※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 SAWという映画をご存知だろうか?
 俺自身この映画を見たことはない。
 何故だって?
 簡単な理由さ… グロは嫌いだからだ。
 しかし俺には理解できないことだが、この映画がシリーズ化していることからも分かるように、世の中にはそういうのを好む奴が沢山いるらしい。
 加虐志向ってやつかな?
 全く、よく分からん世界だ。
 で、そんなよく分からん類の奴が俺をこれまた何だかよく分からない縛り方で俺を縛って目の前に笑顔で、それも超のつく良い笑顔でいるんだな。
「ね~ あなた~ どうしてさっきは逃げたのですか~?」
 ぬはっ、乳首を指で転がすな!
 いや、かといって摘むんじゃありません!
「ふふ、かわいい。あんなお店に行かなくても私がもっと気持ちいことしてあげますよ」
 そうか… なら、是非そうしてk… って駄目だ駄目だ!
 思わず恵美里の術中にはまるとこだったぜ。
「お店? 一体全体なんのことだかさっぱりなんだが」
「あら、あくまで白を切るおつもりなんですね?」
「白を切るもなんも何のことか分からんから仕方がないだろ? だから早く縄を解いてくれ。食い込んで痛いんだ」
「何を言ってるのですか? 痛いのがいいんじゃないんですか」
 いや、お前さんの言うことも分からなくm… って何考えてんだ俺。
「ば、馬鹿な事を言ってないで早く解いてくれ」
「…嫌です」
「な、何でだよ!?」
 いや、俺が言うのはおかしいか…
 だがここで認めたら俺に明日はない。
 認めてしまったらきっと明日には俺の体は冷たくなっているであろう。
「私はインターフェイスです間違ったりしません… いいえ、インターフェイスじゃなくたって間違ったりはしません。だって… 私は世界で一番あなたを愛しているから… 世界で一番愛している人を見間違ったりしません…」
 ああ、情けねえな …俺。
 何自分の嫁泣かせてんだよ。
 こいつはちゃんと謝らないといかんな。
「…悪かった、俺が悪かった。だから泣くのを止めてくれ」
 にしても、こんな情けの無い格好で謝ってる俺って一体なんなんだろうな…
 !!!!
 お、おい? 大丈夫か?
 何震えてんだよ?
 どっか具合でも悪くなったか?
 それとも何だ新手の宇宙人の攻撃か?
 そうだとしたら長門に連絡を…
「ぷ…、ふふ… まんまとはまりましたね? あ~な~た~」
 ………しまったああああああ!!
 この糞ワカメはめやがったな!!
「あなたが中々口をわらないから、いわゆる女の武器ってやつを使わせてもらいました」
 貰いましたじゃねえええよ!笑顔が怖えええよ!!
 嗚呼…父さん、母さん、そしてまだまだ可愛い妹よ。
 先に逝ってしまう俺を許しておくれ…
 シャミ、今そっちへ逝くからな。
「でも安心してください…」
 出来るか!
 こんな状況で安心できるほど俺は人生を達観してはいない!
 まだまだ、あんな事やこんな事そんな事まで色々をしたいんだ。
「さっき言った事に嘘は無いです。だから、そんなに怖がらないでください」
 …つくづく馬鹿だな俺は。
 なんて事を自分の妻に対して考えていたんだ。
 いくら恵美里でもそこまで物騒なことはしn…
「…ってなんだその蝋燭は?」
「ん? これですか? 今からあなたにお仕置きする為の蝋燭です」
「許してくれるんじゃあ…?」
「誰がそんな事言いましたか?」
 ああ、江美里に期待した俺が馬鹿だった…
「じゃあ、早速四つん這いになって下さい。四つん這いになったらお尻を突き出して
『江美里様、その蝋燭をわたしめの汚い穴にぶっ刺して下さい』って懇願しでください」
 そんな素晴らしい笑顔で言わないでください。

 嗚呼、果たして俺に明日は来るのだろうか…

|