佐々木「キョン…」

キョン「ん、どうした?」

佐々木「いや、いい」

キョン「そうか」

佐々木(うう…また言えなかった…)

自宅

佐々木「はあ…何で言えないのかな…」

佐々木「私はキョンのことが好きなのに…」

佐々木「うん、次会えるようになったら言わなきゃ!!」

翌日

キョンの方

キョン「はぁ…毎度毎度疲れるな…この坂は」

佐々木の方

佐々木「今日はキョンに会えるかな…」

佐々木いいや、メールしておこう」

Pi…Pi…

北高

キョン「お、メールだ」

ハルヒ「誰から?」

キョン「佐々木だ」

ハルヒ「珍しいこともあるもんね、あんたにメールなんて」

キョン「余計なお世話だ」

キョン「今日はSOS団に顔出せないから」

ハルヒ「え…なんで?」

キョン「佐々木が話があるんだとよ」

ハルヒ「そ」

キョン(いつもの事ながらそっけねぇな)

光陽園駅

キョン「すまん、遅れた」

佐々木「いいさキョン、君さえ来てくれればね」

キョン「本当にすまん」

佐々木「いいって、じゃ、行こうか

キョン「ああ」

公園

キョン「ここに来るのも久しぶりだな」

佐々木「そうだね」

キョン「で、話って何だ?」

佐々木「う…///」

キョン「どうした?顔が赤いぞ?」

佐々木「な、なんでもない///」

キョン「そ、そうか」

キョン「そろそろ話してくれないか?」

佐々木「…///」キョロキョロ…

キョン「…?」

佐々木「え…と、その…///」

キョン「じらすんだな」

佐々木「わ、わたし…きょ、キョンの事が…」

キョン「早く言ってくれ」

佐々木「…好き…」

キョン「よく聞こえなかったが」

佐々木「…好きって言ったのよ…///」

キョン「…は?」

佐々木「何度も言わせる気かい?」

キョン「…いや、よく…聞こえた…///」

とりあえずここまででいいや。じゃ、僕は寝る。 


|