※グロ・BAD END注意

 


ここは部室。
今日もいつものようにハルヒのいいように扱われているみくる。
「みくるちゃん、お茶」
 
「…はい、ただいま」
そういうとみくるは、ハルヒにお茶をいれて、渡した。
しかし、みくるは心の中で嫌なものは嫌とはっきり言いたいと、強く思っていた。
次第に彼女をこき使うハルヒの態度に、憎しみを抱くようになった。
それがついに爆発するときが来る。
 
その数分後。
「みくるちゃん、これ着けてみようか」
そういってハルヒが袋から取り出したのは、スクール水着だった。
みくるは思い切って彼女に言った。
「着けたくありません」
その一言に彼女の動きはピタリとやみ、
態度と表情が変わった。
どす黒い声で、
「なんですって? もう一度言ってみなさいよ」
「だから、着けたくありま…」
「ふざけないで!!私は団長よ!!はっきり言うわ!!
あんたに自由なんてない!!
認めないわ!!あたしに歯向かおうなんて
10年早いわ!!」
「私は涼宮さんのおもちゃじゃありません!!」
「いいえ、あんたはあたしのおもちゃよ!!文句ある!?」
 
この言葉に、みくるは切れた。
これまで湧いたことのない怒り。
抑えていた感情もコントロールできない
状態にまで落ち込んでいた。
彼女は、ハルヒの顔を2,3発殴り、
その衝撃でハルヒは壁に頭をぶつけ、倒れた。
ハルヒはみくるの方をギロッと見て、
「な、何するのよ!!」
「あなたは私のことを散々いいように利用して、
キョンくんも、古泉くんも、長門さんも。
あんたのわがままに振り回されて、
みんな疲れてるんだよ。
人の意見も聞かない。
人の迷惑も考えない。
そして私に対する態度も生意気。
許せない」
そういいながらみくるは、ハルヒを思いっきり
蹴ったり殴ったりした。
 
みくるの態度に恐れをなしたのか、ハルヒは
「…やめて、みくるちゃん
…私が悪かったから……、
 
今までやったこと全て謝るから………、
許して…、
なんでもするから…」
 
その一言でみくるは殴ったり蹴ったりするのを
ピタリとやめた。
「本当になんでもするの?」
 
「えぇ…」
 
「ふ~ん、何でも……ねぇ…」
ふと考えたみくる。その姿を見て
ハルヒは、恐怖心を抱いていた。
それが現実になるとは
ハルヒも思わなかっただろう。
 
考えがまとまったのか、みくるは、
あるものを彼女のカバンから取り出した。
 
それは、ナイフだった。
みくるは刃先をハルヒの方に向けて、言った。
「だったら、あなたの血を、見せてちょうだい」
みくるはどんどん彼女に近づく。
「い、……いや、お願い…、来ないで、やめて!!」
 
「さようなら。涼宮さん」
その瞬間、
 
肉を切り裂く音。同時にポタッ、ポタッと床に水滴が落ちるような音も
聞こえた。
 
銀の刃がハルヒの胸を貫き、
その刃先はなめらかに曲がっているところが下、
真っすぐになるところが上になっていた。
みくるはその刃をグッと上に上げた。
「あぁっ!!…」
ハルヒは口から赤いものを吐きだし、傷口からも
深紅の液体がにじみ出て、着ている制服も赤く染まっている。
みくるはそれを抜くと、ハルヒはすとん、と
ひざをつけた後、ドサッと倒れた。
床は赤い血で溢れ、鉄のようなにおいが部室を覆っている。
「……ひどい、ひどい…よ………、
みく…る……ちゃん、……何で…………」
 
「痛いでしょう?これがあなたに受けた心の痛みよ。
あなたが悪いのよ」
次第にハルヒの体が衰弱しきっていき、
「い、……いたい、み…………く…………る…ちゃ
…………ん」
やがてハルヒは、目を閉じ息を引き取った。
 
それをみたみくるは
「あらあら、かわいい寝顔。風邪引くわよ。
涼宮さん」
クスッと笑った。
 
ナイフに付いた血を見てこう呟いた。
「涼宮さんの血ってどうしてこんなに
きれいなのかしら」と。
 
今度はその血をなめてまた呟いた。
「涼宮さんの血、おいしい…。
フフフフフフフ……」
みくるは笑いながら、ナイフをカバンにいれ、
指紋がついていそうなところをハンカチで拭いて、
部室から出た。
その後、みくるの行方は誰も知らない。
 
-BAD END-


|