「ねぇキョン、何してんの?」

ベランダからハルヒが声をかけてくる。

「あぁ、ひまわりが太陽の方しか向かないから、ちょっと傾けてるんだ。ほら、頭の重みで倒れそうだろ?」
「本当だ」

しっかしなかなか上手くいかんなぁ。

「なぁ、ハルヒも下りてきて手伝ってくれないか?」
「別にいいけど、完全に咲ききってからでいいんじゃない?」
「ん?何かあるのか?」
「咲ききってからなら常に東しか向かないから、いちいち直さなくていいわよ」
「…変な花だなぁ」
「面白くていいじゃない。あたしは好きよ」

ま、そういうことなら咲ききってからでもいいか。

「で、今日は何かすんのか?」
「有希が図書館に行きたがってたし、みんなで出かけようと思うんだけど」
「あとどのくらいだ?」
「二時間くらいかしら」

げ、すぐじゃねぇか。

俺は慌てて額の汗を拭い、アパートに駆け込む。

「遅れたら罰金だからねー!」
「わかってるよ!」

今日も普通の日常が始まる。
また思わずため息がでるような、馬鹿みたいに暑い季節がやってくる。

そんな俺の小さな憂鬱と、それなりに大きな高揚をよそに、ひまわりは相変わらず明後日の方向を向き続けていた。

第一章につづく


|