※オリジナルキャラ・ある意味BAD END注意
 
これは世の中を安全に生き抜く方法を教える……、
1人の女子高生の物語である。
 
部室
ハルヒ「ねぇ、キョン」
キョン「んー?」
 
ハルヒ「――……やっぱりいいわ。」
キョン「えー?なんだよー。」
ハルヒがもじもじしている。
ハルヒ「だって~はずかしいんだも~ん。」
キョン「気になるじゃんかよ――。教えてくれよ――。」
ハルヒ「しょうがないわね~~。も~~。じゃあ言うよ~~。」
キョン「うんうん!」
 
ハルヒ「え~と、実は~、この学校は~、…」
するとハルヒは、急に真面目な顔になり、
おそろしいことを言った。
ハルヒ「あと3分で爆発する!!」
キョン「…」
キョンは何が何なのかわからない様子。
突然、学校が大きく揺れた。
ゴゴゴゴゴ
 
キョン「!?」
ビーッビーッ
地震のように、大きく揺れる中、警報音がとどろき、
『爆発まであと3分! 爆発まであと3分!!』
キョン「うわああああああぁぁぁ!?」
 
キョン「ちょ…、ちょっと…!!ホントに爆発するのか!?」
 
キョン「なっ…、何でこんなことになったんだよ!!」
キョンはハルヒに問いただす。
すると彼女は、
こう言った。
ハルヒ「ひまつぶしにコンピ研の部室入り口の近くにある、
自爆スイッチを押したから」
キョン「物騒なモン学校にとりつけてんじゃねーよっっ!!」
 
ハルヒ「というわけで今回は私が!
学校が爆発しそうなときの逃げ方を教えてあげるわ!!」
キョン(…なんか、初めてだなこーゆー展開……)
 
キョン「と…とにかく細かい事はいいから…、
さっさと逃げようぜ!!」
キョンは走り出したが、
ハルヒ「待ちなさ―――――いっ!!!」
ドロップキックを食わされた。
キョン「おひょ―――――っ!!!!」
 
ハルヒ「あんたそんなカンタンににげちまったら…、
380万円もして自爆スイッチを買って設置した意味が
ないじゃないの!!」
キョン「高ぇな自爆スイッチ!!」
 
ハルヒ「いい? 爆発まであと3分…、
まあ1分あれば脱出は可能…。
…とゆーことは…、
 
あと2分は遊んでいいということよ―――っ!!」
キョン(余裕だ――――――っっ!!)
 
ハルヒ「そうと決まったら、ババ抜きでもして
遊びましょう!!
新入部員の高橋君も連れてきたから!!」
高橋「あっ、どうも」
キョン「こんなときにオリジナルキャラ
登場させてんじゃねーよっ!!」
 
キョン「もうっ!!早く逃げるぞ!!」
 
するとハルヒは、窓の方に指をさして
言った。
 
ハルヒ「逃げるならあの窓が近道よ!!」
ハルヒはキョンの体をひょいっと持ち上げて、
キョン「ちょっ、…ちょっとハルヒ!!」
ハルヒ「えいっ!!」
その窓のほうに投げた。
キョン「うわっ!!」
キョンの体は窓枠にスポッと入った。
キョン「…、」
ぐっぐっと手を壁に押し上げても、窓から抜け出せない。
キョン「抜けねえぇぇぇぇ――――――っっ!!!」
ハルヒ「だっ、…大丈夫――っ!?」
キョン「うわ――――っ、ハルヒ、早く抜いてくれ―!!」
『爆発まであと1分。爆発まであと1分。』
ハルヒは一生懸命、顔をこわばらせながら、
キョンの体を引っ張っている。
ハルヒ「ぐううう~…。」
そんな姿を見てキョンは
キョン「も…もういいよ!!ハルヒだけでも逃げて!!」
 
ハルヒ「ふざけないで!!ここでキョンを見捨てるくらいなら、
死んだほうがマシよ――――っっ!!」
キョン「ハ…、ハルヒ」
キョンの目から一筋の雫がたれた。
ハルヒ「く、…くそぉ…っ、ふぎぎぎぃっ!!」
 
ハルヒ「うおおおお、おあああああっ!!」
 
ハルヒ「無理。」
 
キョン「………」
 
キョン「!?」
 
キョン「まてー!!クソ団長―っ!!アホ―ッ!!」
ハルヒ「うっさいバーカ!!あたし一人だけ助かるんだもんね。ぐはははは!!」
 
『爆発まで30秒前!』
ハルヒ「ふっ……30秒もあれば楽勝で逃げられるわね。」
『29、28、27、26、25、24、23………ゼロ!!!!』
ドカーーーーーーーーン!!!!!!!!
ハルヒ「ありゃーーーーーっっ!?!?」
 
グラウンドにはキョンとハルヒの2人の遺体があった。
そこにザッザッと誰かが歩いている。
それは高橋だった。
2人を見て高橋、持ってるマイクを片手にこう言った。
 
高橋「これぞ必殺!!!!!!『タイムワープ』!!!!!!!!」
 
糸冬
 
元ネタ『家が大爆発じゃっ!』


|