昼休み。
 部室で読書をしていた私は、不思議な光景を見た。
 机に向かって座り、真剣な顔で何かを紙に書き綴っているのは朝比奈みくる。
 彼女が何かを書くことが珍しい訳ではない。
 涼宮ハルヒの依頼による文集作成では、一番努力していたのは彼女だと私は思っている。
 では、何が不思議なのか。
 それは――
「あの……」
 すぐ隣までやってきた私を、彼女は不思議そうな顔で見上げている。
 彼女の持っているのは普通の鉛筆ではなく赤鉛筆で、手元に置かれた小さな紙には赤色の
ハートが描かれていた。
「……これが気になるんですか?」
 そう。
 いったい何を書いているのだろう。
「ちょ、ちょっと待ってくださいね!」
 ただ私が肯いただけで、何故か彼女は自分のやっていた事の解説を始め出した。
 とても嬉しそうに。
「えへへ……実は、これっておまじないなんです」
 おまじない。
 彼女は鞄の中から新しい紙を取り出して、机の上に広げる。
「はい。一度お見せしますね。こうやって、まずは紙に好きな人の名前を書くんです。今は
長門さんのお名前を書きますね」
 私に説明しながら、彼女は独特な筆跡で私の名前を紙に書きこんでいく。
「そして、その名前を中心にして赤鉛筆でハートを書いていくんですよ」
 彼女の手がゆるゆると動き、A4サイズの紙の中央にあった私の名前は徐々に塗りつぶさ
れていった。
「それでですね? 鉛筆を紙から離さないまま描ききって、このマークを綺麗に大きく描け
たら両思いになれるっておまじないな――あ!」
 パキッ
 彼女の丸っこい筆跡で書かれた私の名前が半分程が塗りつぶされた所で、赤鉛筆の先は折
れてしまった。
 この場合は?
「……片思いで終わっちゃう……みたいです」
 なるほど。
「長門さんもやってみますか?」
 そう言いながら彼女は先の尖った赤鉛筆と、真っ白な紙を差し出してくる。
 私には、この行為に意味があるとは思えなかった。
 しかし、何かを期待した目で彼女は私を見続けている。
「あ」
 彼女の期待に応える事は、無意味な事ではないはず。
 私は彼女の隣に座って、赤鉛筆を受け取った。
 最初に、好きな人の名前を書く。
「はい!」
 好きな人の名前……。
「あ! 私、ちょっと後ろを向いてますね」
 何故?
 私の問いかけに答えないまま、彼女はパイプ椅子ごと体を後ろに向けてしまった。
 どうして彼女は後ろを向いているんだろう。
 疑問は残ったが、スタンドミラーに写る彼女の横顔はとても楽しそうだったので私は気に
しない事にした。
「――――名前、書けました?」
 書き終えた。
「じゃあ! その名前を中心にハートのマークを書いてくださいっ」
 わかった。
 凄く楽しそうな彼女の雰囲気を背中に感じながら、私は言われたようにそっとハートマー
クを描いていく。
 曲線部分と鋭角な角度の変更を繰り返しながら、そのハートは紙面における面積を徐々に
拡大させていく。それにつれて、自分の中に変化がおきるのを感じる。
 なるほど……これは不思議な感覚。
 おまじないという文化が発達する事も十分に理解できる。
 やがて、芯を使い切ってしまう頃、
「――あの、名前は全部隠れましたか?」
 彼女はそんな事を聞いてきた。
 隠れた。
「じゃあ振り向きますね! ……わ、わー! 凄いです!」
 振り向いた彼女は、何故か嬉しそうに飛び跳ねていた。
 私に渡された紙の上には大きなハートマークがあり、すでに紙面の両端まで迫ってしまっ
てる。
 これ以上は、形状を維持したまま拡大はできない。
 私は紙を彼女に手渡すと、
「これでいいんですよ! 凄いなぁ~こんなに綺麗で大きなハートって初めて見ました~」
 嬉しそうに彼女は紙を掲げて、その場をくるくると回るのだった。
 ……喜んでもらえてよかった。
「これなら絶対、両思い間違いな……あ」
 小さく声を上げて、彼女の足が止まる。
 天井に向かって紙を掲げた姿勢のまま、何故か彼女は顔を紅潮させてこちらを見ていた。
「あ、あの」
 何。
 何か間違えていたのだろうか。
「えっと……あの」
 恥ずかしそうで困った顔をして、彼女は私を見たまま両手を下ろせないでいる。
 蛍光灯に照らされた紙面には大きなハートと、私が書いた「朝比奈みくる」という名前
の部分が浮き出されていた。
 
 
 その他の作品
 

|