文字サイズ小で上手く表示されると思います

微エロ注意


 


 曰く、それは命の水
 曰く、それは百薬の長
 曰く、それは――二十歳を過ぎてから

 


 「お酒」「紙一重」

 


「おいおいキョンよ。結局涼宮とは別れちまったのか~」
 何故か嬉しそうにそう聞いてくる谷口の顔は、俺が首を横に振るとスイッチを切り替え
た様に苦い顔へと変わった。
「はぁ?! じゃあ、なんで俺達と飯食ってるんだよ?」
 人に箸を向けるな、唾を飛ばすな。
「まあまあ。仲が良くても、たまには別々にご飯を食べたい時もあるんじゃない?」
 そんな国木田のフォローも谷口の気を紛らわす事はできなかったらしく、結局弁当を食
い終えるまでの間、俺は谷口の愚痴に付き合わされたのだった。
 ……まあ、ここ最近はずっとハルヒと一緒に昼食を食べてたから、谷口がそんな事を言
い出すのもわからなくもないけどな。
 何となく視線を送ったハルヒの席は無人で――
「おいおい、いくら涼宮の事が気になるからってここで惚気んなよ? せっかくの飯が不
味くなる」
 安心しろ、頼まれても言わん――もう二度とな。
「あれ、メールが来てるんじゃない? キョンの携帯」
 ん? あ、本当だ。
 バイブモードにしてあった携帯は、メールの受信を受けて細かく震えている。
「へっ。どうせ涼宮からのメールだろ」
 ピ ピ ――……いや、長門からだな。珍しい。
「なんだと?! お前涼宮だけじゃなくて俺的美的ランキングAーの長門有希とまで付き
合ってんのかよ?」
 んな訳あるか。
「だったら、そのメールの中身を自分で確認する前に俺に見せてみろ。ほれ」
 何で俺がお前にそんな事をしなくてはならんのだ。
 お前は俺の彼氏か?
「あ……これは谷口は見ないほうがいいんじゃないかな」
 国木田からはちょうど俺の携帯の画面が見えていたらしい。って、そんな内容なのかよ。
 俺はとりあえず自分でもメールを確認してみたんだが……。
「おいキョン、何て書いてあるんだよ?」
 体を乗り出して文面を読もうとする谷口を片手で押さえつつ……相変わらず簡潔な内容
だな。

『送信者 長門
 タイトル なし
 本文 今夜19:00 部屋に来て欲しい』

 


『買出しがあるから今日は活動休止! 明日からの土日は未定!』
 放課後、無人の部室で俺を迎えてくれたのは黒板に書かれたそんなメッセージだった。
 買出しねぇ……久しぶりにまた何か企んでいるってのかね?
 というのも、俺と付き合いだしてからハルヒは随分大人しくなっていた。
 それでも一般人と比べたらまだまだ暴走特急みたいなもんなんだが、過去の思い出を振
り返ってみれば可愛いもんだと言えなくも無いレベルだ。
 宇宙人のあれこれで不思議な世界に飛ばされる事も無くなったし、社交的な超能力者が
世界崩壊の危機とやらに心配する姿も随分見ていない。
 ま、たまにはいいか。
 あいつが何を考えているのか知らないが……まあ、俺にできる事なら付き合ってやるさ。
 

 

 その日の夜、俺はメールの内容に従い長門のマンションへと自転車を走らせていた。
 約束の時間までは……この調子なら間に合いそうだな。
 聞いていた暗証番号を入力してロビーを抜け、無人の廊下を歩いていくと長門の部屋が
見えてくる。
 ……そう言えば、長門が俺を呼び出した理由ってのはいったい何なんだろう。
 多分、ハルヒ絡みの事なんだろうが……あ、例の買出しがどうとかが関係してるのかも
しれないな。
 などと考えながら、俺は部屋の呼び鈴を押し――
「遅いわよ!」
 ……長門の名誉の為に言っておくが、今のご機嫌で不機嫌という不可思議なでかい声は
長門から発せられたものではない。
 なんでお前がここに居るんだ。
 そこに居たのは寡黙な同級生ではなく、何故か真っ赤な顔をしたハルヒだった。
「ほ~ら、何してるの? さっさと入りなさいよ~」
 ん? この匂い……お前、酒飲んでるだろ!
「そうよ」
 あっさり認めやがった。
 ……って事は、まさか長門まで?
 急いで部屋に入った俺が見たのは、テーブルに散乱したアルコールと思しき缶の山と、
「いらっしゃい」
 普段と変わらぬ真っ白な肌をした長門だった。
 よかった。長門、お前は無事だったのか。
「無事」
「さ、キョン。駆けつけ三倍よ」
 お前、絶対違う漢字でその言葉を覚えてるだろ。
 両手で酎ハイらしき缶を3つも持ってきやがったハルヒから、俺は缶を受け取り
 ジャー……
「なんで流しに捨てるのよ? ば、ば、ばかぁ!」
 シンクに流れていくカラフルな液体を前に、ハルヒは悲しそうな顔をするのだった。
 俺達は未成年で高校生だからだ。
 ったく、孤島で二度とアルコールは飲まないとか言ってたのは誰だよ?
「あああ~……勿体無い……キョン! 勿体無いお化けが出るからね!」
 はいはいはいはい。
 ったくこの酔っ払いが。おい長門、こいつはいったいいつからこんな調子なんだ。
「17時27分から酩酊状態が続いている」
 学校が終わってすぐからだと? ……すまん、もっと早く来ればよかったな。
「大丈夫。それより、暫く彼女の事をお願いしたい」
 ああ、いいぜ。
 酔っ払いの相手をずっとしてたんだ、いくら長門だからって少しは休みたいだろう。
 俺とハルヒを部屋に残し、小さな鞄を1つ持って長門は部屋を出て行った。
 ……この時間だと図書館はもう閉まってるはずだが、どこかで気晴らしができる場所の
当てがあるんだろうか?
「キョ~ン! ほらほら、あんたもこっちにきて飲みなさい!」
 まあいい、とりあえずはこっちが差し迫った問題だ。
 ハルヒはコタツに座って、テレビを見ながら酎ハイを楽しそうに飲んでいる。
 ここでテーブルにあるアルコールを全部捨てたら……こいつの事だし、暴れるだろうな。
「……何よその顔。団長命令に不服があるわけ?」
 別に……。
 となれば、だ。俺も一緒に飲む振りをしてこっそりとアルコールを処理していくしかな
い……か。
 そんな俺の目論見も知らず、大人しくコタツに座った俺を見てハルヒは喜んでいた。
「は~い。かんぱ~い!」
 隣に座った俺にハルヒはさっそく缶酎ハイを押し付けてくる……まあ、最初だけな。
 俺が缶に口をつけるのを見て……無邪気にハルヒは笑っている。
「えへへぇ……」
 ほんのりと赤くなったハルヒの顔は……まあ可愛いとは思うんだが、ここは心を鬼にし
ないとな。

 


 ――数時間後、俺は作戦の失敗を自覚していた。
「はい! カンパ~イ!」
 まあ、何回か乾杯すれば気が済むだろうとハルヒに付き合っていた俺なのだが、十数回
の乾杯を経た今となってはそれが無謀な事だったのだと気づいた。
 視界はすでに揺れ始めていて、多分立ち上がったら真っ直ぐ歩く事すら困難なはずだ。
 いくら週末だからってこれはやりすぎだろ……。
「ね~もう酔っちゃったの? 早いよ~」
 本当に同じ人類なのだろうか?
 俺と同じペースで飲んでいるはずなのに、ハルヒはそれ程酔っていない……というより
も、むしろ酔いが醒めてきているようにすら見える。
 ハルヒ。
「なに~?」
 お前、一度肝臓辺りを診てもらえ。
 未成年がそんなにアルコールに強いとか絶対におかしい。
「肝臓って……この辺?」
 不思議そうな顔をしたハルヒは、自分のセーターをたくし上げて……待て! それ以上、
脱いだら――
「脱いだら?」
 途中まで服をたくし上げたままで、ハルヒは嬉しそうに聞いてくる。
 ええいこの酔っ払いが!
 だから、それ以上脱いだら色々見えてしまうだろうがっ! 見せたいのか?
「ああ、見たいのね」
 なあ……人の話は聞こうぜ? ……って。
 止める間もない、ハルヒはあっさりとセーターを脱ぎ捨てちまいやがった。
 今、ハルヒの上半身を覆っているのは白いブラジャーだけで、それも十分なサイズ
ではないらしく、何ていうか……その。
「あはは! 照れちゃって~……可愛いなぁ! もう!」
 半裸状態のハルヒは嬉しそうに俺の体を叩くのだった。
 落ち着こう、まずは俺が落ち着こう……。
 ハルヒは酔っ払いだ、だから馬鹿げた事をやっている。だから俺はそれを止めなくては
ならない。そうだその通りだ。……よし。
「どしたの?」
 なあハルヒ、服を脱いだら寒くないか?
「別に~」
 いや、見てる俺が寒い。だから服を着ようぜ?
 俺の理性が残っている間にな。
「わかったわよ~もう」
 不満そうにハルヒはセーターを取ると、何故かそれを放り投げて……何で立ち上がるん
だよ。
「寒いのよね?」
 そうじゃなくてな? 
 ふらふらとコタツにそって歩いてきたハルヒは、再びコタツに座った――何故か俺と同
じ場所に。
「よいしょっと。ふぅ……何よ、あんた暖かいじゃない」
 俺の左側に寄り添うように座ったハルヒは、体重を預けながら嬉しそうにしている。
 結果、俺の視点は少し見下ろす様な形になり、ハルヒの胸で自己主張をしている2つの
膨らみの谷間までが見え隠れしていた。って何見てるんだよ俺は! さっさとここから出
ないと?
 ……そう頭は思っているはずなのに、体は一向に動き出そうとしない。というか、今動
くと色々とまずいんだ。うん。
 何故って? ……まあその、なんだ。人間の摂理というか生理現象と言うかだな。
「ねえ……キョン」
 なんだ。
 今こっちは色々と忙しいんだ。できればそんな甘えた声は止めて頂けると有難い。余計
に動けなくなる。
「あたし達って……付き合ってるのよね?」
 ……あ、ああ。
 ハルヒは呟きながらふらふらと揺れている。
「だったら……さあ……」
 その後に、ハルヒは何て言うつもりだったのだろうか。 
 ゆっくりと俺の膝に倒れこんできたハルヒは、すでに小さな寝息を立てていた。
 ……ほ、本気で危なかった。
 もし、この状態が後少しでも続いていたとしたら、どうなっていたか自信が無いぜ。
 といってもまあ、ここが長門の部屋である以上、無茶な事は出来なかっただろうけどな。
 安堵と共に訪れる少しの……いや、なんでもない。
 俺は自分の膝で眠るハルヒの髪を撫でながら、未だ戻らぬ長門へ電話をかけてみた。

 


 ――それが間違いだった。

 


 ププ・プププ――プルルルル――プルルルル――プルルルル――プルルルル――
 あれ? 長門にしては電話に出るのが遅いな。
 プルルルル――プルルルル――プルルルル――ピッ!
「もしもし」
 長門、俺だ。今どこに居るんだ?
「漫画喫茶」
 なるほど、この時間で本が一杯の場所となるとそうなる訳か。
 そっか。実はハルヒが寝てしまったんだが、お前はもうそろそろ帰ってくるのか?
 俺としては長門が戻る前に少しは部屋を掃除しておくつもりだったんだが――
「今日は帰らない」
 ……は?
 淡々と告げられた否定の言葉。
「今日は帰らない」
 繰り返された返事は、残念ながら聞き違いでは無い様だった。

 


 ――長門から聞いた説明によると……事の始まりは今日の昼休みの事だったらしい。
 俺の平常心を取り戻す為、ここは朝比奈さんに経緯を説明してもらうとしよう――

 


 えっと……つまり2人っきりになりたいって事ですか?
「それは最低条件。大切なのは、邪魔が入らないって事よ」
 はぁ……。
 お昼休み、涼宮さんに一緒にお弁当を食べようと誘われていた私は部室に来ています。
 部屋には長門さんも居て、3人で一緒にお弁当を食べていた時に涼宮さんの相談は始ま
りました。
 相談の内容は、キョン君と2人っきりになりたいという事なんですけど……部室じゃあ
駄目なのかなぁ。
「論外。学校の中なんてまだ駄目」
 はぁ……。
 まだ、ですか。いったい何をするつもりなんだろう……?
「それでね? キョンの家には妹ちゃんや家族が居るし、あたしの家も駄目なのよ。かと
言ってキョンはあーゆー所には詳しくないだろうし……」
 あーゆー所?
 何故か小声になってしまった涼宮さんは、それ以上詳しい事は言ってくれません。
 いったいどんな所の事なんだろう?
「と、とにかく! 誰にも邪魔される心配が無くて二人っきりになれる場所に心当たりっ
てない?」
 誤魔化すように大声をあげた涼宮さんに、
「ある」
 それまで、話には参加せずに黙々とお弁当を食べていた長門さんが箸を止めて口を開き
ました。
「どこ?」
 涼宮さんが顔を寄せる中、長門さんはゆっくりとおかずを噛み締めて……やがておかず
を飲み込んだ所で自分の顔を指差しながら
「私の部屋」
 と、呟きました。 

 


 ……まったく、何を考えてんだか。
 膝の上で幸せそうに寝ているハルヒは、時折くすぐったそうに身をよじるだけで俺の苦
悩には全く関心がないらしい。
 ってまぁ、ここまでされたらいくら俺でもハルヒの考えはわかるさ。
 つまりあれだ、ハルヒは……その、なんだ。
 辿り着いた結論はそのまま受け入れるには勢いと言うか勇気が必要で、俺はテーブルに
残っていた酎ハイの缶を取るとそれを一気に飲み干した。
 喉を炭酸で誤魔化されたアルコールが通り過ぎていき、それが胃に辿り着く頃には長門
の話によって醒めきっていた脳内に酩酊状態が戻ってくる。
 据え膳食わねば男の恥……だったか?
 あ、確かあれってこーゆー意味とは違ったような……まあいい。
 膝の上で眠るハルヒの体をそっと抱き寄せた俺は、その体をそっと床に横たわらせた。
 動いた事で寒さを感じたのか、ハルヒの腕が俺の体を求めるように彷徨う。
 ハルヒ、お前が昔言ってたみたいに俺も健康で若い男だから体をもてあましたりもする
さ。だからこんな状況で何もするなって言われたって、はいわかりました! 何て言える
訳が無い。
 ハルヒと向かい合うように横になった俺は、素肌を晒したままで寒そうなハルヒの体を
そっと抱きしめてやった。
 俺を抱き枕とでも思っているのか、俺の体を包むようにハルヒの手が伸びてくる。
 体に伝わってくる柔らかさは俺の血圧を無駄に上昇させ――恐らく、ここまではハルヒ
の計画通りの展開だったのだろう。
 しかし、ハルヒは一つ間違いを犯した。
 アルコールは時に人に勢いを与えたり、無茶な行動をさせたりもする……が、それ以外
にもある精神に大きく影響を及ぼすのだ。

 



 ――あ、あれ?
 俺が気がついた時、明るかったはずの部屋の電気は消えていた。
 えっと、確か俺は……そうだ! ハルヒは……探すまでも無かった。俺の目の前にある
のはどうやらハルヒの後頭部らしく、俺はハルヒを背後から抱きしめた形で眠ってしまっ
たらしい。
 ……念のために自分の状態を確認してみると……あ、服着てる。
 慣れないアルコールとコタツの暖かさのせいで、どうやら何もしないまま寝てしまった
らしいな。
 ま、これでいいよな? こーゆー事は、焦らなくたって……ん?
 自分の下腹部に感じる柔らかく、暖かな感触。
 ……え、えっと……これは、つまり。
 掛け布団があって確認は出来ないが、どうやらハルヒは横になっている俺の体にやけに
密着した状態で寝ているらしい。
 隙間無く触れ合った体からは女子特有と思われる至福の感触が俺をくすぐり、頭以外の
部分まで目を覚ましてしまっていた。

 



 ――あ、あれ?
 あたしが目を覚ました時、コタツで飲んでいたはずなのに何故か床に横になって眠って
いて、目の前には誰かの顔が見えていたの。
 真っ暗で誰なのかわからないけど、誰もこの部屋には入れないんだからこれってキョン
よね?
 向かい合うように横になっているキョンは、あたしの胸元にそっと手を添えていて……
どうやら寝ているみたいで何もしてこないわ。
 人がせっかくここまで準備してあげたのにたったこれだけ?
 期待していた分だけショックだったけど……まあ、二人で一緒に寝るって事は達成でき
たんだから、まあいいわ。
 ……あ、あたしまだ服を着てない。
 いつものキョンなら、何か上着でもかけそうな気がするけど……これってキョンも結構
乗り気だったって事かな? 胸も触ってるんだし、これって大きな前進よ!
 その事実が嬉しくて、あたしはキョンの手を掴んで……あれ、キョンって思ったより小
さな手をしてるのね。それに凄くすべすべ……ちょっと羨ましいくらい……って! 違う!
これはキョンの手じゃない?
 テーブルの上に鎮座していた空き缶達は、突然の衝撃の前に無残に転がっていく。
 コタツを跳ね飛ばして起き上がったあたしが「いってぇっ!」――あ、あれ? 何か踏
んだかも――勘で壁際を適当に探っていくと、偶然触れた右手が部屋の照明をつけた。
 照明によって照らし出されたのは何故か片手を押さえているキョンと……あ、あれ?
眠そうな顔で目をこする、有希の姿だった。
「……」
「な、長門?!」
 何で有希がここに? って、ここは有希の部屋だから居ていいんだけど……その。
 上手く言えない私を見て、有希は不思議そうな顔をしている。
 とりあえずセーターを着込んだ私が見たのは、時計を見つめる有希の姿だった。
 デジタルの置き時計は5時29分を表示している。
「昨日、この部屋を一日利用する事を私は貴女に提案した」
 そ、そうね。ありがとう。
 それは嬉しいし助かったんだけど……な、何でもう帰ってきちゃったの?
 疑問を胸にしまったまま頭を下げるあたしに、
「午前0時を過ぎた為、帰宅した」
 有希は事故報告でも出すみたいに淡々と告げるのだった。
 えっと……それってつまり。0時まで部屋を貸してくれてたって事?
「0時を境に、日付は区切られている」
 そうね、その通りよ間違いないわ。
 ……なんでそんな所まで真面目なのよ! 有希!
 色々と目で訴えてみたけど、有希には通じそうもない。
「0時32分に帰宅した所、貴方達は2人ともコタツで眠っていた。暖かそうだったので、
私もそこで眠る事にした」
 そう言って有希は酷い有様のコタツ――キョンは無言で片づけをしてるわ――を指差し
ている。
 じゃあ、私の胸にあった手はやっぱり。
「私の手」
 ……はぁ……期待してたのになぁ……。
 落ち込むあたしに眠そうな目を向けながら――どうしたのかしら、有希は何故か自分の
後ろを気にしてるみたい。
 ねえ有希、お尻がどうかしたの?
 もしかしてお酒が零れてた?
「違う。さっきまで、何「お、おいハルヒ!!」
 何よ急に煩いわね。
「もうこんな時間だし長門にも迷惑だろ、そろそろ帰らないか?」
 何その焦った顔、露骨に何か隠してるってわかるんですけど。
 それに、こんな時間って言うけどまだ6時にもなってないのよ? こんな朝早くに何処
へ行くのよ。
「えっと、それは……」
 苛々していたあたしの前に、有希の小さな手が1枚のチケットを差し出してきた。
 これって何?
「私が頻繁に利用している漫画喫茶の割引チケット、24時間営業で店内も清潔」
 有希が教えてくれたその説明よりも、手渡されたチケットに書いてあった――カップル
専用個室完備――という一文に、あたしは目を奪われていた。
 盲点だったわ! 公共の場所でありながら2人っきりの方がきっとどきどきするわよね!
 ありがとう有希! せっかくだからさっそく使わせてもらうわ!
 そう感謝の意を伝えると、静かに有希は頷いた。
 これって作戦が失敗しちゃったあたしへの有希なりの気遣いって事よね? やっぱり持
つべき物は女友達なのよ!
 無抵抗であたしに抱きしめられている有希の体を堪能した後、あたしはぼーっとしてい
たキョンの手を掴んで「おいハルヒ! ついていくから引っ張るな?」あたしは部屋を飛
び出していった。
 

 

 エアダンパーの機能によって開放状態だった扉が閉鎖され、ドアロックは正常に動作し
て小さな施錠音が玄関に響いた。
 現在時は5時52分、朝食を取るにはまだ早い。
 このまま起きてしまうのもいい。
 けれど、この方がきっといい。
 私はさっきまでいたコタツに戻り、また横になった。
 カーペットの上は3人が居た場所だけがまだ暖かく、その温もりは心地よい眠りを誘っ
てくる。
 ……この二度寝という行為は、有機生命体の中で軽度の禁忌とされているらしい。
 こんなに気持ちいいのに何故禁じるのだろう?
 よく、わからない。
 ゆっくりと自分の意識が薄らいでいく中思い出したのは、自分のお尻に当たっていた不
思議な感触。適度に固く、衣服越しにも感じられるほどに熱を持っている不思議な何か。
 彼の体に、それに該当する部位は存在しない。
 かといって、彼が何かを持っていた様子もない。
 あれは……よく、わからない……。
 理由はわからないが、統合思念体はこの質問に対する回答を保留している。
 また部室で会った時に聞いてみよう。
 再びやってきた睡魔に身を任せながら、私はそんな事を考えていた。

 


 「お酒」「紙一重」 ~終わり~

 

 その他の作品


|