※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なぜだ。なぜ、ハルヒが寝ているんだ。まったく、わけが分からない。

どういうことだよ、おい。なんかの冗談で、実は俺は治っていて、ハルヒのドッキリとか・・・

そうだよな。いたずら好きなお前だ。そういうこともするだろう?

皆がいて興奮しただけだよな?いたずらが過ぎただけだよな・・・?

返事をしろよ・・・返事をしろよ!ハルヒ!!

「落ち着いてください!!」

・・・すまん。古泉。取り乱した。

「いいんです。その気持ちはわかります。僕と長門さんに朝比奈さんだって

先ほど、病院に来てそう思いましたから。朝比奈さんはそれで、倒れているんです」

・・・・どういうことなんだ?

「・・・これは、おそらく僕の推測ですが・・・。

涼宮さんが、あなたと変わってあげられたらいいのに・・・と思ったのではないでしょうか?」

あの、ハルヒがか?人生を変えるなんて無理だってわかるんじゃないのか?

「涼宮さんの救急車での狼狽ぶりを見ればそれは、言えないと思いますよ?

・・・久しぶりに集まって、事故が起きるなんて・・・ね」

じゃあ、じゃあアイツは俺と交換・・・交換?

「おい、古泉」

「・・・なんでしょう?」

「交換って事は、ハルヒの変態パワーはどうなってるんだ?」

「・・・それは」

「それはなんだよ!」

「・・・ちゃんとあなたに受け継がれています。

もう少し気づくのが遅いと思ってましたが・・・早かったですね」

「俺が、あの変態パワーを・・・?世界を変えるあのパワーを・・・か?」

「そうです。そして・・・おそらくですが・・・」

「おそらくなんだよ?」

それは俺にも予想出来ていた、そして、一番聞きたくなかった言葉を聞いた。

 

「思念体が・・・情報統合思念体が、あなたと、そして地球を消そうと動き始めました」

 

 

  第二章

|