(このSSは色んな人に怒られてもしかたない要素を含んでいます。ご注意ください)


キョン「ん、しまった。蚊に食われちまった」パチン
国木田「蚊に食われてる場合じゃないよキョン。僕の話ちゃんと聞いてたの?」
キョン「ああ。で、相談ってのはなんなんだ?」
国木田「それがね、男女のことについてなんだけどさ」
国木田「僕、朝比奈先輩と付き合えたのはいいんだけど、ちょっと問題が」


キョン「ギャース!!」
キョン「おい待て国木田! 重大なことをさらりと言うな!」
国木田「ごめん」
キョン「いや、謝られても!?」
国木田「Cまでいった」
キョン「大問題すぎワロタ」



キョン「って、国木田よ。男女のことってお前、朝比奈さんとか!? 一体なにが……」
キョン「う……やっぱり俺には聞けん。お前は唐突になにを話し出すかわかったもんじゃないしな。それは古泉にでも話してくれ」


国木田「えー」
国木田「だって古泉くんはガチだし、谷口は谷口だからやっぱりキョン以外に話せる人はいないって」
谷口「お前、隣に本人がいてもお構いなしだな」



キョン「とにかく、この件についてはお前が真面目に悩んでるんだとしても俺は力になれそうにない。すまんな」
国木田「うわーん!! キョンのモッコリ馬鹿野郎ー!!」
キョン「なっ、捨て台詞を吐いて走り去った!?」



国木田「ぐすん。どうしよう……」
国木田「今のままじゃ、みくるっちの前でどんな顔をしていいのかもわからないよ」


国木田「あれ? なんだか美味しそうなコーヒーの香りが――『喫茶店ドリーム』? ドリームって、たしか……」


国木田「喫茶店を経営したい作者さんが将来、自分の店につけてみたい名前だったよね」


国木田「あ、ミス」


国木田「ドリームってたしか、前にみんなとパーティをしたところだったよね。楽しかったなぁ」


国木田「ここのマスター、良い人だった……」




 ――黒木田の並列――



 僕が自然と辿り着いたのは、コーヒーの香り漂うとある喫茶店だった。
「ねえマスター、ちょっと聞いて欲しいことがあるんだ」
「ほほう、何でございましょうか。私でよければお力になりますよ?」
 なんて、人好きのする笑顔で答えてくれるご主人。
 さっき飲んだコーヒーみたいに、マスターは僕には想像もつかない深みを知ってる気がして、
「あのね、ちょっとショックなことがあって」
 僕は思わず喋ってしまう。まだ、あのことをマスターにどう言い表せばいいのか迷っていたけれど。
「ショック……でございますか」
 マスターの声や仕草はほんとに優しくて、やっぱりなんだか安心するんだ。
 僕は思い切って、素直に悩みを打ち明けることにした。
「ねえマスター」
「はい、何でございましょう」
「ここって、北高のSOS団って人たちがよく来てるんですよね」
「確かに、涼宮さんはじめSOS団の方々にはご贔屓にしてもらっていますなあ」
 そう言って、笑顔を向けてくれるマスター。
 ――少しだけ、自分のよこしまな悩みを言うことに躊躇してしまいながら、
「……朝比奈みくるさんって知ってる?」
「朝比奈さんでございますか? あの可愛らしいお方の事でしょうか? その方の事でしたらもちろん存じ上げてございます」
「……そう」
 僕はみくるっちのことを思い出してしまって、また考え込んでしまう。
「一度私の家に泊まられたくらいで、私の嫁ともとても仲良くしておりましたよ」
「え? じゃあマスターもあの人の秘密知ってるの?」
 とっさに僕は顔を上げて言った。
 「秘密……、というと。……ひょっとしてあの事ですかな? 確かに最初は驚きましたが、最近の女の子ではさほど珍しいものではない気がしますが……」
「――やっぱり、さすがマスターだね。あなたを見た瞬間から、もしかしたらって思ったんだ」
 そう。扉をくぐってピンときた。
 マスターはすごくかっこいいから、もしかしたらみくるっち、一回抱かれてるんじゃないかって。
 家に泊まったってことは、マスターもベッドの上のみくるっちがどんな風なのかを知ったはずだよね。あれって、最近の女の子なら普通なの? ってかマスター、最近の女の子を他にも抱いてるの? すごいや、大人だ。
「だけど、僕はそれを許容できるほど大人じゃなくて、むしろ期待が大きかっただけにどうしても許せなかったんだ」
 僕はみくるっちとの初めての夜を思い出しながら言う。
 「期待でございますか。……たしかに知らぬが仏で、知らない方が幸せで居れた事も世の中には間々あるのかもしれませんな。現実は往々にして冷たく、それでいて無情なものです」
 冷たくて無情、か。上手い表現だなあ。
 「じゃあ、マスターはあれを知ったときどうだったの?」
 「私でございますか?」
 「うん。だって朝比奈先輩、すごく可愛いから」
 一目見たら男子はみんな思うはずだよ。僕も思ったもん。『この人すっげぇエロそうだ』って。
 「はは、朝比奈さんも罪なお人だ。こうやって一人の男性を虜にしているのですからな」
  すると、マスターは急に僕の目をまっすぐ見据えて、
 「ですが、罪を憎んで人を憎まずという言葉があります。私は狼狽するばかりでしたが、朝比奈さんにとって一番良い事をしたつもりでいます。その判断が間違っていなかったとは言い切れませんが、結果として朝比奈さんはとても喜んでくださいました」
 僕はなにも言うことができなかった。
 そっか。つまりマスターはテクニシャンなんだ。ベッドの上の朝比奈さんが大人しすぎることに最初は面食らっても、そこは手練手管な床上手。その超絶テクであの朝比奈さんを喜ばせた、いや悦ばせたってことなんだね。
 それにひきかえ僕なんて、勝手にがっかりしただけなんだもん。ほんと、なんて未熟だったんだろう。
「……そっか、そうだよね。思い返してみると、僕がいけなかった気がする」
「その様な事はありませんよ」
「……え?」
「大切なのは後悔や反省ではなく、これから先どうするかでございます。過去よりもむしろ未来の方を見るべきです、国木田くんはもうそれが出来ているではないですか」
 室内に漂うコーヒーの香りが、より一層僕の胸に染みわたった気がした。
 そっか。そうだよね。落ち込んでるばかりじゃいけない。
 そう、これからなにをしていくかっていうのが、二人にとって重要なんだ!
「マスター。なんだか僕、目が覚めた気がするよ」
「はっは、すみません。年寄りの戯言です」
 僕の目の前の老紳士はいたずらっぽく笑うと、
「どうですか? 目覚めの一杯、私が持ちますよ」
 この人は、ほんとになんでも上手いんだ。言葉もコーヒーも、うん。性的な意味でも。
「じゃあ……エスプレッソで」
 僕はそう言って、マスターがくれた深い味と言葉をくいっとのみこんだ。
 


国木田「ラン♪ ラン、ララランランラン♪」
キョン「おいそこのナウシカ。その様子だと、悩みも無事に解決したみたいだな。良かったよ」
国木田「うふふうふうふ」
キョン「笑い方怖っ!? なにがあったんだ!?」
国木田「あのさ、喫茶店ドリームのマスターに相談をしたら一発解決だったんだ!」
キョン「マスター、なんでもござれだな!?」



キョン「でさ、結局お前の悩みってなんだったんだ? マスターはどんな助言を?」


国木田「悩みなんて全然たいしたことないよ」
国木田「実は朝比奈先輩がまぐろで困ってたんだけどね、」
キョン「くっ国木田!?」


国木田「マスターはね、これから仕込んでいけばいいじゃない☆ って教えてくれたんだ!」


キョン「マ、マスター!?」



国木田「イエス、フォーリンラブ!」


国木田「色々とごめんなさい!」


ちゃんちゃん☆


|