「遅い罰金」
 皆々様ごきげんよう。
 本日は大抵の日本人なら惰眠を貪る事でお馴染みの日曜日だ。
 が、しかし今日の俺はその人間の枠からしっかりと外れている。
 勘違いするな、だからと言って何も禁術を使って人外の存在になったとかそんなんじゃあない。
 単純に早起きをしたってだけだ。
 日曜日に早起きなんてって声が聞こえてきそうだが、そんな嘲笑は今俺が手にしている幸福感その1、その2にを前にしたら粗末な息子の粗末なカスみたいなもんだ。
 「な、何であんたがあたしより先に着いてるのよ!それに罰金って何よ!!」
 幸福その1。涼宮ハルヒに罰金刑を言い渡す。
「何でってお前より先に着いたからに決まってるだろ?それとも何か、この世界にはお前より先に集合場所に着いて罰金を言い渡しちゃならない決まりでもあるのか?」
 積年の恨み?をここぞとばかりにぶちまかすってのは実に心地が良いもんだ。
 今なら禁欲を破った時の仏陀の気持ちが手に取るように分かるぜ。
 さあ、ハルヒよとっとと朝飯をおごって貰おうか?この為に早起きして朝飯を抜いてきたんだ、故にペコペコなんだよ。
 お腹と背中が創世合体寸前だ。
「く…、キョンの癖に生意気よ……はあ…まあいいわ、今日の所は私の負けを認めてあげるわ」
 よしよし、ツンでもデレでもなく素直なハルヒも可愛いぞ。
 思わず頭をがしがし撫で回したくなる。

「ほらキョン、あたしがおごってあげるんだから早く来なさい!今日は色々な所連れて行ってくれるんでしょ!?今日は、初デ、デデデートなんだからしっかりしなさいよ!」
 幸福感その2。今日はハルヒとの男と女の関係になってから初のお出かけ。
 勘違いするなよ、まだ手は出していない。…口は突き出したが。

 まあ、今日はハルヒの言う通りデートである。
 先日俺はハルヒに対し積もりに積もった感情をぶちまけさせてもらった。
 さっきのような恨みではない。

 わざわざ青臭い言葉を選ぶなら『恋心』ってやつだ。
 詳細は首吊り必死なので省かせてもらうがハルヒはそんな俺の想いを受け入れてくれ今の関係に至るってわけだ。

 その時のハルヒの表情といったらもう…墓場に持っていったらご先祖様が嫉妬の炎で墓石を焦がしてしまうんじゃないかって位のもんだった。
 ともかく、団長と団員その1って関係でわなく彼氏と彼女って関係になったわけだ。
「ほ、ほらさっさとする!ちんたらしてたら置いてくわよ!!」
 まあ、ハルヒにイニシアチブを握られてるって事には変わりないんだがな。
 しかし、流石に一人の男としてそいつは情けない状態であるからして…
「分かった分かった今行く…」
「!!!!????」
 そっちはイニシアチブを握ってるわけだからお前さんの手を俺が握ってもなんら問題はないよな?
 それぐらいはいいだろハルヒ?
「…………バ、バカキョン」


|