「あなたが何故、ここに存在しているのか、理解不能」
 

 
 ……ほうっておけば、果てしなく長く続いて行ってしまいそうな、長い眠りだった。
 目を覚ました俺の視界に、最初に飛び込んできたのは。
 仰向けに寝転ぶ俺の傍らに正座をし、俺の顔を無表情で見下ろしていた、眼鏡の無い長門有希の顔だった。
 

 
 「説明を」
 

 「……わからん」
 
 カーテンの無い窓から、容赦の無い朝日が挿し込んでいる。
 長門の部屋で目覚めるのは、これで通算、四度目になるのだろうか。
 もっとも、そのうちの二つは……俺の手によって、無かったことにされてしまったのだが。
 

 

 

 
 「……長門、お前、ストレス溜まってないか」
 「問題は無い」
 「もしも今後、何か煮詰まっちまうことが有ったら、俺に話せよ」
 「その必要はない」
 「もし、あったらでいいんだ」
 「了解した」
 「なあ」
 「何」
 「お前、涼宮ハルヒって奴のこと、知ってるか?」
 「……あなたの思考回路内に、致命的なエラーが発生していると思われる」
 

 

 

 
 ああ、そうだろうよ。あんな大冒険の後だ、エラーぐらいは発生するだろうさ。
 だが、いいのだ。全ては俺の胸の中にしまっておく事にする。
 
 俺が知っていて、長門の知らないこと。
 一つくらいは、そんなものがあっても良いじゃないか。

 
 
 
 
     ◆
 
 
 

 
 たとえばの話をする。
 もし。十二月十八日の放課後。
 長門が朝倉に、あのフロッピーディスクを渡していなかったとしたら。
 俺はどんな道を辿っていただろう?

 
 長門の筋書き通りに、鍵を揃え、緊急脱出プログラムへ辿り着いていたのだろうか。
 もしそれならば―――俺はきっと、迷わずに、世界の修正を選んでいただろう。
 
 それと、もう一つ。
 朝倉と、長門と、俺とが、共に文芸部室に存在していた、あの不思議な日々の途中で。
 俺が何かの拍子に、突然、ふと、世界の選択を迫られることが、もしもあったとしたら。
 俺はどんな選択をしただろう?
 

 

 
 誰の幸せを望んだのだろう。
 

 

 

 
 
 俺は薄情なのだろうか?
 
 
 

 

 

 
     ◆
 
 
 

 
 
 
 「どうした、長門。学校、遅れちまうぜ」
 「……一つ、あなたに訊きたいことがある」
 「何だ?」
 「あなたは―――」
 
 

 

 
 ―――なあ、長門。
 

 いつの日か、お前が蝶の様に笑える日が来たならば。
 俺はお前に、あいつの話をしようと思うんだ。
 お前が笑ってくれることを、何よりも願っていた、あいつのことを。

 それが俺にできる、ただ一つの、あいつへの手向けなんじゃないかと思うんだ。
 

 

 
 ―――だから、そのためにも。

 
 いつかその日が来るまで。
 俺は、お前の近くで、日々を過ごしていたいと思う。
 それは、平穏とは呼べない日々かもしれないが……
 どうかこれまでのように、なんとかやっていかせてくれないものだろうか?
 俺は例によって、お前に助けられてばかりになっちまうかもしれないが。
 それでも、これからはできる限り、お前の助けにもなってやりたいと思っているんだ。

 
 なあ、どうだろう?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 「あなたは私に、好きといわれたい?」
 「ああ、そうだな」
 

 

 

 

 

 

 
 
 たとえば、そんな日々のことを。
 お前は、幸せと呼んでくれるだろうか?

 

 

 

 


|