救われた。

機関と出会って救われた。

あの時僕は確かに彼にそう言った。

嘘偽りは全くない。

ただ、思い出せない部分が沢山ある。

三年前のあの日、僕…と彼女に降りかかったこと。

思い出す必要が無いのかもしれない。

古泉一樹。

僕の名前。

彼女の名前。

覚えていない。

それでも脳に刻まれた笑わない顔。

紫の髪の女の子。

このお話は夢のお話。

誰も知らない本当の話。


|