルヒ「よろしく。今まで以上に引っ張りまわしてやるわ」ニコ
 
キョン「それは勘弁してくれ」
 
~放課後・部室にて~
 
ハルヒ「昨日は来れなくって悪かったわね!」
 
古泉「いえいえ。団長にも休みは必要ですよ」
 
みくる「はい、涼宮さん。お茶です」
 
ハルヒ「ありがと。そうだ、みくるちゃん!」
 
みくる「ふぇ?なんですかぁ?」
 
ハルヒ「昨日、ネットで面白いもの見つけたのよ!」
 
みくる「面白いものですかぁ?」
 
ハルヒ「ふふ、そのうち届くから楽しみにしといてね」ニヤ
 
みくる「なんだか、笑い顔が怖いですよぉ~」アセ
 
ハルヒ「それと今週末も団活は中止」
 
古泉「おや?」
 
ハルヒ「キョンが用事あるんだって。でしょ?」
 
キョン「あぁ、悪いな」
 
ハルヒ「悪いと思ってるなら今すぐにみんなにジュース買って来なさい。あたしは百パーセントのオレンジね」
 
キョン「な!」
 
古泉「ぼくはコーヒーを。微糖がいいですね」
 
キョン「おい」
 
長門「カルピス」
 
キョン「長門まで」
 
みくる「わ、わたしは何でもいいですよぉ」
 
キョン「はぁ、分かったよ」
 
ガチャ
 
ハルヒ「みくるちゃん、ちょっと用事があるから一緒に来て」
 
みくる「は、はい」
 
ガチャ
 
古泉「僕たちだけになりましたね」
 
長門「……」ペラ
 
古泉「どんな魔法を使ったんです?」
 
長門「情報操作しか出来ない」
 
古泉「比喩ですよ。今回は過去最大級の閉鎖空間が発動すると、機関のほうでも準備していました」
 
長門「……」
 
古泉「だけどあなたはそれをくい止めた」
 
長門「……」
 
古泉「とてもありがたいことですが、それは同時に脅威でもあります」
 
長門「何もしていない」
 
古泉「ご冗談を」
 
長門「本当。これは涼宮ハルヒの精神の強さ」
 
古泉「しかし」
 
長門「それがわからないのであれば、機関の観察力も程度がしれる」
 
古泉「言ってくれますね」
 
長門「事実」
 
古泉「そういうことにしておきましょう」
 
長門「……」
 
古泉「最後に一ついいですか?」
 
長門「何?」
 
古泉「あなた個人への質問です。あなたにとって涼宮ハルヒとはなんなんですか?」
 
長門「親友」
 
古泉「しかし、あなたは正確には人間ではない」
 
長門「それでも彼女にそう望まれた。なら拒む理由はない」
 
古泉「彼女には逆らわないと?」
 
長門「違う。これは私の意思でもある」
 
古泉「……分かりました。失礼なことを聞いて申し訳ありません」
 
長門「いい」
 
古泉「僕の見立てでは、彼女の新しい鍵はあなたです。どうか彼女を裏切らないでやってくださいね?」
 
長門「心配いらない。涼宮ハルヒは私の親友。彼女は私が守る」
 
~Fin~
 
 


|