電気を付けたら部屋が明るくなりました、みたいないつも通りの放課後。俺はいつも通り占領もとい借りられた文芸室に足を運んだ。にしても太陽もたまには休めばいいのにどうしてここ最近晴天続きなんだ。
 
真夏の太陽を恨みながらドアを開けると、そこにはチューリップの花のように可憐なメイドがのんびりお茶を沸かしてい・・・なかった。
ただ部室の真ん中で怯えた朝比奈さんが団長様に気圧されていた。
 
ハルヒ「だから答えてちょうだい!どうやって瞬間的に私の前に姿を現せたのよ!?」
みくる「あうあうあうあうあう」
 
ハルヒはなんで怒っているんだ?いや、というより爆発寸前の太陽ような笑顔だな。それに「不思議を見つけた」みたいな楽しさを感じる・・・まさか。
少し会話(というより恐喝)を思い出そう。朝比奈さんが突然姿を現した、だと。しかもハルヒの目の前で。
俺が頭痛を感じていると古泉が営業スマイルのまま近寄ってきた。
古泉「事態は深刻です」
 
なら深刻そうな顔をしろ、仮面か?
 
古泉「これは失礼。しかし涼宮さんの前ではこの顔でなくてはなりません」
 
そういやそうだったな。ある程度の事情は察したが状況を詳しく説明してくれ。
 
古泉「僕にもよくわかりません。僕がここに来たころにはすでにああいう感じでした。」
 
そうかい。とりあえず止めるためにハルヒのところへ行った。
 
キョン「ハルヒ、何があったか知らんが少し落ち着け」
ハルヒ「あんたは黙ってて!みくるちゃん、教えなさい!」
みくる「・・・」
 
まあ予想はしていたが相手にされなかったわけだ。馬の耳に念仏とはこのために作られた言葉なんだと感心した。
 
古泉「まあこんな感じです。僕が止めても無駄でした。」
 
無意味に近づいてきた役に立たない超能力者を無視し、部室のすみにいる無口な宇宙人の所へ行った。
長門は椅子に座ったまま、相変わらず俺が一生読まなそうなぶ厚い本を読んでいた。俺が話しかけようとした時長門が顔を上げてこちらを見た。
 
長門「対処法が見つからない。」
 
実は俺の耳に耳せんを付けていたため聞き間違えました、というわけはなくそのつぶやきをはっきりと聞いた。
長門「現在の涼宮ハルヒの力が今までより強まっている。おそらくとても興味をそそがれる不思議を発見したから。」
 
ハルヒの声がうるさくて聞き取りづらかったがこんなところか。
 
キョン「でなんで対処法がないんだ?眠らせて記憶を消せば」
 
と言いかけて当たり前のように非現実的な事を話す自分に落胆した。
 
長門「今彼女は朝比奈みくるの不思議について知りたがっている。それを邪魔する事象を物理的にも精神的にも排除する。」
 
ということは今のあいつにはとんでも能力が効かないということか?
 
長門「そう」
 
ん?じゃあなんで朝比奈さんはすぐに暴露しないんだ。その「排除」は「朝比奈さんの暴露への抵抗」には適用されないのか、と珍しく難しいことを思い付いた。
 
長門「朝比奈みくるは彼女の信頼下にある。ゆえに傷つけるような行動をしたくないのだと思われる。」
 
暴れん坊将軍も逃げ出すようなこの光景を見てよく言えるな、とは口には出せない。
おや?見つめつづければ吸い込まれそうな長門の眼に、わずかだが懇願の光が見える。まさかな。
とそこへ古泉がまた近寄ってきた。顔が近いぞ離れろ。
 
古泉「これは失礼。このまま放っておくと未来人について明らかになるのは間違いないでしょう。」
キョン「一応聞いておくが、ハルヒが秘密を知るとどうなるんだ?」
古泉「自覚のない神が覚醒します。」
キョン「わけわからん。」
 
AAでも張りたいぐらいだ。30文字以内で答えよ。
 
長門「AAとは何か知らないが、端的にいえば力の暴走。彼女の中の常識が塗り替えられ、世界が彼女の思うがままになる。」
 
さすが長門、どこぞのイケメンと違い頼りになる。
しかしそれは厄介だな。そんなことができれば本当に世界がSOS団になってしまう。
 
長門「あなたの心も操作される。」
キョン「まじめに対策しないとまずいことだな。」
 
さてとあの闘牛をどうにかしないと。いやフクラミのではないぞ。
 
長門「そうなれば私とあなたが結ばれない。」ボソ
 
長門が小さい声でなにかをつぶやいた。もう一度確認したら、なんでもない、と返され読書に戻ってしまった。
まあさほど重要なことではなさそうだから、今は事態の鎮静化をしよう。
ふとハルヒ達の方に目をやると
 
みくる「キャアアア!」
キョン「うおおぅ!」
 
急に朝比奈さんが俺に抱き着いてきた。とうとう愛の告白を受けてしまったか、と妄想を一瞬だけ広げた。一瞬だぞ。
現実に戻ると朝比奈さんが眼に涙をためて、俺に助けを求めてきたことを察する。とそこへ宇宙人からも危惧される人物が作曲中のベートーベンみたいな顔で近寄ってきた。朝比奈さんはあわてて俺の後ろへ移動して震えていた。うーんかわいらしい。
 
ハルヒ「キョン!そこをどきなさい!」
キョン「絶対断る」
ハルヒ「じゃあ横に移動しなさい!」
 
ここでからかってみることにした。いや動かないよりマシだろ。
 
キョン「わかった。」
ハルヒ「わかればよろしい。」
キョン「ほらよ。」
 
俺は体の向きを変えずに長門の方に移動した。すると朝比奈さんが一緒に移動した。
 
ハルヒ「み~く~る~ちゃ~ん!」
そして今度はいらいらした顔でどなった。その後も俺を巻き込んで大声を浴びせ続けた。
 
みくる「キョンくん」
 
小さな声が後ろから聞こえた。なんですか朝比奈さん。礼なら後でしてください。
 
みくる「それもありますけど、違います、テヘ。」
 
と舌をだしてウインクした。効果は抜群だー!
とそこにトビラを開ける音がした。
この部屋内には団員が揃っているはずだ。鶴屋さんかな、しかしそれはそれで困るが。
キイイ
そこに見えたのは朝比奈さんである。
俺と目があった直後朝比奈さんは弥生人が生きた恐竜に出会ったみたいな顔をしたまま扉を閉めた。ってなんで朝比奈さんが二人いる?
 
みくる「あの時の私だ」
 
ん?ということはあなたは未来の朝比奈さん?
 
みくる「正確にはえ~と3日後です。なぜここに来るように言われたかわ知らないんです。」
 
ではせめてこの後起こることはわかりますよね?ハルヒに生返事をしながら、震える小猫の答えを待った。
 
みくる「私は掃除当番での仕事で遅れて部室に来たんです。で部室に行く途中で鶴屋さんに会いました。」
 
あながち俺の予想は外れてなかったんだなぐへぇ。
 
ハルヒ「キョン!私が大人しい内にどきなさい!」
 
襟首を引っ張っといてよく言えるな。あっ朝比奈さん、俺の服を引っ張るのは嬉しいですが服が伸びてしまいますよ。
なにやら外が暗くなってきた。あれ天気予報じゃ晴天白日のはずだが。
 
みくる「あっすいません。で私と鶴屋さんで部室に行ったんです。で最初に私が入ろうとしてすぐに気づいたんです。」
 
襟首にかかる力がふいに消えたからようやく応答できる。
 
キョン「朝比奈さんがもう一人いることですね。」
みくる「そうです。で私が二人で図書室に行くよう頼んだんです。鶴屋さんは突然のお願いを承諾してくれました。」
 
ふと止められる気のない目覚まし時計のようなハルヒの声のベクトルが別のほうに向いてることに気づいた。
 
ハルヒ「今の会話にあった『キカン』て何よ!怪しいわね、電話の内容的に『機関』て書くんでしょ!教えなさい古泉くん!さもないと」
 
なんか部室のトビラの前で副団長の権利が云々と話を続けているが、それ以前になぜ古泉が新たな犠牲者に?その解答はすぐ隣の椅子から聞こえた。
 
長門「古泉一樹はおとりになっている。その間に朝比奈みくるから情報を聞き入れて。」
 
なるほどな、二人ともありがとよ。では朝比奈さん続けてください。
 
みくる「えーと図書室に着いた頃に黒い雲が雨を降らしました。夕立みたいな感じです。」
 
言い終わらぬ内に雨が降ってきた。たしかに夕立だな。
だが俺は言葉に表せられない不安がよぎる。この風景はいつぞやの冬の遭難と似ている。
 
ふと俺は長門を見た。長門は外の雨、いや雲を見上げている。その眼に僅かな不安を感じたのは多分俺だけだ。
 
みくる「キョンくん。キョンくん!聞いてますか!?」
キョン「すいません、ぼーっとしてました。」
みくる「もう。しばらく図書室で私たちは勉強してました。でも勉強中に未来から指令がきて、すぐに私は鶴屋さんを連れて部室に戻りました。」
 
朝比奈さんがぷっくりと頬を膨らませている。急所に当たったー!効果は抜群だー!
ショックで廃人になりかけた俺に長門が手を引いてきた。両手に花だぜ。
 
長門「情報統合思念体にアクセスできない。」
キョン「なんだと。」
 
長門は冗談を言わない奴だ。とすればまさか今の状況は。
 
長門「冬の遭難時と似ている。私や涼宮ハルヒ、朝比奈みくるは能力を使用できない。」
 
さっきの予感はこれか。しかも学校でかよ。下手すりゃ一般人に被害が出るじゃねえか。
俺が打開策を考えようとしたところで後ろから猪が襲ってきた。
 
ハルヒ「なーにみくるちゃんや有希を誘惑してんのよバカキョン!離れなさい!」
いきなり横に突き飛ばすな。ベクトルを操作する力の開発なんて受けてない俺は倒されるがままに朝比奈さんの体に俯せで倒れた。
いてて大丈夫ですか朝比奈さん。て何顔を赤くしてるんです?俺は倒れる直前に手を床の方に突き出して覆いかぶさらないようにしましたよ?ん、なんで床がこんなに柔らかいんだ?・・・て
 
キョン「柔らかい!?ゲフッ!」
あれーおれいまはらをけられたきがするぞ。しかもあさひなさんに。
 
ハルヒ「いい加減にしなさい!」
キョン「事故だ!過失だ!冤罪だ!」
ハルヒ「過失でも立派な犯罪じゃない!」
 
それもそうだ。とりあえずハルヒ裁判官に無罪を説得するために腰を上げると
 
そこは部室じゃなかった。山の頂上付近の石をご想像してもらえるとありがたい。妙にゴツイ石や岩が辺りに広がっている。CGではない、その証拠に石を持ち上げてみたが重い。
一瞬で風景が変わっている。WHY?
まあ唯一の救いは団員が全員すぐ近くにいることだ。朝比奈さんは倒れたまま、てか気絶してないか?
にしてもここはどこだ?いつぞやのかまどうまの時と似ている気がするが。
 
長門「そう」
 
いつも通りの長門の反応にほっとした時、ガンッと言う音がすぐ後ろの方で聞こえた。俺は地面から物理法則を無視した物体が湧いてきたか、と考えながら振り返ると
 
そこに赤い装飾をまとった大きめの石を両手で持っている古泉がいた。そしてそのすぐ下の床に倒れているハルヒ。
 
キョン「古泉!!」
 
俺は我を忘れて古泉の胸倉を掴み押し倒した。馬乗りになり、奴の顔を殴り飛ばそうとしたところで誰かに腕をつかまれた。顔を上げるとそこには長門がいた。
 
長門「彼の行動は正しい。」
キョン「友達を石で殴ることが正しいのかよ!」
長門「聞いて。」
 
長門の眼にほんのわずかだが水の膜ができている。そんな目をしないでくれ。俺は長門の言うことを聞くことにした。
 
長門「まず涼宮ハルヒに超現象を知覚されてはいけない。これは彼女が認識し興味を持たれてはいけないことを示す。」
 
つまりこの空間を記憶に残される前に気を失わせる必要があったんだな。
 
長門「私は古泉一樹に涼宮ハルヒを殴り気絶させるよう指示した。古泉一樹は最初拒絶したが、私の考えを理解したと思われる。指示通りに動いた。」
 
そうなのか。だが同時に俺は聞かなければならないことができた。
 
長門「私という個体は、あなたに彼を恨んでほしくないと願う。」
 
承知した。だがな長門
 
キョン「石で殴るというのは理解できん。俺たちは部員で友達だ。それに他の二人はともかく長門は人間にはできないことをするのは簡単だろ。」
 
なんで宇宙的マジックで傷つけずに気を失わせなかった、と言いかけて俺は思い出した。長門は言っていた、冬の遭難の時と似ていると。
 
長門「私や涼宮ハルヒの能力は今失われている。彼女をおとなしくするには絶好の機会だった。だが同時に穏便な方法で処理できなかった。」
 
事情は察した。だがこれだけは確認させてくれ。おまえはハルヒを傷つけるのになにも感じなかったか?
俺は立ち上がって長門の顔を凝視した。長門は俺の眼を10秒見つめた後ハルヒの方を向き、電波話以外では滅多に動かない口でたった6文字をつぶやいた。
 
「ごめんなさい」
 
俺は長門の両肩に手を置いた。俺の中を安堵と喜びが走り回った。なぜか?長門が人間らしい感情を少しずつだが着実に持ち始めていることに決まっているじゃないか。
長門の顔を見た。若干驚きの顔をしていたが嫌そうな顔をしていなかった。
 
みくる「ふぁぁ。皆さんおはようございます。」
 
俺は瞬間的に長門から離れた、いやまた何か誤解を受けるのは嫌だからな。やあ朝比奈さんおはようございます。
 
みくる「あわわわわ!てなんですか、ここどこですか~!?」
 
ブーン
 
ずいぶん懐かしいセリフを聞いたが、今はこの状況を打破する方法を考えなければならない。
 
ブーン
 
古泉「ようやく落ち着いてもらえたようですね。押し倒された時別の意味で興奮しましたがそれはともかく、いやいやすいません。」
キョン「おまえに謝られてもちっともさっぱり全然お世辞にしか聞こえない、不思議!」
古泉「今のは聞こえなかったことにしておきましょう。とりあえず状況を整理しましょう」
みくる「ひゃあ!涼宮さんが倒れてる!キョンくんキョンく~ん!」
古泉「ここでは異能力を使えない。この空間の創造主は少なくとも涼宮さんではない。なぜなら彼女の意志で作られたのなら、気絶前と気絶後で何かしらの変化が」
みくる「キョンくん!古泉くん!長門さん!」
 
俺たちは見事にスルースキルを発動しつつ、古泉の話を聞いていた。
 
ブーン
 
さっきから遠くで聞こえる虫の音がしつこいなあ。
 
古泉「あなたが僕にうっとおしそうな顔をするのは珍しいですね。どうしたんですか?」
 
いや珍しいことではないだろ。だが今は違う。
 
キョン「さっきから虫の音がうるさいんだよ。殺虫剤カモーン。」
 
古泉「それは変ですね。この空間には人間以外入れないはずですが。」
みくる「なんで皆さん無視するんですか~!私の言うこと聞かないとミンチにしてやりますよ~」
古泉「長門さんは虫の音が聞こえましたか?」
長門「聞こえない。だが向こうに」
みくる「私泣きますよー!」
古泉「聞こえませんか、僕もです。」
キョン「待て長門。今なんて言った?」
長門「聞こえない、と言った。」
 
違う、そのあとだ。よく聞こえなかった。
 
長門「向こうに何かいる。」
 
俺たちは長門の見ている方向を凝視した。そこには
 
「ブーンブーンブーン」
 
擬音語を言葉にしたような音を出す、どこかで見た気がするAAが空を飛んでいた。
 
あれはなんだ、敵か?
 
古泉「どうもそのようですね。そして同時に倒さなければならないでしょう。」
キョン「だがどうやって倒すんだ?」
 
ブーンという声が突然大きくなってくるとともにそいつも大きくなってきた。つまり
 
キョン「接近してきてる。みんな逃げろ!」
 
俺たちはあてもなく走った、俺は倒れているハルヒをおんぶしながら。意識のない人間は重いと聞いたことがあるが、ハルヒは軽かった。
 
AA「時間の果てまでブーン!」
 
よくわからないことを叫んだかと思ったら、奴はいつのまにか俺たちの頭上10mにいた。
奴の大きさはこの距離で一般男性の平均身長ぐらいはありそうだ。
 
長門「あれは生物ではない。」
 
なぜそんなことがわかる?
 
長門「今までの経験と言語化できない決定」
 
無理矢理訳すと『女の勘』ということか。だが生物でないならなんだ。
 
長門「わからない」
古泉「僕の方にも質問してくださいよ、のけものみたいじゃないですか。」
 
空気と化した朝比奈さんよりはマシだろうよ。セリフがあるのとセリフすらないのはかなり違うぞ。
古泉「思うに長門さん、あれはゲームの敵と同じようなものではないでしょうか。あれに殺意を感じません。」
キョン「なるほどな。だとするとプログラムに従って動いてるんだな。」
 
となるとプログラマーがいることになる。だが疑問がある。
 
キョン「なんでこんなことをするんだ?危害を加えたいならさっさと攻撃すればいいのに。」
 
古泉「僕にもわかりません。」
 
言い忘れたが、話している間も俺たちは常に奴の動きを見ている。て誰に言ってんだ俺。
ん?なんかさっきよりも奴が近づいてないか?
 
古泉「このまま待機してても拉致があきません。少し刺激を与えましょう。」
 
と言いながら古泉は大きめの石を拾い奴に石を投げ付けたが、奴はその石から逃げるように体を曲げた。そして落下してくる石は俺の眼の前でだんだん大きく
 
キョン「あぶね!古泉気をつけろ!」
長門「彼に石をあてないでもらいたい。」
古泉「すいません二人とも。」
 
古泉は観音様にお願いするかのように謝罪した。あとで缶コーヒーをおごれ。
 
古泉「いやです。ですがわかったことがあります。あれは石をあてられたくないようです。みんなで石をあてましょう。」
 
ほういい度胸してんな、あとで覚えてろ。とりあえず古泉の提案に生返事して、奴に石を当てることにした。
 
――あれからおよそ30分――
結論からいうと、全然当たらない。
 
長門「あれとの距離はおよそ8m。当たらない距離ではない。」
古泉「ですが当たりません。困ったものです。」
キョン「どっか高台はないのか」
古泉「辺りを見ればわかりますがそんなところはありません。」
 
おまえはいつでもスマイルだな、奴もそうだが。
 
古泉「一度あれと話してみたいです。」
長門「あれは生物ではないから有機生命体の言語を理解できるか困難。」
 
長門、冗談と本気を区別できるようになったら人間として完璧だから頑張れ。
 
長門「そう。」
 
俺達は休憩することにした。だがハルヒでないほうの神は俺たちをいじめたいらしい。俺の顔の右5cmを何かが火花を散らしながら正面から通過した。その直後にパーンなんて音がした。まるで花火のような
 
キョン「朝比奈さん!なにやってんですか!?」
 
気づけば正面約十mの位置で朝比奈さんは鬼のような形相をしていた。しかもロケット花火をセットしていた、オレタチニムケテ。
 
みくる「ひどいですみんな。私が見えてないかのようにふるまって。グスッ」
キョン「朝比奈さん!別に無視してたわけではないんです!」
古泉「そうですよ。僕たちは空気を見てるんですから。」
キョン「バカヤロウ!んなこと言ったら」
みくる「私なんてどーせ役立たずで雑用係のロリロリメイドでしかないんだ、うわーん!」
 
朝比奈さんは泣きながら俺たちに向けてロケット花火を打ち続けた。ていうかどこに花火を持ってたんだ?それ以前になぜもっている?。
俺たちはとにかく逃げ回った。朝比奈さんはようしゃなく打ち続けている。
とにかく花火をなんとかしなくては、と考えた時ふと打倒朝比奈さん策を思い付いた。それは石を花火に投げつけ、ひるんだところで朝比奈さんを止める。完璧だろ。
俺は足元に落ちてる石を発射前の花火に向かって投げた。石は花火に当たると、上の方をむいて転んだ。朝比奈さんが方向を直そうと花火に近づいたとき、花火は無意味な方向へ発射された。
 
古泉「よくやってくれましたキョンくん。」
 
ん?なんのことだ?今から俺は朝比奈さんを止めに入るのだが。
 
古泉「えっ、まさか偶然だとは思いませんでした。感服です。」
 
なんだ、と思い上空を見た、いや正確には地面から8m上の空間を見た。
例の奴が赤く点滅していた。その後粉々に砕けて消えた。そういうことか、俺SUGEEEEEE!
 
長門「空間が壊れ始めている。この空間から脱出する。」
キョン「力は戻ったのか?」
 
長門は無言でうなずいた、口の両端をナノ単位で上に向けながら。
 
長門「今回はあなたのおかげ。私の見込んだ通りの人。」
キョン「俺はそんなすごい人じゃないぞ」
長門「・・・・大好き」
キョン「えっ・・・・」
古泉「とりあえず脱出しましょう。長門さんお願いします。」
長門「・・・KY。わかった。」
 
なんだこのとてつもなく不安な感じは。なにか重要な問題を忘れたような。まあ気のせいだろ。
 
長門「△*■Μэ⑲㏄∑¥∴」
キョン「なあ古泉。さっきから聞こえる爆音はなんだ?」
古泉「この付近で火山でも噴火してるのでしょう。」
長門「∂◎#@キョン・古泉・ハルヒ・長門・朝比奈」
 
朝比奈さん?あっ
 
キョン「長門!ストップ!」
 
遅かった。俺たちは部室に戻っていた。ハルヒ・長門・古泉・俺は部室の机に隠れるように帰還、朝比奈さんは・・・
 
俺は朝比奈さんを止めようとしたがもう遅い。朝比奈さんがセットした花火はいきよいよく放たれ、部室の窓を破っていった。
 
――その後―――――
 
ハルヒ「キョン、今日あたし何してた?」
 
あの後長門が朝比奈さんを眠らせ、情報操作を行った。
ガラスは割れなかったことにし、ハルヒは部室の机でうたた寝していたことにした。
ハルヒの傷も治した。未来の朝比奈さんは時間転移でどこかに行った。なにしに来たんだろう。
部室から出た直後に、今回の事をほとんど知らない朝比奈さんに会った。で今団員全員で帰路についてるわけだ。夕焼けがきれいだな。
 
キョン「椅子にもたれてグースカ寝てたじゃないか」
ハルヒ「あーもー一生の不覚よ!キョン、今日は夜も部活するわよ!」
 
冗談じゃない。俺にも休息をだな。
 
古泉「いいんじゃないですか?このまま放置したら閉鎖空間が発生してしまいます。」
キョン「だまれイエスマン。今日は疲れたんだ。」
ハルヒ「なんで疲れてるのか知らないけどわかったわよ。ところでさ。」
 
ん、珍しく声を小さくしてどうした?愛の告白なら喜んで受け入れるぞ。
 
ハルヒ「バカキョン!そんなんじゃないわ!私の頭に傷はない?」
キョン「別にないが。」
 
顔が真っ赤だぞ、とは言わなかった。
 
ハルヒ「・・・・・・そうよね、夢よね。」ボソッ
キョン「なんか言ったか?」
ハルヒ「別に。」
 
さてお別れの交差点に入ったので俺たちは解散した。今日は朝比奈さんの黒い部分が見えたからよし。だがそれよりももっと印象に残ったのが
 
「・・・・大好き」
 
自分の顔が熱をおびるのがよくわかった。
俺は家に着くとまず顔を洗った。俺が夕飯を待ちわびるべく部屋に戻ったところで、妹が電話の子機を持って追いかけてきた。
 
キョン「誰からだ?」
妹「長門さーん」
キョン「・・・そうか」
妹「キョンくん顔赤いよーどうしたのー」
 
俺は妹を部屋の外へ放り投げたのち子機を耳にあてた。
 
キョン「長門か?」
長門「・・・そう。今から私の家へ来てもらいたい。あなたに今回の事件で聞いてもらいたいことがある。では。」
 
電話が切れた。さて健全な男子学生ならどう反応したらいいのかね。告白(?)された後に家に呼びだされるという状況に。
 
―――数十分後―――
 
俺は長門の家の前に着いた。恐る恐るインターホンに指を乗せた。家に呼び出されたのはあくまであの件について聞くためだ、俺は自分にそう言い聞かせながらインターホンを押した。
 
「おーともなーいせかーいにーまーいお」
 
呼び鈴なのだろう、歌が途切れると長門の声が
 
「やあこんばんは。2時間ぶりですかね。」
 
なんで古泉がいるんだ。俺は安堵と残念感を同時に味わいつつ
 
キョン「そう」
 
と無口な宇宙人のまね事で答えた。
 
古泉「おそらく僕とあなたの用件は同じはずです。鍵は空いてます、入ってください。」
キョン「なんで開けっ放しなんだよ。」
 
インターホンが沈黙したのだろう、返答はなかった。
俺はとりあえず中に入って長門達の下へ歩いた。
 
長門は俺を見ると顔を俯かせた。
長門「座った。」
古泉「長門さん、『座って』ですよ。」
長門「間違えただけ。」
 
長門は緊張してるのだろうか?珍しい。
俺達3人がONLY ONEインザハウスな机を挟んで腰を下ろすと長門が口を開いた。
 
長門「今から話すことは情報統合思念体の調査結果である。情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない、実際コミュニケーションとは」
キョン「あー長門。知識豊富なのはよくわかってるから今回の事件について教えてくれ。」
長門「そう。キョンが言うなら。」
えっ?長門が俺のことをあだ名で読んだだと。
 
古泉「顔が赤いですよ?とうとう僕のあなたへの愛に気づいてもらえましたか。」
キョン「断じてそれはないしそっちの趣味も一切さっぱりからっきしないぞ。」
長門「二人とも聞いて。」
 
長門は全て話した。まずあの空間と物体の作成者は、冬の遭難時の犯人と同じだそうだ。
動機はまさにヒトラーが民主主義を唱えるかのようなものだった。
長門「彼らの目的はない。動機は『退屈』だったから。ただ彼らの言いたいことを我々は完全に解析できていないからなんともいえない。」
 
前回はハローの代わりに吹雪を降らしてきた。今度は退屈しのぎに数人を異空間射撃ゲームかよ。何考えてんだかさっぱりわからん。
そして朝比奈さんがなぜ未来から来たのか。どうも未来の一組織が情報統合思念体の急進派と手を組んでいたらしい。
 
長門「涼宮ハルヒにあえて未来人を認識させることで、どのような変化が表れるかを調べていた。朝比奈みくるはその組織に騙されていた。ちなみに今は急進派及びその組織は厳正な処分を下されている。」
 
朝比奈さんが図書室でされた指令は、急進派が捕まった後正規の組織が指示したもののようだ。
ん?だが疑問が残る。その疑問を代弁するかのように超能力者は言った。
 
古泉「未来人や急進派はあの頭の愉快な思念体の行動を知らなかったのでしょうか?彼らの目的は彼女の変化の観察ですよね?邪魔が入るとわかってたら計画自体に意味がありません。」
長門「それについては情報統合思念体も困惑している。もしかしたら彼らは未来人にすら認知されない行動力を持っているのかもしれない。」
 
奴らがその思念体と手を組んで空間に閉じ込められた状況を観察した、という可能性はないのか?
 
長門「ありえない。あれと会話することも困難であるのに、計画を立てることは不可能。」
キョン「あまりに馬鹿にされる思念体に全俺が泣いた。」
長門「あなたは一人しか・・・ジョーク?」
キョン「よく気づいた。」
 
――――その後――――
古泉「では用も済みました。僕はこれで失礼します。」
 
古泉は帰った。長門の告白は気になるが俺も帰ることに
 
長門「・・・・」
 
帰ろうした俺の腕の裾に小さな力がかかった。振り向くとそこにはハムスターをつまみあげるように裾をつかむ長門が俺の目をじっと見つめていた。そして長門の顔が少し赤い。
俺たちは時間の経つのを忘れたかのように見つめ合った。顔に熱を感じる。ああ今なら認めるぜ、今まで自分の心から逃げてきたからな。
 
キョン「・・長門。」
長門「・・・有希と呼んで欲しい」
キョン「・・・有・・希」
長門「・・・キョン」
 
俺はいつのまにか長門を抱きしめていた。長門も俺の腰に腕をまいていた。
おっ長門、いや有希の胸から鼓動をはっきり感じた。こいつは宇宙人なんかじゃない。それに俺は言った、冗談と本気を区別できたら完璧だと。
 
「おまえは人間と変わらない、いや人間なんだ。」
「・・・異能力をもってるけど、いいの?」
「この世界では当たり前なんだ。気にするな。」
「・・・そう。」
「そうだ。おまえは人間で、俺の『彼女』になるんだ。」
「・・・・なら二つだけ約束して欲しい。」
「なんだ?俺にできることならいいぞ。」
「あなたにしかできない。まず私のことを呼ぶ時『おまえ』ではなく『有希』と呼んで。」
「ああ。」
「もうひとつは・・・私の事を支えて欲しい、いつまでも。」
「もちろんだ!じゃあ俺からも一つ。いつまでも俺を支えてくれ、有希。」
「・・もちろん。」
「有希。大好きだ。」
 
俺たちは口づけを交わした。
 
 
あの後俺はすぐに家に帰った。お互いに何を話せばいいかわからなくなったからだ。今となっては名残惜しい。
 
―――次の日――――
放課後俺たち団員は1+1=2というぐらい当たり前のように部室に集まった。
俺は古泉とスピードをし、朝比奈さんはなぜかナースになっていた。ハルヒいわく、風通しがいいのだそうだ。実際そうらしいので特に異論はなかった。無口な少女はいつものぶ厚い本ではなく、俺でも読めるレベルの恋愛小説を読んでいた。ハルヒ?あいつはいつもの通りだ。
 
ハルヒ「なんか昨日から変なことを考えるのよね。」
 
今日ハルヒの様子はずっと変だった。何か考え事をしていたのだ。なんだ、今度は危ない水着を朝比奈さんに着せるつもりか?「風通しがいいのよ」とか言って。
 
ハルヒ「させたいけど違うわよ!なんか古泉くんに石で殴られた、てのを考えちゃうのよ。まさかそんなことあるわけないとはわかってるんだけど。」
みくる「えっ・・・」
古泉「僕がそんな恐れ多いことをするわけないじゃぎゃッ!」
 
古泉よ、慌てすぎで舌噛むなんて入れ歯を装備したライオンより滑稽だぞ。
 
ハルヒ「てなわけで古泉くん。悪いんだけど今日だけ副団長の活動停止を行うわ。帰って。明日からはいつも通りのあたしになるから。」
古泉「・・・わかりました。ではみなさんまた明日お会いしましょう。」
 
そういやあいつに落とし前をつけるのを忘れていた。明日にしよう。
さて古泉が帰ったから朝比奈さんでも誘ってトランプでも
 
ハルヒ「ちょうどいいわ、キョン!ここらへんではっきりしてもらいましょうか!」
キョン「なにをだ」
ハルヒ「なにって・・その・・・あんたが誰を好きなのかを・・」
 
そんなことか。見れば朝比奈さんや読者中の少女も俺を見ている。ハルヒには悪いが速答させてもらう。
 
 
「俺は有希の彼氏だ。」
―――完―――


|