文字サイズ小で上手く表示されると思います


 

 

思念体「新たな他勢力のインターフェースを確認した。接触してみてくれ」

 

朝倉「せっかくSS書いてたのに……は~い、了解」

 

思念体「相手の目的を探り、敵になると判断したら処分しろ」

 

朝倉「簡単に言ってくれるわね。……長門さんと一緒に行っていいの?」

 

思念体「だめ。危ないから1人で行って」

 

朝倉「なにそれ!? あたしも娘でしょ?」

 

思念体「……お、お父様って呼んでくれたら全力でサポートするぞ?」

 

朝倉「単独で任務につきます」

 

思念体「まって! ――通信切断――

 

 

 

 

朝倉「……あれが問題のインターフェースね」

 

九曜「――」

 

朝倉「とりあえず話しかけてみましょう。ねえ、ちょっといいかな?」

 

九曜「――誰――」

 

朝倉「私は統合思念体のインターフェースよ。統合思念体は、貴女が敵なのかどうか知りたいんだって」

 

九曜「――敵?」

 

朝倉「そう。涼宮ハルヒから自立進化の可能性を見出すのが私達の目的。貴女はどんな目的でここに来て……ちょっとどこへ行くの?」

 

九曜「――いい――匂い」

 

朝倉「話はまだ……ああもう!」

 

 

 

――公園の一角に作られた休憩所。

 

佐々木「おや九曜、紅茶の匂いにつられてきたんだね」

 

九曜「――いい――匂い」

 

橘「わかるわかる、佐々木さんの紅茶は格別だもん」

 

朝倉「ねえ待って……あ」

 

佐々木「これは珍しい、九曜のお友達かな?」

 

朝倉「(この2人は……ただの一般人じゃないみたいね)私は、その」

 

九曜「――友達」

 

橘「そうなんだ~、私は橘って言います。こっちは佐々木さん」

 

佐々木「はじめまして。えっと」

 

朝倉「朝倉涼子です」

 

佐々木「よろしく、朝倉さん。よかったら一緒にお茶でもしていきませんか?」

 

朝倉「でも……お邪魔しちゃったら悪いですから。あ、」

 

九曜「――」

 

 九曜の手が朝倉の服を掴んでいる。

 

橘「決まりですね」

 

 

 

 とぼとぼ 

 

朝倉「……はぁ。結局お喋りしただけで一日が終わっちゃったわ」

 

朝倉「でも、結城生命体との接触方法をいくつか聞けたし無意味な時間じゃなかったかも。さっそく明日から試してみましょう」

 

 

 

 

 

――翌朝

 

― 佐々木「親密になりたい相手が居るけど話しかけにくいのなら、まずはその人の友達に話しかけてみるのはどうかな」

 

朝倉「涼宮さんの友達……となると、やっぱりキョン君よね。――おはよう!」

 

キョン「ああ」

 

朝倉「(最初はさりげない方がいいわよね)ごめん、日直なの忘れてて急いでるの! またね!」

 

 

 

― 橘「最初のうちは学校の用事とか、自然に話せる用事とかがあるといいかも」

 

朝倉「これから、涼宮さんに何か伝えたい事があったら貴方にお願いするわね」

 

キョン「ちょっとまてよ? 俺はあいつのマネージャーでもなんでもないぞ?」

 

朝倉「おねがい☆」

 

キョン「(AAランク+!)」

 

 

 

― 九曜「――お色気も――必要――絵的に」

 

朝倉「(……何だかブルマを穿いてからずっと視線を感じるんだけど)」

 

谷口「おいキョン見ろよ! あの太もも!」

 

キョン「(ほ、頬擦りしたい)」

 

 

 

― 佐々木「お色気って……でもまあ、健康的な色気は異性同姓を問わず好感触だと思うね」

 

100メートル走

 

朝倉「はぁ……はぁ……はぁ……」

 

クラスメイト「すご~い朝倉さん!」

 

朝倉「ありがとう!(手を抜いて走るのも大変よね)」

 

谷口「息を荒げる朝倉涼子……」

 

キョン「たまらんな(涎を拭け)」

 

 

 

― 橘「優しい所を見せるのも効果的かも」

 

朝倉「……岡部先生、体育の片付けを手伝ってもいいですか?」

 

岡部「朝倉、いい心がけだな。じゃあ俺から次の授業の教師には遅れると言っておくぞ」

 

朝倉「ありがとうございます」

 

キョン「あれ、女子は片付けは無しのはずじゃ」

 

朝倉「大変そうだから手伝おうと思って」

 

キョン「助かるよ」

 

 

 

― 九曜「――体育の片付け――体育倉庫――ありがちなシチュエーション」 橘「シチェーション?」 佐々木「九曜?」

 

キョン「ずいぶん遅くなっちまったな」

 

朝倉「私達が最後みたいね」

 

キョン「さっさと終わらせよう。朝倉、このマットを戻すのを手伝ってくれ」

 

朝倉「は~い」

 

― 九曜「――重い物を持つ時は――前傾――姿勢」

 

朝倉「よいしょっ(前傾姿勢ね)」

 

キョン「(……胸元が見えてるんだが)」

 

 マットを定位置に戻そうとして、2人は不安定な体勢に

 

― 九曜「――そこで倒れる――お約束」

 

朝倉「きゃあ!」

 

キョン「ぬわ!」

 

 折り重なって倒れた二人、不自然な程に重なった体。

 

朝倉「……」

 

キョン「(柔らかい……)す、すまん! すぐにどくから!」

 

― 九曜「――当ててる――のよ――」

 

 ガラッ!

 

ハルヒ「ちょっとキョン! いったいいつまで片付け……な! 何やってのよこのスケベ!」

 

 

 

 ― 情報フレア発生 ―

 

 

 

朝倉「……と、いう訳で見事情報フレアを獲得しました!」

 

九曜「――めでたい――」

 

朝倉「それでね? 次の作戦を教えて欲しいんだけど」

 

九曜「――次は――意外性で――」

 

朝倉「意外性?」

 

九曜「――夕方の教室――ナイフで驚かす――閉じ込めてしまえば――貴女の虜」

 

朝倉「それって危なくない?」

 

九曜「大丈夫――危険な程――興奮するのが人間――」

 

朝倉「よくわからないけど……でも九曜さんが言うなら間違いないわよね! ありがとう!」

 

九曜「――頑張って――」

 

 

 

 

 


朝倉「嘘? 何で長門さんが? ……やだ! 消えたくない。助けて九曜さん? 九曜さ――通信切断――

 

九曜「―――――――――――――――――――――――――――――――――――計画通り」

 

 

 「ブルマの朝倉」「橘 佐々木 九曜」「エロ」 ~終わり~

 

 その他の作品

 


|