文字サイズ小で上手く表示されると思います


 


 日本語には、複雑な感情という表現方法があるがそれは喜怒哀楽の様にはっきりと
区別できない感情の時に使う事もあれば、あまりに多くの要因の前に自分の感情を明
確にできない場合もあるのだろう。
 今の俺に当てはめて言えば、それは後者にあたる。
「あの……や、やっぱり重いですよね?」
 俺の背後からでありながら上方から聞こえる――つまりは、四つん這い状態の俺の
背中に座っている朝比奈さんの申し訳なさそうな声。
 いえ、全然軽いです。
 そう俺が言い切っても、朝比奈さんは申し訳なさそうな顔をしていた。本当に軽い
んですよ?
「ちょっとキョン、何でトナカイが喋ってんのよ。舞台裏だからって手を抜かないの。
それにみくるちゃんも! 今日は喋っちゃ駄目って言ったでしょ?」
「は……はい」
 好き勝手言ってくれるハルヒの顔色を伺いながらも、やはり朝比奈さんは俺の背中
を気にしているみたいだった。
 何故ハルヒが俺をトナカイ等と呼び、朝比奈さんが喋ってはいけないのか?
 ――まあ、それはもうすぐわかるだろうよ。わかりたくもないが。
「それでは本日の特別ゲストをご紹介したいと思います! みなさん、拍手を持って
お迎えください!」
 スピーカーから響く無駄に饒舌な古泉の声は舞台裏までしっかりと届き、俺はそれ
に溜息をもって答えるしかなかった。
 何でこんな事やってんだろうな……とテンションを下げる俺に対して、
「いよいよ出番ね! さあキョン、きりきり歩きなさい!」
 ハルヒから無慈悲な命令が飛んだ。
 ……あいよ。 
「キョン君、ごめんなさい……」
 朝比奈さん、そんな悲しそうな顔をしないでください。……正直なところを言えば、
貴女の重みを感じるのは苦痛だけではなかったりしますし。
 俺はハルヒにせかされながらのそのそと前足……右手を前へと動かした。

 


 最初、舞台袖から顔を出した俺の姿を見て、期待に満ちていた観客のテンションは
面白いように下がっていくのがわかった。
 そりゃあそうだよな、トナカイの着ぐるみ如きで最近の子供が喜ぶはずも無い。
「……ちょっとキョン! 早く行きなさいよ?」
 へいへい、わかってるよ。
 俺は後ろでせっつくハルヒを意識しながら板間の上をゆっくりと這って進み、
「「…………わーーーー!! サンタさんだーーーー!!!!」」
 割れんばかりの歓声と拍手。
 サンタコスの朝比奈さんの前に、会場のテンションは一気に最高潮を向かえた。
 子供達の歓声を前に、朝比奈さんは笑顔で手を振って返している。
 そんな朝比奈さんを乗せた俺はトナカイなりに何となく誇らしい気持ちでいたんだ
が、そんな時に限って会場で司会をしていた古泉と目があってしまう。
 何だよ……ん、ブロックサインか。えっと、お……に……あ……い……で……す?
 殴るぞ、じゃない。角で突くぞ、トナカイだけに。
 半眼で睨む俺に無駄な笑顔で答えつつ、
「今日は大変お忙しい中をお願いして、サンタさんに来て頂きました! みなさん、
もう一度盛大な拍手をお願いします!」
 古泉の言葉で再び起こった拍手の中に、今度は歓声とは違う言葉が混ざっていた。
「DS頂戴ー!」
「WIIが欲しいー!」
「携帯! 携帯!」
「キョン君トナカイだー!」
 口々に自分が欲しいプレゼントを叫ぶ子供達、気持ちはわからんでもないが目が本
気だ。……あれ、今何か聞きなれた声が混ざってなかったか?
 どうしていいかわからずあわあわと手を振る朝比奈さん(サンタ)の隣に、赤いサ
ンタ帽子だけを被ったハルヒが立った。っていうか俺の目の前に立つな。
「みんなー! サンタさんは日本人じゃないから日本語はわからないの! だから、
みんなが欲しい物はお父さんかお母さんに伝えてね! そしたら、お父さんやお母さ
んはサンタさんが読める字で手紙を書いてくれるわよ! わかった?」
 なるほど、一応筋は通ってるしうまいこと言うもんだ。
 朝比奈さんにまで喋らないように厳命してたのはこの為だったのか。。
 説得に納得した子供達の「はーい」の連呼が終わるのを見て、再びハルヒは口を開
く。
「今日はなんと今年一年いい子にしてたみんなに特別サービスがあるの! お願いと
は別に、もう1つプレゼントをくれるんだって! さーみんなサンタさんの前に並ん
で並んで!」
 火に油。いや、この場合は油に火だろうか。
 ハルヒの言葉を聞いた子供達は、我先にと舞台の上へと上がって来る。
 それを見た朝比奈さんが立ち上がろうとすると、
「だ~め、サンタさんはそのままトナカイの上に座ってて! 子供とは目線を合わせ
て接するのは大事なんだから!」
 一瞬軽くなった俺の背中に再び朝比奈さんのお尻が圧し掛かった。
 ……こらえろ俺、ここでにやけでもしたら一生ハルヒに馬鹿にされるぞ?
 背中に感じる柔らかな感触と戦っていた俺の隣に、白い大きな(本当に洒落になら
ないサイズ)の袋を担いだサンタ帽子の長門がやってきた。
「さあサンタさん! お願いします!」
 ハルヒの声に笑顔で返しつつ、朝比奈さん(サンタ)は長門が袋から取り出したプ
レゼントを子供達へと配っていくのだった。
 って。俺は最後まで四つん這いのままなのかよ? ……と苦情を言いたい所だが今
日は我慢しようか。
「ありがとうー!」
「サンタさん可愛い~」
「来年も来てね!」
 プレゼントが手渡されるたびに響く、子供達の感謝の言葉。
 そしてそれを聞く朝比奈さん(サンタ)の零れそうな笑顔。
 ……ひねくれちまった俺だが、今日だけはサンタの存在を信じざるをえないね。
 やたらと寒いだけで雪が降る気配は感じられない無い12月25日、子供に夢を与
えるサンタは確かにそこに居たんだ。

 


 その日の夜――
「あれ? キョン君もう寝ちゃうの?」
 ああ、サンタによろしく言っておいてくれ。
 コーラにピザという完全武装でサンタを待ち伏せている妹にそう言い残し、俺はリ
ビングを後にした。
 ハルヒ立案による子供会へのゲスト参加も無事に終わり、慣れない運動に疲れきっ
ていた俺は早々とベットに入る事にした。
 心地よい疲労って言えば聞こえはいいが、所詮疲労は疲労な訳で、明日も早くから
学校に呼び出されていた俺は何よりも安息を求めている……はずなんだが、今の俺の
中には休息とは違う欲求を訴えている奴が居た。
 それは背中に感じられていた朝比奈さんのお尻の感触によって呼び起こされた……
まあ、あっさりと言えば欲望を持て余してた訳だ。
 子供には可愛いだけにしか見えていないであろう朝比奈さんのサンタコスだが、健
全な男子高校生である俺には取扱いに注意が必要な刺激物でもある。
 目を閉じた俺の脳裏に浮かぶのは、狙って買ったとしか思えないぎりぎりのミニス
カートに身を包んだ朝比奈さんのお姿で……ええい! さっさと寝ろよ俺!
 必死に煩悩を振り払いながら眠ろうとしていたせいなのか知らないが、その夜俺は
変な夢を見た。
 それは、できるならもう一度見たくなるような夢でもあった。

 


 ……カチャリと僅かな音を立てて部屋の扉が開いた時、俺は眠りが浅かったせいな
のかその小さな音で目が醒めてしまった。
 何が起きているのか理解する前に、真っ暗な部屋にそいつは誰かが入ってきた。
 それは小柄な……といっても家の妹よりは大きいその人影は、ベットで寝ている俺
の様子を伺いながら恐る恐る近寄ってくる。
 現実感がない状況にぼんやりとしていた俺は……侵入者の顔を見た瞬間、これが夢
だと理解した。
 何故だって? 部屋に入ってきていたのは、サンタコスに身を包んだ朝比奈さんだ
ったんだよ。いくら未来人という背景を持っているとはいえ、朝比奈さんが深夜に俺
の部屋に忍び込む理由なんてあるか? ……無いよなぁ……残念ながら。
 ベットの傍に屈んだ朝比奈さんは、俺の顔をまじまじと確認している。
 ……ここは寝たふりをしておこうか。
 夢の世界の展開は自分の思い通りになどならないとは思いつつも、この夢の続きが
見てみたくて俺はじっと動きを止めていた。
 しばらくの間俺を見つめていた朝比奈さんだったが、やがて小さく息をついて俺の
枕の辺りを探し始めた。
 ……何を探しているんだろう?
 ベットの上には俺と枕と布団しかないのを見て朝比奈さんは少し困っていたようだ
ったが、やがて諦めたようにベットから離れて、俺の机の上に何か四角い物を置いて
……ああ、なるほど。
 シルエットでしかわからないが、どうやらそれはプレゼントの様だった。
 俺の深層心理って奴はサンタに来て欲しかったのか。
 確かに今日はクリスマスなんだし、早々とサンタの存在を否定していた俺だって少
しは期待してしまう日だもんな。
 ……だが、正直今の俺が欲しかったのはプレゼントではなくて、むしろ……。
 そんな俺の欲求が夢に影響したんだろうか?
 部屋を出て行こうとしていた朝比奈さんの足が止まり、横を向いてベットに寝てい
る俺を顔をじっと見ている。
 俺は目を伏せた振りをして、そんな朝比奈さんの様子を薄目でじっと見つめていた。
 やがて、ゆっくりとベットに近寄ってきた朝比奈さんは、そのままベットの上に腰
掛けてきた。朝比奈さんの自重にベットが小さく軋み、その音が消えてから彼女は俺
の顔のすぐ傍まで近づいてくる。
 朝比奈さんの髪が俺の頬に当たる、それはくすぐったくもあり……あまりに魅惑的
な匂いに、俺はこれから起きるかも知れない展開に期待していた。
 頼む、ここで目が覚めてくれるなよ?
「……」
 朝比奈さんの顔が、彼女の吐息が感じられる程近くにある。
 このままじっとしていればもしかして……? と思う俺の気持ちと、どうせ夢なん
だから思うが侭に動いてしまえよ! という気持ちが揺れ動く中、目を閉じた朝比奈
さんの顔が俺の頬の上にそっと降りてきて――それを見計らっていた俺は、寝返りを
装って賭けに出た。
 それは、あわよくば唇にキスを……という企みだったんだが……。
 寝返りを打った俺の背中は、偶然そこにあった朝比奈さんの腕を押す形になり、支
えを失った朝比奈さんの体は重力に従って俺の上に落ちてきて……。
 予想外な出来事に思わず目を開いてしまった俺が見たのは、俺に抱きつきながらキ
スをする朝比奈さんの顔だった。
 どうしていいのかわからないのだろうか。朝比奈さんは俺と視線と唇を重ねたまま、
そこから動こうとしない。
 唇に感じる潤んだ感触と、胸に押し当てられた大きく柔らかな二つの感触に勝てる
男など居るのだろうか? ……居るわけないよなぁ。
 居るとしたらハルヒが言ってた数%の特異な性癖を持ってる奴だけに違いない。
 俺は気づかれないようにそっと朝比奈さんの背に手を回し、そのまま優しく抱きし
めてみた。
 より強く押し当てられた朝比奈さんの体が、その柔らかさを俺に伝えてきて……。
 逃げられないと思ったのだろうか。
 朝比奈さんの顔が脅えた顔に変わったのを見て、俺の中にあった欲望はまるで雪だ
るまに熱湯を注いだ様にあっさりと消えていった。
 基本的人権には思想の自由って物がある以上、夢の中くらいは好き勝手に振舞って
もいいものだろう。
 ハルヒも規模は違えど同じような事をやってるらしいしな。
 それでも……俺には朝比奈さんをストレス発散の対象には選べないらしい。
 朝比奈さんの小さな背中に回していた手を離しながら、俺はこれが夢だとわかって
いたが自分の気持ちを口にしていた。
 正直に言えば……まあ、色々したいんです。本当。朝比奈さんは魅力的ですから。
でも、たとえ夢の中だとしても、朝比奈さんに酷い事はできないですよ。
 俺の手が離れて自由になっても、朝比奈さんはそのまま俺の上から離れようとしな
かった。
 戸惑うような表情でじっと俺を見ていた朝比奈さんが、そっと口を開いて――
「キョン君――――朝だよーーー!!」
 極上の柔らかさと共に感じられていた魅惑の体重は、その瞬間打撃に近い衝撃に変
わった。
 ……夢から覚めた俺が見たのは、残念ながら俺の腹の上ではしゃぐ妹の姿だった。
 一応いつの間にか朝になっていたらしい俺の部屋を見回してみたが、愛らしいサン
タさんの姿はどこにも見つからない。
「ねぇねぇキョン君! 見て見て! サンタさんがくれたの! プレゼント!」
 カラフルな四角い箱を両手にはしゃぐ妹を押しのけ、俺は淡い期待を持って机の上
を確認してみたんだが……そうだよな、机の上には何も置かれていなかったよ。

 


 翌日、休日だというのに部室に呼び出されていた俺が部室のドアを開けると、
「さっさと出しなさい!」
 意味不明な言葉と共に、俺の襟首はハルヒの手によって掴まれていた。
 いきなり何しやがる? それに何の話だ? っていうか何でお前はそんなにご機嫌
なんだ?
「下手に隠すと酷い眼にあうわよ? ほら、さっさと出しなさいよ!」
 なあ、せめて1個くらい質問に答えようぜ?
 おい古泉、説明しろ。
 先に部室に来ていた超能力者は、俺の言葉に嬉しそうに頷いた。
「昨日の夜の事です。子供会の行事を終えて部屋に戻ったところ急に眠気がさしてき
まして、気がついた時にはもう朝でした。そして、テーブルの上にはこれが置いてあ
ったんです」
 そう言って古泉が取り出したのは、小さなプレゼントの箱だった。
 なるほど、優しい親御さんだな。
 高校生相手に、まだサンタの存在を信じさせてやろうなんて涙物だぜ。
「ところがです。その日僕は1人で部屋にいて、部屋の鍵は中からかかったままだっ
たんですよ」
 ……おい、また何か企んでるのか?
 古泉の言葉を欠片も信用せずに俺が疑ったのも無理はないだろう、孤島での前科が
あったからな。だが、
「私の状況も彼のケースに酷似している」
 そう俺に言いながら、窓際の席に座った長門がプレゼントの箱を取り出した時、そ
れは疑惑に変わった。
 長門に続くように朝比奈さんもプレゼントの箱を見せてくれ、更に――
「ほらこれ見なさいよ! これ!」
 近い! 見えん! 痛い!
 プレゼントの箱らしい物を俺の顔に直接押し付けてくるハルヒによれば、やはり他
の2人同様、朝起きてみると差出人不明のプレゼントがあったらしい。
 ……ハルヒや古泉、朝比奈さんはともかくとして、長門に気づかれずにそんな事を
できる奴がこの世に居るとしたら……それは……まさか
「サンタよサンタ! あんたが居ないって馬鹿にしてたサンタが本当に居たのよ! 
これはもう見つけ出してどうやって一晩で世界中を回れるのかとか、どこからプレゼ
ントを買う予算が降りてるのかとか聞き出すしかないわよね! で、みんなのプレゼ
ントにサンタの痕跡が無いか調べてるわけ! さ、出しなさい。あんたのもらったプ
レゼント!」
 ……絶好調なところ悪いんだがな。
 俺は向日葵の種を前にしたハムスターの様な顔をするハルヒの前で、ひらひらと手
を振ってやった。
 それを見て、ようやくハルヒは俺が手ぶらだと気づいたらしい、
「……え、あんた貰えなかったの?」
 間の抜けたハルヒの声に、俺は頷いた。
「ま、まあそんな事もあるわよ、気にしない気にしない!」
 そう言いながらハルヒは俺にヘッドロックをかけるのだった。
 おい、言ってることとやってる事が違わないか? もしかしてこれは慰めてるつも
りなのか?
「今年一年あたしの言う事を素直に聞いてたら、来年はちゃ~んとあんたにもプレゼ
ントを持ってきてくれるわよ! ね、みくるちゃん」
 そうハルヒに同意を求められた朝比奈さんは、いつもの様に微笑み。
「はい。……また行きたいです」
 優しげな声で、そう答えるのだった。

 


 ティンクルスター ~終わり~

 

 その他の作品


|