文字サイズ小で上手く表示されると思います

 


  カカオより

 

 

「お茶が入りました~」
 極上のスマイルを浮かべた朝比奈さんによって、俺の前に置かれる湯飲み――が二つ。
 どうも。
 ひとつは俺の湯のみで間違いない、そしてもう一つは
「ありがと、みくるちゃん」
 少し赤い目をしたハルヒが湯飲みを手に取り、いつもの様に一気に飲み干してしまう。
 その様子をじっと見ていた俺はあえて口を挟んだ。
 言わねばならんだろ、これは。
 なあ、ハルヒ。
「何よ、お茶の飲み方なんて人それぞれでしょ? ……それとも、気に入らない?」
 強気な姿勢を途中で弱めながら聞いてくるハルヒに俺は頭を抱える。
 俺が言いたいのはお茶の飲み方じゃない、飲む場所だ。 
 まったく、肩をすくめるスペースすらありゃしないぜ。なんせハルヒは俺の膝の上に
座っているんだ。
「お、重いの?」
 振り向いたハルヒが驚いた顔をする。
 いや、重くはないんだが……。
「よかった! じゃあいいじゃない」
 ご機嫌で前に向き直るハルヒ……さて、この状況が理解できない人も居るだろうから
そろそろ説明しておこうか。
 つい数分前、俺とハルヒは付き合い始めた。
 以上。

 


 甘甘甘

 


「キョン、先に言っておくけど。いくら付き合ってるからって、SOS団として活動する
時はあたしは団長で、あんたは団員なの。公私混同は許さないからね」
 目の前から聞こえる、というか体を伝わって聞こえてくるハルヒの声に突っ込んでやる。
 じゃあ何故俺は団長椅子に座っていて、お前は俺の上に座ってるんだ。
「あたしがそうしたいからよ」
 そうかい。
 何とも素晴らしい理由だな。
「不満なの? 文句があるなら聞いてあげるから言ってみなさいよ」
 詰め寄る、というかくっついている状況でさらに近寄ろうとするハルヒの体をそっと止
めつつ、俺は一言だけ言ってやった。
 お前の顔が見えないんだ。
 途端に顔を赤くしたハルヒから視線を外し、多分自分の顔もハルヒに負けないくらいに
真っ赤なんだろうなと俺は思った。
 ――無事、団長椅子から生還した俺は座り慣れたパイプ椅子の感触に酔いしれる。
 固いけど、やっぱりこっちの方が俺にあってるな。
「お2人の様子を見ていると、こちらまで照れてしまいますね」
 絶妙スマイルを浮かべる超能力者を睨みつつ、大人しく謝っておく。
 悪かった。
 もしも俺が古泉と逆の立場だったら、とっとと職務放棄して逃げ出してるだろうよ。
「いえいえ。どうぞ僕の事は気にしないでください」
 お前が気にしなくても、こっちが気にするんだ。
 見物人と化している残りの2名、朝比奈さんと長門はといえば……この状況にも、普段
と変わりない様に見える。
 長門は窓際でいつもの様に読書中だし、朝比奈さんはポットとやかんを相手に至高のお茶
を作成するのに余念が無い。
 そして当事者であるハルヒは……パソコン越しにじっと俺の顔を見ているのであった。
 ハルヒは俺と目が合うたびに嬉しそうに微笑み、俺はそんなハルヒを見て……にやけそう
になるのを止めるのに一苦労だった。
 まったく……世の中ってのは何が起こるかわからないぜ。まさか俺とハルヒが付き合うこ
とになるとはね。
 モニターの影に隠れたり、そっとこちらの様子を伺っているハルヒに微笑む。
 でもまあ、谷口によればハルヒは来るもの拒まずでどんな男とでも付き合ってきたらしい
し、俺がいつまで続くかなんて事はわからないか。
 朝比奈さんの淹れてくださったお茶を飲みつつ、俺は不満では無いため息をついた。
「有希、みくるちゃん! 一緒に帰りましょう! 古泉君とキョンはまた明日ね!」
 主語が無いのはいつのも事だが、少しは落ち着い……まあいいか。
 ハルヒに連れられて去っていく二人に手を振りつつ、なんだかんだでハルヒのテンション
がいつも通りな事に俺は安堵し……ん?
 なあ古泉、そう言えば……。
「仰りたい事は想像できますよ。ですがもうすぐ日が落ちます、帰りながらにでもお話しし
ませんか」
 パイプ椅子をテーブルに戻しながら、超能力者は穏やかな笑みを浮かべていた。

 


「貴方が聞きたいのは、今日の涼宮さんはあれほど情緒不安定だったのに、どうして僕が学
校に居られたのか? でしょうか」
 俺の隣を歩く古泉は、やけに楽しそうな口調でそう聞いてきた。
 そんな所だ。
 俺の予想では昨日の内にお前から電話があると思ってたんだがそれも無かったしな。
「答えは簡単です。閉鎖空間は発生していないのですから」
 ……見た目ほど、ストレスを感じていなかったって事か?
「とんでもない! 今だから言えますが、昨日の夕方からついさっきまでの間、涼宮さんの
精神状態は僕がこの世の終わりを感じる様な内容でした」
 あっさりと怖い事を言ってくれるな。
「そんな状態なのに、涼宮さんは閉鎖空間を発生させなかった。それはつまり、愛は地球を
救うという事なのでしょうね」
 古泉、日本語で頼む。
「涼宮さんにとって、自分の恋愛における精神の乱れは閉鎖空間を生み出す要因にはなって
いないみたいですね。……人は恋をする生き物です、自然の摂理とも言える感情の流れの中
では内向的になるのかもしれません」
 おい、わざとか? 余計に意味がわからんのだが。
 不満を告げる俺に古泉は笑いながら、付け加える。
「心の問題は、かくも難しいという事ですよ」
 


 あたしはやっぱり甘えた方がいいと思うの。その方が女の子っぽいし……みくるちゃんは
どう思う?
 あたしの話をうなずきながら聞いていたみくるちゃんは、少し考えた後
「えっと……そうですね。キョン君は、普段の涼宮さんの事が好きだと思うから普段通りの
方がいいかなって」
 カフェオレの入ったカップをティースプーンで混ぜながらそう言った。
 そ、そう? ……じゃあ、有希はどう思う?
 真剣な眼でメニューを見ていた有希は顔を上げて、
「そろそろ、デザートでは」
 有希! 食べてばっかりじゃなくて相談にものってよ?
「申し訳ない」
 もうわかったと思うけど、あたし達3人は作戦会議をする為にファミレスに集まってるわ。
 作戦の内容は――あたしとキョンの付き合い方。
「でも、2人は両思いなんだからそんなに真剣に考え込まなくてもいいと思いますよ?」
 ……みくるちゃんはそう言ってくれるけど……。
 だ、だってね? キョンの言った「付き合おう」ってのと、あたしの考えてる付き合い方が
一緒かどうかなんてわからないでしょ?
 力説するあたしに、何故か苦笑いを浮かべるみくるちゃん。
 そうだ、あいつってみくるちゃんの着替えを覗いたりするから結構スケベなのかも……でも、
あたしにはそんな視線を向けた事はないし……もしかして、あたしを妹とかそんな感じに思っ
てるんじゃないかしら?
「問題の解決には双方の意見を知る必要がある」
 それが聞ければ何も問題ないわよ。
「では、まずは貴女の考えを知りたい」
 へ? あたし?
 驚くあたしにむかって、2人は頷く。
 あたしは……その……。

 


 


「そうだ、1つ提案があります」
 そろそろ帰り道が別れようかとする所で、自称超能力者は意味ありげな笑みを浮かべた。
 一応、聞いてやるとしよう。なんだ。
「僕も貴方に聞きたい事があるんです。それを教えて頂けるのでしたら、これを差し上げまし
ょう」
 そう言って古泉が内ポケットから取り出したのは、見たことの無い何かのチケットだった。
 チケットには1000という数字と、何やら店名らしい文字列が書かれている。
 古泉の手には、それが全部で10枚ほどあるわけだが。
 それは何だ。
「駅前にできたファミレスで使える金券です。機関の福利厚生の一環で支給されたんですよ」
 ……世界の命運を担ってる割には、ずいぶん庶民的な事もしてるんだな。
 もしかして株式会社とかだとか言うなよ?
「普段から支払いを任される事が多い貴方です。このチケットはとても魅力的な物だと思うの
ですが、どうでしょう」
 む……悔しいが古泉の言う通りそんなチケットがあったら助かるなんてもんじゃない。
 しかし、だ。
 この怪しい超能力者がいったい何を俺から聞きだそうとしているのか? 問題はそこだ。
 俺が訝しげな目を向けても、古泉は笑顔を崩さない。
 ……古泉、聞きたいことってのはなんだ。
 俺の質問に答える前に、古泉はチケットを全部俺に手渡してきた。
「先払い、という事でお願いしますね。ここから先は、あそこでお話しましょう」
 そう言って古泉が指差したのは……チケットに書かれたのと同じ名前、駅前にできたばかり
のファミリーレストランだった。

 


 ……古泉。
「はい」
 お前、正気か?
 俺が睨みながらそう言っても、予想通り古泉の笑顔はそのままだった。
「僕はいつでも」
 程々に正気なつもり、だろ?
「ええ、そうですよ」
 だったら完璧に正気に戻ってくれ。
 俺は頭を抱えつつ、グラスに入った水を一気に飲み干す。
「正直なところ、仕事は抜きにして本当に聞いてみたいんですよ」
 ……この男の笑顔を取り去る方法を絶賛募集中だ。
 オーダーを聞きに来た店員ににこやかに注文をしている古泉が俺に聞きたかった事とは、だ。
 何故、俺がハルヒに告白したのかを教えろ……だとよ。
「誰でも疑問に思うはずですよ? 貴方はあれほど、涼宮さんへの思いを否定し続けてきたん
ですから」
 気が変わった、じゃ駄目なのか。
「それが本音でしたらそれでも構いませんよ」
 くそう、こいつの笑顔がこれほど憎いと思ったのは初めてだぜ。
 いいか古泉? お前が聞こうとしている事はだな……。
「ええ」
 その……つまり、だ。お前が聞いてることは惚気にしかならないってわかって聞いてるのか?
「もちろんです。できれば御2人の出会いから今に至るまでを、じっくりと聞かせて欲しいですね」
 躊躇無し、あっさりと古泉は頷いてみせる。
 ……そうかい、わかった。
 俺は溜息と一緒に恥じらいって奴も一緒に吐き出した。
 だったら聞かせてやろうじゃないか、聞いた事を後悔するような惚気って奴をな。
 ソファーに座りなおした俺を、相変わらず古泉は営業スマイルで見つめている。
 俺はその笑顔を苦痛のそれに変えてやろうと意気込んで……はぁ、誰かこの時の俺に言って
やってくれ! 今すぐ店を出ろって! 頼む!

 


 ハルヒの事が気になりだしたのは……いつだったっけな。はじめてあいつと出会った時に自己
紹介を聞いたときからかもしれんし、部活が始まってからかもしれん。第一印象は……そうだな、
えらい美人がそこに居たって思ったよ。なんだかんだであいつと話すようになって、急に髪を切
ってしまって。ああ、お前は知らないかもしれないが入学当初のハルヒはロングヘアーだったん
だよ。
「貴方は涼宮さんの髪型は、今の髪型とその頃だとどちらがお好きなんですか?」
 ん? ……長い方が好きかな。今のもいいとは思うが。それで、あいつに付き合わされて部活
を作る事になったんだ。そしてSOS団ができてお前もやってきた、以上。これでいいか?
「肝心な部分が抜けてしまっているかと」
 なんだ。
「貴方の涼宮さんへ対する思いです」
 ……ハルヒは……そうだな、頭がいいくせにバカで、我侭で、横暴で……。
「……それで?」
 俺は古泉のにやけ顔から逃れる為、両目を閉じた。
 もうどうにでもなれ~。
 溜息と一緒に、今度は本音が零れ始める。
 横暴で……そして可愛い奴だよ。自分でも言ってたが、あいつの視線には何か力があるんじゃ
ないのか? あいつに見られてると楽しいっていうか、なんか……こう、熱くなるんだ。それは
あいつが笑顔の時の方が強くて、俺はあいつの笑顔を見ると自分も笑っちまう事に気づいたんだ
よ。それがなんなのかわからんし、気のせいかもしれん。でも、俺は自分があいつの傍に居たい
って思ってることに気づいたんだ。ついこの間ハルヒが演技で急に甘えてきた時、それはそれで
可愛いとは思った。でも気づいたんだよ、俺は普段のハルヒの方が好きだって。我侭で、横暴で、
人の言う事は全然聞きやしない……でも、俺はそんなあいつに惚れてるんだって。そう気づいた
ら、あいつにその気持ちを伝えたくなったのさ。だから告白した……以上、今度こそ終わりだ。
 長々と話し終え、目を開いた先に座っていたのは惚気話に顔を顰める古泉……ではなく、そも
そも1人ですらなく……。
 まず目に入ったのは古泉、後で覚えてろよ、お前。
 続いて朝比奈さんと長門、なんで2人がここに……いや、まだここまでならいいんだ。
 この3人なら笑われるだけで済むだろうからな。
 問題は、
「……」
 俺の正面、古泉が座っていたはずの場所に居たのは、紛れも無く……ハルヒだったよ。
 恐らく俺よりも真っ赤な顔でハルヒはテーブルを見つめている。
 4人が沈黙する中、
「全部、解決しちゃいましたね」
 謎の言葉を残して朝比奈さんが席を立ち、
「ご馳走様。色んな意味で」
 やけに人間らしいコメントを残して長門が続き、
「では失礼します。……バイトは廃業かもしれません」
 余計な一言を付け加えて、古泉も去って行った。
 結局、その場に残されたのは気まずい雰囲気の2人だけ。
 ど、どこから聞いてたんだ?
 恐る恐る聞いてみると、
「あんたの後ろの席に居たから、店に入ってきてから……全部」
 俯いたままハルヒは答える。
 ってことは……お前が気になりだしたのは……とか。
 首肯。
 お前の……傍に居たいとか。
 首肯。
 お前に惚れてる……とかも……。
 ますます顔を赤くするハルヒが頷いて、俺は思わず天井を見上げた。

 

 ……とまあ、俺とハルヒの記念すべき初デートってのは、こんな感じだったのさ。

 


 甘甘甘 ~終わり~

 

 HERO へ続く

 

 その他の作品


|