夏の日。部室にて
 
ハルヒ「あ~、暑いわね~。こういうときは
かき氷が食べたいわ。キョン、かき氷作りなさい。」
キョン「なぜ俺が作らねばならんのだ。
それにかき氷機なんてないんだぞ!!」
ハルヒ「あんたの家にあるんでしょ!?
いいから持って来て作りなさい!!団長命令よ!!」
キョン「へいへい」
そういうと、キョンはかき氷機を持ってくるために、
自分の家へ向かい、さらにその後に、
途中1.5kgのブロック氷とシロップを、近所のスーパーで買い、
30分後にハルヒたちのいる学校に戻った。
息を切らしながら。
 
 
キョン「持ってきたぜ。ぜぇ…ぜぇ…」
ハルヒ「遅いじゃないの」
キョン「それで?何味がいいんだ?」
ハルヒ「断然いちご味よ!!」
 
みくる「私も涼宮さんと同じ、いちごを。
あと、練乳と、チョコシロップかけてくださ~い」
古泉「僕はブルーハワイでお願いします」
鶴屋「レモン味がいいにょろ~」
 
キョン「…長門は、何がいいんだ?」
長門「…メロン」
キョン「わかった」
 
 
~数分後~
キョン「どうぞ。朝比奈さん」
みくる「ありがとうございます」
キョン「どういたしまして」
 
キョン「ほら、古泉」
古泉「ありがとうございます」
 
キョン「どうぞ。鶴屋さん」
鶴屋「ありがとうにょろ~」
 
キョン「はい。長門」
長門「……ありがとう」
 
 
ハルヒ「ちょっとキョン、いつになったら出来るの!?
あたしのかき氷!!」
ああ。うるさい団長だな。
キョン「ハルヒ、おまえにはとびっきりすごい
かき氷を作ってやる。だから、もう少し待ってくれ。」
ハルヒも渋々、待つことを了承した。
ハルヒ「……わかったわよ」
 
 
このとき、キョンはあるかき氷を作ろうと考えていた。
そのかき氷とは――――!!
 
さらに数分後
 
みんながほとんどかき氷を食べ終わっていた後、
そのかき氷は出来た。
キョンはそれを、ハルヒの方に持っていく。
一見いちごのかき氷のように見える。
だが、それは――――。
 
 
キョン「悪いな。待たせて。お前の分だ。」
キョンはハルヒにそのかき氷を渡す。
ハルヒ「全く、遅いじゃないの」
ハルヒは何も知らないまま、それを食べた。
 
ハルヒ「…………!?」
ハルヒ「か、辛い!辛―――――――いっ!!
うぇえええぇぇん!!辛いよ~~~」
キョン「だ~っはっはっは!!引っかかった引っかかった!!ww」
 
 
長門「何をかけたの?」
キョン「あぁ?あれ?俺が作った激辛シロップ。
辛さは殺人級とも言われたハバネロにさらに、
タバスコ、通常の唐辛子をミキサーにかけて
シロップ状にしたものさ。
まぁ、シロップって言っても、
砂糖は入っていない。
ハルヒがいちごと思って引っかかって食べると思ったけど、
まさか、マジでひっかかるなんてよ!!ハハハハハッ!!」
 
 
ハルヒ「キョン、よくもあたしに激辛かき氷を
食べさせてくれたわね~、許せない!!」
キョン「引っかかるお前が悪いんだろうが」
悪びれた様子を見せないキョン。
その態度に彼女は切れた
ハルヒ「何ですって!?もう許さない!!
死刑よ!!」
キョン「悔しかったらここまで来いよ~♪」
ハルヒ「待ちなさ~~い!!」
 
みくる「ちょっと二人とも、ケンカはダメです~」
古泉「あらあら」
長門「ユニーク」
 
一方
鶴屋「ん~、やっぱかき氷はレモンに限るにょろ~」
鶴屋はかき氷の味に浸っていた


|